職務経歴書というのは書類選考において、履歴書と並んで提出することとなる大切な書類です。

そこにはこれまでの経歴や業務内容・資格取得のために取り組んだことなどを記載します。

今回は職務経歴書の書き方について解説していきましょう。

書くために意識することや、職種別の見本なども記載していきます。

職務経歴書の簡単な書き方を解説

女性

職務経歴書を書くとなると、どのように書けばいいのか分からずなかなか進めることができないという方もいるのではないでしょうか。

職務経歴書というのは、履歴書から更に踏み込んで自分のことをアピールするための書類です。

そのため印象を良くするために事前準備が大切となります。

今回の記事では職務履歴書を簡単に書く方法を解説していきましょう。

ポイントを押さえることでどのように書けば良い印象を与えられるのかも分かっていきます。

職務経歴書の簡単な書き方のポイント

ポイント

ここでは職務経歴書を書く際のポイントについて解説していきます。

簡単に職務経歴書を書くためには以下のことを意識していきましょう。

この書類の作成はポイントを押さえれば決して難しくはありません。

企業側のニーズを知る

企業側には必ず求めている人物像というのが明確に存在しています。

そのためその人物像はどういったものかを理解することで職務経歴書でアピールするべきこともはっきりするのです。

企業側のニーズをよく知れば、自分の長所を効果的にアピールすることができます。

求められているスキルや資格、経験などを書くことで会社が求める人材だと思ってもらうことができます。

簡潔に書く

相談

企業に興味を持ってもらうためには分かりやすく経歴を書くことが大切です。

今までのキャリア全てを詳しく書くのではなく、求められている人物像にフォーカスを当てて書くようにしましょう。

そうすることで企業側はあなたが会社の求める人物像に合った人材であると考えるはずです。

複雑に経歴を書くとどういった人材かというのが見えづらくなってしまいます。

そのため情報は簡潔かつ分かりやすく書くことを心がけると良いでしょう。

企業に伝えたい実績や資格・スキルを強くアピールするようにすると効果的です。

実際に働くイメージをもってもらう

職務経歴書では自己PR欄などで自身についてアピールする箇所があります。

そうした部分では入社後に実際に働く姿をイメージしてもらうことが大切です。

自分のPRしたい箇所が実際の仕事にどのように活かすことができるのかを記載するとイメージを持ってもらいやすいでしょう。

働く姿をイメージしてもらうことで現実味を持って入社を考えてもらうことができます。

書類選考の段階から有力な人材であると思ってもらえればその後の面接などにも良い影響を与えられることでしょう。

 

無料転職相談をして自分にとって理想の仕事を見つけよう

 

職務経歴書を書く準備

女性

職務経歴書を書く前には必要となる準備があります。

職務経歴書では企業から求められる人材になるためにも、事前準備が肝心です。

以下のようなポイントに気をつけて準備を行えば、職務経歴書の作成もスムーズになることでしょう。

企業が欲しい人物像をチェック

企業が欲しい人物像をチェックすることで、どのようなポイントをアピールすれば良いのかが明確になります。

職務経歴書では自分の経験や能力・スキルの中から企業が欲しい人物像に合ったものにフォーカスするようにしましょう。

そうすれば企業に合わせた職務経歴書の作成ができます。

そのためには企業研究が欠かせません。

企業のホームページを隅々まで確認して、企業が欲しいと思っている人物像をチェックしましょう。

企業が欲しい人物像に合わせて職務経歴書を作成することで、次の選考に進みやすくなります。

今までの経歴を整理する

女性

今までの経歴を整理することで自分のどのような部分が企業の求める人物像と合致するのかを明確にすることができます。

どの経験・スキルが具体的に役立つのかを知るためにはキャリアの棚卸しをすると良いでしょう。

キャリアの棚卸しとはこれまでの自分がやってきたことを洗い出す作業です。

ここには仕事をする上で「どんなことを意識してきたか」、「どんなことに取り組んできたか」を思い出すことも含まれています。

大したことない経歴だと自分では思っても、その中に転職で有利になる経験が隠れていることもあるのです。

小さいことでも取りこぼさずに、今までの経歴をしっかりと洗い出して整理していきましょう。

フォーマットを準備する

職務経歴書の書き方に迷ってしまう人はフォーマットを準備することが大切です。

決まった書き方があるわけではありませんが、書き方にはいくつかのフォーマットが存在しています。

フォーマット通りに書いていけば大きく迷ってしまうということも少なくなるでしょう。

次はフォーマット別の職務経歴書の書き方について解説していきます。

 

ワンポイント
企業が欲しい人物像に合致する自身の経験やスキルをアピールする
・キャリアの棚卸しを行い、今までの経歴を洗い出す
・職務経歴書はフォーマットに合わせて書く
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


フォーマット別職務経歴書の書き方

パソコンを視る画像

職務経歴書にはフォーマットが存在しており、それぞれに合わせて書き方が存在しています。

それぞれの書き方を知っておくことによって自分にどのフォーマットが合っているかも分かるでしょう。

「編年体式」

編年体式は今までの経験を時系列順に記載していく形式です。

この形式では今までの過程を経て、どのように・どれくらい技術やスキルが習熟してきたのかを分かりやすくまとめられます。

編年体式は1番ポピュラーな形式であるため採用担当者も見慣れており自分のことを伝えやすいフォーマットだといえるでしょう。

特別な理由がなければこの形式で書くのがおすすめです。

「逆編年体式」

ピースサインの女性

逆編年体式は、編年体式とは逆に現在の経歴から遡っていく形で記述するフォーマットになっています。

順序が逆になることで、最新のスキルや経歴をアピールしやすいのが逆編年体式の特徴です。

応募する職種が前職と同じ場合や社会人経験が長く直近の経歴をアピールしたい場合には逆編年体式を採用すると良いでしょう。

編年体式は過程を見せるためのフォーマットですが、逆編年体式は現在の自分をアピールするためのフォーマットだといえます。

「キャリア式」

キャリア式はこれまでの2つと違い時系列ではなく業務経験や携わったプロジェクトごとにまとめていく形式となっています。

これは時期を問わずこれまでのキャリアや実績にフォーカスを当てることができるフォーマットです。

これまで転職を何度か行っている方は自身の経験を業務ごとに記載できるため最適なフォーマットだといえます。

 

ワンポイント
・編年体式は時系列順で記載する形式
・逆編年体形式は現在の経歴から遡っていく形式
・キャリア式は時系列ではなく業務経験や携わったプロジェクトごとにまとめていく形式

書けない理由と対策

悩む女性

次は職務経歴書がうまく書けないと悩んでいる方の主な理由とそれに対しての対策をご紹介します。

どうすれば企業にプラスの印象を与えられるか分からず、書き出すことができないという方もいるでしょう。

ここではそんな方々に向けて書けない理由を克服する方法を解説していきます。

無職の期間の説明方法がわからない

無職期間がある方の中にはその説明方法が分からず書き方が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

このような場合、無職期間の説明の仕方を少し変えるだけで、企業からマイナスなイメージを持たれないようにすることができます。

病気の療養が理由である場合「療養していたが今は完治しています。また、その期間に資格を取得しました」といった形で記載しましょう。

職場復帰することに前向きに取り組んでいたことを伝えることで無職期間があっても転職への意欲があると思ってもらえます。

また、同時に無職期間に学んだことの仕事への活かし方も同時に述べるようにしましょう。

そうすることで仕事に対して真摯に取り組める人材だと思ってもらうことができます。

同じような能力を持つ人に勝てない気がする

もし同じような能力を持っている人が応募者の中にいた場合、自分では勝てないのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。

しかしながらそのような心配をする必要はありません。

企業が求める人物像に合致していると思ってもらえた場合には、余程大きな能力さがなければ意欲の方が重要視されます。

企業は内定辞退者が出ることを恐れ、同じような能力を持つ人材がいた場合、より入社への意欲が高い人材を採用するのです。

もし能力面で不安がある場合には、自分の入社へかける思いをアピールすると良いでしょう。

 

ワンポイント
無職期間の説明をする際には転職への意欲を示す
・能力差がない場合は入社への意欲が重要視される

書けるような経験がない場合はどうする?

文字を書く女性

もし書けるような経験がないと思っている方でも、必ずアピールできるポイントはあるはずです。

例えばアルバイト経験しかなくても、立派な職務経験になります。

ポイントとなるのは経験を細かく分解することです。

ただ店舗や勤務期間を書くのではなく、その経験の中身を分解しましょう。

「どこで」「誰に」「どのように」「何を」というのを意識すると経験をより細かく記載することができます。

アルバイト経験であっても細かく分解することによって自身が培ってきた能力がわかってくることでしょう。

 

無料転職相談をして自分のスキルを活かせる職場を見つけよう

 

職種に合わせた職務経歴書を書くことが大切

考える女性

職務経歴書を書く上で大切なのは、職種に合わせて書き方を変えるということです。

志望職種によってアピールするべきポイントも変わるため、自分の経験が伝わりやすい形に変える必要があります。

自分の経験をどのように職務経歴書に書けば良いのかを考える際には志望職種と自分の経験・能力の共通点を考えると良いでしょう。

そのためには情報を詰め込みすぎないというのも重要なポイントです。

何でもかんでもアピールするのではなく、その職種で求められることに絞って書くと分かりやすくなります。

職務経歴書で大切なことは採用担当者に興味を持ってもらい、次の選考に進むことです。

 

ワンポイント
志望職種によって職務経歴書の書き方を変えると伝わりやすくなります。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


職種別の職務経歴書の見本

初心者マーク、女性

次は職種別の職務経歴の書き方について解説していきます。

以下のことに気をつけながら職務経歴書を書くことでその職種が求める情報を的確に伝えることができるでしょう。

それぞれの職種ごとに伝わりやすいフォーマットを意識して職務経歴書を作成することが重要です。

「営業職」

20xx年xx月〜20xx年xx月

【所属】千葉県営業部 ○○支店

[役職]20xx年度からプロジェクトリーダー

【担当業務】

主に中小企業向けのハードウェアの製品販売やアプリ・インフラシステム開発の提案営業。

【営業スタイル】

新規開拓:60%(電話・訪問) 既存顧客フォロー:40%(ご提案・アフターサポート)

【担当エリア】千葉県全域

【担当顧客】担当社数常時10社程度

【営業実績】

  • 20××年度:契約件数○○件、契約金額○億○千万円(支店内順位○人中○位/目標達成率○○%)
  • 20××年度:契約件数○○件、契約金額○億○千万円(支店内順位○人中○位/目標達成率○○%)

「事務職」

【職務経歴】

20××年x月~20××年x月(在籍:○年○カ月)

株式会社×× 総務人事部に配属

事業内容:企業向け効率化ソフトウェアの開発・販売

資本金:○千万円

従業員数:○名

【担当業務】
人事・勤怠データ管理業務

  • 入社、退社手続き
  • 給与計算
  • 社内研修資料作成・スケジュールの作成・研修サポート

総務関連業務

  • 備品管理・発注
  • 来客・電話応対

【資格・PCスキル】

  • PCスキル:Word/Excel/Power Point
  • 資格:TOEIC700点

「サービス業」

20××年××月~20××年××月

【所属】

レストラン「××」xx店

[メンバー数] 店長以下○○名

[店舗規模] 席数○○、一日来客数約○名

【担当業務】

ホールでの接客業務全般

  • ホールでの接客・配膳
  • 店舗の清掃
  • 調理補助
  • 売り上げ管理・在庫管理

【実績】

  • 20xx年度売り上げ:××万円(目標達成率○○%/対前年比○○%)
  • 20xx年度売り上げ:××万円(目標達成率○○%/対前年比○○%)
  • 20xx年度売り上げ:××万円(目標達成率○○%/対前年比○○%)

【ポイント】

  • 店長に就任後、従業員の接客態度の改善に取り組み、お客様満足度が前年比20%増を達成。
  • 20xx年度、全国店舗売上高第3位。

 

無料転職相談をして自分に合う仕事を見つけよう

 

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

スマホを見る女性

ここまで職務経歴書の書き方について解説してきました。

もし現在転職活動に不安を抱えているのであれば、転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の能力や経験を的確に相手に伝えるには主観だけでなく客観的な見方も重要となります。

転職エージェントでは選考書類の作成のサポートも行ってくれるため企業に伝わりやすい形式を一緒に考えてくれることでしょう。

転職エージェントを活用すれば安心して転職活動を行っていくことができるはずです。

まとめ

働く女性

今回は職務経歴書の簡単な書き方について解説してきました。

職務経歴書は選考書類の中でも自分のことをアピールするための書類です。

そのためには人事担当者に伝わりやすい書き方を心がける必要があります。

今回の記事を是非職務経歴書の作成に役立てていただければ嬉しいです。

また、もし現在転職活動のやり方に悩みを抱えているのであれば転職エージェントを活用してみましょう。

エージェントを利用すれば、きっと悩みを解消して自信を持って転職活動を行っていくことができるはずです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!