職務経歴書というのは書類選考において、履歴書と並んで提出することとなる大切な書類です。

そこにはこれまでの経歴や業務内容・資格取得のために取り組んだことなどを記載します。

今回は職務経歴書の書き方について解説していきましょう。

書くために意識することや、職種別の見本なども記載していきます。

職務経歴書の簡単な書き方を解説

女性

職務経歴書を書くとなると、どのように書けばいいのか分からずなかなか進めることができないという方もいるのではないでしょうか。

職務経歴書というのは、履歴書から更に踏み込んで自分のことをアピールするための書類です。

そのため印象を良くするために事前準備が大切となります。

今回の記事では職務履歴書を簡単に書く方法を解説していきましょう。

ポイントを押さえることでどのように書けば良い印象を与えられるのかも分かっていきます。

職務経歴書の簡単な書き方のポイント

ポイント

ここでは職務経歴書を書く際のポイントについて解説していきます。

簡単に職務経歴書を書くためには以下のことを意識していきましょう。

この書類の作成はポイントを押さえれば決して難しくはありません。

企業側のニーズを知る

企業側には必ず求めている人物像というのが明確に存在しています。

そのためその人物像はどういったものかを理解することで職務経歴書でアピールするべきこともはっきりするのです。

企業側のニーズをよく知れば、自分の長所を効果的にアピールすることができます。

求められているスキルや資格、経験などを書くことで会社が求める人材だと思ってもらうことができます。

簡潔に書く

相談

企業に興味を持ってもらうためには分かりやすく経歴を書くことが大切です。

今までのキャリア全てを詳しく書くのではなく、求められている人物像にフォーカスを当てて書くようにしましょう。

そうすることで企業側はあなたが会社の求める人物像に合った人材であると考えるはずです。

複雑に経歴を書くとどういった人材かというのが見えづらくなってしまいます。

そのため情報は簡潔かつ分かりやすく書くことを心がけると良いでしょう。

企業に伝えたい実績や資格・スキルを強くアピールするようにすると効果的です。

実際に働くイメージをもってもらう

職務経歴書では自己PR欄などで自身についてアピールする箇所があります。

そうした部分では入社後に実際に働く姿をイメージしてもらうことが大切です。

自分のPRしたい箇所が実際の仕事にどのように活かすことができるのかを記載するとイメージを持ってもらいやすいでしょう。

働く姿をイメージしてもらうことで現実味を持って入社を考えてもらうことができます。

書類選考の段階から有力な人材であると思ってもらえればその後の面接などにも良い影響を与えられることでしょう。

職務経歴書を書く準備

女性

職務経歴書を書く前には必要となる準備があります。

職務経歴書では企業から求められる人材になるためにも、事前準備が肝心です。

以下のようなポイントに気をつけて準備を行えば、職務経歴書の作成もスムーズになることでしょう。

企業が欲しい人物像をチェック

企業が欲しい人物像をチェックすることで、どのようなポイントをアピールすれば良いのかが明確になります。

職務経歴書では自分の経験や能力・スキルの中から企業が欲しい人物像に合ったものにフォーカスするようにしましょう。

そうすれば企業に合わせた職務経歴書の作成ができます。

そのためには企業研究が欠かせません。

企業のホームページを隅々まで確認して、企業が欲しいと思っている人物像をチェックしましょう。

企業が欲しい人物像に合わせて職務経歴書を作成することで、次の選考に進みやすくなります。

今までの経歴を整理する

女性

今までの経歴を整理することで自分のどのような部分が企業の求める人物像と合致するのかを明確にすることができます。

どの経験・スキルが具体的に役立つのかを知るためにはキャリアの棚卸しをすると良いでしょう。

キャリアの棚卸しとはこれまでの自分がやってきたことを洗い出す作業です。

ここには仕事をする上で「どんなことを意識してきたか」、「どんなことに取り組んできたか」を思い出すことも含まれています。

大したことない経歴だと自分では思っても、その中に転職で有利になる経験が隠れていることもあるのです。

小さいことでも取りこぼさずに、今までの経歴をしっかりと洗い出して整理していきましょう。

フォーマットを準備する

職務経歴書の書き方に迷ってしまう人はフォーマットを準備することが大切です。

決まった書き方があるわけではありませんが、書き方にはいくつかのフォーマットが存在しています。

フォーマット通りに書いていけば大きく迷ってしまうということも少なくなるでしょう。

次はフォーマット別の職務経歴書の書き方について解説していきます。

 

ワンポイント
企業が欲しい人物像に合致する自身の経験やスキルをアピールする
・キャリアの棚卸しを行い、今までの経歴を洗い出す
・職務経歴書はフォーマットに合わせて書く

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

フォーマット別職務経歴書の書き方

パソコンを視る画像

職務経歴書にはフォーマットが存在しており、それぞれに合わせて書き方が存在しています。

それぞれの書き方を知っておくことによって自分にどのフォーマットが合っているかも分かるでしょう。

「編年体式」

編年体式は今までの経験を時系列順に記載していく形式です。

この形式では今までの過程を経て、どのように・どれくらい技術やスキルが習熟してきたのかを分かりやすくまとめられます。

編年体式は1番ポピュラーな形式であるため採用担当者も見慣れており自分のことを伝えやすいフォーマットだといえるでしょう。

特別な理由がなければこの形式で書くのがおすすめです。

「逆編年体式」

ピースサインの女性

逆編年体式は、編年体式とは逆に現在の経歴から遡っていく形で記述するフォーマットになっています。

順序が逆になることで、最新のスキルや経歴をアピールしやすいのが逆編年体式の特徴です。

応募する職種が前職と同じ場合や社会人経験が長く直近の経歴をアピールしたい場合には逆編年体式を採用すると良いでしょう。

編年体式は過程を見せるためのフォーマットですが、逆編年体式は現在の自分をアピールするためのフォーマットだといえます。

「キャリア式」

キャリア式はこれまでの2つと違い時系列ではなく業務経験や携わったプロジェクトごとにまとめていく形式となっています。

これは時期を問わずこれまでのキャリアや実績にフォーカスを当てることができるフォーマットです。

これまで転職を何度か行っている方は自身の経験を業務ごとに記載できるため最適なフォーマットだといえます。

 

ワンポイント
・編年体式は時系列順で記載する形式
・逆編年体形式は現在の経歴から遡っていく形式
・キャリア式は時系列ではなく業務経験や携わったプロジェクトごとにまとめていく形式

書けない理由と対策

悩む女性

次は職務経歴書がうまく書けないと悩んでいる方の主な理由とそれに対しての対策をご紹介します。

どうすれば企業にプラスの印象を与えられるか分からず、書き出すことができないという方もいるでしょう。

ここではそんな方々に向けて書けない理由を克服する方法を解説していきます。

無職の期間の説明方法がわからない

無職期間がある方の中にはその説明方法が分からず書き方が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

このような場合、無職期間の説明の仕方を少し変えるだけで、企業からマイナスなイメージを持たれないようにすることができます。

病気の療養が理由である場合「療養していたが今は完治しています。また、その期間に資格を取得しました」といった形で記載しましょう。

職場復帰することに前向きに取り組んでいたことを伝えることで無職期間があっても転職への意欲があると思ってもらえます。

また、同時に無職期間に学んだことの仕事への活かし方も同時に述べるようにしましょう。

そうすることで仕事に対して真摯に取り組める人材だと思ってもらうことができます。

同じような能力を持つ人に勝てない気がする

もし同じような能力を持っている人が応募者の中にいた場合、自分では勝てないのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。

しかしながらそのような心配をする必要はありません。

企業が求める人物像に合致していると思ってもらえた場合には、余程大きな能力さがなければ意欲の方が重要視されます。

企業は内定辞退者が出ることを恐れ、同じような能力を持つ人材がいた場合、より入社への意欲が高い人材を採用するのです。

もし能力面で不安がある場合には、自分の入社へかける思いをアピールすると良いでしょう。

 

ワンポイント
無職期間の説明をする際には転職への意欲を示す
・能力差がない場合は入社への意欲が重要視される

書けるような経験がない場合はどうする?

文字を書く女性

もし書けるような経験がないと思っている方でも、必ずアピールできるポイントはあるはずです。

例えばアルバイト経験しかなくても、立派な職務経験になります。

ポイントとなるのは経験を細かく分解することです。

ただ店舗や勤務期間を書くのではなく、その経験の中身を分解しましょう。

「どこで」「誰に」「どのように」「何を」というのを意識すると経験をより細かく記載することができます。

アルバイト経験であっても細かく分解することによって自身が培ってきた能力がわかってくることでしょう。

職種に合わせた職務経歴書を書くことが大切

考える女性

職務経歴書を書く上で大切なのは、職種に合わせて書き方を変えるということです。

志望職種によってアピールするべきポイントも変わるため、自分の経験が伝わりやすい形に変える必要があります。

自分の経験をどのように職務経歴書に書けば良いのかを考える際には志望職種と自分の経験・能力の共通点を考えると良いでしょう。

そのためには情報を詰め込みすぎないというのも重要なポイントです。

何でもかんでもアピールするのではなく、その職種で求められることに絞って書くと分かりやすくなります。

職務経歴書で大切なことは採用担当者に興味を持ってもらい、次の選考に進むことです。

 

ワンポイント
志望職種によって職務経歴書の書き方を変えると伝わりやすくなります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

職種別の職務経歴書の見本

初心者マーク、女性

次は職種別の職務経歴の書き方について解説していきます。

以下のことに気をつけながら職務経歴書を書くことでその職種が求める情報を的確に伝えることができるでしょう。

それぞれの職種ごとに伝わりやすいフォーマットを意識して職務経歴書を作成することが重要です。

「営業職」

20xx年xx月〜20xx年xx月

【所属】千葉県営業部 ○○支店

[役職]20xx年度からプロジェクトリーダー

【担当業務】

主に中小企業向けのハードウェアの製品販売やアプリ・インフラシステム開発の提案営業。

【営業スタイル】

新規開拓:60%(電話・訪問) 既存顧客フォロー:40%(ご提案・アフターサポート)

【担当エリア】千葉県全域

【担当顧客】担当社数常時10社程度

【営業実績】

  • 20××年度:契約件数○○件、契約金額○億○千万円(支店内順位○人中○位/目標達成率○○%)
  • 20××年度:契約件数○○件、契約金額○億○千万円(支店内順位○人中○位/目標達成率○○%)

「事務職」

【職務経歴】

20××年x月~20××年x月(在籍:○年○カ月)

株式会社×× 総務人事部に配属

事業内容:企業向け効率化ソフトウェアの開発・販売

資本金:○千万円

従業員数:○名

【担当業務】
人事・勤怠データ管理業務

  • 入社、退社手続き
  • 給与計算
  • 社内研修資料作成・スケジュールの作成・研修サポート

総務関連業務

  • 備品管理・発注
  • 来客・電話応対

【資格・PCスキル】

  • PCスキル:Word/Excel/Power Point
  • 資格:TOEIC700点

「サービス業」

20××年××月~20××年××月

【所属】

レストラン「××」xx店

[メンバー数] 店長以下○○名

[店舗規模] 席数○○、一日来客数約○名

【担当業務】

ホールでの接客業務全般

  • ホールでの接客・配膳
  • 店舗の清掃
  • 調理補助
  • 売り上げ管理・在庫管理

【実績】

  • 20xx年度売り上げ:××万円(目標達成率○○%/対前年比○○%)
  • 20xx年度売り上げ:××万円(目標達成率○○%/対前年比○○%)
  • 20xx年度売り上げ:××万円(目標達成率○○%/対前年比○○%)

【ポイント】

  • 店長に就任後、従業員の接客態度の改善に取り組み、お客様満足度が前年比20%増を達成。
  • 20xx年度、全国店舗売上高第3位。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

スマホを見る女性

ここまで職務経歴書の書き方について解説してきました。

もし現在転職活動に不安を抱えているのであれば、転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の能力や経験を的確に相手に伝えるには主観だけでなく客観的な見方も重要となります。

転職エージェントでは選考書類の作成のサポートも行ってくれるため企業に伝わりやすい形式を一緒に考えてくれることでしょう。

転職エージェントを活用すれば安心して転職活動を行っていくことができるはずです。

まとめ

働く女性

今回は職務経歴書の簡単な書き方について解説してきました。

職務経歴書は選考書類の中でも自分のことをアピールするための書類です。

そのためには人事担当者に伝わりやすい書き方を心がける必要があります。

今回の記事を是非職務経歴書の作成に役立てていただければ嬉しいです。

また、もし現在転職活動のやり方に悩みを抱えているのであれば転職エージェントを活用してみましょう。

エージェントを利用すれば、きっと悩みを解消して自信を持って転職活動を行っていくことができるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら