医療の現場に携わる事務職のことを医療事務と呼びます。

担当する業務によっては医療に対しての専門知識が必要となる職種です。

医療事務への転職を考えている方の中には契約社員・派遣社員ではなく正社員として働きたいと考えている方もいるでしょう。

今回は医療事務で正社員へ転職する方法や、医療事務として働く際に求められるスキルなどについて解説していきます。

Contents

医療事務の求人で正社員へ転職する方法を解説

疑問

医療事務は一般的に契約社員や派遣社員といった形態での求人が多い職種です。

これは医療事務の中でも大型の病院などの受付業務では専門知識が必要なく、誰でも働くことができることが影響しています。

しかしながら、レセプト業務などの専門知識が必要となるものは誰でも務まるものではありません。

医療事務への転職を考えている方の中には安定を考えて正社員になりたいと思っている方も多いでしょう。

今回は医療事務の求人で正社員へ転職する方法について解説していきます。

医療事務に正社員として転職する方法は?

疑問

医療事務で正社員として転職するには、医療に関する知識が必要となります。

契約社員や派遣社員の多くは病院の窓口業務などに従事する事務職です。

しかし正社員ではレセプト業務やクラーク業務の割合が多くなります。

このような業務には、診療報酬請求やカルテや入院・退院手続きなどが含まれているため、重要度が高いといえるでしょう。

もし医療事務の正社員に転職するのであれば、窓口業務以外にレセプト業務クラーク業務にも携わる必要があります。

そのためには医療の専門知識が必要となります。

もし正社員として転職したい場合には転職活動をする前に医療知識を深めておく必要があるでしょう。

 

ワンポイント
医療の専門知識を持っていると正社員として転職できる確率が上がる

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務への転職で準備するべきこと

ポイント

医療事務には国家資格は存在していません。

医療事務は病院という場所で働くという特殊な事務職であることから、資格よりも経験が重要視されるためです。

しかしながら医療事務へ転職をする際には資格が無駄だというわけではありません。

医療事務技能審査試験や医療事務管理士技能認定試験を取得しておくと採用時に有利になる可能性があります。

資格以外にも医療事務がどのような仕事を行っているのか、1日の流れはどうなのかということを知っておくと良いでしょう。

具体的な仕事の流れを知っておくことで転職活動にも役立ちます。

医療事務に求められるスキル

不安

次は医療事務として働く際に求められるスキルについて解説していきます。

医療事務というのは病院や診療所で働く事務職であるため、一般事務とは違うスキルが求められます。

以下のようなスキルを持っている方は医療事務に向いているといえるでしょう。

基本的なPCスキル

事務作業を行う際に必要となるのがPCスキルです。

特にExcelやWordといったオフィスソフトに関する知識は事務職としては基本となる部分であり、必須のスキルといえます。

もし十分なPCスキルをあまり持ち合わせていないのであればPCスクールなどに通って習得しておくと安心して転職活動を行えます。

医療事務でもそれらのソフトを使用することもありますし、それ以外の専門ソフトを扱うこともあるでしょう。

専門ソフトの中には「レセコン(レセプトコンピューター)」というものがあります。

このソフトはレセプト業務を行う際に使用することとなるものです。

レセコンの操作に関して、医療事務未経験の方は仕事をしながら1から覚えていく必要があります。

薬剤や医療保険制度にまつわる知識

ポイント

薬剤や医療保険制度に関する知識は主にレセプト業務で必要となるものです。

レセプト業務では医師が行った診療や使用した薬を会計用伝票やカルテから記入する「レセコンへの入力」が必要になります。

この業務では薬や診療内容を適切に知らなければ、誤って入力を行ってしまうこともあるでしょう。

もし入力が間違っていると診療報酬が病院に支払われなくなってしまいます。

ある程度診療に対しての専門知識を持っていなければレセプト業務を行うことは難しいと考えられるでしょう。

また、医療保険制度に関する知識は会計業務を行う際に必要となります。

会計業務を行っていると医療費負担を軽減するための制度についても説明しなければいけない時もあるでしょう。

そのような時に質問に答えられるようにしっかりと知識を持ち合わせている必要があります。

コミュニケーションスキル

医療事務ではコミュニケーションスキルが求められます。

これは業務で医者や看護師と話すだけでなく、患者さんともコミュニケーションを取る必要があるためです。

特に患者さんに対しては診察などに対して不安を抱えている場合があるため、それを解消できるように安心感を与える対応が必要となります。

医療事務は窓口業務を始め、患者さんが来院して最初に関わる職種であるため「病院の顔」とも呼ばれる存在です。

そのためコミュニケーションは特に重要視されるでしょう。

病院というのは様々な年代の方が訪れる場所です。

幅広い年齢層の方に安心して病院を利用してもらうためにも笑顔で親切な対応が必要となります。

 

ワンポイント
・事務作業にはPCスキルが必須
・薬剤や医療保険制度に関して知らなければレセプト業務・会計業務が難しくなる
・コミュニケーションスキルは必要不可欠

医療事務に受かる女性の特徴を解説

女性

医療事務として働くことが向いている女性は以下のような特徴を持っていると考えられます。

もし自分に当てはまるものがあった場合には、その特徴を転職活動でアピールすると良いでしょう。

自己PRをする際の参考にしていただければ嬉しいです。

コミュニケーション能力が高い

先述したようにコミュニケーション能力の高さは医療事務という職種において大変重要なポイントです。

患者さんとの会話は勿論、看護師や医師のサポートをする際にもコミュニケーションが必要となります。

どのようなサポートを必要としているのかを汲み取ることで病院の業務効率化に貢献することができるでしょう。

もしコミュニケーション能力に自信がある場合には医療事務への転職は向いていると考えられます。

社会人としてのマナーが身についている

名刺交換

社会人としてのマナーはどの現場でも重要視されますが、病院というのは幅広い年代の方と触れ合うことになる場所です。

そのため常識的な言動や行動が重視されます。

また、社会人としてのマナーがちゃんとしていると他の医療従事者との関係性も良好に保つことができるでしょう。

もしマナーに自信があるのであれば、医療事務が向いていると考えられます。

臨機応変に対応できる能力がある

医療事務の仕事をしていると患者さんや家族への対応で臨機応変な対応が求められます。

病院は様々な人が訪れるため、どのような人でも安心して病院を利用してもらえるように努めましょう。

例えば高齢の方に話す際は、若い方に話すのよりも声を大きくゆっくりと話すなどの気配りが必要となります。

また、体調が悪い方には受付をただ済ませるのではなく休憩できるように案内をするなどといったことも必要となるでしょう。

誰にでも同じ対応をするのではなく、1人1人の患者さんに合わせた対応をすることが大切です。

 

ワンポイント
・コミュニケーション能力が重要視される
・常識的な言動や行動が取れると高評価
・様々な患者さんへ対応するために臨機応変さが求められる

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

自分にあった医療事務を選ぼう

ピースサインの女性

医療事務の仕事を選ぶ際には自分に合った環境で働けるように様々な条件を確認しておきましょう。

ここではどのような条件を確認すべきなのか、その項目について解説していきます。

雇用条件を確認する

医療事務として働く上で雇用条件というのは大変重要です。

医療事務は医療業界の職種の中でも特に雇用形態が幅広いため、自分に合った条件を見つけやすい職種です。

自分のワークライフバランスに合わせて働くことができる職種であるため、雇用条件をしっかりと確認しましょう。

場合によっては正社員だけでなく契約社員、アルバイト・パートなども選択肢に入れるとより理想の条件に近い転職先を見つけられます。

給与を確認する

文字を書く女性

給与面での待遇は病院ごとに異なるため、理想の給与額がある場合には求人でしっかりと条件を確認しておきましょう。

また働きやすさを考える際には給与面だけでなく福利厚生についても重視する必要があります。

勤務地を確認する

病院というのは全国各地にあるため、勤務地を選ばずに転職活動をすることができます。

もし現在住んでいる場所の近くで転職しようと考えている場合には勤め先がどこにあるのか事前に確認しておきましょう。

結婚している女性の場合は自分の行動範囲と照らし合わせて、勤務地がそこで問題ないかを考える必要があります。

医療事務の転職で意識したいこと

笑顔の女性

医療事務は医療業界に携わるため専門知識が必要とされる職種ですが、未経験者でも比較的転職がしやすい職種です。

転職活動を成功させるためにも、少しでも転職活動を有利にする方法を模索していきましょう。

興味があれば資格取得を目指す

もし未経験から医療事務に転職する場合には資格取得を目指すと良いでしょう。

資格を取得することによって、未経験であっても医療に関する知識が備わっていると思ってもらうことができます。

医療事務として長期的に働いて行こうと考えている方は資格を取得しておくと更に専門的な業務に携わることもできるでしょう。

資格が自身のスキル・能力を証明してくれるため、転職活動を有利に進めていくことができます。

余裕があれば積極的に資格取得を目指していきましょう。

医療事務求人に強いのは転職エージェント

医療事務に転職しようと考えている方は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントはあなたの条件に合った求人を紹介してくれます。

そのため医療事務のような専門知識が必要となる職種でも働きやすい職場が見つけられるでしょう。

 

ワンポイント
・資格取得すれば転職に有利に働く
・転職エージェントを活用すれば自分に合った求人を紹介してもらえる

医療事務への転職を成功させるポイント

ビルの前の女性

転職活動はその職種に合わせた対策というのが必要となります。

医療事務としての転職を成功させるには以下のポイントを押さえておきましょう。

医療事務に活かせる経験をアピールする

医療事務では事務経験や医療に対しての知識をアピールすることによって、転職を成功させることができるでしょう。

また、どの職種でも必要となるコミュニケーションスキルも医療事務では大変重要視される能力です。

もし過去にコミュニケーションスキルを発揮した経験があればそれをアピールするのも手でしょう。

また、事務の経験がある方はその経験をアピールすることで自分の事務職への適性を伝えることができます。

過去の経験を振り返り、自己分析を行うことによって医療事務に活かせる経験を洗い出すようにしましょう。

個人クリニックへの転職を目指すのもひとつの手

スマホを見る女性

個人クリニックの医療事務は病院と違って雇用されている人数が少ない傾向にあります。

そのため1人で一通りの仕事をこなす必要があるでしょう。

しかしその分クリニックで身に付けたスキルや経験というのはその後他の場所で医療事務として勤めた際にも通用します。

少人数であるため1人あたりの責任は大きくなりますが、その分やりがいを持って仕事ができるでしょう。

また、担当する業務も多くなるため一通りの仕事を覚えてスキルアップすることもできます。

もしより専門的な能力を身につけたいのであれば個人クリニックへの転職を目指すのも手です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職のことなら転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズする女性

もし医療事務への転職を考える中で不安や悩みがある場合には転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

先述したように求人の紹介をしてくれるだけでなく、選考書類の作成や模擬面接も行ってくれます。

自分だけでは不十分になりがちな部分もエージェントと入念に対策を行っていくことが可能です。

転職活動をスムーズに進めるためにも、転職エージェントに相談することを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

資料

今回は医療事務に正社員で転職する方法や求められるスキルなどについて解説してきました。

医療事務に資格は必要ありませんが、転職活動では資格を持っていると有利に働く場合が多くあります。

もし余裕があるのであれば資格を取得しておくと、希望の条件の転職先が見つかりやすくなるでしょう。

医療事務を目指す方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

また、転職活動に不安を感じている方は転職エージェントの活用を検討してみてください。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルであるため、客観的な視点からあなたの転職を的確にサポートしてくれるはずです。

エージェントを活用すれば安心して転職活動を行っていくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら