秘書への転職を希望している・秘書業務に挑戦したいと考えている女性向けに

  • 秘書の仕事内容とは
  • 秘書に向いている女性の特徴とは
  • 秘書の仕事のやりがいとは

上記を中心に秘書業務について気になる点をまとめました。

本記事でまとめた「秘書の仕事について」をヒントに、秘書へのキャリアチェンジを一緒に考えてみませんか。

「秘書業務に興味がある」「秘書に挑戦してみたい」と考えている女性はぜひ読み進めてみてください。

秘書の仕事内容を解説

秘書の仕事内容を解説①  

ここでは秘書という仕事内容について紹介します。

秘書は上司を影で支える縁の下の力持ちとなり、補佐として働く存在です。

その担当する業務内容は非常に広い範囲にわたります。

まず初めに、秘書といっても様々な分野の秘書があるためいくつかご紹介します。

  • 会社の社長や役員の元で業務にあたる「企業秘書」

こちらは皆さんが一般的に秘書として最もイメージしやすいものではないでしょうか。

その他にも、

  • 医師や医局の仕事をサポートする「医療秘書」
  • 議員の補佐をする「議員秘書」
  • 弁護士や司法書士を支える「法律秘書」

など多くの種類があります。

ではその様々な分野で上司を支える秘書の業務内容はどのようなものがあるのでしょうか。

秘書業務を大きく分類すると、「定型業務」「非定型業務」の2つに分けられます。

「定型業務」は日常的に行う業務、「非定型業務」は単発的・突発的に生じた事案に対応する業務です。

具体的には以下の業務になります。

  • 「定型業務」:上司のスケジュール管理、来客対応、電話対応など
  • 「非定型業務」:事故、急病、災害などへの対応

秘書業務は多岐にわたるため、日々様々な業務を経験することができます。

以下ではさらに具体的な秘書の仕事内容について紹介していきましょう。

ワンポイント
秘書の業務は大きく定型業務・非定型業務に分類される

秘書の仕事「上司の仕事のサポート」

秘書の仕事「上司の仕事のサポート」②      

今回は秘書業務のメインとなる「定型業務」を中心に具体的な仕事内容について説明します。

まず初めに秘書の仕事として最も担うことが多い代表的な仕事のひとつが「上司の仕事のサポート」です。

スケジュールの管理

会社の社長や役員は毎日社内外での打ち合わせや会議への参加、重要な意思決定の場面など多忙を極めます。

そのような上司が効率よく、滞りなく予定を進められるようアシストする重要な役目が「スケジュール管理」です。

スケジュールの管理③    

具体的には以下のような仕事内容があげられます。

  • スケジュールの作成と管理
  • アポイントメント(面会)予約の取次
  • 打ち合わせ場所の手配
  • スケジュール変更に伴う調整や連絡
  • 必要書類の作成、管理

秘書が上司のスケジュールを作成する際に注意する点について説明していきます。

円滑に予定を進めることが最も重要なことですが、スケジュール管理をする上で配慮すべき点がいくつかあります。

  • 重要な意思決定をする時間や次の予定の準備をするために時間をとる

上司が考え事をする時間を作っておく必要があります。なぜなら上司は常に意思決定をする立場であることが多いからです。

企業の社長や役員であればそのような場面はさらに増えることでしょう。

常に予定を詰め込み、会議や打ち合わせに追われているような状況に置かれていては良質な意思決定ができなくなってしまいます。

たとえば、予定と予定の間に十分な時間を確保しておけば余裕をもって対応することができます。

さらには上司が十分に考える時間を確保できるため、円滑な業務遂行に繋がるというわけです。

  • 上司の健康に配慮する

予定を詰め込みすぎて上司が体調を崩してしまうというケースもあります。体調面にも気を配ることも重要な業務のひとつといえるでしょう。

  • 外出時は交通機関の遅延、道路渋滞などの可能性も考慮する

また、なるべく予定をいれないほうが良い時間帯には予定を入れないなどの配慮も必要となります。

上司が決めた予定をスムーズにこなせるようにスケジュール管理を行うことが秘書の重要な仕事です。

出張の手配

上司が国内外へ出張するケースもあります。その際に必要となる業務内容について出張前・出張中・出張後の3つに分けて解説します。

(1)出張前の準備業務

  • 宿泊先、交通機関の手配
  • 出張にかかる費用の計算、経理課に申請
  • 所持品の準備(名刺、切符、旅程表など)
  • 必要書類の確認

(2)上司が出張中の業務

  • 受け取った書類、確認書類の整理・保管
  • 同行しない場合は上司との連絡
  • 電話、来客の対応
  • 名刺や書類の整理
  • 住所録の作成
  • 普段やり残している業務対応

(3)出張後の業務

  • 上司が持ち帰った資料の整理、管理
  • 出張中にあった来客、電話について報告
  • 上司が出張先でお世話になった人や取引先への令状の作成
  • 出張報告書の作成
  • 旅費の清算

経費の清算

秘書の業務内容のひとつとして経費の清算というものもあります。

上記スケジュール管理では上司の出張の際の業務内容を紹介しましたが、その中での出張費の清算が業務内容にあたります。

交通費や宿泊代などの支出が発生した際に、領収書や精算書をもとに内容にミスはないか確認し、問題がなければ経費担当部門に提出します。

秘書の仕事「社内的なサポート」

秘書の仕事「社内的なサポート」④ 

次に秘書の社内における主な仕事内容について紹介します。

会議室の手配

社長や役員であれば様々な場面で会議に参加することがあります。その際に会議室のセッティングを行うのも秘書の役目です。

会社では1日に多くの会議が開催されます。前もって会議室の予約や手配をしておかない場合、会議を始めることができないという状況を引き起こしてしまいます。

当日に確認するのではなく、前日やそれ以前に予定を確認し他の会議とブッキングしないよう手配することが重要です。

書類の作成・情報管理

社内的なサポートには書類の作成情報管理も含まれます。

具体的には以下があげられます。

  • ビジネス文書の作成
  • 資料の管理(ファイリング)
  • 情報収集
  • コピーを取る、印刷する

書類の中には機密情報を保持しているものもあるため、管理にはよく注意することが大切です。

また代理で書類を受け取った際はきちんと報告し、伝達漏れがないよう気をつけましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

秘書の仕事「対外的なサポート」

秘書の仕事「対外的なサポート」

秘書の仕事は社内だけでは終わりません。 以下はその例です。

  • 来客対応
  • 電話対応
  • メール対応
  • 社外の人との交際業務

来客対応

上司のもとには社外からお客様が直接出向いてくることも多くあります。
その際には、

    • 来客の受付、案内などの対応
    • お茶や食事のサービス手配
    • 上司が不在だった場合の対応

 

上記の対応をします。

電話やメールの対応

電話

来客対応と同様に上司のもとにかかってくる電話やメールにも対応します。
主な業務内容は以下です。

  • 上司にかかってきた電話の対応
  • 上司がかける電話の手伝い
  • 上司宛てに受信したメールの対応
  • 上司が送信するメール作成の手伝い

社外の人との交際業務の対応

上司が観光案内や食事をふるまうなど、取引先の人を接待する場面での交際業務も秘書の仕事です。

このような場面でも下準備は欠かせません。

  • レストランやハイヤーの予約
  • 現地までの交通手段や経路、所要時間の確認
  • 取引先の食事の好みやアレルギーの有無についての調査

上記を中心に準備をしておきます。

この際に注意すべき点は、きちんと上司と連携しどのような情報を確認すべきか把握しておくことです。

これまで多くの秘書の仕事内容について紹介してきました。

細やかな気遣いが上司をサポートする鍵となるのです。

秘書に向いている女性の特徴をチェック

秘書に向いている女性の特徴をチェック

これから秘書業務に挑戦したいと考えている方に秘書に向いている女性の特徴を紹介します。

ぜひチェックしてみてください。

気遣いが得意

まず第一にあげられる特徴は「気遣いが得意」です。

これまで主な秘書の仕事内容を紹介してきましたが、どれにも当てはまる特徴として「気遣い」があげられます。

以下いくつか例をあげます。

ケース1:

会議がもうすぐ始まる時に上司がまだ自席にいて移動する様子がない。

→「あと5分で〇〇(事案)についての会議が〇〇(場所)で始まります」と声掛けする。

ケース2:

上司が担当している業務と関連がありそうな情報を日頃から収集しておき、意見を求められた際に提供できるよう用意しておく。

ケース3:

予定が立て込んだ日が続いた場合は、業務に差し支えないよう考慮した上で休息がとれるようスケジュールの調整を行う。

この他にも上司の性格や好みを把握し業務に役立てることも大切なことのひとつです。

誰かのサポートをすることが好き

冒頭から説明している通り、秘書業務は上司を支える、いわば縁の下の力持ちです。

「誰かをサポートすることが好き」という人には非常に向いている仕事といえます。

補佐役に徹することができ、影の立役者として上司を支えることができる人は秘書として活躍できます。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション

様々な特徴をあげてきましたが、その中でも最も大切な特徴として「コミュニケーション能力が高い」があげられるでしょう。

具体的には、

  • 情報の伝達を適切な場面でわかりやすく、正確に行うことができる
  • TPOをわきまえた服装や言葉遣い、表情、態度を表すことができる
  • 自分が次にすべき行動を察することができる
  • 相手の話をきちんと聞くことができる

上記の特徴があげられます。

秘書は人間関係のパイプ役になることもあるのです。

上司のサポート役として、よい人間関係や必要な人間関係を築くことができる役割を担っています。

秘書に向いている特徴としてあてはまる女性は多いのではないでしょうか。

 

ワンポイント
気遣い・サポートができる・コミュニケーション能力が高い人は秘書に向いている

秘書の仕事をするメリット・デメリット

秘書の仕事をするメリット・デメリット

どんな職業にもメリット・デメリットはあります。
いざ秘書の仕事に挑戦したいと思った時、どんなメリット・デメリットがあるのか把握しておくことも自身のキャリアを考える上で重要と言えます。
ここでは秘書の仕事をする上でのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

  • 社長や役員など能力の高いポジションの人物の下で仕事につくため、必然的にスキルが高まる
  • 多角的に物事を考えられるようになるため、様々な仕事に役立てることができる
  • 秘書=企業の顔(イメージ)となるため誇りを持って仕事ができる
  • ひとつの秘書業務を行うことでより高いコミュニケーションスキルやビジネスマナーを身に着けることができ、キャリアアップを図ることができる
  • 未経験でも一流の秘書になるチャンスがある

デメリット

  • 細やかな気遣いが必要となるため気が抜けない
  • 社長や役員のもとで働き、上司の予定に合わせて動くため休暇が取りにくい場合や、カレンダー通りに休みが取れない場合がある
  • 勤務時間や急な対応により休日出勤になる場合がある

多くのメリットがありますが、決まった休みが欲しい・不規則な勤務形態は厳しいと考える人にとっては難しい問題になるかもしれません。

秘書の仕事のやりがい

やりがい

社長や役員という能力の高いポジションのもとで仕事をするため、難しいタスクを担うこともある仕事です。

しかしながらやりきった時は大きな達成感が得られます。

また、細かい気遣いや心配りができることで上司から信頼が得られ、感謝された時やりがいを強く感じられます。

さらには、社内だけでなく社外のお客様や取引先から高い評価を得られた時は、企業としての評価アップにも繋がるのです。

 

ワンポイント
秘書は大きな達成感が得られる仕事

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

秘書になるには資格は必要?

資格

秘書として業務にあたるにあたって、資格がないとできないのではないかと不安になる方もいるかもしれません。

しかし、正社員・契約社員関係なく必ず取得しなければならない資格はありません。

そのため未経験から秘書業務に挑戦することは可能です。

ただし、自身で「秘書業務について理解したい」「より知識を得てステップアップしたい」などの考えをもっている場合は取得することでスキルアップへと繋がります。

では具体的にどのような資格があるのか、2つ紹介をします。

まず一つ目は「秘書技能検定試験」です。

一般的に「秘書検定」と呼ばれ、最も有名な資格です。

こちらは民間資格で財団法人実務技能検定協会認定、文部科学省後援のものです。

各レベルによって難易度が分かれているため、未経験であれば3級から挑戦してみるのはいかがでしょうか。

二つ目は「国際秘書(CBS)検定試験」です。

外資系企業や英語を多用する企業での秘書業務にあたる場合は、社団法人日本秘書協会の「国際秘書検定」を受験することをおすすめします。

上記のほかにも秘書業務に役立ちそうなビジネス検定を積極的に受験し、自身のスキルアップや強みを磨くのもよいでしょう。

 

ワンポイント
スキルアップのため資格取得はオススメ!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

これまで秘書業務の仕事内容ややりがい・秘書に向いている人のスキルなどの紹介をしてきましたが、「まず何から始めるべきか」で悩んでいる人がいると思います。

少しでも「秘書業務に挑戦してみたい」「これまでの経験を活かして新たなスキルを身につけキャリアアップをしたい」と悩んでいる人はぜひ転職エージェントにご相談ください。

これまでの多くの経験をもとに一人一人の特性を分析し、理想の転職ができるよう全力でサポートします。

まとめ

まとめ

本記事では秘書の仕事について解説し、秘書に向いている女性や転職する際のメリット・デメリット、やりがいについて紹介しました。

秘書に向いているスキルに一つでも当てはまる女性はぜひこの機会に秘書へ転職する一歩を踏み出してはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら