面接の場では、ハキハキと分かりやすく話すことが求められます。

しかし、どうしても考えるのに時間がかかってしまうと、「えー」や「まあ」のような前置きを口にしてしまいがちです。

こういったつなぎ言葉が多くなると、面接ではどんな影響があるのでしょうか。

ここでは、面接時の言葉遣いのポイントやおすすめの練習方法もあわせてご紹介していきます。

面接でつなぎ言葉を使わずに受け答えする方法を解説

スーツ、女性、面談

普段の友達とのおしゃべりはすらすらと話せるのに、いざ面接などの改まった場になるとすらすら話すのは難しいものです。

なかなか言葉が出てこないときに、「えーと」や「そうですね」などのように前置きしてしまう人も多いでしょう。

これらの言葉は「つなぎ言葉」と言われますが、就活や転職の面接の際にはあまり口に出すべきではありません

つなぎ言葉を口にすることで、どのような影響があるのでしょうか。

また、どうしたらつなぎ言葉を使わずに受け答えできるのでしょうか。

以下で詳しく説明していきます。

つなぎ言葉を使う影響

頭の回転が遅いと思われる

ノロノロ

つなぎ言葉を口にしている時間は、頭の中で考えをまとめている時間です。

当然、その時間が長ければ長いほど、「考えがまとまるのに時間がかかる人なんだな」と思われてしまいます。

複雑なことを尋ねられた場合ならともかく、少し考えればわかるようなことを答えるのに時間がかかるのは考え物です。

仕事が遅い人かもしれないという印象を与えてしまうのは、採用を遠ざける要因になりかねません。

優柔不断で頼りなく見える

考える

前述のように、頭の中で考えをまとめるのに時間がかかると思われるのは面接では損です。

答えるのに時間がかかってつなぎ言葉を多用してしまうと、優柔不断で迷いの多い人という印象を植え付けてしまいます。

下手をすると、仕事を任せて大丈夫なのか、うちで問題なく働けるのか、など人物評価にも影響してしまいます。

また、いちいち人の顔色を窺っているようにも受け取られかねません。

自分に自信がないからはっきり断言できないのだと思われてしまうと、仕事の能力まで問われてしまいます。

 

ワンポイント
つなぎ言葉の多用は大きな悪印象につながる恐れがあります。面接ではできる限り使用を避けたほうがいいでしょう。

つなぎ言葉を使ってしまう原因とは

困る

緊張

面接という場では緊張のあまり、普段よりも考えがまとまりづらくなることがあります。

答えを考えるのにいつもより時間がかかるせいで、早く答えなければと余計に焦ってしまうのです。

その結果、答えをまとめるまでの時間つなぎとして「そうですね」「えー」などのように意味のない言葉を発してしまいます。

また、面接でのマナーがしっかり身についていない場合も、自分のふるまいが気になって緊張してしまう傾向にあります。

特に、普段から敬語を使い慣れていない人は、話始める前にその都度敬語を意識しなければなりません。

その緊張から、発言する前に「えー」と声を出してしまうのです。

普段の口癖

面接のような改まった場でつなぎ言葉を多用してしまう人は、普段から口癖になっている場合が多いです。

考え込む場面や何かを説明しようとする際に、「あー」や「えーと」などのように声を出す癖がついてしまっているのです。

または、自分が話し出す際に「えー」と声を出すことで、無意識に人の注目を集めようとしている場合もあります。

自分では気づかないことが多いですが、周囲の人に聞いてみると自分にそのような口癖があるかどうか教えてくれるでしょう。

つなぎ言葉を使わないで受け答えするコツ

ポイント

普段の言葉遣いを変える

つなぎ言葉を使わないように日頃から訓練しておくことは、面接時のための練習としてとても有効です。

普段から「あー」「まあ」などワンクッション置いてから話すのが癖になっている人は、この機会に意識して矯正しましょう。

自分一人で意識するのが難しい場合は、家族や友人など周囲の人にお願いしてみましょう。

「あー」「まあ」と言ったら指摘してもらうなど、ゲームの一環にするのも楽しくておすすめです。

10回指摘されたらジュースを買ってあげる、などのようにペナルティをつけると、さらに自分でも意識しやすくなります。

考えがまとまってから話す

質問に対する答えをすぐに思いつかない場面では、特につなぎ言葉を使ってしまいがちです。

無言になるのを気にするあまり、考えがまとまらないうちから喋らなければと焦ってしまうことが原因です。

考えている間の沈黙が気になる場合は、「はい」と短く返事をして、改めて考える時間をもらうのが良いでしょう。

思い切って、「少し考える時間をください」と言い切ってしまうのも一つの方法です。

返答を考えるために少し時間がかかったからと言って、大きく心証を損なうことはありません。

つなぎ言葉の多用が与える悪印象を考えれば、少し時間をもらって、そのあとハキハキと話す方がよほど好印象になります。

面接の場だけでなく日ごろから、考えをまとめてから話すように常に意識しておきましょう。

接続詞や前置きの言葉をうまく使う

場を繋ぐだけで意味のほとんどないつなぎ言葉とは違い、「接続詞」や「前置き」は意味のある言葉です。

発言の前に「私の考えとしては、」「これは私見ですが、」などの前置きを挟むことによって、スムーズに話を始められます。

また、文章と文章の間をつなぐ際には「ですから」「その上で」「したがって」などの接続詞を使うのも効果的です。

いずれも、話の間を取り持つ上に、話を分かりやすく丁寧にする効果もあり、普段から使い慣れておけば強い味方になります。

 

ワンポイント
普段から自分の話し方を意識し、考えをまとめてから話す習慣をつけることで、つなぎ言葉を使う機会を減らしていきましょう。

 

面接時の言葉遣いで注意すること

口元を隠す女性

面接の際、質問に対する受け答えではその他にどんな言葉遣いに注意したらよいでしょうか。

面接では自分の言葉で話して自分を伝える必要がありますが、日常的な「話し言葉」をそのまま使ってはいけない面もあります。

改まった場にふさわしい言葉遣いをするために気を付けるべき点を、以下で具体的に確認していきましょう。

一人称に気を遣う

面接の場では、一人称に気を付けましょう。

面接などの公的な場にふさわしい一人称は、「わたし」もしくは「わたくし」です。

「わたくし」の方がよりかしこまった印象になりますが、募集職種によっては固すぎる印象になるかもしれません。

「わたし」と「わたくし」のどちらを使うのが適切かは、転職先の業種や職種に合わせるとよいでしょう。

もし迷う場合は「わたくし」を使っておけば失礼になることはありません。

普段の言葉遣いで「あたし」「自分」のように砕けた言い方になっている人は、面接の場で口にしないよう注意しましょう。

語尾を伸ばさない

自分では意識しづらいところですが、語尾を伸ばす癖がある人は注意が必要です。

「です~。」や「ね~。」など、語尾を伸ばす話し方は、普段の生活では親しみを感じさせ、必ずしも悪いことではありません。

しかし面接の場においては、幼稚で子供っぽい印象を与えてしまうため、ふさわしい言葉遣いとは言えません。

場合によっては馴れ馴れしい、空気が読めないなどと思われることもあります。

「です。」のように、短くすっきりと言い切ることで、大人らしく節度のある態度を印象付けましょう。

避けた方が良い言い回し

ネガティブワード

焦る

面接の際には、できるだけネガティブな発言は控えましょう。

特に気を付けたいのは、転職の理由として前職の愚痴や不満を伝えてしまうことです。

転職に対して逃げの姿勢と捉えられてしまうだけでなく、転職後も同様に文句を言って辞めてしまうのではと思われてしまいます。

あくまでも転職によって得られるポジティブな面に焦点を当てて伝えるよう心がけましょう。

また、自分に自信がないために謙遜のつもりで自分を落として伝えるのも良くありません。

初対面の相手に謙遜は通じません。言葉通りに能力の低い人なのかと思われてしまいます。

「あまり経験がない」ではなく「これからたくさん勉強していきたい」のように、ポジティブな言葉に言い換えましょう。

ネガティブで後ろ向きな考えの人とすすんで付き合いたいと思う人はまれです。

この人と一緒に働きたいと思ってもらえるよう、ポジティブで前向きな発言を心がけましょう。

抽象的な発言

わからない

何かを説明する際に、抽象的な表現をするのは避けた方が良いでしょう。

言いたいことが相手に伝わらないだけでなく、考え方がふんわりしていて具体性がないと受け取られることもあります。

例えば自分の強みをアピールする際のことを考えてみましょう。

「誰よりも努力して、頑張ることが得意です。」と言っても、何がどう得意なのか雰囲気しか伝わりません。

「前職では面談のアポ取りをほかの社員の2倍行い、月のノルマを最速で達成しました。」などのように、具体的に説明しましょう。

また、「そちらの会社」ではなく「御社」、「こういった点」ではなく「○○という点」のように、指示語を使わずに話す方が良いです。

「○○みたいな感じ」のようなあいまいな表現も避けた方がよいでしょう。

どうしても比喩をしなければ伝わらない場合は、「○○のような」「○○に似ている」という言葉を使います。

しかし、できるだけ言いたいことを具体的に説明できるように、日ごろから練習しておくとよいでしょう。

横文字の多用

意識高い系

自分を少しでも格上に見せたいがために、横文字を使ってしまう人もいるでしょう。

しかし、面接の場では必要以上に横文字を使うことは避けた方が良いです。

業種による部分もありますが、面接官が全員横文字を使い慣れているとは限りません。

自分が良かれと思って使った横文字が面接官にとってなじみの薄い言葉だった場合、言いたいことが伝わらない可能性があります。

あまりに多用することで、最終的には何を言っているかよくわからない人という印象を与えてしまうでしょう。

また、自分が意味をよく分かっていないのに、なんとなくかっこいいからという理由で使うのは論外です。

知ったかぶりは必ず見透かされますので、背伸びせずに自分の言葉で話しましょう。

 

ワンポイント
ネガティブな発言やわかりづらい話し方は避け、ポジティブでわかりやすい話し方を心がけましょう。

女性におすすめの言い回し

女性

つなぎ言葉を使わずに話すために、おすすめの言い回しはあるのでしょうか。

一番オーソドックスに使えるのは、「はい」と短く返事を返すことです。

相手の発言を正面から受け止める丁寧な姿勢をアピールでき、良い印象を与えることができます。

また、返答に自信を持っているようにも聞こえるため、自然としっかりした人という印象になります。

もちろん、内容によっては「いいえ」「ありがとうございます」などのバリエーションがあると便利です。

これらの言い回しは、普段のカジュアルな場面ではあまり口にしないものが多いです。

面接の前に事前練習をして、受け答えの内容と一緒に口になじませておきましょう。

効率的に面接練習をするには

相談

家族を相手にする

家族を相手に面接練習することは、一番手近な方法です。

常に身近な存在である家族なら、自分の口癖をよく知っていますし、それを指摘するのにも遠慮がいりません。

自分の将来のために、ぜひ家族にも全力でサポートしてもらいましょう。

家族の前でかしこまった話し方をするのは恥ずかしいなどと考える必要はありません。

面接で成功している人は、家族の前でも堂々と受け答えできるよう練習しているのです。

どんどん聞いてもらって、自分の話し方の癖や改善点を遠慮なく指摘してもらいましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントの面接対策セミナーや、キャリアアドバイザーによる模擬面接を利用するのも効果的です。

転職エージェントは採用面接のことを熟知しているため、面接のための指導やアドバイスは得意分野と言えます。

プロの視点から注意点や改善点を教えてもらえるので、無駄が少なく、効率よく話し方を改善することができます。

転職エージェントは無料で利用できますので、ぜひ気軽に登録して対策をお願いしてみましょう。

 

ワンポイント
面接練習は他人に見てもらうのが一番です。身近な家族や、プロである転職エージェントに協力をお願いしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

説明する女性

面接での言葉遣いの他にも、転職の際には悩みがたくさん出てくるものです。

転職エージェントはプロですから、転職のどんな悩みに対しても相談に乗ってくれます。

履歴書の書き方から面接練習、そのほかキャリアのアドバイスや求人の選定までサポートしてくれるのです。

転職エージェントは企業側から報酬を得ているため、求職者は無料で利用することができます。

転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

まとめ

ポイント

面接で悪印象を与えるつなぎ言葉の多用は避け、ハキハキと分かりやすい返答を心がけましょう。

日頃から口癖を見直し、面接練習をして、しっかりと準備をした上で面接に臨みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら