結婚や出産などを機に仕事を辞めた方の中にも、時が経てばまた働きたいと考える方もいるでしょう。

しかし実際に転職活動をしてみようと考えた際にネックとなるのが退職後のブランクです。

転職活動ではブランクについて履歴書にどのように書けば良いのか。

その書き方やブランクの乗り越え方について解説していきます。

女性の転職でブランクの乗り越え方

面接を受ける女性

職歴上のブランクというのは転職活動において不利になる条件の1つです。

しかしながらブランクがあったからといって転職ができないわけではありません。

特に女性のブランクというのは様々な要因があり受け入れる態勢が整っている企業も多くあります。

女性の転職におけるブランクは働く意欲をアピールしたり前職での経験やスキルをアピールしたりすることで乗り越えることが可能です。

もしブランクを理由に働くことを戸惑っているという方がいるのであれば、前を向いて仕事探しを始めてみてはいかがでしょうか。

適切な対策を行って理想の転職先への転職を実現させましょう。

女性の職歴にブランクができる理由

書類を見る女性

女性の職歴のブランクの多くは結婚・出産・育児・介護などがその要因として挙げられます。

そのためそれらがひと段落して再就職を考える女性も多くいるというのは想像に難くありません。

女性の職歴のブランクというのは企業側も受け入れ態勢が出来上がっている場合が多くあります。

そして主婦や母親としての経験というのは企業にとっても業務上プラスとして捉えてもらえる場合があるようです。

転職活動でもそのブランクや今まで培ったスキルを武器にして取り組んでいけば、問題なく転職することができるでしょう。

女性が結婚後のブランクを乗り越えて復職するためのコツ

マンションの前、スーツの女性

女性が結婚後のブランクを乗り越えて復職するために幾つかのポイントを押さえておくと復職をスムーズに進めることができます。

ここではそのポイントについて解説していきます。

以下のコツを参考にして転職活動を行ってもらえれば嬉しいです。

主婦の気持ちから仕事の気持ちに切り替える

ブランクがあっても仕事を始めると、日中は主婦ではなく会社で働く1個人として生活をすることとなります。

そのため復職する際には前職での経験や習得したスキルを思い出して働いていた時の頃を思い出すと良いでしょう。

以前仕事に取り組んでいた時代のことを考えて気持ちを切り替えていくと転職活動も上手くいくと考えられます。

仕事に役立つ資格を取得する

相談

再就職する際に自分がどのように会社に貢献できるのかを明確にするために資格を取得するのもおすすめです。

今までの経験にプラスして再就職に当たって資格を取得したとなると企業側も仕事に前向きだとプラスの印象を持つことでしょう。

もしすぐに働かなければいけない理由がない場合には転職活動を本格化する前に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

医療事務や介護職、IT職などでは資格が有利に働くためおすすめです。

独身の頃とは考え方を変える

独身の頃とはライフスタイルが違うため働き方を変える必要も出てくるでしょう。

以前働いていた時とは考え方を変えて、今のライフスタイルに合わせた就職先を考える必要があります。

例えば育児をしている場合にはそれも踏まえて働く時間や日数も検討する必要があるでしょう。

残業が少なかったりフレックスタイム制を採用していたりする企業だと働きやすいのではないでしょうか。

再就職先を考える際にはどうすれば仕事と生活が両立できるのかを考えるということが重要になります。

転職エージェントを活用する

転職活動を行っていく上で、効果的に求人を探したり選考書類を揃えたりするために転職エージェントを活用するのも手です。

仕事のブランクもあるため、自分だけではなかなか転職活動をスムーズに行うことは難しいかもしれません。

そんな時は転職のプロフェッショナルであるエージェントの力を借りると良いでしょう。

転職エージェントを利用することで自分に合った仕事を効率的に見つけることができます。

 

ワンポイント
・主婦ではなく会社員の気持ちに戻る
・ブランクの間に資格を取得する
・ライフスタイルに合わせて働き方を変える
・転職エージェントに相談する

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

結婚退職の場合の履歴書の書き方

疑問

次は前職を退職した理由について履歴書に書く際の具体的な書き方について解説していきます。

履歴書というのはその後の選考に繋がる重要な書類の1つです。

以下のような書き方をすれば企業からマイナスな印象を持たれることもないでしょう。

選考書類作成時の参考にしていただければと思います。

「結婚に伴い退職」

履歴書に退職理由を書く際には「一身上の都合により退職」と記載するのが一般的です。

しかしながら結婚による退職の場合には「結婚に伴い退職」と記載すると良いでしょう。

「一身上の都合」と書くと企業はその退職理由を気にすると考えられます。

その際、退職後のブランクも関係してマイナスなイメージを持つ可能性があります。

しかし結婚による退職の場合にはプラスな退職理由であり、ブランクが空いている理由にも納得してもらうことができるでしょう。

結婚で退職した場合には「結婚に伴い退職」と書くと1番印象が良いと考えられます。

出産が理由なら「出産に伴い退職」

こちらの場合も「一身上の都合により退職」と書くのではなく、しっかりとその理由を履歴書に記述しましょう。

出産が理由であれば「出産に伴い退職」と書くことで企業の人事もその理由に納得してくれます。

このような場合には理由を隠すのではなくしっかりと記述した方が印象がプラスになるでしょう。

 

ワンポイント
結婚や出産が理由なら退職理由を明らかにした方が好印象を与えられます。

ブランクがある場合の自己PRポイント

指をさす女性

ブランクがある場合には自己PRの書き方にも気を配るべきポイントがあります。

自分の強みを企業にアピールするためにも以下のことに気をつけるようにしましょう。

前職での経験

前職での経験は自己PRでとても有効となるものの1つです。

実際に仕事をしていた時のことをよく思い出して今まで培ってきたスキルなどをアピールすると良いでしょう。

そのためにはスキル・経験の棚卸しをすることが重要です。

自分自身のことを客観的に見直すことで仕事でどのようなスキルや経験が通用するのかが浮き彫りになります。

ブランクが空いていても実際に仕事をしてきた経験というのは消えるわけではありません。

転職を考えている職種に通用する能力やスキルをPRすることで会社からプラスの評価をもらうことができるでしょう。

ブランク期間中に努力したこと

パソコンを使う女性

女性のブランク期間というのは決してマイナスになるだけではありません。

ブランク期間中にも主婦としての生活や出産・育児などによって様々な人生経験をしています。

そのためその期間にも努力していることというのは必ずあるはずです。

また、ブランク期間に資格取得に向けた勉強を行っておくのも良いでしょう。

自己PRにおいてはブランク期間の努力というのも効果的なアピールポイントとなります。

ブランクも決して無駄な期間ではなかったということを伝えながら、転職後の業務に関連付けると効果的です。

明確な志望動機

自己PRでは明確に志望動機があるということをアピールするのも良いでしょう。

何故その企業に入社したいのか、何故同業他社じゃダメなのかを明確にすれば企業に好印象を与えられます。

「貴社の○○な点に引かれた」などと具体的に言及することで企業からも採用したいと思ってもらうことができるでしょう。

そのためには企業研究を入念に行うことが大切です。

志望動機が曖昧であると、志望度が低いと思われてしまう可能性があります。

企業にとって志望度というのは大変重要なポイントです。

入社への熱意を伝えるためにも明確な志望動機というのは欠かせません。

面接においても志望動機というのは重要視されるポイントなので、書類選考の段階から明確にしておきましょう。

 

ワンポイント
・前職での経験をアピールする
・ブランク期間中の努力を業務に結び付ける
・志望動機を明確にして入社への熱意を伝える

ブランクがある場合の会社選びのコツ

オペレーター

女性がブランクがある場合には会社選びに対してもそのブランクをマイナスだと考えない企業に応募するのが良いでしょう。

そのため女性の職場復帰に力を入れている企業であれば、問題なく内定をもらうことができるでしょう。

結婚や出産・子育てというのは、ブランク期間であっても貴重な人生経験ができる期間だといえます。

そのため、そうした経験を重視してくれる会社を選ぶことが重要です。

また、そういう会社であればライフスタイルに合わせた働き方が可能な企業も多いと考えられます。

子育ての都合上残業をできないという方はそうしたことも考慮してくれる会社が働きやすいでしょう。

女性が復職しやすい職種

外を歩くスーツ姿の女性

次は再就職する際におすすめの職種について解説していきます。

以下の職種は復職しやすいと考えられるため、転職活動をスムーズに行いたい方は是非参考にしてみてください。

一般事務

一般事務は未経験人材を多く募集している職種です。

そのためブランクのある女性でも比較的復職しやすい職種となっています。

また、一般事務は残業が少ないため、子育てや家事をしながらの仕事にも向いているといえるでしょう。

復職する職種として一般事務は良い選択肢の1つです。

経理事務

初心者

経理事務も未経験人材を多く募集しています。

一般事務に比べると日商簿記などの資格取得が必要になる場合があるため、少し専門性が高くなると考えられるでしょう。

しかしながら経理事務はスキルさえあればブランクがあっても比較的活躍しやすい職種です。

もし簿記の資格を持っているのであれば経理事務も選択肢の1つにしても良いのではないでしょうか。

法人営業

法人営業では企業に対しての営業活動が主な業務となります。

コミュニケーションが重要視されるため今までに培ってきた前職やブランク期間での経験を活かすことができる職種の1つです。

営業職は未経験からの転職を多く受け入れているためブランクがあっても問題なく仕事を行っていけるでしょう。

営業では前職の経験を活かしやすいため、おすすめの職種の1つです。

個人営業

個人営業というのは法人営業とは違い、個人を相手にする営業職です。

こちらも法人営業と同じように未経験からの転職が比較的しやすい職種となっています。

営業職はマメであったり気配りができたりする人が向いている職種です。

そのため主婦としてブランク期間を過ごした方には個人営業もおすすめの職種といえます。

もし資格やスキルに不安がある場合でも個人営業であれば必須となる資格やスキルが無いため働きやすいでしょう。

コミュニケーションが得意な方におすすめしたい職種です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

結婚退職後ブランクがあっても悲観しない

スーツの女性、胸に手を当てる

結婚退職後にブランクがあるからといって、転職が不可能になるわけではありません。

結婚退職というのはブランクの理由の中でも企業側からすると比較的プラスな印象を持ってもらいやすいものです。

そのため結婚退職後にブランクがあったとしても悲観せずに転職活動を行っていきましょう。

企業によっては結婚退職後の職場復帰を積極的に受け入れているところもあります。

そうした企業であればブランクがマイナスポイントと捉えられることはありません。

そうした企業を選ぶことによって転職活動の成功率を上げることができるでしょう。

 

ワンポイント
ブランクがあっても職場復帰を受け入れている企業を選ぶことで転職の成功率を上げられる

転職の困りごとは転職エージェントに相談しよう

笑顔

もし転職で困っていることがあれば転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは転職に関するプロフェッショナルとして効果的なアドバイスをくれることでしょう。

書類選考だけでなく、その後の一次面接や最終面接などの対策も行ってくれます。

自分だけでは心細い転職活動もエージェントにサポートしてもらうことができれば安心して行っていけるでしょう。

まとめ

女性

今回はブランクがある場合の転職活動の乗り越え方について解説してきました。

結婚退職した場合や子育てで退職した場合にも履歴書の書き方を工夫すればマイナスポイントにはなりません。

ブランクがあっても転職しやすい職種を選べば、特に問題なく内定を得ることも可能でしょう。

今回の記事を参考にして転職活動を行っていただければ嬉しいです。

自分のスキルや経験を活かして理想の再就職を実現しましょう。

その際、何か不安がある場合には転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

効果的なアドバイスをもらうことで落ち着いて転職活動を行えるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら