建設業経理士として働きたいと考えている方にとって気になるのはその具体的な仕事内容ではないでしょうか。

一般経理などとの違いを知らなければ、具体的な業務も不透明なままで転職への不安が残ります。

今回の記事では建設業経理士として働く際にどのように活躍できるかややりがい、将来性についても解説していきましょう。

建設業経理士への転職を考えている方は是非参考にしていただければと思います。

建設業経理士の仕事内容を解説

女性

建設業経理士は一般経理とは違い、その名の通り建設業の専門知識が必要とされる経理のことを指す言葉です。

そのため、建設業経理で働きたい方は一般経理との違いを明確に理解しておく必要があるでしょう。

経理は会社のお金の流れを管理することが主な業務であるといえます。

建設業経理士として働きたい方は一般的な会計に関しての知識以外にも建設業に対しての理解が必要となるのです。

仕事内容は他の経理職と大きくは変わらず売上・売掛金・仕入れ費用・買掛金・現金・預金・小切手などを管理することとなります。

しかしそこにプラスして建設業ならではの会計ルールが存在しているため、専門知識が必要となるのです。

今回の記事ではその中でも建設業に特化した建設業経理士の仕事内容について具体的に解説していきましょう。

建設業界での仕事や待遇について

考える

建設業界で経理が仕事をする際、その仕事内容待遇はどのようになっているのでしょうか。

まずはその仕事の中身について具体的に解説していきます。

建設業のルールで会計を処理する

建設業の経理の仕事は他の業種の経理と大きく変わるわけではありません。

しかしながらそこに業界独自のルールが適用されるのが一般経理との違いです。

建設業では受注から製品の引き渡しまでの期間が長いため、独自のルールが存在しています。

それらは建設業会計と呼ばれ、特別な会計処理が行われるのです。

例えば建設業では工事が長期間に及ぶ場合があり決算時期にもまだ製品が完成していない場合があります。

そのような場合には建設業のルールに従ってお金の計算をする必要があるのです。

建設業に関する専門知識が必要とされる職種となっています。

建設業の知識と会計のスキルを発揮

書類を見る女性

建設業に関する知識は一般的な日商簿記などでは習得することのできないもの多々あります。

そのためこの職種では建設業経理士の資格が存在しており、それを取得することで転職にも役立つことでしょう。

完成工事未収入金や工事未払金といった特殊なルールについても資格を取得することで学ぶことができます。

勿論、ルールに違いはあれど基本的な仕事は一般的な経理と変わりません。

簿記の資格を既に取得している場合には建設業経理士の資格を取得することで建設業の知識の専門性を証明することができます。

会計スキルと専門知識を活かして建築業界で経理として活躍していきましょう。

手当がつく企業もある

企業によっては建設業経理士の資格を持っていると資格手当が付く可能性もあります。

そのため建設業経理士として働きたいと考えている方は資格の取得を目指すと良いでしょう。

資格は転職活動においても有利となりますし、会社によっては入社後に取得することが可能です。

手当が付くということは給与面でもメリットがあるものだということですので、資格を積極的に取得していきましょう。

 

ワンポイント
・建設業は独自のルールで会計処理を行う必要がある
・建設業の専門知識と会計スキルの両方が必要
・企業によっては資格手当が付く場合がある

建設業経理士が活躍できる場面

打ち合わせをする女性

建設業界というのは独自のルールがあるため、それらのルールに適切に対応できる経理が必要とされます。

建設業独自の勘定項目などに強く、建設業ならではの用語を知っていれば決算などもスムーズに行うことが可能です。

建設業経理士の資格を取得すれば建設業の特殊な会計を処理することができる人材であることを証明することができるでしょう。

建設業経理士は建設会社のお金の流れを管理する上で欠かすことができません。

つまり、この職種は建設会社にとって必要不可欠な存在なのです。

 

無料転職相談をして自分のスキルを活かせる職場を見つけよう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


建設業経理士になるには?

オフィス街にいる女性

建設業経理士になるのに資格が必ず必要というわけではありません。

しかしながら前述したように、この職種は建設業に関する会計の専門知識が必要となります。

そのためそれらの専門知識を持ち合わせていることを証明する際に資格があると便利です。

また前述したように資格を取得していると手当が出る場合もあり、給与面でもメリットがあります。

また、経理経験がある方も建設業経理士になるのに有利です。

もし経理経験があるという方は建設業の専門知識を新たに身につけることでスキルアップしながら転職することができます。

会社によっては未経験からの採用も行っていますが、経理というのは会社のお金を管理する職種です。

そのため全くの未経験ならば簿記の資格を取得しておいてスキルがあるということをアピールすると良いでしょう。

建設業経理士の需要について

ポイント

次は建設業経理士の需要について解説していきます。

この職種の需要はどのような部分に存在しているのでしょうか。

建設業経理士は単純な会計スキルだけでなく、様々な面で会社にとってメリットのある存在なのです。

公共工事の入札に際し審査の加点対象になる

建設業経理士が活躍できるのは会計の処理だけではありません。

社内に専門知識のある経理がいるということが工事を受託する際にも役立つのです。

建設会社が工事の入札を行う際には一般的に建設業経理士の人数が多い企業の方が有利といわれています。

そのため資格を有しているということが仕事の受注にも直接的に関わってくるのです。

会社が公共工事を受注する際にも建設業経理士は活躍することができるでしょう。

建設業の特殊な会計処理に対応できる

建設業経理士の仕事では日商簿記では出てこないような勘定項目が多数あります。

そのため建設業独自の会計処理に対応できるということは建設会社のお金を管理する上で重要です。

このような理由から建設業では日商簿記よりも建設業経理士の資格の方が重要視されています。

資格を持っていれば自分が専門的な会計処理に対応しているということを転職時にアピールすることが可能です。

 

ワンポイント
・公共工事の入札の際、建設業経理士の人数が加点対象になる
・建設業は会計処理が特殊だが、建設業経理士はそれに対応することができる存在のため重宝される

建設業経理士のやりがいは?

資料

建設業経理士としてやりがいを感じるのはどのような時なのでしょうか。

この職種で働こうかと考えている方にとって具体的に仕事に就いてからのことを考える上でやりがいは重要なポイントです。

ここではやりがいを感じる瞬間について解説していきます。

以下のようなことに魅力を感じる方は是非建設業経理士への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

専門知識を使って仕事ができる

一般経理などと大きく違うのは専門知識を仕事に活かせるという面です。

もし建設業に関して豊富な知識を持ち合わせているという場合や、建設の専門知識を学びたいと思っている方には最適な職種です。

また、一般経理から専門知識を習得してスキルアップしていきたいという方にもおすすめの職種となっています。

スキルアップしながら専門知識を使って仕事をしていけるため仕事へのやりがいにも繋がるでしょう。

自分の知識によって会社の仕事をサポートしたいという方にはとても向いている職種だといえるでしょう。

建設業界で活躍できる

建設業界というのは建物を手掛ける業種であり、街中にあるビルなどの建設に自分も関係することができます。

そのため完成したビルなどを見ながら仕事のやりがいを感じることが可能です。

何かの建物を作るということに建設業経理士という立場から間接的に貢献できるためやりがいを感じることができるでしょう。

達成感を得ながら仕事をしていきたい方には最適な仕事だと言えます。

 

無料転職相談をして自分に合った仕事を見つけよう

 

建築業界の今後は?

マンションの前、スーツの女性

建設業経理士に転職しようと考えている方にとって気になるのは建築業界の今後がどうなるのかということです。

建築業界全体でどのような仕事を行っていくことになるのか。

それを明確にすることによって建設業経理士としてどのような仕事に携わっていくのかが分かります。

建築業会の今後について解説していきましょう。

老朽インフラの維持

建築業界にとって需要が大きいのが老朽インフラの維持の仕事です。

高度成長期に建築されたインフラが現在老朽化してきておりそれらの維持や修繕の仕事が多くなっています。

今後も老朽化したインフラは更に増えていくため、長期的に需要があることが予想されているのです。

老朽インフラの維持というのは建築業会において今後もその仕事の大部分を占めることとなるでしょう。

災害復旧の工事

パソコンを持つビジネスウーマン

日本は災害大国ともいわれていますが、近年大雨や地震・台風などによって各地で大きな被害をもたらす災害が立て続いています。

それらの災害の被害から復旧工事というのも建築業会にとって需要の大きい仕事です。

土砂災害の対策や耐震性能の高い建物の建築など災害防止の仕事にも今後力を入れていくこととなるでしょう。

個人住宅関連

住宅市場は減少傾向にありますが、それでも個人住宅の建築というのはまだまだ需要の大きい仕事の1つです。

マイホームを持とうとする人々のために住宅を作るという仕事もこれからも一定数あると考えられます。

人口減少とともに数は減っていきますが無くなることはないでしょう。

 

ワンポイント
・老朽インフラの維持は今後も需要が増加する
・災害の復旧は建築業界の主な仕事の1つ
・個人住宅は減少傾向にあるが今後も無くなることはない
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


建設業経理士の将来性は?

女性

建設業経理士として働いていくことに将来性はあるのでしょうか。

これから転職しようと考えている方にとって、長期間働くことができるかどうかというのは重要なポイントです。

ここでは建設業経理士の将来性について解説していきます。

ニーズが減ることはない

建設業経理士のニーズが減ることはないと考えられるでしょう。

建設会社にとって、建築業会の知識を豊富に備えた経理は欠かせない存在だからです。

金融機関からの資金調達をする際にも、建設業経理士の作った書類が必要となります。

そのためこの職種は建設業が存在し続ける限りニーズが減ることはないと考えて良いでしょう。

長期的に経理の仕事を続けていきたい方には最適な職種であるといえます。

正社員での求人が多い

女性

正社員として働きたいと考えている方にとっては正社員の求人が多い建設業経理士はおすすめの職種です。

経理として契約社員の形態で働いていた方は建設に関する専門知識を習得することでこの職種で正社員として活躍していくことができます。

転職して正社員になりたいと考えている方にとって建設業経理士というのは経理職の中でもおすすめの職種であるといえるでしょう。

専門性の高い職種であるため、キャリアアップを目指していきたい方にもおすすめです。

求人が豊富にある

転職活動を考えている方にとって求人の豊富さというのは重要なポイントです。

求人が豊富だと転職先を選ぶ際も条件を比較して自分に合った職場を選ぶことが可能です。

自分にとって理想の職場を見つけられれば長期的に働いていくことができるでしょう。

また、求人が少なければそれだけ倍率も上がると考えられます。

しかしながら建設業経理士は求人が豊富な職種であるため、その点でも安心ができるでしょう。

もしこの職種に転職後、再度建設業経理士として再転職しようと考えた際にも安心です。

そして、前述した通り公共工事の入札の際に社内の建設業経理士の人数が影響を与えます。

そのため企業も規模が大きい場合には社内に複数人、建設業経理士を必要としている場合もあるでしょう。

この職種に絞って転職活動を行おうと考えている方も安心して選考に臨むことができます。

 

ワンポイント
・建設業経理士のニーズが無くなることはない
・正社員として働きたい方におすすめの職種
・求人が豊富であるため勤め先を選ぶことができる

資格取得で迷ったらエージェントに相談しよう

相談

もし転職活動で不安を感じたり悩みがあったりする場合には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

特に建設業経理士は資格取得が重要なポイントとなる職種です。

もし資格取得について迷った時にも転職エージェントの意見を聞いてみると良いでしょう。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルです。

エージェントを利用すれば転職活動で感じた不安を解消して、安心して選考に臨むことができるでしょう。

 

無料転職相談をして自分にとって理想の職場を探そう

 

まとめ

面接を受ける女性

今回は建設業経理士の仕事内容や、資格取得・需要や将来性について解説してきました。

この職種に求められる専門的な知識を有しているということを証明するためにも資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

転職活動を進めていく際、資格取得が大きなアピールポイントとなる職種です。

もし資格取得で迷っているという方がいれば転職エージェントの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

エージェントはあなたの転職がスムーズに進むようにサポートしてくれるはずです。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。