転職を検討する際に何か資格を持っていると有利なケースも多くあります。

資格はなんとなく取るのではなく将来の方向性やキャリアアップを目的に選択する必要があるでしょう。

この記事ではビジネスの基礎力をはかる上でも重要となるビジネス会計検定について解説します。

ビジネス会計検定が役立つ職種についても紹介しますので参考にしてみてください。

ビジネス会計検定を活かせる求人情報を解説!

カレンダーと電卓

ビジネス会計検定はあらゆる職種で活かすことができる資格です。

どのような職業にも会計はつきものです。

そのため取得しておけば転職先の幅を広げることもできるでしょう。

ビジネス会計検定を取得するなかで学んだ知識を面接でアピールすることもできます。

取得した結果だけでなく取得した理由やこの資格を希望する企業でどう活かせるのかをしっかりアピールしましょう。

ビジネス会計検定を知ろう

領収書と電卓

ビジネス会計検定をこれから取得する人に向けて基本的な知識をまとめておきます。

勉強方法について紹介しますので参考にしてください。

ビジネス会計検定はどんな資格?

ビジネス会計検定は大阪商工会議所が行っている検定試験になります。

2007年からスタートした比較的新しい資格でもあります。

試験区分は3級から1級です。

毎年3月と9月に3級と2級の試験が実際されています。

1級に関しては毎年3月のみの実施です。

ビジネス会計検定では、すでにできあがっている財務諸表を分析する能力が問われます。

財務諸表をきちんと分析して企業の安定性や収益性などを評価することができるのようなることが目的です。

勉強方法は?

ノートと単語帳

具体的にどのように勉強を進めて行けばよいのでしょう。

開始されてから日が浅い資格とはいえ受験者は年々増加しています。

3級、2級に関してはトータルで30〜100時間ほどの勉強時間を確保する必要があるとされています。

テキストは大阪商工会議所が編集している公式テキストや公式過去問題集の活用がおすすめです。

独学だけでは難しいと感じる場合には専門学校の授業やオンライン講座などを利用してもよいでしょう。

 

無料転職相談をして必要な資格について知ろう

 

経理・会計資格の需要とは

付箋と電卓

経理や会計に関連した職業に転職したい場合には自分のスキルを明確にするためにも資格の取得はおすすめです。

企業からも会計に関する知識やスキルは幅広く求められているのが現状です。

財務諸表が理解できるようになると、企業にとって有益な情報を仕事に役立てることができるようになります。

財務諸表が表現している企業の財政状況や経営成績、キャッシュフローの状況をしっかり判断できる人は企業に取って人材です。

特に日商簿記とあわせてビジネス会計検定を取得しておけばかなりの強みになるでしょう。

1級はかなり難易度が高くなるため簿記を取得しているのであれば2級までの取得でも十分です。

 

ワンポイント
財務諸表が読み取れるようになるだけで企業の財務状況を確認することができます。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


経理・会計資格は日商簿記だけじゃない

スマホと電卓

経理や会計に関連した資格というと日商簿記を思い浮かべる人も多いでしょう。

難易度も高めで認知度も高い資格が日商簿記です。

さらに高難易度になると公認会計士や税理士、社会保険労務士、中小企業診断士も会計資格になります。

これらは国家資格で、弁護士や医師を並ぶほどの資格といえます。

日商簿記は幅広い業界で活用できるスキルという点で取得する人が多い資格です。

受験資格なしで初級からの受験が可能な点も特徴となります。

3級から1級までの試験区分で、2020年12月からはネット試験も開始されています。

1級を取得していれば転職でもかなり強みになるでしょう。

日商簿記以外の公的資格では、建設業経理士やメンタルヘルス・マネジメント検定なども専門性の高い会計資格として知られています。

ビジネス会計検定も公的資格のひとつです。

民間資格としてはIOP実務検定、財務報告実務検定、企業経営アドバイザーなどの資格もあります。

 

ワンポイント
経理への転職を希望している場合はスキルをしっかりと証明できる資格を保有していると有利です。

ビジネス会計検定の概要

電卓で計算する女性

ビジネス会計検定の概要について解説します。

転職活動のために取得するか悩んでいる場合は参考にしてみてください。

役に立つ資格なのか

ビジネス会計検定は、単独での資格保持でも十分に役立つ資格です。

企業の企画や経営戦略を立てる際に必要となる企業の現状分析をすることができるようになるからです。

財務諸表が読み取れるスキルは多くの企業で求められています。

さらにスキルアップを目指す場合にはあわせて日商簿記を取得しておくと強みとしてピールすることができるでしょう。

将来性を研究する

笑顔の女性

ビジネス会計検定と日商簿記を比較したときどちらが有利かを考えると日商簿記だといえます。

ビジネス会計検定も日商簿記と同じ公的資格ではありますが、まだ認知度が低い点で日商簿記のほうが優勢です。

日商簿記は昭和29年から行われている資格試験であるため認知度はかなり高いといえるでしょう。

日商簿記の資格取得を目指す前に勉強しておくとよい資格ともいえます。

ビジネス会計検定の勉強をすることで会計の基礎知識を効率的に学ぶことができる点は魅力です。

ただ、キャリアアップを目的としている場合は一段階上の日商簿記の資格取得を目指したほうがよいともいえます。

合格する方法

ビジネス会計検定の試験区分は3級から1級です。

難易度は低い順で3級、2級、1級となります。

1級の合格点は200点満点で140点以上ですが120点以上で準1級に認定される点が特徴です。

3級は大阪商工会議所が編集している公式テキストや過去問題を参考に勉強すれば合格範囲に到達できるでしょう。

2級からはテキストの量も増えるため勉強時間をしっかり確保する必要があります。

高い計算力も求められるため独学よりも講座を活用するなどの勉強方法がおすすめです。

3級と2級は100点満点で70点以上が合格です。

1級は難易度が高く独学での合格はかなり難しくなります。

問題によっては公認会計士と同等の知識が求められるものもあります。

年1回しか受験チャンスがないためかなり集中して勉強できる環境を整えておくことも必要です。

試験情報

ノートとパソコン

ビジネス会計検定に受験資格はありません。

そのため誰でも受験することが可能です。

試験は毎年3月と9月に3級と2級の試験が実際されています。

1級に関しては毎年3月のみの実施です。

申し込みは実施月の3カ月前からスタートします。

試験は全国各地で開催されます。

札幌、仙台、埼玉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、山口、松山、福岡から選択可能です。

オススメテキスト・問題集

3級、2級の勉強をする場合には大阪商工会議所が出版している公式テキストを利用するのがおすすめです。

体系的に財務諸表の分析方法を学ぶことができます。

テキストと同時に過去問題集も併用するとさらに理解を深めることができるでしょう。

公式問題集以外でもビジネス会計検定のテキストは出版されています。

書店やインターネットで探すことも可能です。

自分にあったテキストを探してみましょう。

ビジネス会計検定は転職に有利か

転職するために取得する資格としてビジネス会計検定はどの程度役立つのでしょう。

世間的な認知度でいえば日商簿記を取得しておいたほうが転職には有利です。

ビジネス会計検定は日商簿記のベースとなる基本的な知識を学ぶための資格と考えておくとよいでしょう。

なにも資格がないよりはもちろん有利です。

ただしライバルに日商簿記の資格を取得している人がいた場合には少し劣ってしまう可能性があります。

とはいえ、日商簿記を取得した人がステップアップとしてビジネス会計検定を取得しておけばかなりの強みとなるでしょう。

 

無料転職相談をして転職活動をスムーズに進めよう

 

ビジネス会計検定を活かせる職種

スマホを操作する女性

ビジネス会計検定はどのような職種で活かすことができるのでしょうか。

具体的な職種をあげて紹介します。

経理

経理は企業のなかでお金の管理をする重要な業務です。

商品が売れると売上が上がり、現金や売掛金などの資産が増えます。

売上管理や給与、税金の計算なども経理の仕事です。

こうしたお金の流れを記録していく上で、財務諸表分析を行う場面も多くあります。

ビジネス会計検定では財務諸表を読み解くスキルを身につけます。

そのため、数字を用いて経営面で具体的な改善案を提案することもできるでしょう。

営業

営業職というと会計とは関係のない職種というイメージを持つ人も多いでしょう。

ただ、営業をする上で会計の知識は非常に役立ちます。

たとえば、新規の取引先を開拓する場合に営業先企業の財務状況を分析できたとします。

相手企業の経営状態を事前に理解することができれば、力を入れている商品なども読み取ることができるでしょう。

取引を行う上で経営状態を知っておくことはリスク回避にもつながります。

これまでの経営状態を分析し、これから取引をスタートしても問題ないかを判断することができるでしょう。

コンサルタント

コンサルタントは経営診断や経営改善を行う職業です。

多くの知識を必要とするコンサルタントですが、会計を専門にしたコンサルタントも存在します。

それが会計コンサルタントです。

経営を行う上で重要なのはヒト、モノ、お金になります。

会計コンサルタントは特に会計に重点をおいた職業です。

会計コンサルタントはクライアントになる企業の財務状況を分析します。

その上で経営の改善策を提案することが業務の一貫です。

キャッシュフロー計算書から資金繰りに問題があることを指摘したり、改善案を提案したりするために会計の知識が必要となります。

 

ワンポイント
ビジネス会計検定を取得することで転職先の幅を広げることができます。

転職に活用できる他の経理・会計資格

電卓とパソコン

ビジネス会計検定以外に転職で活用できるほかの経理や会計の資格について紹介します。

ビジネス会計検定と同時に取得すればスキルアップにもなる資格です。

日商簿記検定

日商簿記検定は昭和29年から実施されている経理・会計の資格試験です。

幅広い業界で必要となるスキルと習得することができます。

年間の受験者は40万人以上といわれています。

受験資格はなく、初級はインターネット受験も可能です。

3級から1級の試験区分で、学習期間は級によって異なります。

実施機関は各地の商工会議所と日本商工会議所です。

1級の取得となると経営分析の面でもライバルとかなりの差別化をはかることが可能になります。

BATIC

BATICは国際会計検定のことで、世界的な視野で会計や経理担当として活躍できることを証明する資格です。

転職ではかなり有利となる資格にもなります。

試験では英文簿記英語での会計処理、IFRSに関する知識など国際的な会計基準を理解しているかが問われます。

試験は合否での判定ではありません。

1000点満点でスコア制である点が特徴です。

スコアは4段階のランクにわけられています。

1000〜800でコントローラーレベルと呼ばれ、日商簿記1級程度のスキルが認められます。

879〜700でアカウンティングマネージャーレベルと呼ばれ、日商簿記2級程度のスキルとなります。

699〜320でアカウンタントレベルと呼ばれ、日商簿記3級と同等のスキルです。

319〜200でブックキーパーレベルと呼ばれ、こちらも日商簿記3級程度のスキルになります。

BATICで高スコアを取得しておけば、転職ではかなり有利です。

グローバルな働き方をしたい人にはおすすめの資格です。

経理・財務スキル検定(FASS)

電卓を持つ女性

FASS経済産業省が実施している検定試験です。

経理・財務スキルを客観的に測定するための資格と考えましょう。

受験資格に制限はなく誰でも受験可能です。

試験内容は、経済産業省が定める「経理・財務サービス・スタンダード」業務の内容となります。

加えて資産、決算、税務、資金の4つの分野からの構成で出題されます。

FASSもBATICと同様にスコア制です。

FASSは5段階のレベルでスキルを評価する点が特徴です。

キャリアアップを目的に取得する人が多く、高得点ほど収入アップにつながるという特徴もあります。

スキルの把握というよりも、社員の専門性向上や受験者と上司のコミュニケーション材料として用いるケースが多くなっています。

 

ワンポイント
経理に転職する場合にはビジネス会計検定以外にも取得できる資格があります。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


転職相談は転職エージェントを活用しよう

ガッツポーズをする女性

経理や財務関連の職種に転職を検討してい場合、資格はないよりもあったほうが有利です。

ビジネス会計検定は、日商簿記をすでに取得している人であれば3級、2級の取得はさほど難しくないでしょう。

スキルアップにもつながります。

もちろん初心者からの受験もできるため転職のためのスキルアップとして活用することもできます。

転職をする上で取得したほうがよい資格で迷ったら転職エージェントの活用もおすすめです。

転職のプロであればさまざまな資格に関連した情報も保有しています。

自分にあった資格が何かを相談してみることで転職もスムーズに進めることができるでしょう。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

まとめ

電卓とペン

 

ビジネス会計検定について解説してきました。

転職する際にスキルアップ、キャリアアップを目指して取得することは転職にも有利になります。

自分のスキルを明確な数値や証明書で企業に提示できることは大きなメリットです。

面接でのアピール内容としても活用することができます。

転職のタイミングで資格の取得をしたいなら転職エージェントに相談して希望の職種にぴったりの資格をみつけるとよいでしょう。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!