外国企業とのやり取りも行う貿易事務は専門性が高く語学力も必要とされる職種です。

日本企業とのやり取りだけではない、グローバルな環境で働くことに関心があり、転職を目指す人もいるでしょう。

しかしいざ転職活動を始めると多くの方が悩むのが志望動機の書き方です。

貿易事務の志望動機を書く際のポイントなどを解説します。

貿易事務の志望動機の書き方を解説

万年筆

貿易事務は専門性が高い分事務職の中でも好待遇が期待できる職種です。

外国企業と直接やり取りすることもあり、グローバルな環境で働きたいという人に向いています。

しかし事務職の募集人数は少なく、対策をしなければ採用を勝ち取ることが難しいでしょう。

専門性が高い故に経験者が優遇される傾向にありますが、未経験でもチャンスはあります

転職活動において企業が注目している項目の1つが志望動機です。

採用担当者に興味を持ってもらい、自分の意欲が伝わる志望動機の書き方を解説します。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう

 

貿易事務の主な仕事内容

パソコンを使う手元

貿易事務は名前の通り、貿易に関係する事務を担当する職種です。

貿易をするための輸出入の通関手続や、関税・消費税の納入手続きなど貿易に必要な諸手続も担当します。

貿易において貿易書類はスムーズかつトラブルのない取引をするためには欠かせないものです。

そのため正確な書類作成が求められます。

貿易は外国企業とやり取りして行うため、必然的に外国企業と直接連絡を取る機会も多くなるでしょう。

そのため一般的な事務処理に加えて語学力も必要です。

日本とは違う企業風土や文化に触れることもできるため、自分の視野を広げることもできるでしょう。

 

ワンポイント
専門的な知識が身につくためキャリアアップにも繋がりやすい。

貿易事務でアピールできるスキルは?

専門性の高い貿易事務ですが、一般的に事務職として必要とされるスキルも当然必要です。

そのため貿易事務は未経験であっても事務職としてのスキルがあればアピールできます。

語学力

開いたノートと本

先述した通り、貿易事務は外国企業と直接やり取りすることがあります。

作成する資料にも英語のものもあるため、英語ができると大きなアピールポイントになるでしょう。

また英語の読み書きだけでなく、会話ができればそれも業務に活かすことができます。

留学経験やTOEICなど、英語の実力が客観的に分かるものを元にアピールすることをおすすめします。

また英語以外にも中国語やフランス語など英語以外の言語にも通じていればそれも活かせるでしょう。

調整力や折衝力

カレンダー

貿易事務は貿易に必要な手続きの多くを担当し、商品や荷物の保管倉庫や輸送方法の手配なども行います。

保管倉庫や輸送手段を確保するためには各所へ連絡してスケジュールを押さえる必要があります。

しかし時には理想通りの日程を押さえることが難しいということもあるでしょう。

また貿易は船や飛行機で荷物を輸送するため天候にも大きく左右されます。

予定通りに荷物が届かなかったり、相手側に送れないといったことも起こり得るのです。

そうした事態にも臨機応変に対応し調整することが貿易事務には求められます。

こうした調整力や各所と連携して対応していく折衝力がアピールとして効果的でしょう。

細かい作業が得意

貿易には必要な書類が多く、貿易事務はそれらを滞りなく処理することが求められます。

貿易事務の扱う書類は、書類上の数字だけでなく英語にもミスがないかのチェックが必要です。

ミスがあれば誤発注などのトラブルにもつながりかねないため、細かいところもチェックしなければなりません。

こうした細かい作業の繰り返しになるため、こうした作業が苦にならないこともアピールポイントになります。

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


貿易事務の志望動機を書くポイントは?

志望動機を書く際にはポイントを押さえて書くことが大切です。

どんなポイントがあるのかを解説します。

なぜその企業を選んだのか具体的に説明しよう

スーツ 女性

志望動機で重視されるポイントの1つが「なぜその企業を選んだのか」という点です。

貿易事務を募集している企業は多くある中で、応募企業を選んだ理由を明確にして伝えましょう。

扱う商品やサービスへの関心や経営理念など、その企業だからこその点に着目して考えます。

それにより企業への関心の高さや仕事への意欲がより伝わりやすくなるでしょう。

企業が求めている人物像を把握しよう

志望動機を考える前に、企業の求める人物像を把握しましょう。

どれだけ高いスキルを持っていても、応募企業で活かせるものでなければ十分なアピールはできません。

応募企業で求められているスキルなどをまずは把握する必要があります。

企業研究を徹底的に行うことで、その企業が貿易事務に求めるスキル欲しい人材がみえてくるでしょう。

その人物像に自分のスキルは何はマッチするのかを見極めて志望動機を考えることが大切です。

その上でどのように企業に貢献できるのかを盛り込むとより好印象を持ってもらえるでしょう。

貿易事務の志望動機の例文

志望動機にはこれまでの経験や活かせるスキルを盛り込み、アピールすることが大切です。

貿易事務の志望動機の例文を紹介します。

例:コミュニケーション能力をアピール

スーツ、女性、面談

前職では営業事務として、お客様だけでなく同僚とのコミュニケーションを積極的に取ることを意識していました。

お客様にストレスなく計画的に進めるには、まず社内での連携ができていなければなりません。

そのため他の部署と連絡を密にとり、連携することを心がけて参りました。

また英語が得意だったため海外のお客様との仕事をよく担当して参りました。

その際にも、お客様とのコミュニケーションでは英語を活かしスムーズに商談を執り進めて契約を頂けました。

またMOSの資格も持っており、基本的な事務業務はスムーズかつ正確に行えると自負しております。

これらのスキルを活かし、御社へ貢献したいと思い志望しました。

例:事務スキルをアピール

資料

私は前職では5年間総務事務として従事して参りました。

事務職として特に注力していたのは書類作成やPCスキルの向上などスキルアップです。

書類作成では株主向けの書類など社外の方に渡す資料も多く担当しました。

様々な場面で使用される資料は状況に合わせてより使いやすいものであることが大切です。

時には型どおりにつくるだけでは使い勝手が悪い場合もありました。

そのためある程度のフォーマットに沿いながらより使いやすい資料となるよう工夫して作成することを心がけました。

また使いやすい資料にするには実際に使用する社員の希望も把握する必要があります。

そのため、社員とコミュニケーションを取って連携しながら業務に取り組んでおりました。

こうした臨機応変に対応するスキルは御社の業務にも活かせると思い志望しました。

例:仕事への意欲をアピール

前職で勤務していた物流関係の企業には、そこで扱っていた商品への興味があり入社致しました。

御社は海外から高品質な商品を多く輸入されており、その商品も御社が輸入している商品です。

それらの商品は消費者の生活をより豊かにすることができるものばかりです。

その商品の輸入を支える仕事がしたいと思い、御社を志望しました。

貿易事務は未経験ですが、前職で基本的なPCスキルや貿易に関する知識は身につけております。

さらに貿易実務検定取得に向けて勉強に取り組んでおります

これらの知識や経験を活かし、また自己研鑽を重ねながら御社に貢献したいと考えております。

 

ワンポイント
企業で活かせるスキルをしっかりアピールしよう。

貿易事務の志望動機のNG例

志望動機は具体性がなければ持っているスキルや経験を十分にアピールすることはできません。

次にご紹介する例文のようになっていないか見比べてみてください。

例:スキルの程度が分からない

書類を持つ男性、悩む

志望動機のNG例としてよくあるのが、スキルがどの程度なのか分からないというものです。

英語のスキルをアピールする場合、以下のような志望動機はNGです。

〈NG例文〉

「私は英語が得意なため、そのスキルを活かせるのではと思い志望しました。

学生の頃から洋画や洋楽への興味が強く、英語そのものへの関心も高く持っています。

大学生の頃には1年間留学し、生の英語に触れることでより実践的な英語スキルを身につけました。

その英語力を貿易事務にも活かし、御社に貢献できると考えております」

この志望動機の場合、得意な英語がどの程度できるのかが分かりません。

「実践的な英語」といっても日常会話とビジネスでの英会話では求められるレベルが異なります。

TOEICなどの分かりやすい指標もないため、面接官もこの内容ではどの程度英語ができるのか判断しかねるでしょう。

どの程度のスキルなのかという具体性が欠けているため、面接官としては評価しづらくなっています。

語学力に自信がある場合はそれを客観的に把握できるものを盛り込むことが大切です。

例:スキル不足

もう1つの志望動機のNG例が、スキル不足を働きながら補いたいという趣旨になってしまっている志望動機です。

意欲的なのは良いことですが、そこに自主性が加わっていなければ内定をもらうことは難しいでしょう。

〈NG例文〉

「私が御社を志望したのは事務スキルをさらに向上させたいと思ったからです。

私は現在事務職に従事していますが、日々の仕事がルーティーン化してしまっています。

さらにスキルを伸ばすことが現状では難しいと思い、御社への転職を決意しました。

御社は老舗商社として長年多くの国の企業と取引をしておられます。

その中で実践的な事務処理を経験することで自らの事務スキルを高め、御社に貢献したいと考えています」

自分のスキルを伸ばしたいと考えるのは良いですが、上記の例ではそれを会社任せにしてしまっています。

現職においてもスキルを伸ばすために自主的な努力をしているようには感じられません。

会社は学校ではありませんし、自主的に仕事に取り組む意欲的な人を採用したいと考える企業の方が多いでしょう。

スキル不足を自覚している場合は自分なりに努力していることを盛り込んで意欲を示すことが大切です。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを目指そう

 

貿易事務の転職に役立つ資格

貿易事務は専門性の高い職種な分、転職には専門的なものが役立ちます。

どのような資格が転職に役立つのか解説します。

TOEIC

オフィスで仕事をする女性

まず貿易事務への転職に役立つ資格がTOEICです。

TOEICであれば英語の能力を客観的に判断できるため面接官にも分かりやすいでしょう。

ただしあまり低いスコアだとアピールどころか逆にマイナス評価になってしまう可能性もあります。

TOEICをアピールするならば600点以上のスコアをとれている場合にのみ盛り込んだ方が良いでしょう。

貿易実務検定

電話応対

貿易実務検定も貿易事務の転職に役立つ資格です。

この資格は日本貿易実務検定協会が運用する民間資格で、A級・B級・C級の3段階にレベル分けされています。

貿易に関する実務能力や知識を測る検定のため、未経験の場合はこの検定の取得を目指す人も多いでしょう。

問題集などを購入して勉強する他、通信講座や通学講座で試験対策を行うことができます。

C級であれば独学でも比較的短期間で取得しやすい資格です。

B級やA級は難易度が上がり、実務経験がなければ取得は難しくなります。

未経験での転職の場合はまずはC級の取得を目指すと良いでしょう。

通関士

通関士は貿易関係の資格の中で唯一の国家資格です。

通関手続きに関する知識のスペシャリストの証明となるため、転職では非常に有利になります。

会社によってはこの資格を持っていることで優遇されるケースもあるでしょう。

自分のキャリアアップのために取得を目指す人も多い資格です。

 

ワンポイント
資格を取得すると転職に有利になりやすい。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


志望動機の書き方のポイントを押さえて貿易事務へ転職しよう

女性

志望動機は応募企業に自分の企業への熱意仕事への意欲を伝えるものです。

その会社へ応募した理由や会社で取り組みたいことなどを明確にする必要があります。

さらに会社で活かせるスキルは何か、自分にそれが身についているかなども知らなければなりません。

そのためまずは自己分析を徹底して行い、さらに企業研究も行いましょう。

これにより企業の求める人物像を見つけ出し、それにあった内容へとブラッシュアップすることが大切です。

志望動機を書く際のポイントを整理して、好印象を与えられる内容を考えましょう。

 

ワンポイント
転職活動には自己分析と企業研究が欠かせない。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

営業女性

志望動機を自分なりに考えてみたけれど内容に自信がないという人もいるかもしれません。

職種や業界への興味はあるけれど、応募企業ならではの理由が思いつかないという人もいるでしょう。

より好印象を持ってもらえるような志望動機にしたい場合、転職エージェントへの相談を検討してみてください。

転職エージェントは転職のサポートをするプロとして、志望動機の書き方の相談にも応えてくれます。

さらに面接対策なども相談できる、転職成功のための心強い味方です。

一人で考えていて自信が持てない、という場合はぜひ転職エージェントに相談してみましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

転職活動

今回は貿易事務の志望動機書の書き方について解説しました。

貿易事務は事務職の中でも専門性が高いため経験者が優遇されがちな職種です。

しかし未経験でも転職できないわけではありません。

未経験で転職するためには志望動機は大きな役割を担っています。

貿易事務への意欲や活かせるスキルをアピールし、会社に貢献できることを伝えましょう。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!