退職したいけど直接伝るのが不安という人もいるのではないでしょうか。

また直接伝えたいけどできないという状況の女性もいるでしょう。

今回はそのような時に電話で退職を伝える方法についてご紹介します。

退職を電話で伝えるステップを解説

電話をかける女性

退職の希望があっても直接上司に伝えるのが難しいという人もいるでしょう。

その場合は電話で退職を伝えるという方法があります。

しかし基本的に退職は対面で直接伝えるのが社会人のマナーです。

それでもやはり難しい場合は電話という選択肢を考えてもいいでしょう。

電話で退職を伝える時には注意点やデメリットがあります。

また円満退職とはいかないことも承知しておかなければなりません。

電話だからこそ上司に引き止められたり、曖昧にされることがあります。

そんな退職を電話で伝える時のステップをご紹介します。

ステップを押さえて少しでもスムーズに退職できるようにしましょう。

どうしても出社できない場合は

憂鬱な女性

会社にはそれぞれ就業規則があり退職を伝える時期について書かれています。

退職希望の1か月前とする会社が多いですが、2~3か月前にしているところもあるでしょう。

これは退職までの間に後任を探したり、引継ぎをしたりする必要があるからです。

しかし会社の規定は〇か月前と指定されても法律的には2週間前で退職ができるようになっています。

そうはいっても出社できない状況の場合はどうすればいいのでしょうか。

出社しなければと思っても会社に行くのが恐い、考えただけで不安で眠れないという人もいるでしょう。

そういった状況の時には電話で退職を伝えるという選択があるのです。

 

ワンポイント
 どうしても出社できない場合は電話で退職を伝えることを考えよう。

電話で退職を伝えるメリット

指さし棒とメリット

基本的に退職は直接伝えるのがマナーです。

しかしやむを得ない状況で電話という方法を取る場合もあります。

それでは電話で退職を伝えるのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

出社しなくてもいい

電話で退職を伝える最大のメリットは出社しなくてもいいということです。

退職の話を切り出すのはなかなか勇気のいるものです。

上司がどのような反応をするのか、退職の意思を伝えたことで辛く当たられるのではないかと不安な人もいるでしょう。

またどうしても出社できない状況の人も出社せずに退職を伝えることができます。

試用期間中でもOK

試用期間中でも電話で退職を伝えることはできます。

まだ入社したばかりの試用期間中だと退職を伝えにくいという人もいるでしょう。

「入ったばかりだからもう少し頑張ろう」と引き止められることも考えられます。

電話だと対面よりも退職の強い意志を伝えられるという場合があります。

そのため引き止めがあっても意志を貫くことができるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


電話で退職を伝えるデメリット

デメリット

退職を伝えるのは基本的に直接対面でというのが社会人のマナーとされています。

やむを得ない事情がある場合は仕方がないのですがデメリットがあることを知っておきましょう。

電話で退職を伝えるデメリットはこちらです。

  • 円満退職はできない
  • 上司に強く当たられることがある
  • 曖昧な返事をされることがある

直接退職を伝えないとなると、「退職の話を電話で済ますなんて」と上司に強く当たられる可能性があります。

また「ひとまず休職扱いにします」「とりあえず出社してから話し合おう」と退職について曖昧にされることも。

その場で話をまとめられずに困る場合があるのが電話で退職話をするデメリットです。

電話で退職を伝えた後は出社することはないでしょう。

突然の退職で引継ぎができないということもあり円満退職とはいきません。

電話で退職を伝えても問題ないケース

YESにチェック

本来なら退職の話は直接した方がいいですが出社すること自体が困難な場合もあります。

出社が困難な場合は直接退職の話をすることはできません。

ここでは電話で退職を伝えても問題ないケースをご紹介します。

心身が限界

泣く女性

人間関係のトラブルや仕事の負担などで心身が限界に達している女性もいるでしょう。

出社しなければと思ってもどうしても会社に行けないこともあります。

行かないといけないと思っても出社できないのは、それだけ心身が限界という証拠ですね。

このような場合は電話で退職を伝えることができます。

休み続けることより退職する方が心の荷が下りて楽になる場合もあるのです。

入院中

入院中の女性

突然の病気や怪我で入院する場合は電話で退職を伝えても問題ありません。

会社からすると「入院中は休職で…」「元気になったら戻ってきてほしい」と思うこともあるでしょう。

しかし病気や怪我の治療に専念したいという理由で退職を決める人もいます。

入院中は会社に行くことができないので直接上司に退職を告げることはできません。

上司に病院に来てもらうのも申し訳ないですし入院中の姿は見せたくないでしょう。

そのため入院中に電話で退職を伝えるのはやむを得ない事情になります。

家族の介護

電話で退職を伝えても問題ないケースには家族の介護・看病があります。

ある程度の年齢になるといつ介護が必要になってもおかしくありません。

この前まで元気だったのに突然病気や怪我で介護が必要になることもあります。

前もっていつから介護が必要かわからないからこそ介護する側も大変なのです。

最初は休職して介護が落ち着いてから復帰するつもりの人もいるのではないでしょうか。

しかし介護は終わりが見えず日に日に大変になることも多いです。

そのため出社しないまま電話で退職を伝えるのはやむを得ないケースといえるでしょう。

ハラスメント

職場でハラスメントに苦しむ女性もいるのではないでしょうか。

ハラスメントといってもセクハラ・パワハラ・マタハラなど様々なものがあります。

どれも受けた方は辛く会社に行くこと自体が苦痛になるでしょう。

特に上司にハラスメントを受けている場合は対面で直接退職を伝えるのが不安という人もいます。

直接対面で伝えるのが不安というのは相手に何らかの原因があるからです。

そのためハラスメントを受けている場合は電話で退職を伝えてもいいケースといえるでしょう。

 

ワンポイント
 やむを得ず出社できない状況なら電話で退職を伝えても大丈夫。

電話で退職を伝えるポイント

電話をかける女性

電話で退職を伝えることを決めたらどのような準備をしておけばいいのでしょうか。

ここでは電話で退職を伝える時のポイントをご紹介します。

出社せずに退職の話をするからこそ気をつけたいポイントを押さえておきましょう。

誰に伝えるか

退職の話は対面でも電話でも直属の上司に伝えるのが基本です。

どうしてもという事情がなければ、まずは直属の上司に電話をしましょう。

しかし直属の上司からハラスメントを受けている場合は電話で話すことも不安ですね。

そのような場合はもう1つ役職が上の上司か人事部に連絡をするといいでしょう。

直属の上司に話をしてみたものの「とりあえず待って」「電話で辞められると思っているのか」といわれることも。

そうなると退職の話が進まず困ってしまいます。

この場合もさらに上の上司か人事部に相談することをおすすめします。

必ず伝えるべきこと

電話で退職を伝える時には必ず伝えるべきことがあります。

必ず伝えるべきことはこちらです。

  • 電話で伝えて申し訳ないという気持ち
  • 退職することで迷惑をかけるという思い
  • 退職の強い意思

まず大切なのが退職のことを電話で伝えて申し訳ないという気持ちです。

基本的に退職の話をするのは直接対面がマナーです。

どうしてもそれができない状況であっても「このような形で申し訳ありません」ということは伝えましょう。

また退職することで仕事に穴をあけてしまうこともあります。

そのことについても触れておくといいですね。

対面でも電話でも退職の話をすると引き止められる可能性があるでしょう。

電話の場合は特に「このままもう少し休んで考えて」といわれ退職話が曖昧になることも。

また「とりあえず会社で話しましょう」と出社することを求められることもあるのです。

そうなるとなかなか退職の話を進めることができなくなるため、強い意思を伝える必要があります。

理由をどうするか

退職を伝える時に理由をどうするか悩む人も多いのではないでしょうか。

電話で退職を伝える時は理由を「一身上の都合」で貫くことをおすすめします。

理由によっては改善するからといって引き止められることがあるからです。

一身上の都合だと伝えても具体的な理由を聞かれる場合もあるでしょう。

しかし原因が電話口にいる上司だったら言いたくはないですね。

ただし退職理由が自分の入院や家族の介護・看病の場合はそのことを伝えてください。

これらはやむを得ない事情として退職が受け入れられる可能性が高いからです。

提出・返却するもの

退職届と社員証

電話で退職が決まったら会社に提出・返却するものを確認しましょう。

退職時に提出・返却するものはこちらです。

  • 退職届
  • 健康保険証
  • 社員証・ICカード・ロッカーのカギなど
  • 名刺
  • 制服や携帯電話など貸与されたもの

電話で退職を伝えても多くの場合は退職届の提出が求められます。

退職届の作成日は電話で退職の意思を伝えた日にしましょう。

また退職する時には会社から貸与されたものは返却しなければなりません。

退職するということは会社の社会保険から脱退することになります。

そのため健康保険証も会社に返却しなければならないのです。

これらの物を会社に持っていくのは負担という人も多いでしょう。

持参するのが困難な場合は郵送することを会社に伝えてください。

受け取るもの

離職票

退職が決まったら会社から受け取るものもあるのでチェックしておきましょう。

  • 健康保険被保険者資格喪失証明書
  • 源泉徴収票
  • 離職票
  • 退職証明書

先ほどお伝えしたように退職すると会社の社会保険から脱退することになります。

すぐに転職しない場合は国民年金・国民健康保険に加入するか家族の扶養に入る必要があります。

その国民健康保険に加入するために必要な書類が会社から届くので確認してください。

また源泉徴収票は年末調整・確定申告で必要となります。

離職票と退職証明書は必ず送られてくるとは限りません。

そのため念のため会社に発行の依頼をしておいた方が安心です。

 

無料転職相談をして転職を成功に導こう

 

電話で退職を伝える時の例

スマホをもって悩む女性

電話で退職話をする時にどのように伝えればいいかわからず悩む人もいるでしょう。

ここでは電話で退職を伝える時の例をご紹介します。

退職理由を言わない

先ほどお伝えしたように、退職理由は「一身上の都合」にしましょう。

「一身上の都合により〇月〇日付で退職させていただきたいです。

本来なら直接話さなければならないところこのような形で申し訳ありません」

人間関係のストレスや上司からのハラスメントが退職理由という人もいるでしょう。

しかし具体的な理由を伝えると「改善するから」と引き止められることがあります。

それを望まないのであれば一身上の都合とし、具体的な退職理由は言わないようにしてください。

転職が決定済みであると伝える

部下が退職を切り出した時に引き止める上司も多いでしょう。

しかし電話で退職を伝えるのは余程のことです。

もしも引き止められるようなことがあれば転職先が決定していることを伝えるといいです。

「すでに転職先が決定しています。

申し訳ありませんが〇月〇日で退職させていただきたいです」

このように具体的な日付も含めてはっきりと伝えるようにしてください。

 

ワンポイント
 退職理由は「一身上の都合」にして具体的な理由は伝えないようにしよう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


電話で伝える時の注意点

注意,CAUTION

対面ではなく電話だからこそ注意しなければならないことがあります。

電話で退職を伝える時の注意点をチェックしていきましょう。

  • 念のため会話を録音しておく
  • 電話をかける時間に気をつける
  • 出社を求められたら断る

言った言わないのトラブルを回避するために会話は録音しておくことをおすすめします。

万が一上司が「そんなことは聞いていない」言ってきても録音があれば証拠になるからです。

また忙しい時間帯に電話をすることは避けた方がいいでしょう。

そして「会社で話し合おう」「とりあえず出社して」といわれることもあります。

会社に行くこと自体が負担なら出社して話すことは断った方がいいです。

 

ワンポイント
 電話で退職を伝える時は曖昧にならないように会話を録音しておこう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

グーサインの女性

出社すること自体が困難なほど心身が限界に達する人もいるでしょう。

そのような状況で退職をした後、転職先をどうしようか悩む人もいるのではないでしょうか。

電話で退職を伝えたら前を向いて次に進みたいですね。

そのため転職の悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談に登録して転職を成功させましょう。

 

無料転職相談をして転職の悩みを解消しよう

 

まとめ

ポイント

今回は電話で退職を伝えるステップについてご紹介しました。

基本的に対面で直接伝えるのがマナーです。

しかし出社できない状況にいる人もいるでしょう。

そのような場合は電話で退職を伝えても問題がないケースもあります。

出社せずに退職するので円満にはいかないことや上司に曖昧な態度を取られることがあるので気をつけてください。

退職を伝えたら次のステップに進みましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談してくださいね。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!