貿易に関する業務を担う貿易事務は事務職の中では専門性の高い職種です。

専門知識や語学力を活かして働くことができ、待遇も良い傾向にあるため目指している人も多いでしょう。

しかし具体的にどのような仕事をするのかや、どんなスキルが必要なのか分からない人もいるかもしれません。

漠然とした知識だけでは転職に失敗してしまう可能性も高くなってしまうでしょう。

今回は貿易事務の仕事内容ややりがいなどを解説します。

貿易事務の仕事内容を解説

貿易事務には貿易に関わるからこその業務が多くあります。

貿易事務の仕事内容にはどのようなものがあるのか解説します。

輸出業務

資料

まず貿易事務は輸出に関する事務作業を担当します。

輸出通関に関する書類作成や輸出通関の手配などは貿易を行う上でも重要度の高い業務です。

この業務は貨物を海外に持ち出すためには必ず必要です。

さらに工場への出荷依頼や運送便の手配、荷物を保管する倉庫の手配も行います。

輸出の場合は国内の自社工場や倉庫から滞りなく出荷できるように手配する必要があります。

そのためにはそれぞれのスケジュール管理やトラブルへの臨機応変に対応しなければなりません。

また輸送手段の確保も貿易事務の業務のため、輸送用の飛行機や船の手配も必要です。

輸入業務

輸出と同様に、輸入業務においても輸入通関手配を行います。

輸入した商品の納入管理や、輸入にかかる関税・消費税納付の手続きも貿易事務の仕事です。

また、輸入の場合は海外の輸出業者への発注手続きも貿易事務が行います。

輸入した商品を保管する倉庫や輸送手段の手配も必要です。

輸入する場合、船や飛行機で輸送は天候に左右されやすくなります。

もし悪天候などが原因で貨物の到着が遅れる場合は、それらにも対応しなければなりません。

臨機応変に対応できる能力が求められるのです。

貿易書類の作成

仕事

貿易に関する書類は一般的に「貿易書類」と呼ばれ、専門性の高い書類を多く扱います。

輸出入する品物やその数、価格などを明記し、証拠として残すことでリスクを押さえているからです。

また、スムーズな取引を実現するためにも重要な役割を担っています。

必要書類の種類が多く、それらを把握し適切に処理しなければなりません。

発注・受注手続きは基本的に外国企業とのやりとりのため語学力が必要です。

郵送物の仕分けや備品管理

会社に届く郵送物の仕分け備品管理などの一般的な事務職が担当する業務は貿易事務も行います。

これらの事務作業は社内の業務を円滑にするためには必要なことです。

また電話対応などで顧客対応も貿易事務が担う場合が多く、会社の窓口的な役割を担っています。

顧客対応はビジネスマナーを守り失礼のないよう心がけることが大切です。

対応が悪ければトラブルの元にもなりかねないため、マナーを守って適切に対応しましょう。

このように専門性の高い書類処理を行いながら、こうした事務作業も滞りなく行うことが求められます。

 

ワンポイント
貿易に関する書類は専門性が高いため、それらを処理するための知識が必要。

貿易事務に向いている女性の特徴

貿易事務は専門性が高く、事務職の中でも業務の難易度は高い職種です。

どのような人が貿易事務に向いているのか、その特徴を解説します。

グローバルな仕事に興味がある

外回りをする女性

貿易は外国企業と取引を行うものであるため、必然的に外国企業と直接連絡を取ることになります。

外国企業とのコミュニケーションは言葉の壁を越えなければなりません。

国内の企業とのやり取りとは違う難しさがあるのです。

一方でその壁を越えると外国の企業文化や商習慣など、日本とは違う文化に触れることになります。

そうした文化の違いにも臨機応変に対応できることが貿易事務には求められるスキルの1つです。

そうしたグローバルな環境での仕事に興味がある人に貿易事務は向いているでしょう。

ルーティンワークが苦にならない

女性

事務作業は毎日多くの書類作成や手続きに追われる仕事です。

扱う書類の種類が多く専門性も高いとはいえ、慣れてくればマニュアル化して取り組めるでしょう。

しかし、マニュアル化できてしまうからこそルーティン化しやすい業務が多くあります。

毎日似たような業務の繰り返しになってしまい、新しいことに挑戦するなどの機会はあまり期待できません。

こうしたルーティンワークが苦にならない人の方が貿易事務には向いています。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう

 

貿易事務の仕事のやりがい

貿易事務は専門性が高い職種であり、その分他の事務職とは違うやりがいがあります。

貿易事務のやりがいについて解説します。

海外の人や文化に関わることができる

万年筆

貿易事務は外国企業とコミュニケーションを取る機会が多い仕事です。

その際、日本とは違う商習慣などリアルな海外の文化に触れることになります。

仕事を通じて新しい文化や知識を身につけることができますし、多様な考え方にも触れることができるでしょう。

それらが自分にとってもよい刺激となり、自分の知見を広げることができます。

さらに自身の語学力の向上も期待でき、スキルアップも期待できるでしょう。

輸出入の専門知識が身につく

貿易事務では輸出入に関連する書類作成や手続きを行います。

さらに貿易は政治や経済動向なども大きく関係しており、それらに左右されることもあるものです。

貿易事務ではこうした外的要因による変化にも対応することもあります。

そのため貿易を取り巻くものの知識も身につけることができるでしょう。

また、仕事に意欲的に取り組むことで転職の際にもアピールできる知識やスキルが身につけることができます。

専門性が高いため身につけた知識や経験は同じ業界でのキャリアアップにも活かしやすくなるでしょう。

また出産や育児などで一度離職や長期休暇を取ったとしても復職しやすい傾向にあります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


貿易事務の給料や年収は?

積み重なったコイン

専門性が高く、語学力も求められる貿易事務は社会的な評価も比較的高い職種です。

それは給与面にも表れており、正社員の平均年収は400万〜600万ほどと事務職としては高めになっています。

平均的な月収は、初任給では20万ほどですがキャリアを積めば30万ほどが相場です。

企業によって異なるため一概には言えませんが、基本給やボーナスが高めという傾向があります。

キャリアアップして管理職などになるとさらに年収アップが見込めるでしょう。

また、企業によっては通関士の資格を持っていることでの資格手当の支給などもあります。

 

ワンポイント
貿易事務は事務職の中では比較的好待遇な職種。

貿易事務の仕事に活かせるスキル

貿易事務は一般的な事務スキル以外にも活かせるスキルがあります。

どのようなスキルが仕事に活かせるのか解説します。

語学力

開いたノートと本

先述した通り、貿易事務は外国企業とのやり取りを行います。そのため語学力は非常に重要なスキルです。

輸出入に関する書類は英文書類の場合も多いため、それらを正確に作成・チェックできる能力が求められます。

さらに直接会話をすることもあるため、英会話のスキルも活かせるでしょう。

主には英語が使われますが時には中国語やフランス語など、別の言語が必要になる場面もあります。

英語以外の言語にも対応できる語学力に自信がある場合は積極的に活かしましょう。

事務処理スキル

事務作業をする女性

貿易事務は多くの種類の書類を処理します。そのため基本的なPC操作や資料作成など、事務処理スキルも必要です。

また、メーカーや商社などの発注業務に携わる事務の経験があればそれを活かすこともできるでしょう。

貿易事務で扱う書類は英語のものも多いため、英語の資料でも問題無く処理できることが求められます。

スペルミスや数字の見落としなどがトラブルの元になることもあるため、正確に処理できるスキルが必要です。

コミュニケーション能力

業界に拘わらず、事務職は他部署との連携が重要な職種です。

他部署との連携や連絡が取れていないと、会社の不利益につながるミスをしてしまう可能性もあります。

さらに外国企業とのやり取りにおいてもコミュニケーションは非常に大きな役割を担っているものです。

企業文化が違うことによる誤解がおこれば、トラブルに発展しかねません。

こうした事態を防ぐために、誰に対しても意思疎通ができるコミュニケーション能力が必要とされます。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

貿易事務の1日のスケジュール

パソコンに向かう女性

貿易事務の1日は基本的には社内でのデスクワークが中心です。

9時始業の場合の1日のスケジュールは以下のようになります。

9:00 海外向け業務

12:00 昼休憩

13:00 国内向け業務

15:00 社内業務

17:00 退社

時差があるため海外からのメール等が退社から始業までの間に届くことになります。

そのため午前中はそれらを処理する業務が中心となるでしょう。

昼休憩を挟んで午後からは国内向けの業務を中心に処理することになります。

国内の倉庫の手配や届いた荷物の確認などが中心です。

さらに顧客からの問い合わせがあればそれらの対応も行います。

社内業務よりも社外向けの仕事の方が優先されるため、それらが落ち着いてから社内業務に取りかかります。

社内業務は郵便物の仕分けや書類のファイリングなどです。

トラブルなどが無い限りは定時退社ができるため、基本業務をきっちりこなしていけば残業はあまりないでしょう。

 

ワンポイント
毎日の仕事をためないことが大切。

貿易事務の将来性をチェック

IT技術の進化に伴い、事務職の仕事はAIが肩代わりすることも増えています。

こうした状況の中、貿易事務の将来性はどうなのかを解説します。

貿易事務の需要

事務作業をする女性

日本は石油などの天然資源を輸入に頼っている国です。

食糧や日用品なども多く輸入しており、貿易は経済の発展においてなくてはならないものになっています。

貿易事務は商社やメーカーに勤め、それらの輸出入が円滑にできるよう下支えしている存在です。

今後貿易市場が大きく減少することは考えられないため、貿易事務の需要は高い傾向にあります。

貿易事務の募集は主に商社やメーカーが行っています。

貿易事務への転職を考えている場合はそれらの企業の求人を探すと見つけやすいでしょう。

貿易事務の将来性

貿易事務の需要は常に高い傾向にありますが、事務職全般で考えると不安な面もあると思う方もいるでしょう。

IT技術の進化に伴い、これまで事務職が行っていた業務がAI化される場面も増えています。

それにより事務職の募集人数が減少し、事務職は人気が高い一方で就職が難しい職種になりました。

貿易事務においても受発注のクラウド化や書類作成などの業務が減少することは考えられます。

しかし貿易事務の仕事は書類作成だけではありません。

取引先との調整やイレギュラーな事態への対応など、人間だからこそできることもあります。

貿易事務として活躍するには、専門知識だけでなく臨機応変に対応できる対応力なども必要となるでしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


貿易事務の仕事は未経験でもできる?

手を上げる女性

専門性が高く、未経験では難しいのではないかと感じる方も多いでしょう。

しかし貿易事務として活かせるスキルや経験があれば未経験であっても転職は可能です。

他業界での事務職経験があれば事務処理能力などもアピールポイントになります。

特に営業事務などの商品の受発注に関わる事務処理の経験があればそれも積極的にアピールしましょう。

また語学力やコミュニケーション能力など、貿易事務に求められるスキルがあることも大切です。

語学力は留学経験やTOEICの点数などを伝えることも十分なアピールになります。

貿易という業界自体が未経験の場合は業界への意欲・関心が高いことをアピールしましょう。

貿易に関する知識を深めたり、貿易事務検定の取得を目指すなど、意欲的な姿勢を伝えることが大切です。

 

ワンポイント
未経験で貿易事務を目指すなら資格の取得なども目指そう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

資料を提示する女性

専門性が高く難しそうな貿易事務ですが、その分やりがいも多い仕事です。

未経験であっても就職できる可能性は十分にあるため、挑戦したいと思う人も多いでしょう。

しかし事務職は採用数が少なく、応募者にとっては狭き門です。

それをかいくぐり内定を勝ちとるには、応募書類や面接でしっかりとアピールする必要があります。

しかし自己PRは苦手でうまくできるか不安という人もいるでしょう。

その場合は転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントには応募書類や面接の回答の作り方などを相談することができます。

他にも転職に関わる様々な場面の相談ができるため、不安や疑問を解消することができるでしょう。

一人で悩みを抱えこんでしまっているのなら、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを目指そう

 

まとめ

OKサイン

今回は貿易事務の仕事内容や活かせるスキルなどについて解説しました。

専門性が高く、語学力も必要とされるため、事務職の中でも難しい職種です。

しかし外国企業とのやり取りなどグローバルな環境で仕事ができるという魅力もあります。

貿易事務は未経験であっても就職のチャンスがある職種です。

未経験で貿易事務を目指すなら、自分の今あるスキルや経験がどのようにアピールできるかを考える必要があります。

さらに仕事に意欲的に取り組む姿勢を伝えることも大切です。

自分のもつスキルや経験をアピールし、仕事への意欲を示して転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!