履歴書を書く時に最も大事なポイントの1つが「志望動機」です。

採用担当者に自分の意欲・熱意をアピールできるところではないでしょうか。

転職者はどのような書き方をすれば印象に残る文章になるかを必死に考えます。

実は他の応募者と差をつけるポイントとして「締め方」が大事なのです。

今回は志望動機の完成度を高める文章の締め方について詳しく解説します。

果たして採用担当者に好印象を与える締め方のコツとは何なのでしょうか?

NG表現や実際の例文なども交えながら紹介しますので参考にしてください。

志望動機の完成度を上げる最後の締め方とは

文末

皆さんは「終わり良ければすべて良し」という言葉を聞いたことがありませんか?

たとえ途中経過で失敗したり躓いたりしても最後で綺麗に終われば締まって見えます。

志望動機についても全く同じことがいえるでしょう。

途中の文章が多少分かりにくくても、締めの文章が綺麗だといい文章に見えます。

逆にどれだけ素晴らしい文章を書けたとしても、最後が平凡な文章では締まりません。

転職者の中でこういう細かいところにまで気を遣える人は実は少ないのです。

だからこそこの結びの文章で他の応募者と大きな差をつけられるのではないでしょうか。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

志望動機の締め方で定型文を使うのはあり?

決まり文句

志望動機を書くと多くの転職者は最後に自分の意気込みを書きます。

それ自体は問題ないのですが、その言葉が「頑張ります」などの定型文ではいけません

そのような文章だとインパクトに欠け、採用担当者の印象に残りにくくなってしまいます。

多少大げさでもいいので、締めの文章にはやや強めの言葉を選ぶといいでしょう。

例文の項目で具体例を紹介しますが、とにかく「会ってみたい」と企業に思わせることが大事です。

謙虚さや奥ゆかしさは美德の1つですが「私こそが!」という強い意欲や競争心も同じくらい重要になります。

20代女性の転職ですから若さやフレッシュさを前面に押し出してください。

 

ワンポイント
 凡庸なイメージにならないようにすることが肝心

「締め方」が重要な理由

ノート

志望動機の「締め方」が重要な理由は志望動機にこそ転職者の人間性が見えるからです。

入社後どのように仕事に取り組み、どのような形で貢献してくれるのかを採用担当者は判断します。

その際内容や根拠の部分は誰もが力を入れるため、なかなか差別化を図るのが難しいでしょう。

そこで差をつけるために最も大切な部分が締めの一文でどれだけ印象付けられるかになるのです。

たとえばお店の接客では「いらっしゃいませ」だけではなく最後に「またお越しください」と述べます。

1度来てくれたお客様にはまた来て欲しいというお店側のおもてなしの心なのです。

この締めの言葉があるのとないのとではお客様が持つ印象は大きく違ってきます。

細かいところまで目配り気配りができるかどうかが締めの部分で評価されるのです。

 

ワンポイント
 最後まで目配り・気配りを忘れないこと
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機の締め方で好印象を与えるコツをチェック

それでは志望動機の締め方で好印象を与えるコツをチェックしましょう。

ポジティブな言葉を使おう

ポジティブ

まずは前向きな、ポジティブな言葉を用いて強く断言してください。

具体的には「〜します」「〜です」と強く言い切ってしまうことです。

志望動機は応募者のやる気を見せる場所ですから遠慮・忖度は必要ありません。

それ位強い言葉を用いることで採用担当者の心に大きく響きます。

後述しますが、ここでネガティブな表現を用いると自信がない人と判断されるのです。

そのようなことにならないようしっかり自分を表現してください。

将来性を感じさせよう

明るい未来

2つ目に前向きさと併せて将来性を感じさせる言葉を用いてください。

スキルや経験・実績がどれだけ高いかという転職者の成果はもちろん大事です。

しかしそれ以上に大事なのは「将来性」であり、どれだけの成長を見せてくれるかにあります。

企業が最も重要視しているのは目先の利益ではなく長期的なリターンです。

だからこそ優秀な人材には惜しまず投資して前に進ませようとします。

その将来性をはっきりと可視化させることが何よりも大事なのです。

入社後のイメージをさせよう

2つ目の将来性とも関連しますが、入社後の働く姿をイメージさせてください。

将来性が長期的なイメージならば、入社後は短期的な直近の目標です。

そのためには企業が求める人物像とリンクさせ、具体的な言葉で説明しましょう。

具体的な目標があれば、採用担当者は入社後の活躍がクリアに思い描けます。

長期のゴールと短期の目標がセットになって初めて有意義な志望動機となるのです。

自分がどのように貢献できるのか、活躍したいのかをしっかり詰めておいてください。

オリジナリティを意識しよう

独創的

そして4つ目に他社にはない転職者自身の個性独自性を打ち出してください。

上記したように「よろしくお願いします」「頑張ります」などの定型文はNGです。

誰でも簡単に使えてしまうフレーズである為にかえって個性が見えません。

その為には入社後のイメージ同様噛み砕いて丁寧に説明しましょう。

誰しもが安易に使いがちな定型文や言葉こそ慎重な使用が求められます。

同じ「頑張る」を「〜する形で貴社に貢献します」と表現を変えてみてください。

それだけでも非常に気が利いた捻りある文章になるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・前向きな意欲と熱意を感じさせる言葉を使う
・長期のビジョンと短期の目標で入社後の姿を可視化させる
・他の人が使わないような独自性のある言葉を使う

最後の締め方で好印象を与える例文

好印象

それでは実際に志望動機の例文で検証してみましょう。

果たして最後の締め方で好印象を与える例文とはどんなものでしょうか?

「貴社が提唱する「技術力で勝負する」という理念に強く惹かれました。

エンジニアは未経験ですが、現在基本情報技術者試験合格に向けて勉強中です。

前職は営業職でしたが、常にお客様に寄り添ったサービスを心がけ売上120%アップを達成しました。

より多くのお客様が快適にご利用いただけるサービスを提供する形で貴社に貢献いたします」

エンジニア職を例にした志望動機ですが、前職との繋がりもしっかり盛り込まれています。

その上で現段階での努力や最後の文言の具体性がしっかりあり、非常に具体的な志望動機です。

しっかりと「貢献いたします」と断言しており、確固たる決意を強く感じさせます。

「前職でのWebライターとして培ったスキルと実績を貴社の記事作成でも活かせると思い志望しました。

貴社の商品紹介の記事は言葉遣いが凄く美しく、磨き抜かれ洗練された素敵な文章ばかりです。

私もより美しい文章を書こうと意識するようになり、アクセス数を2年間で20万まで伸ばすことができました。

この実績と経験を生かし御社の商品紹介とアクセス数30万という形で御社に貢献します」

前職と同じWebライターとしてのスキルと実績を活かした素敵な志望動機です。

アクセス数20万という具体的な数字で実績を挙げているところが抜かりありません。

応募先の企業でもその実績を活かす形での将来性が示され非常にわかりやすいです。

「農業を通してM県を豊かにしたいというキャッチフレーズにとても心惹かれました。

農業とECサイトを組み合わせてM県の食を全国に提供するビジネスモデルが非常に画期的です。

私は貴社の提供する野菜や果物の数々をより世界中に広めたいと考えています。

ブログで世界に向けて宣伝する形で御社の売上向上とM県の地方再生に貢献いたします」

農業を通して地方再生を行うという理念がとてもシンプルです。

そして日本全国だけではなく世界中にブログ発信を行う形で貢献するというイメージが具体的でしょう。

入社後の活躍をイメージしやすい素敵な締め方です。

「物事を客観的に見て分析するのが昔から好きで、前職ではそれを活かして市場分析を担っていました。

とても地道な作業ですが、そのお陰で会社全体で売上150%アップを達成し事業拡大を実現しています。

貴社へ入社後もこの経験を活かして将来的にはマーケティング部門を任せてもらえる存在になるよう精進します」

自己分析で得た強みをしっかり活かした、とても論理的で地に足のついた志望動機です。

特に「マーケティング部門を任せてもらえる」という客観的ながらも意欲的なフレーズが印象に残ります。

謙虚さがあると同時に嫌味にならない形での自己主張も入るなどとてもいい締め方ではないでしょうか。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

避けるべきNG表現を確認

このように、志望動機は締め方1つでとても印象に残るものとなります。

しかし当然ながらその逆のやってはいけないNG表現もあるので解説しましょう。

曖昧な表現

曖昧

まず1つ目に自信がなさそうな曖昧な表現は使わないようにしてください。

上記したように、謙虚さや奥ゆかしさ故に断定を忌避して「~と思います」「~ではないか」というフレーズは多用されがちです。

特に「〜したいと思います」はテレビ番組はもちろん仕事場でもよく用いられるでしょう。

文法的には間違いではありませんが、これから行うことに責任が持てないような表現です。

どこか仕事を人任せにしているようですし、同時にネガティブさも感じさせます。

転職活動においては自信を持って「〜します」と断定してください。

誇大な表現

誇張

そして2つ目に意欲や熱意が行き過ぎたが故の誇張表現もやめてください。

確かに強く断言することは大事ですが、身の丈に合わない嘘誇張煽りはいけません。

自信を持つことと調子に乗ることは似て非なる正反対のものです。

採用担当者だって様々な応募者・転職者をごまんと見ています。

だからその志望動機の内容が嘘か本当かは経験上書類を見た段階でお見通しです。

あくまでも等身大の自分でできる形での志望動機にしてください。

 

ワンポイント
・「〜したいと思います」などのような表現は自信のなさの現れである
・自信を持って主張することと自分を大きく見せようとすることは違う

志望動機の締め方NG例

NG

それでは逆に志望動機の締め方のNG例を3つほど紹介します。

「貴社の「人を大切にする」というフレーズに惹かれました。

ドライカラーやマスターバッチの製造工程が非常に興味深いです。

元々私は色が好きなので、様々な色のカラープレートを調色してみたいと思います。」

「〜したいと思います」というしてはならない曖昧な表現を用いています。

志望動機の内容自体も底が浅く、製造工程に興味を持っただけで終わっているのも問題です。

職場は「利益を追求する場所」であり「学問を学ぶ場所」「遊び場」ではありません。

転職活動の割には学生気分が抜けきっていないような締め方になっています。

「前職での営業の経験を活かして貴社の新規開拓営業に貢献したいからです。

前職では必要とあらば深夜遅くまででも粘って営業を続け、全国トップの営業成績を出しました。

またお客様に親身に寄り添った営業をモットーにしているので、コミュニケーション能力もあります。

誰とでも仲良くなれるので様々な人とコミュニケーションを取りながら仕事に取り組んでいくつもりです。」

具体的な志望動機と入社後への目標は書いていますが、「誰とでも仲良くなれる」は誇張表現です。

本当に誰とでも仲良くなれるような人が深夜遅くまで営業を続けることはないでしょう。

職場は気が合う人だけではなく気が合わない人も少なからずいます。

その中でどうやって貢献するかが問われているので、志望動機としては不適切です。

「前職では営業を担当していましたが、毎日ノルマを達成しろと怒鳴られ続けた日々でした。

成果を出しても褒めてくれませんし、残業がないといいながら深夜近くまでの残業がよくあります。

貴社はその点ワークライフバランスを重視しているので、残業が少なく楽な職場だと思い志望しました。

ルート営業は初めての経験なので、是非私にどんどん教えてください。」

3つ目は文末に限らずそもそも全体的に前職への不満愚痴しか述べていないネガティブな志望動機です。

本音がそうであったとしても企業側には「人の悪口を漏らしてしまう人」という印象になります。

そして何よりも「教えてください」と学生気分が抜けていないような文言はNGです。

 

無料転職相談をして自分の夢を実現しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機の締め方で他の応募者と差をつけよう

差別化

このように志望動機の締め方1つで採用担当者の心に残る文章になるのです。

ここまで紹介してきたポイントをまとめると以下の通りになります。

  • 曖昧な表現は避けて目標を断言する
  • どのように貢献するのかを具体的に掘り下げる
  • 誇張表現やネガティブな言葉は使わない

大事なことはとにかく失敗要素を減らして、具体的な表現にすることです。

成功確率を上げることは難しくても、失敗確率を下げることはこの瞬間にもできます。

オリジナリティ溢れる素敵な締め方で他の応募者との差をつけた志望動機を作ってください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

このように志望動機1つを取っても細かいところへ気遣い・気配りが必要です。

それでも不安な方は是非転職エージェントに悩みを相談してみてください。

志望動機の細かい添削はもちろんより伝わる表現まで教えてくれます。

また応募先の企業の情報や戦略も一緒に考えてくれるので、心配する必要はありません。

転職エージェントの力を積極的に活用して素敵な転職活動にしましょう。

まとめ

文章を書く女性

いかがでしたか?

今回は志望動機の完成度を上げる最後の締め方を解説してきました。

本当に締め方1つで採用者担当の心を良い方向にも悪い方向にも動かすのが志望動機です。

ペンは剣よりも強し」という言葉をとても強く実感できるのではないでしょうか。

本記事が素敵な志望動機の文書作成のお役に立てれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!