「年功序列」「終身雇用」といった日本の会社の常識が変わり、一人一人が雇用形態を選べる時代が近づいてきているのをご存じでしょうか。

しかし一口に「雇用形態」と言っても、どんなものがあるのか・働き方はどう変わるのか、イメージしづらい人も多いでしょう。

本記事では、日本で古くから採用されているメンバーシップ型雇用の特徴や課題をご紹介します。

自分の理想の働き方を目指すにはどのような雇用形態を選択すれば良いのか、一緒に考えていきましょう。

Contents

女性が転職でメンバーシップ型雇用を選択するメリット

ガッツポーズの男女

メンバーシップ型雇用は日本が長年にわたり独自に発達させてきた雇用形態で、現在でも一般的に広く普及しています。

日本では当たり前のように行われているこの雇用形態に対して、昨今の時代の変化に合わせて様々な意見が生まれるようになってきました。

これから転職を考える時、なんとなく雇用形態を受け入れずにその一長一短を知ってから選びたいところですね。

下記では、そんなメンバーシップ型雇用のメリットについてご説明していきます。

不当解雇の心配がほぼない

メンバーシップ型雇用では、定年まで働く「終身雇用」の考え方が前提にあります。

そのため懲戒解雇を受けるような極端な理由が無い限りは、会社都合で仕事を失うことがありません。

このことは労働基準法でも定められていますので、不当な理由で解雇される心配が無いのがメリットです。

一度雇用されれば、安心して長期間の仕事が出来ます。

人材育成の環境が整っている

定年までの長期間雇用が前提となっているため、企業が主体となって社員を育てていく人材育成システムが整備されています。

異動や転勤などで様々な職務を経験しながら、ゆっくりと時間をかけて総合的なスキルを獲得出来るのがメリットです。

一つの専門性を高めるというよりも、企業が求めるスキルを全体としてバランス良く網羅した人物を目指すことが出来ます。

勤続年数での給料アップが見込める

お金を手に持つ女性

長期的なスパンで人材を育てるメンバーシップ型雇用では、成果に依存せず年齢や勤続年数が増えるに従って給料が上がります。

極端は話では、抜きん出たスキルを身に着けてコンスタントに活躍していなくても、一つの企業に長く勤めることで一定の昇給が期待出来ます。

長年働いている会社へは愛着が湧きますので、社員のモチベーションを高く維持出来るのもこの雇用形態の特徴の一つです。

メンバーシップ型雇用のデメリット

オフィスで悩む女性

上述のように日本では一般に広く採用されているメンバーシップ型雇用ですが、デメリットも存在します。

自分の理想とする働き方を意識しながら、メンバーシップ型雇用の悪い部分を考えていきましょう。

異動や残業がある場合は従う必要がある

定年までの終身雇用が補償されるメンバーシップ型雇用ですが、企業側の目線で言い換えると、強制的な解雇が出来ません。

そのため、求める働きが出来ない人材と企業に判断されてしまう場合、他の部署や部門への異動が命じられることが多々あります。

適した部署が中々見つからず、異動を繰り返すことになっても拒否出来ないのが辛いところです。

またこの雇用形態では、会社都合で残業が発生しても文句を言えないという特徴もあります。

もしも成果主義の雇用形態であれば、一定の仕事が片付けばそれ以上の負担を課されることはありません。

ただし、メンバーシップ型雇用の場合は仕事の範囲が明確ではないため、急な残業が発生してしまうこともあるのです。

年功序列の給与体系に不満がある人も

上述の通り、長期間働くほど給料が上がるのはメンバーシップ型雇用の利点です。

しかし逆に言えば、勤続年数が浅いうちでは、いくら大きな利益を会社に生み出しても膨大な報酬は期待出来ないという面もあります。

もちろん、成果に比例した報酬を支給する「インセンティブ制度」が採用されている会社も多くあります。

それでも基本給の数字も含めて比較していくと、社歴の長い人の給与には総合的にどうしても届かないという現実があるのも事実です。

この「年功序列」の風潮に居心地の悪さを感じてしまう人にとっては、この側面はデメリットと言えるでしょう。

 

ワンポイント
企業のルールに強く縛られてしまうのが、メンバーシップ型雇用のデメリットです。

メンバーシップ型雇用の特徴は?

並ぶ男女

ここまでで、メンバーシップ型雇用のメリットとデメリットをご紹介してきました。

その内容を踏まえて、改めてその特徴をまとめます。よく理解した上で自分に適した雇用形態が選べるように準備しましょう。

終身雇用

新卒の一括採用が行われ、定年を迎えるまで長期的に働く「終身雇用」を前提としています。

整備された教育プログラムの中で時間をかけて総合的な力を磨くことが出来、働き手の「安心・安定」が補償されているのが特徴です。

企業に長く勤める中で会社への忠誠心やモチベーションを高く維持している社員を、多く保有出来る強みもあります。

年功序列

上司、秘書

企業としては長期的なスパンで将来活躍する人材を育てたいため、勤続年数に比例して給与が上がります。

他の企業に移らずに長く勤めることが重要で、専門的なスキルや成果を常に求められるプレッシャーは低いと言えます。

ただし専門的なスキルを活かして早いうちから高い報酬を狙う人にとっては、もどかしさを感じる働き方となるでしょう。

具体的なスキルよりも、勤務年数といった「時間」に対する評価を行うのが大きな特徴の一つです。

企業別組合

メンバーシップ型の雇用形態の企業においては、企業ごとに労働組合が組織されていることがあります。

これも日本の経営を代表する特徴の一つで、生涯一緒に働く仲間たちの間で団結して不当な労働から身を守る目的で作られる組織です。

欧米では業界ごとに作られる労働組合が日本においては企業単位で形成され、安心して働ける環境を守っています。

 

ワンポイント
働き手と企業が、「長期的で安定性のある関係」を作るのがメンバーシップ型雇用です。

メンバーシップ型雇用が浸透した背景

工場

現在でも日本で当たり前のように採用されているメンバーシップ型雇用ですが、日本に根深く浸透した理由はあるのでしょうか。

メンバーシップ型雇用が主流となるキッカケを作った時期は、日本における高度経済成長期です。

この時期日本では経済が急速に発展し、仕事を求める労働者も溢れていました。

この時、長期的に仕事が与えられ安心・安定して働くことが出来る働き手と、長い期間で求める人材を確実に育てられる企業の利害が一致したのです。

このシステムが当時の時代背景に特にマッチしており、経済を効率良く成長させる雇用形態として定着していきました。

メンバーシップ型雇用に向いている人

英文事務、コミュニケーション

ここまででメンバーシップ型雇用の内容をご紹介してきました。

それを踏まえて、これからどのような働き方を選択すれば良いでしょうか。

企業と労働者の間で長期間の安定した関係を形成するこの雇用形態が、どんな人に向いているのか考えていきましょう。

安定した給与が欲しい人

メンバーシップ型雇用の中で労働者が得られる大きなメリットはやはり「安定性」です。

自分の価値・スキルを高めなくてはいけないプレッシャーが低い環境下で、変化を好まず、着実な生活をしたい人には適しているでしょう。

逆に、自分の専門性を磨いて勝負していくような働き方を望む人には向いていないと言えます。

長く関係を築きたいと思えるような自分に合う企業を見つけられた人にとっては、この雇用形態で理想的な働き方が実現出来るでしょう。

チームワークを大切にしたい人

チームワーク

個人が専門スキルを磨いて独自に働くのではなく、その分野の仕事を総合的に身に着けるのがメンバーシップ型雇用の働き方の特徴です。

その中では一つの部署に留まらず様々なセクションの人と関わり、各セクションごとの仕事に対して理解を持てます。

そのため、部署の枠を超えて多くの人と関わりながらチームワークを意識して仕事を進められるのも醍醐味です。

長期雇用で人の入れ替わりも少ないため、「チーム」を感じる現場で活き活きと働ける人にはとても合っている雇用形態と言えます。

メンバーシップ型雇用の将来性や今後の課題

握手

これまでの日本の経済成長を支えてきたメンバーシップ型の雇用形態ですが、現代の時代背景に合っていないと言われることが増えてきました。

大きな要因は、少子高齢化の問題です。働き手が溢れていた高度経済成長期とは異なり、現在では単純に労働者の人口が減少しています。

総合的なチーム力で仕事を進める働き方では個人個人のスキルは大きく育たず、少数では高い生産性を生み出せない事実があるのです。

そうは言っても、根強く残っている長期雇用の形態を一変させるのは簡単ではありません。

総合力だけを鍛えるのではなく、一人一人の独自性・専門性も同時に高められるようなシステムの変容が企業に求められてくるでしょう。

会社を選ぶ際には、雇用形態を変容させる柔軟な考え方があるのかという部分も重要になってきます。

 

ワンポイント
近年の働き手の減少によって、より個人の専門スキルが求められるようになってきています。

新しく生まれた雇用形態や組織形態をチェック

パソコン 女性

メンバーシップ型雇用形態が時代に合わなくなってきている中で、新しく注目されている雇用形態や組織形態もあります。

欧米などを中心に採用されている下記の雇用形態や組織形態は、日本のメンバーシップ型とよく比較される新しい形態です。

日本に浸透する日もそう遠くはありませんので、覚えておくと良いでしょう。

ジョブ型雇用

メンバーシップ型の対照としてよく比較されるのが「ジョブ型雇用」です。

新卒を一括採用するメンバーシップ型雇用と違い、人材が持つ専門性の高いスキルを重視する採用方法が特徴です。

即戦力的に仕事が与えられるため職務内容が明確に定まっており、年齢や勤務年数に関らずスキル次第で給与がアップします。

会社都合の転勤や異動は発生しませんが、人材育成の制度が充実していないため自分の力でスキルを磨くことが求められます。

自分の力で若いうちから高い給与を目指し日々の変化を好むようなアグレッシブな人には、とても向いている働き方と言えるでしょう。

タスク型雇用

ジョブ型雇用をさらに「特定の仕事」に絞って人を集めるのが「タスク型雇用」です。

必要な課題が発生する度にスポット的に雇用を行う方法なので、より柔軟性を持って働くことが出来るシステムです。

ただし仕事が完了してしまえばすぐに解散となってしまうため、給与面ではかなり不安定な働き方となります。

人との関わりもそれだけ希薄になってしまうので、チームとして仕事をするような意識も感じづらいと言えます。

ホラクラシー型組織

欧米の一部の企業で採用され話題となっている新しい組織形態の一つに「ホラクラシー型組織」があります。

通常の会社組織には役職や階級があり、上司が部下を管理するようなシステムがあるのが一般的です。

基本的に上司の意見には逆らわず、実績を積みながら高い階級を目指すのが常識的な働き方でしょう。

そのような上下関係を全て取り払い、一人一人が対等な関係で働くことが出来る組織形態がホラクラシー型組織です。

全員が大きな裁量を持って、主体的に仕事に向き合えるのが特徴です。

ただし、大きな決定権を持っているからこそ一人一人の責任が大きくなるため、失敗を人のせいにした言い逃れは許されません。

そのように大きな責任感を持ち、上下の縛りに囚われずにフラットに働けることがこの組織の最大の魅力と言えるでしょう。

 

ワンポイント
【安定性とチーム力を重視:メンバーシップ型雇用】⇔【個人スキルに応じた給料を狙う:ジョブ型雇用】

自分に合った雇用形態を見つけよう

英文事務、女性、スキル

今まで当たり前のように受け入れていた雇用形態は、近年の時代に合わせて変化し自分で選ぶことが必要になってきました。

特に簡単に仕事を選べない女性にとっては、さらに選択肢が増えて不安になることも多いでしょう。

前向きに考えれば、「こうあるべき」という常識が変わり、自分のライフスタイルに合わせて理想的な働き方を選択できる自由が与えられています。

仕事選びの際には、その企業で選択出来る「雇用形態」もチェックするポイントとして押さえておくと良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

子供と歩く女性

将来のことを考えると、簡単に仕事を選べないのが女性の辛いところです。

さらに雇用形態が多様化する新しい時代に突入する中で、転職に踏み切れない人も増えるでしょう。

「不安」は分からないことに対する恐れから生まれ、それが心まで占領してしまうと厄介です。

そんな状態では一人で悩んでいても解決策は生まれません。重要なのは、誰かに相談して一緒に考えることです。

違った角度からのアドバイスをもらうことで、自分の視野が狭まっていたことに気付くことが出来ます。

特に転職に関する悩みは、プロの転職エージェントに相談しましょう。

一人一人に合わせた的確なアドバイスで分からないことが明白になり、進むべき道も見えてきます。

一緒に悩んでくれるエージェントに相談して、心の不安を取り除きましょう!

まとめ

ガッツポーズの女性

日本で主流なメンバーシップ型雇用の課題と、新しい雇用形態をご紹介してきました。

働き方や雇用形態も自由に選べる時代は、一人一人が自分の働き方を見つめ直す良いきっかけになることでしょう。

安定性を重視するのか、スキルを磨くことが好きか、自分の性格に合った働き方を選びたいところですね。

どんな雇用形態を選択すべきか一人で不安になっても悩まずに、まずは人に相談することをお勧めします。

たくさん悩み抜いた先では、必ず理想的な働き方を見つけられることでしょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら