転職活動をするなかで、面接対策は重要です。

書類選考に通過しても、面接で不採用となってしまうことが多いからです。

面接対策を怠ると、いつまでも転職先が見つからず、転職活動自体を諦めてしまうこともあります。

今回はそんな転職面接対策についてお話します。

女性の転職面接対策の解説

考える女性、ペン

女性が転職面接対策をするなかで、必ずぶつかるのが結婚出産についての質問です。

企業は長く働いてくれる人材を欲しています。

この質問をされた際に、嘘をついたり誤魔化したりするのはNGです。

素直に予定を伝え、そのうえで仕事を続けていきたいという意思を見せるようにします。

産休育休については、その企業で取得した女性の前例があるか尋ねるのがおすすめです。

既婚者の場合は、子育て中か否かで質問が変わってきます。

もし子育て中であれば、フルタイム勤務や残業の対応は可能かどうかを聞かれるでしょう。

「子育てがあるので無理です」と答えてしまうと企業としても困ります。

子育てをしていても対応ができる旨を伝え、働きたいという意思を伝えましょう。

 

ワンポイント
女性の転職面接対策は、結婚や出産、子育てが業務に影響しないことを伝えるようにします。

転職面接の役割を理解しよう

書類を持つ男性、悩む

そもそも、何故転職活動をする中で面接が重要視されるのでしょうか。

転職面接は企業と応募者が直接顔を合わせ、お互いの長所を紹介しあう場です。

応募者は自分を雇用した際のメリットを、企業は入社後のメリットを持っています。

そのメリットや、互いの将来像がミスマッチしていないかを確認しあうのが面接です。

役割によって求めるメリットや、重視するスキルが異なるため、何度も面接がある企業もあります。

一次面接や二次面接といった段階を踏む面接には、それぞれどんな役割があるかを説明します。

一次面接

一次面接の面接官は、応募先企業の人事担当者が担当します。

一次面接の役割は、応募者が持つ経歴や転職理由などの基本的な情報を確認することです。

書類選考で提出した履歴書、職務経歴書に沿った質問をされるでしょう。

加えて、服装やビジネスマナー、コミュニケーション能力といった社会人スキルも確認されます。

面接時間に遅れる、汚れた服を着ていくなどの行為はどんなに良い回答をしても減点に繋がります。

第一印象が良くなるように、基本的なマナーを守ることが大切です。

また、提出した履歴書・職務経歴書と自分の回答が矛盾しないようにすることも必要になります。

二次面接

二次面接は、主に実際に働く部署の上司責任者が担当します。

ここでは、今後一緒に働いていける人物か、そのスキルは持っているかを確認されます。

即戦力を求める会社の場合は、それ相応の経験やスキルを持ち合わせているかの確認をされるでしょう。

仕事に対する理念や経験、失敗を乗り越えたエピソードなど、業務に関わる質問をされます。

最終面接

最終面接は、社長や会社役員、人事責任者など採用の決定権を持つ方々が担当します。

応募者の人間性が、企業の理念や社風に合っているかなどを確認する役割があります。

重要視されるのは、入社への熱意と意欲、そして入社後の具体的なキャリアプランです。

入社がゴールではなく、入社後にどう活躍できるかを見極められるのです。

また、社長や会社役員との顔合わせの場としての側面もあります。

ここでビジネスマナーに反する行動をとれば、不採用は免れません。

最終面接に進んだからといって、どうせ合格するだろう、という考え方は捨てましょう。

 

ワンポイント
一次面接、二次面接、最終面接はそれぞれ役割と担当者が違います。

転職面接当日までにしておくべき事前準備は

手帳、ノートパソコン、履歴書

書類選考を通過し、面接の日程が決まってから当日までに準備しておくことは以下の通りです。

  • 応募先の企業研究、業務内容の把握
  • 入社時期や労働条件、通勤時間などの確認
  • 応募書類と矛盾のない自己アピールの準備
  • 服装や髪形を清潔に整える
  • 面接時間の10分前に到着できるルートの確認

社会人としてのマナーを守れるように、身だしなみのチェックは怠らないようにしましょう。

また、当日は余裕をもって行動できるように、交通機関の時刻や天気も確認しておきます。

自己アピールも準備しただけでは伝わりません。

面接でされる質問を想定し、回答を作成し、それを声に出して言えるように練習をしましょう。

 

ワンポイント
転職面接当日までに必要な事前準備を済ませておきましょう。

「一次面接」の対策法を理解しよう

スーツ、女性、面談

一次面接は、前述したように社会人としてのマナーや応募書類との整合性を見られます。

よくある質問を参考に、経験やスキルを踏まえた回答を作っていきましょう。

一次面接でよくある質問と回答のポイント

  • 自己紹介をお願いします

出身地や誕生日を答えるのではなく、現在の仕事で何をしてきたかを軸に自己紹介をします。

現職への入社日とその理由、配属部署と担当業務、そこで得たスキルや経験を伝えましょう。

その際、応募先の企業に求められているスキルや経験をアピールするように心がけます。

特に必要とされていないスキルや経験をアピールしても効果はありません。

これらを大体1~2分程度で答えられるようにしましょう。

 

  • 転職をしようとおもった理由を教えてください

これは現職や前職の退職理由についての質問です。

同じことが原因で応募先の企業でも退職しないかどうかの確認にもなります。

転職をするということは、元の会社に何か不満があってのことだと面接官も理解しています。

同時に、同じ不満が応募先の企業でも生まれたら、また転職活動を始めるのではないかと心配になります。

ここでは、不満を後ろ向きな理由や愚痴で説明しないことが大切です。

退職に関わる不満は出来る限り前向きな表現に言い換えます。

さらに、転職をきっかけにどんな将来像を思い描いているのかを志望動機に繋げるのがポイントです。

 

  • 志望動機を教えてください

ここでは「何故他社ではなく御社を選んだのか」を明確に伝える必要があります。

この理由を元に、面接官は応募者が入社後に活躍できるかどうかを判断します。

応募先の企業が属する業界や、企業ならではの強みなどを知るために企業研究は欠かせません。

求人情報や企業のホームページを参考に知ることが出来るので、研究自体は難しくありません。

その企業研究と、自分の仕事に対する理念や熱意をどうマッチングさせていくかがポイントです。

応募先の企業で働くことが、自分が持つ将来像とどう繋がっていくのかを明確にしましょう。

 

  • 長所と短所を教えてください

手先が器用、気が短いなどの長所と短所が業務にどう結びついているかを考えて回答します。

長所であれば、どういった業務に役立つのか、その具体例はあるのかを伝えましょう。

短所であれば、それを自覚したうえでどのような対策をとっているのかを伝えます。

自分の強みと弱みに対する対策を把握している人材を求める企業は多く存在します。

自己PRも含めて成功体験や失敗例を交えて説明すると、より伝わりやすくなるでしょう。

一次面接でしたい逆質問

どの面接でも必ず質問の時間が設けられます。

ここで「特にありません」と返してしまうと、企業に対する興味がないと思われてしまいます。

応募者の熱意をさらにアピールできるチャンスなので、逆質問はしておいた方がいいでしょう。

一次面接で質問の時間が設けられた際は、どのような逆質問をするべきなのでしょうか。

  • 中途採用者の割合について
  • 活躍している社員の特徴
  • 活躍するために勉強しておくべきこと
  • 女性社員の育児や結婚について
  • 面接官が感じる企業の魅力

こういった質問は、その企業への興味や熱意を持っていることをアピールできます。

面接の回答がうまく作れない時は、一人で悩まず転職エージェントを利用してみましょう。

自分の強みを軸にした自己PRの仕方や志望動機の作り方をサポートしてくれます。

一次面接の質問にうまく答えられなければ、内定を貰うことは難しくなります。

まず一次面接を突破を目指すのなら、転職エージェントに相談するのが良い手段です。

「二次面接」の対策法を理解しよう

書類を持って悩む男性

二次面接は実際に現場で働いていけるか、人間性とスキルを見られる場です。

ここで大切になるのは、具体的なキャリアプランと仕事に対する熱意となります。

一次面接と矛盾しないように回答することがポイントです。

二次面接でよくある質問と回答のポイント

  • この会社で活かせる経験や実績、スキルはありますか

これまで得てきた経験や実績、スキルが応募先の企業で具体的にどう役立つかを伝えます。

全てを伝えるのではなく、募集されている職種や業務内容に合ったものを答えましょう。

いくら多くの経験やスキルを持ち合わせていても、業務に合わないのなら強みになりません。

伝える際は、どのような状況で経験を積み、その成果がどうなったのかをはっきりさせましょう。

成功体験を交えるのなら、そのプロセスのなかで自分がどんな努力や行動をしたのかを盛り込みます。

失敗体験であれば、何故失敗したのか、それに対してどんな対策をその後したのかを伝えます。

 

  • 入社後はどのように働いていきたいですか

応募者の描くキャリアプランと、会社の方向性がマッチングしているかを確認する質問です。

応募先の企業で担当する業務内容に合った具体的なキャリアプランが必要になります。

そしてそれを実現するためにするべきことも合わせて具体的に答えましょう。

5年後10年後のキャリアプランを伝え、長期的に活躍できる人材であることをアピールします。

あわせて結婚や出産予定といった今後のライフプランについても質問される可能性があります。

二次面接でしたい逆質問

二次面接では一次面接よりも業務に関わる具体的な逆質問をしましょう。

  • 配属先で求められる役割
  • それまでの経験(マネジメントなど)を活かせる機会があるのか
  • 一日の仕事の流れについて
  • 現場で大切にしている仕事の理念について
  • 企業が将来的に展開する事業について
  • 評価制度について

自己PRができるような質問を織り交ぜると、即戦力として働くイメージを与えることができます。

「最終面接」の対策法を理解しよう

スーツの男性

最終面接は採用の決定権を持つ社長や役員、人事責任者との顔合わせの場となります。

互いのメリットが本当にマッチングしているか、長期的に働けるかどうかを確認されます。

一次面接、二次面接を踏まえて矛盾のない回答を心がけましょう。

最終面接でよくある質問と回答のポイント

  • 他社ではなく弊社を選んだ理由

この質問は、業界研究と企業研究をしているかを確認し、志望度の高さを測っています。

同業他社と応募先の企業の違いがどこにあり、そこにどんな魅力を感じたのかをまとめておきましょう。

それを一次面接で答えた回答と矛盾のない範囲で入社したいという熱意と共に伝えます。

志望動機について更に深掘りされることもあります。

「それはなぜですか」と聞かれたときに答えられるよう、改めて志望動機を確認しておきましょう。

 

  • 転職活動の状況について

転職活動は何社も応募して同時並行で選考が進みます。

内定を出した応募者に辞退をされてしまっては、企業も時間を無駄にしたことになってしまいます。

企業は応募者が本当に入社してくれるかどうかを確かめるために、このような質問をします。

他の企業を受けているからといって不採用にされることはほとんどありません。

むしろ誤魔化してしまうと後から困るのは自分です。

何社か選考中である旨を伝えたうえで、第一志望が応募先の企業であることを伝えましょう。

 

  • 事業をどう成長させていきたいか

応募先の企業の事業内容を理解しているか、その事業のなかで応募者がどう貢献できるかの質問です。

事業全体の今後のビジョンと課題、それに対する対策を踏まえ、自分が何を出来るのかを伝えましょう。

入社後に担当する業務はもちろんですが、ここでは業界に対する理解度を測られています。

目の前の仕事だけではなく、事業全体を理解している姿勢を示しましょう。

最終面接でしたい逆質問

最終面接は、企業の上層部の方々に直接逆質問ができる貴重な機会です。

  • 会社の経営理念
  • 今後の事業展開について
  • 社員に求めている結果や仕事に取り組む姿勢
  • 応募先の企業が抱える強みや課題
  • 部下を優秀だと感じるポイント

企業に対する興味に加え、今後の展開についても言及してみましょう。

また、逆質問の回答を踏まえ、自分は何ができるかをアピールすることもおすすめです。

転職面接の練習をしよう

レッスンの文字

転職面接は回答を考えるだけでなく、回答をする練習も必要となります。

頭の中で考えていることでも、相手に伝えるときにうまく言葉になるとは限りません。

初対面の相手へ自己PRや志望動機を伝えなければならないのです。

緊張をして、うまく答えられないことの方が多いのが転職面接です。

そうならないように、転職面接の練習をすることは大切になります。

転職面接練習のやり方は?

叫ぶ女性

転職面接の練習といっても、何をすべきかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

まず必要なのは、考えた回答を声に出して読むことです。

途中で止まらず、はきはきとした話し方で回答出来るようになるまで声に出して練習します。

回答する際に口ごもってしまうと、面接官からの印象も悪くなってしまいます。

スマートフォンで練習中の声を録音して聞き直すことも効果的です。

自分の話し方を客観的に聞き、改善点があればそこを意識しながら練習していきます。

入室マナーや面接官に対する姿勢などは鏡で確認するか、家族や友人に実際見てもらいましょう。

転職面接練習のポイント

スーツの女性、胸に手を当てる

転職面接の練習は、客観的な視点が必要となります。

可能であれば他者の協力を得て、入室から質疑応答、退室まで一通りの練習を繰り返します。

そうすることで、転職面接に対する過度な緊張は感じなくなるでしょう。

もし周囲の協力が得られない場合は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントであれば、面接の回答から実際の対策までサポートをしてくれます。

さらに、面接官の視点から見た意見を貰うこともできるのです。

自分で考えた回答が面接官からどう思われているかを知れば、より良い対策を練ることが可能です。

転職面接時の注意点

悩む女性、スーツ

転職面接全体で注意すべきことはあるのでしょうか。

ここでは必ず注意しておきたいことを説明します。

面接で話す内容に矛盾がないように意識しよう

一次面接では応募書類と口頭での回答に矛盾がないように気を付けましょう。

二次面接以降は、一次面接で答えた内容と矛盾しないように注意します。

面接ごとに答える内容が違うと「ころころと言うことを変える」という印象を持たれてしまいます。

社会人として信用されないことになりますので、答える内容には一貫性を持たせましょう。

身だしなみやビジネスマナーも意識しよう

スーツを着た男女

社会人としての身だしなみやビジネスマナーも面接では重要です。

服装の指定がなくても、清潔なスーツを着ていくことをおすすめします。

また、髪や爪が伸び切っていると清潔感がないと思われてしまいます。

女性の場合は特に派手なネイルや髪型は控えるようにしましょう。

面接時間の10分前には企業に到着することや、入退室の挨拶などのビジネスマナーもおさらいしておきます。

社会人としての基本ができていなければ、どんなに良い回答をしても不採用となるでしょう。

 

ワンポイント
転職面接では話す内容に一貫性を持たせ、身だしなみやビジネスマナーも意識しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談を受けるスーツの女性、ノートパソコン

転職面接は転職活動において必ずぶつかる壁とも言えます。

しっかりとした面接対策をしなければ通過は難しいでしょう。

その対策で悩んでいる場合は、転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントは転職面接だけでなく、企業選びや書類作成も手伝ってくれます。

つまり転職活動全般の相談ができる心強い存在なのです。

まとめ

面接を受けるクレイアート

転職面接は段階によって面接官や役割が違います。

それぞれの役割を把握し、質問を予想して回答を考えましょう。

練習をする際は客観的な視点を持つことが大切です。

周囲の協力を得ながら、転職面接対策をしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら