結婚を機に退職したり、働き方を考え直す女性は多いのではないでしょうか。

しかし、退職理由が結婚という場合にどのように伝えるべきか悩む女性も少なくありません。

今回は結婚退職をする場合の退職の伝え方・タイミングや、転職時の履歴書の書き方について詳しくご紹介します。

退職理由が結婚の場合の伝え方を解説!

退職
結婚というライフイベントは女性の生活や仕事に影響を与えることの1つです。

このまま仕事を続けるか、あるいは退職・転職するか悩む女性もいるでしょう。

結婚後の働き方にはさまざまな選択肢がありますが、その例をご紹介します。

  • キャリアアップを目指してこのまま仕事を続ける
  • 妊娠したら考える
  • 完全に仕事を辞めて専業主婦になる
  • 家庭と両立するために働き方を変える
  • 結婚相手が離れたところに住んでいるので引っ越しをする

結婚によって生活が大きく変わるパターンもあるため、選択肢は多いといえます。

結婚を機に仕事から離れるとしても、生活が落ち着いたら再就職を目指す女性もいるでしょう。

いずれにしても、結婚を機に現職を退職するのであれば、上司に退職の意思と理由を伝えなければなりません。

結婚はおめでたいことですが、退職の伝え方によって上司や同僚に反感を買うこともあるので注意が必要です。

できるだけ円満に退職して新しい生活を始めたいという女性は多いはずです。

そのため、結婚を理由に退職する場合の伝え方やタイミングを押さえておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
結婚は女性にとって退職や転職を考えるきっかけになりやすい。

結婚を理由に退職してもいい?

結婚

結婚を理由に退職してもいいのか迷う女性も多いのではないでしょうか。

もちろん結婚は1人でするものではないので、結婚後の生活を考えて相手と2人で相談することが大切です。

まずは結婚を機に退職することについて考えてみましょう。

経済的理由で続けるという選択肢

ライフプラン

経済的な理由で、結婚後も仕事を続けるという選択肢があります。

結婚を理由に退職すると、夫の給料だけで生活していくことになるため、経済的な面で大丈夫かどうか考えておく必要があるでしょう。

そして、結婚したら子どもが欲しいという人も多いのではないでしょうか。

出産・育児にはお金がかかるので、働けるうちに稼いでおくというのも選択肢としてあります。

また夫婦で旅行や外食を楽しみたいのであれば、経済的余裕が必要です。

経済的にやっていけるかというネガティブな面だけでなく、出産・育児・マイホーム・趣味など将来に向けた蓄えも考慮するといいでしょう。

空白期間がデメリットになる可能性

もし結婚を理由に退職すると、再就職しようとした時に空白期間ができてしまいます。

空白期間があると、再就職する時にデメリットになる可能性があることを知っておきましょう。

履歴書や職務経歴書を見れば空白期間があることは採用担当者に伝わってしまいます。

そのため、「この期間は何をしていたの?」と思われるリスクがあるのです。

もちろん結婚を機に退職したことを伝えれば、その空白期間は家事や育児に専念していたということが分かります。

しかし、仕事から離れていた期間があるため「ブランクがある」と不安視されることがあるのです。

そう思われないためには、再就職への意欲を伝えることが大切です。

ブランクがあるといっても、本人の取り組み次第で埋めることはできるので諦める必要はありません。

結婚を理由に退職を考える人へのアドバイス

アドバイザー

結婚を理由に退職をする場合、その後のことをどのように考えていけばいいのか悩む女性もいるでしょう。

ここでは結婚退職を考える時に押さえておきたいポイントをご紹介します。

次につながることをする

結婚を理由に退職を検討するのであれば、次につながることを考えてみてください。

退職後はどのような生活を思い浮かべているでしょうか。

もちろん結婚生活という、新しい生活に慣れることも大切なことです。

しかしその後のライフプランについて考えてみるのもいいでしょう。

専業主婦のまま家庭を支えるのか、子どもが大きくなったら仕事をするのか、あるいは再就職をしてキャリアアップを目指すのかということです。

再就職を考えているのであれば、資格取得を目指して勉強するのもいいでしょう。

先ほどお伝えしたように、結婚を理由に退職すると空白期間がデメリットになる可能性があります。

しかし、その空白期間に資格を取得したのであれば採用担当者の印象も変わるでしょう。

結婚は今後どのような仕事をしたいのか、どんな働き方がいいのかを考えるいいきっかけになります。

悪印象を与えないように

キャリアウーマン

退職はできるだけ円満に進めたいという女性は多いでしょう。

退職時に上司や同僚と揉めるようなことがあると、お互いに後味が悪いです。

結婚退職は「寿退職」といわれるようにおめでたいと思ってくれる人は大勢いるでしょう。

その一方で、浮かれすぎていたり引継ぎができていないと悪印象を与えてしまうこともあるのです。

結婚というおめでたい話に、周囲の人から声をかけられることもあるでしょう。

しかし、浮かれて仕事中に結婚の話ばかりするのは悪印象を与える原因となります。

悪印象を与えないためには、「ご迷惑をおかけします」「責任をもって引継ぎをします」という言葉かけを忘れないようにしてください。

報告するタイミングは?

人差し指を立てる女性

結婚を理由に退職する場合、どのタイミングで報告すればいいか悩む女性は少なくありません。

一般的にそれぞれの会社で退職希望を伝える期限が決まっています。

就業規則に書かれているので、上司に退職の意思を伝える前にまずは確認しておくといいでしょう。

目安としては退職希望日の1~3か月前とする会社が多いです。

しかし、結婚を理由に退職するのであればもう少し前に報告するという方法もあります。

1か月前に突然結婚が決まるということはほとんどありません。

前もってわかっているのであれば、早めに報告することで会社側の準備や引継ぎができます。

これらのことを踏まえて、退職希望時期の「3か月前」を目安に報告するのがいいでしょう。

 

ワンポイント
結婚退職を伝えるタイミングは3か月前が目安です。

上司への報告の方法

報告

結婚を機に退職することを決めたら、まずは上司に報告しなければなりません。

どのように報告すべきなのか、結婚式に招待した方がいいのか迷う人もいるでしょう。

ここでは、円満な結婚退職のために重要な上司への報告方法についてご紹介します。

上司への報告

上司への報告は、静かな環境で話しができるようにアポイントメントを取っておきましょう。

口頭かメールで「今後のことについてお話をしたいのですがお時間を作っていただけますか」という感じに伝えます。

同僚の前でアポイントメントを取ると「もしかして退職?」「何を話すの?」と動揺させてしまいます。

そのため、できるだけ周りの人に気づかれないように上司と話す機会を作るようにしてください。

上司との時間が合えば勤務時間後などに報告するといいでしょう。

まずは「〇月〇日に入籍する予定です」と結婚の予定を報告し、「それに伴い退職を考えています」と退職の意思を伝えます。

結婚退職でも詳しい理由を聞かれることが考えられます。もし調整できるものなら引き止めたいと思う上司もいるからです。

例えば業務の負担を減らして残業しないようにする、時短勤務にするという働き方の提案が考えられます。

退職の意思が固いのであれば、「専業主婦になって夫を支えたい」「相手の仕事の都合で引っ越しをする」といった理由を伝えましょう。

入籍のみの場合

結婚退職を伝えると、上司から「結婚式はいつ?」と聞かれることもあります。

結婚式を挙げる場合、上司が招かれることがあるため確認しておきたいという意図もあるでしょう。

しかし、結婚する時に必ずしも結婚式を挙げるとは限らないため返事に困る女性もいるかもしれません。

この場合は、「入籍のみで結婚式の予定はありません」とそのまま伝えれば大丈夫です。

退職後結婚式に招く場合

結婚式のスピーチ

結婚退職後に上司を結婚式に招きたいという女性もいるでしょう。

しかし、退職後に上司を結婚式に招いてもいいか悩む女性も多いのではないでしょうか。

一般的に、退職後半年から1年くらいの間であれば結婚式に招いても大丈夫といわれています。

もし結婚式に招きたいのであれば、退職の意向とともに伝えるようにしてください。

またスピーチを依頼するのであれば早めに依頼しておきましょう。

先輩への報告

結婚退職する場合は、引継ぎの期間を考えて3か月前に上司に伝えるのがおすすめです。

そして上司に伝えたら次は先輩や同僚への報告です。

先に先輩など周りの人に伝えると、噂になることもあるので気をつけてください。

やはり円満に退職するためには先に上司に報告するのがいいでしょう。

また結婚退職ということで「浮かれている」と思われないように注意しなければなりません。

引継ぎなどが必要な場合は先輩にも早めに報告をします。

「この度結婚退職をすることになりました。

忙しい中ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

退職までに責任をもって引継ぎをさせていただきます」

このように最後まで責任をもって仕事をするという思いを伝えましょう。

 

ワンポイント
結婚退職は最初に上司に報告して、先輩・同僚には責任をもって引継ぎをすることを伝えよう。

結婚退職を履歴書に書くポイント

履歴書

結婚退職後に<転職や再就職を検討する女性も多いでしょう。

そんなとき、履歴書には結婚退職をどのように書けばいいのでしょうか。

ここでは結婚退職を履歴書に書くポイントをご紹介します。

一身上の都合とはしない

退職理由でよくあるのが「一身上の都合で退職」という書き方です。しかし、結婚退職の場合は一身上の都合とはしない方がいいでしょう。

結婚退職は「相手の仕事の都合」「結婚に伴うライフスタイルの見直し」などやむを得ない事情もあるはずです。

自分自身では対処できない事情に対して「一身上の都合」としてしまうのは勿体ないでしょう。

それは、結婚退職後に仕事をしない空白期間ができることへの対処でもあります。

空白期間があると、再就職のときに不利になるリスクが考えられるのです。

しかし、退職理由が「一身上の都合」ではなく「結婚」であれば採用担当者の印象が変わります。

そのため「一身上の都合」ではなく「結婚のため」と伝えるようにしましょう。

出産の場合は「出産に伴い退職」でOK

妊婦

女性の退職理由には結婚だけでなく出産という理由もあります。

出産に伴い育児に専念したい女性や自分の体調を考えて退職したいということもあるからです。

この場合も「一身上の都合」ではなく「出産に伴い退職」と履歴書に書きましょう。

空白期間や転職回数は、転職・再就職のときに不利になることも少なくありません。

しかし、結婚や出産に伴う退職は転職する際に転職回数に含まないという企業もあります。

「出産に伴い退職」と「一身上の都合で退職」とでは、採用担当者の印象が変わってくるでしょう。

結婚予定の場合の履歴書の書き方

結婚

結婚予定があるという段階で転職活動をする女性もいるでしょう。

この場合は結婚予定であることを企業に伝えるべきなのでしょうか。

ここでは結婚予定の場合の履歴書の書き方をご紹介します。

結婚予定の場合は書く必要なし

結婚予定の段階でも、さまざまな理由で転職を考える女性は少なくありません。

例えば結婚を機に引っ越しをする、働き方を変えたいという場合です。

結婚相手の仕事の都合で現在より少し離れた場所に引っ越す場合、職場が遠くなって通勤が難しくなることもあるでしょう。

また、家事を行うためにできるだけ残業の少ない職場がいい、結婚を機に心機一転転職したいという女性もいます。

入籍はまだ先でも、一緒に住み始めて準備をするパターンもありますし、結婚後を見据えて転職活動を始めるのは珍しくありません。

しかし、結婚予定という段階であればまだ入籍していないため履歴書に書く必要はありません。

結婚予定の場合は選考に影響する可能性がある

結婚予定の段階であれば履歴書に書く必要はありませんが、それは選考に影響する可能性があるからです。

なぜ結婚予定の場合は選考に影響することが考えられるのでしょうか。それは、結婚後に妊娠する可能性があると思われるのが理由といえます。

マタハラだと思う方もいるかもしれませんが、人事としては入社後すぐに退職するという事態を避けたいのです。

「入社してもすぐに妊娠して退職するのでは?」と思われないためにも、結婚予定であることは伝えなくてもいいでしょう。

結婚の予定を伝えるのは入社後でOK

結婚の予定を履歴書に書かなくてもいいですが。どのタイミングで伝えればいいのでしょうか。

結婚すると名字を変えたり結婚式や新婚旅行のためにお休みしたりする必要が出てきます。

タイミングに迷う女性も多いでしょうが、結婚の予定を伝えるのは入社後で大丈夫です。

選考前から結婚予定がわかっていたことは、あえて伝える必要はありません。

 

ワンポイント
結婚予定の場合は履歴書に書かず入社後に伝えましょう。

女性のその他の退職理由

悩む女性

女性は、結婚以外の理由で退職を選択することがあります。

それは、ライフイベントだけでなく労働環境や家庭環境などさまざまな理由からです。

一般的に退職理由としてあがることが多いのがこちらです。

  • キャリアアップのため
  • 賃金などの待遇に不満がある
  • 人間関係のストレス

仕事をしていると様々な不満やストレスに見舞われることもあるでしょう。

キャリアアップだけでなくストレスが原因で転職を考える人もいます。

他にはこちらのような退職理由もあります。

  • <親の介護のため
  • 子育てに専念するため
  • 地元に戻るため

親の介護や子育てのために退職を選択する女性も少なくありません。

また地元を離れて就職したけれど、何らかの理由で実家に戻るという人もいます。

このように自分以外のことが理由で退職することもあるのです。

転職相談は転職エージェントに相談しよう

ひらめき

結婚を理由に退職するとき、その後の仕事について悩む女性は多いでしょう。

転職する人もいれば、期間を空けて再就職する女性もいます。

結婚後は家事や育児のために、これまでと同じ働き方ができないという女性は珍しくありません。

また「空白期間が不利になるのでは?」と不安になることもあるはずです。

そのような転職の悩みは、転職エージェントに相談することをおすすめします。

結婚後にどのような働き方をしたいのかによってあなたに合った求人を紹介することができます。

また履歴書の書き方についても、不利にならないように転職エージェントがアドバイスをさせていただきます。

転職相談に登録して転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

笑顔な女性

今回は退職理由が結婚の場合の伝え方についてご紹介しました。

女性は結婚をきっかけに、仕事を辞めたり働き方を変えたりするといった選択肢があります。

また相手が遠方に住んでいるのでやむを得ず退職する場合もあるでしょう。

このように結婚を理由に退職する場合は、退職希望日の3か月前には上司に伝えるようにしてください。

結婚は前もってわかっていることなので、早めに伝えて仕事の引継ぎをする必要があります。

結婚退職の後は、転職・再就職をするという女性も多いでしょう。

履歴書の書き方や求人のことで悩み・不安があれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら