転職時に卒業証明書の提出を求められる場合があります。

新卒採用では提出するのが一般的ですが転職時に提出を求められたらどうすれば良いのか不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

転職時に企業へ提出する書類は多数ありますが不備が無いよう整えていきたいものです。

まずは指定された書類をきちんと揃えて提出するところから転職先での仕事が始まります。

このページでは卒業証明書の提出を求められた場合の対処法を解説してみました。

発行手順や有効期限も確認しましょう。なぜ卒業証明書を提出させるのか理由も紹介しています。

ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

Contents

女性が転職時に卒業証明書を求められた時の対処

女性

卒業証明書はあなたが卒業した学校を証明する書類です。新卒で採用される場合は提出を求められることが多いようです。

一部の企業や職種では転職時にも提出を求められることがあります。

学校に申請すれば発行してもらえますが、申請方法は学校により違いもあるようです。

転職時に卒業証明書の提出を求められた場合は速やかに書類を準備しましょう。

提出時に気をつけたいことなどもご確認ください。

提出を拒否してしまうと「学歴に嘘があるのかな?」と思われてしまいます。誠実に対応してください。

卒業証明書の発行には日付がかかる場合もありますので余裕をもったスケジュールを組んでください。

何かわからないことがありましたら転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

不安な気持ちを抱えたまま過ごす前に転職エージェントに悩みを打ち明けて転職活動を成功させましょう。

卒業証明書の提出を求める理由

女性

企業が卒業証明書の提出を求めるのは履歴書に間違いがないか確認するためです。

いわゆる経歴詐称が無いかどうかを慎重に判断するための材料になります。

  • 「卒業証明書を提出できないのは経歴詐称をするためかな?」
  • 「卒業証明書を提出できないのはなにか不都合がある人なのかも?」

というような疑いを向けられないためにも提出を求められたらきちんと対応しましょう。

他にも企業によって様々な理由で卒業証明書の提出を求めていることがあります。

転職での疑問点がありましたら転職エージェントに相談するのもひとつの手です。

提出を求められた書類に関しては企業の指定通りに揃えるのがマナーですので、指定された書類はきちんと準備しましょう。

履歴書の経歴がウソではないか確認するため

誠実

多くの企業では最終学歴によって給与が異なります。

一般的に高学歴のほうが給与は高くなりますので、最終学歴を偽って入社してくる人がないように慎重な対応になるのでしょう。

履歴書や職務経歴書に嘘があればそれだけで信用を失ってしまいます。

企業は転職希望者が信用できる人格かどうか慎重に判断したいのです。

この他にも学歴を重視している企業や学歴からキャリアプランを検討する企業では卒業証明書を提出させるケースもあります。

転職時に卒業証明書を求めるのは一般的?

疑問

新卒採用に比べて転職時に卒業証明書を提出させる企業はそれほど多くはありません。

ですが卒業証明書の提出を求める企業にはきちんとした理由があります。

もし卒業証明書の提出を求められた場合には企業の指示に従ってください。

提出を求められるタイミングは入社時であることが多いです。年金手帳などの書類と一緒に提出することになります。

提出する書類一覧は企業から指定されますのでしっかりと確認してください。

卒業証明書の発行に日数を要する学校もありますので、余裕をもったスケジュールで書類の準備を行いましょう。

 

ワンポイント
卒業証明書を提出させるのは嘘がないか確認するため。

提出できないとどうなる?

不安

もし万が一卒業証明書の発行が間に合わず指定の日時に提出できない場合はどうすれば良いのか不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は速やかに企業の人事担当者に連絡をしてください。

その場で適当な嘘をついてもしかたがありませんので正直に書類が間に合わないことを話しましょう。

人事担当者には併せて卒業証明書が提出できない場合はどうなるかの確認もしておきます。いつごろ卒業証明書の準備ができるのかも伝えてください。

提出できないからといって誤魔化したりしてはいけません。自分だけの判断で行動しないようにしましょう。

書類が間に合わない場合も誠実に対応してください。

卒業証明書の発行方法をチェック

チェック

それでは具体的な卒業証明書の発行方法をチェックしていきましょう。

卒業証明書の発行は基本的に卒業した学校で行われます。申請も卒業した学校に行いましょう。

学校によって方法に違いがある場合がありますのでご注意ください。

詳しくは自分が卒業した学校へ問い合わせましょう。学校のウェブサイトに案内が載っている場合もあります。

卒業した学校へ問い合わせよう

電話

卒業証明書の問い合わせは自分が卒業した学校に行います。

必要書類などについて確認後実際に申請してください。窓口受付の他にも郵送で申請できる学校もあるようです。

郵送で申請した場合は対応までに時間がかかることがありますので、急ぎでしたら直接出身校の窓口へ申請を行ってください。

学校によって対応が異なりますので事前に電話で問い合わせをしておくと良いでしょう。

学校のウェブサイトから申請書がダウンロードできる場合もあります。一度確認してみてください。

発行に必要なものは?

女性

卒業証明書の申請には本人確認のための身分証明書が必要になります。運転免許証やマイナンバーカードが一般的です。

学校によっては証明書が指定されている場合がありますので事前に問い合わせてみてください。

卒業証明書の発行には他にも手数料が必要です。一律で決まってはいませんが500円前後が一般的でしょう。

こちらも学校によって異なりますので問い合わせの際に併せて確認しておくと安心です。

学校の窓口業務は時間が決まっていますので、問い合わせる時間も注意してください。

 

ワンポイント
卒業証明書の発行は卒業した学校に問い合わせを。

卒業証明書の発行前にチェックしておくこと

ポイント

卒業証明書の発行前にいくつかチェックしておくことを挙げておきます。

転職先の企業に提出する書類は不備がないことに越したことはありません。

指定された書類をきちんと提出できるように事前の確認はしっかりと行いましょう。

発行までの期間をチェックしよう

スケジュール

卒業証明書が発行されるまでの期間は必ず確認しておきましょう。

申請してから実際に手元に届けられるまでに日数がかかることを念頭に置いてください。

早ければ当日窓口で受け取ることができます。学校によっては数週間かかる場合もあるようです。

申請方法や申請時期によっても違いが出る場合もありますので、申請時に発行までの期間を確認しておいてください。

代理人の場合は必要書類のチェックをしよう

相談

学校によっては代理人が発行の申請を行うこともできます。

方法は学校によって違いがありますが、委任状や代理人と本人の身分証明書などの書類が求められることが多いようです。

代理人に卒業証明書の発行申請を依頼する場合は事前に学校へ問い合わせを行ってください。

必要な書類や手続について案内をしてもらいましょう。

卒業した学校が統合や廃校になっている場合は?

不安

人によっては卒業した学校が統合や廃校で無くなってしまっている場合もあります。

申請先がないからと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

卒業した学校が統合されていたり廃校になっていたりする場合でも卒業証明書は入手可能です。

統合している場合

卒業した学校が統合されている場合は統合先の学校が情報を管理しています。

卒業証明書の発行業務も行っていますので慌てずに統合先の学校へ問い合わせてみてください。申請も統合先の学校に行えば大丈夫です。

詳しくは統合先の学校へ問い合わせをお願いします。

廃校になっている場合

学校

卒業した学校が廃校になっていても卒業証明書を受け取ることができます。

事前に問い合わせを行い必要な手続きを確認してください。存続している学校に情報は引き継がれています。

問い合わせ先は『廃校になった学校の市区町村』または『近くの学校』です。

問い合わせ先が分からなければ学校所在地の教育委員会に問い合わせてみてください。

不明な点は転職エージェントに相談するのも一つの手です。

疑問を取り除いて気持ちよく転職活動を行いましょう。

 

ワンポイント
卒業した学校が統廃合されていても卒業証明書は受け取れる。

卒業証明書を提出する時に気をつけたいこと

ポイント

卒業証明書を提出する際に気をつけたいことも確認してください。書類の提出はマナーを守って行います。

特に気をつけるべき3つのポイントはこちらです。

原本を用意しよう

卒業証明書は原本を提出しましょう。コピーはNGです。

企業は書類の改ざんを防ぐためにもコピーは受け付けません。

学校で発行してもらう卒業証明書は殆どの場合厳封されています。厳封されたままの原本を提出するのが一般的です。

発行3ヶ月以内のものが理想

カレンダー

企業に提出する書類は発行期限が指定されている場合があります。

卒業証明書に有効期限はありませんが企業に提出するのであれば発行3ヶ月以内のものが理想的です。

企業が期限を指定している場合にはそれに従ってください。

もし指定がない場合でもあまり古いものは使用しないようにしましょう。

半年以上前に発行された書類を提出するのはマナー違反とみなされる場合もあります。

厳封されたものを提出しよう

卒業証明書は厳封されたものを提出しましょう。

厳封を指定しない企業もありますができるだけ厳封を解かずに提出してください。

厳封したまま提出した書類は書類の改ざんをしていないという証明にもなります。

企業から厳封の指定があった場合は学校に申請時に厳封をお願いしてください。

卒業証明書に関する疑問

疑問

卒業証明書に関する疑問もいくつか見ていきましょう。

この他にも疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

もし疑問がありましたら転職エージェントに相談してみてください。疑問を解消して転職を成功させましょう。

卒業証明書に記載されているのが旧姓の場合は?

結婚

卒業証明書は基本的に卒業時の姓で発行されます。

卒業後に結婚して姓が変更になった場合はどうすれば良いのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

まずは提出先の企業に確認してみましょう。

提出する卒業証明書は旧姓のものでも構わないかすぐに回答してもらえるはずです。

学校によっては書類を提出すると結婚後の姓で発行してくれることもあります。

氏名変更届や戸籍謄本など学校指定の書類を揃えて申請しましょう。

その場合、どんな書類が必要であるのか学校に問い合わせてみてください。

卒業証明書は卒業証書で代用できる?

卒業証書

卒業証書は学校長が学生に授与する書類であり一枚しか発行されません。

したがって企業が卒業証書の提出を求めることはありません。

卒業証明書はこれとは異なり申請すれば何枚でも発行可能です。内容も違いますので代用は難しいでしょう。

 

ワンポイント
・卒業証明書は旧姓で発行される
・卒業証明書は卒業証書で代用できない

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

卒業証明書など転職時に企業へ提出する書類は多いです。

一人ですべてを確認するのは大変だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は転職エージェントを活用してください。

転職のプロと一緒に必要な書類や注意点を確認しましょう。

一人で不安なことを抱え込まずに相談することが大切です。不安を取り除いて転職先でも活躍してください。

まとめ

女性

卒業証明書の提出を求められたら企業の指示に従って提出してください。申請は卒業した学校に行いましょう。

書類の性質上窓口か郵送での対応になります。メールでの対応は不可としている学校が多いようです。

申請から発行まで数日かかる場合もありますので、スケジュールを確認し余裕をもって申請しましょう。

卒業した学校が統廃合されていても卒業証明書は入手可能です。

落ち着いて市区町村または教育委員会へ問い合わせを行ってください。

書類の申請を行う際にも一度学校へ問い合わせすると手続きがスムーズになるでしょう。

何か分からないことがあれば転職エージェントを頼ってください。

書類を整えて企業へ提出し、転職先でも活躍しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら