転職活動を行う上で大きな判断基準の1つが給与年収です。

転職の動機の1つに自身のキャリアやスキルに合う年収アップを目指す人は多くいます。

決してお金が全てではありませんが、お金なくして生活は成り立ちません。

企業によっては面接で希望年収を聞いてくるところもあるくらいです。

そういう時どうすれば年収交渉を成功させることができるのでしょうか?

今回はそのコツについて交渉タイミングや事前準備も含めて解説します。

また年収交渉の際に転職先の印象を悪くするNG例も紹介しますのでご覧ください。

Contents

転職時の年収交渉を成功させるコツ

交渉成立

年収交渉を成功させるコツを紹介する前にまず年収交渉は本当に可能かを解説します。

結論からいえば、企業側が提示した金額に対する年収給与交渉自体は可能です。

しかし必ずしも成功するわけではないし、またスキルやキャリアがあった上での話になります。

そういう土台や前提なしに給与交渉をすると採用担当者は「お金目当の人間」と見るでしょう。

仕事において給与・年収は労働者の働きぶりに対する企業側からの実績であり評価です。

自分の収入は他者からの支出で成り立っているという基本を忘れてはいけません。

転職時の給料や年収をどう決めているの?

それでは転職時の給料や年収はどのようにして決められているのでしょうか?

企業の給与テーブルをもとに決めている

給与テーブル

給与は基本的に企業ごとの給与テーブルをもとに決められています。

給与テーブルとは年齢や職務・役職に応じて設定されている給与額です。

管理職になると「○○手当」という報酬がつきますが、これも給与テーブルに基づいています。

最初に提示された金額は「入社後これくらい会社に貢献してくれるだろう」という期待値です。

お金とは「信用」であり企業側が転職者に対して信頼しているからこそ給与という形で評価します。

だから求人情報や内定後に提示される金額は企業からの転職者に対する評価だと考えてください。

前職の収入やスキルをもとに決めることもある

スキル

2つ目に同業界・同職種への転職の場合は前職の収入スキルを基に決める企業もあります。

中には最初から信じられないくらいの高い金額を提示される場合もあるのではないでしょうか。

しかし、ここで1つ注意しておかなければならないポイントがあります。

後述で詳細に解説しますが、高収入の場合はそれだけ期待値や責任も重くなるのです。

収入とはあくまでも「信用」であり、企業からの転職者に対する評価を表しています。

それが倍以上になるということはそれだけの働きをしなければならないということです。

 

ワンポイント
企業側から提示される給与・年収は転職者に対する「信用」「評価」である

年収交渉のタイミングはいつがいい?

交渉

年収交渉のタイミングは一般的に内定後に行うのが望ましいとされています。

内定後であれば既に入社が確定しているので安心した状態で給与交渉を進められるでしょう。

オファー面談では入社後の具体的な労働条件や入社日の調整が面談で行われます。

このタイミングで給与交渉をしてしまうと企業側も面食らってしまうものです。

「この金額で納得したはずなのになぜここで交渉するの?」となる可能性もあります。

最悪の場合それで内定が取り消しになることもあるので気をつけてください。

また明確な給与額がわからない場合は面接時に聞くという手もありです。

その際もいきなり希望金額を出すのではなく企業の事業やビジョンを聞いてからにしましょう。

お互いにきちんと関係性を築いて交渉可能な段階になってから行うことが大切です。

年収交渉の事前に準備しておくことをチェック

それでは年収交渉の前にしておくべきことをチェックしましょう。

根拠を明確に伝える準備をしよう

準備

年収交渉を成功させるにはまずそのための根拠をしっかりつけてください。

なぜ企業側が自分に対してそこまでの対価を支払う必要があるのかを納得させましょう。

そのためにはこれまでの経験やスキル・実績をしっかり棚卸しして整理することです。

また実績を示す場合は「売上○○%アップ」「○○件成約」など数字で示しましょう。

仕事で最終的に物をいうのはあくまでも数字という目に見える結果です。

そこまできちんと示すことによって初めて企業は入社後の活躍がイメージできます。

応募する企業の年収に関して情報収集しよう

お金の情報

年収交渉を行う前にまず応募する企業の年収をしっかりと情報収集してください。

この際に大事なのは自分のポジションだけではなく他の職種の給与額にも目を通すことです。

この情報収集を怠ってしまうと法外な値段を企業側に要求することになりかねません。

そういうリスクを防ぐためにもまずは全体的な応募企業の年収を調べることです。

絶対評価ではなく相対評価で年収交渉を行うようにしましょう。

そうすれば交渉に際してそこまで大きなトラブルには発展しないのではないでしょうか。

応募企業の年収の水準を調べよう

そして3つ目にその調べた年収の平均水準をしっかり調べておくことです。

そのためにも最低給与額と最高給与額を丁寧に調べておきましょう。

年収交渉に際して大事なのは希望金額それ自体ではありません。

応募者がきちんと適切な自己評価ができているかも見られているのです。

企業が提示する水準よりも高いのか低いのか、どの位置に自分が居るかを見極めてください。

要するに自分の市場価値がどのくらいあるのかを客観的に分析することです。

ここができていなければ年収交渉は失敗してしまいます。

 

ワンポイント
・まず自分のスキルや経験・実績を棚卸しして根拠を作る
・応募する企業の給与・年収を全体的に調べておく
・自分の市場価値を見極めて水準より高いか低いかを分析する

転職時の年収交渉のポイント

事前準備のコツがわかったら、今度は実際の年収交渉のポイントを解説します。

希望年収の伝え方

お金

希望年収の伝え方のポイントは大まかに分けて以下の2点です。

  1. 具体的な希望金額の内訳を伝える
  2. 角が立たないように丁寧かつマイルドに伝える

まず1つ目ですが、年収の内訳は基本給・役職手当・残業手当・ボーナスなどに細分化されます。

前職の収入の内訳を丁寧に分解し、そこから逆算的に希望金額を割り出して伝えましょう。

そうした根拠を最初に提示した上で「〇〇%の金額アップを希望します」と伝えてください。

そして2つ目で書いたように角が立たないようマイルドに伝えることが大切です。

いきなり「〇〇円にしてください」などのドライな伝え方をすると失敗に終わります。

最初に給与体系全般の質問をして下地を整えてから年収交渉に臨みましょう。

強気すぎず弱気過ぎず中立的かつ客観的な話し方を心がけて希望金額を伝えてください。

希望の年収額は幅を持たせよう

年収の幅

万が一を想定して希望年収額は最高額から最低額まで幅を持たせて設定してください。

なぜかというと希望金額を最初に設定しても実際は面接してみるまでわからないからです。

選考が進むほど給与や年収を想定以上の金額で示される場合があります。

また給与や年収以外の福利厚生や手当などに魅力を感じることもあるのです。

そのため金額の幅を広く持たせておくと、年収交渉がスムーズに進みやすくなります。

年収アップが転職の一番の目的ではないことを伝えよう

そしてこれが最も大切ですが、年収アップが転職の一番の目的ではないと伝えてください。

確かに給与・年収は大事ですし、働きに見合う金額が得られるかどうかは働く意欲に影響します。

しかし、あくまでも給与・年収は企業からの応募者に対する「信用」であり「評価」です。

ここを押さえた上で話をしないとお金目当てで仕事をしている人と受け取られかねません。

また希望金額ばかりを伝えると「自分の市場価値をわかっていない人」と評価が下がります。

あくまでも年収交渉は企業と応募者の合意で成立するものであることを意識しましょう。

年収に納得がいかない時は入社後のキャリアアップを視野に入れよう

キャリアアップ

粘って交渉をしてみても、最終的に決められた金額に納得いかない場合もあるでしょう。

その時は入社後に成果を出すことでの給与年収アップを提案してみてください。

例えば売上〇〇%以上を達成した際に希望する金額に上げてもらうように交渉するなどです。

仕事への意欲・熱意とともに伝えることで面接官も「やる気がある人」と評価してくれます。

また、そう宣言することによって転職者自身も入社後の目標ができるのではないでしょうか。

給与・年収はあくまでも結果ですが、結果にこだわって動くことは何も悪いことではありません。

スタートラインがやや低くてもそこから努力によって劣勢を跳ね返すことは可能です。

 

ワンポイント
・角が立たないようマイルドに、しかし具体的に伝える
・希望金額に幅を持たせることで交渉を進みやすくする
・年収アップが一番の目的ではないと伝える
・納得がいかない場合は入社後の目標とともに希望金額として提案する

年収交渉時に印象を悪くするNG例をチェック

NG

それでは年収交渉時に印象を悪くしてしまうNG例をチェックしましょう。

まず1つ目が給与交渉で陥りやすい失敗が自分の能力以上の給与を要求することです。

これが最もありがちな失敗例であり、自分を過大評価している人と受け取られてしまいます。

こういう失敗をする人は根拠のレベルが浅く、また応募企業の年収のリサーチが甘いです。

それはすなわち自分の市場価値を客観的に分析して把握できていないことになります。

前職でそれ相応の働きをして年収が高かったとしても給与を上げる根拠にはなりません。

あくまでも相手企業との合意の中で適切に設定するものであることを忘れないでください。

2つ目は逆に自分を過小評価して最低年収や前職より低い金額を提示することです。

過大評価はいけませんが、逆に過小評価もまた良くありません。

謙虚なのは構いませんが、それが謙遜故の自己卑下内定であってはならないのです。

また、企業が提示する年収が希望より下だった場合にそれを鵜呑みにする人も注意です。

そういう企業の場合転職者の立場が弱いのをいいことに足元を見ています。

どんな金額でも基本的には断りを入れて冷静になって考えるのが鉄則です。

自己評価は高すぎても低すぎてもダメであり、中立的・客観的に行いましょう。

3つめ目に給与や福利厚生・休暇など待遇面に関する質問ばかりするのもNGです。

特に1次面接の段階でこの質問をすると「お金目当ての人」と判断されます。

恋愛に例えるなら彼女が付き合い始めの恋人に「年収いくら?」と聞くようなものです。

もしこのようなことを聞く女性が居たら初見で恋人の男性から敬遠されてしまうでしょう。

また、年収をアップさせる目的で前職の給与・年収や実績を盛るのもやめてください。

そのような虚偽の申告は企業側でも調べればわかりますし、前職の源泉徴収票の提出時に判明します。

転職時に年収交渉する時に意識しておくべきこと

それでは転職時に年収交渉をする時に強く意識しておくべきことを解説します。

年収交渉は必ず成功するわけではない

失敗

1つ目に年収交渉は必ずしも成功するわけではないということです。

年収交渉自体は可能ですが、募集ポジションによって年収の水準は決められています。

そのため折り合いがつかないことも多く、自分が設定した最低金額を下回ることもあるのです。

最終的な決定権は企業側にあるので、どうしても無理な場合は早い段階で見切りをつけてください

もしくは別の企業が提示した金額を伝えて交渉するか、状況を見ながらの適切な判断が求められます。

応募者を待ち望んでいる企業は沢山あるのですから可能性や選択肢を狭めないようにしましょう。

年収に応じて仕事の責任が重くなる

責任

そして2つ目に企業が提示する金額が高すぎる場合も安易に引き受けないようにしましょう。

上記で何度か述べていますが、給与・年収は企業の応募者に対する信用にして評価です。

逆にいえば年収が高いほど企業が求める期待値や仕事の責任も重くなります。

希望する最高金額よりもはるかに高い場合はその分働かなければならないのです。

筋トレに例えたら50kgのバーベルしか持てない人がいきなり100kgのバーベルを持つことはできません。

仕事もそれと同じように給与・年収の高さはそれだけ責任がかかるということです。

あくまでも現状の自分よりやや上の責任・負荷をかけることを意識してください。

 

ワンポイント
・年収交渉はあくまでも選択肢の1つに過ぎない
・年収が高ければ高いほど仕事の責任も重くなる

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

このように転職の悩みは年収以外にも沢山あり尽きることはないでしょう。

年収交渉でお悩みの方は是非転職エージェントに相談してください。

転職のプロなので応募者の市場価値を正確に分析することができます。

場合によっては企業側に希望年収の交渉をしてくれることもあるのです。

応募者と企業がwin-winの関係になれるようお力添えしてもらえます。

1人だと心細い転職活動もこれで心配ないでしょう。

まとめ

年収

いかがでしたか?

今回は女性が転職時の年収交渉を成功させるコツを解説してきました。

転職活動が初めての20代女性は年収交渉というと難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、仕組みがわかると想像以上にシンプルではないでしょうか。

まずは市場価値を客観的に分析し、そこから適切な希望年収を算出しましょう。

そうすれば年収交渉もしやすくなり、スムーズな転職活動が可能になります。

本稿が少しでもその参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら