転職活動をしているとどれくらいの数の企業に応募すればよいのか不安に思うことがあるかもしれません。

転職先の企業を見極めるために複数応募をすることは悪いことではありません。

様々な企業を比較することで見えてくる情報もあるでしょう。

このページでは転職を成功させた人がどれくらいの企業に応募しているのかを調査しました。

今まで転職を成功させてきた人達の応募数を参考にしてこれからの転職活動に役立てて下さい。

複数応募する際の注意点やメリット・デメリットも紹介しています。

転職成功者の平均応募数を調査

ポイント

転職を成功させた人が内定までに応募した求人の数を確認してみましょう。

転職を成功させた人の約8割の人が2社以上の企業に応募しています。

年齢が上がるごとに応募する企業の数も増える傾向にあるようです。

積極的に応募することで内定を手にしている実績を積んでいるのが分かります。

「1社内定を目指すなら平均7~8社」「2社内定を目指すなら倍の15社」というように自分の目標にあった企業数を決めておきましょう。

少なすぎても多すぎてもダメというわけではなく、自分の希望する職種に合わせて応募することがチャンスを増やすことになるようです。

「20代」の平均応募数

履歴書

20代で転職に成功した人たちは6~7社以上の企業に応募をしています。

最初に応募した企業にこだわらず多くの企業に応募することで情報を比較することができるでしょう。

「30代」の平均応募数

データ

30代の転職成功者は7~8社以上の企業に応募をしているとのことです。20代と比べると応募数が多くなっているのが分かります。

 

ワンポイント
自分の希望に合わせて応募先を見つけよう。

転職成功者の書類通過率や内定率をチェック

データ

転職を考えたときに書類通過率内定率はどれくらいか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

職種や業種によって異なりますが書類の通過率・内定率はあまり多いとはいえないかもしれません。

これらのデータは転職に成功した方のものですので転職しなかった方を含めるともう少し確率は下がります。

書類通過率

データ

全体の応募から通過率は約5割といわれています。応募してきた人達の半分がこの時点で落とされていることが分かるでしょう。

内定率

データ

内定が出るのは一人あたり平均1.4社です。

転職活動をしている人の多くが6~7社に応募する中で内定を貰えるのは1.4社になります。

あくまで目安ですが1社受けてすぐに内定が取れることは滅多にありません。

スキルや経験があっても採用されるのは本当に一握りなのです。

それを踏まえて転職に成功した人がどれくらいの数を受けて内定を取ったのか、転職活動をするにあたり考えていきましょう。

複数応募の注意点

考える

複数の企業に同時に応募するとスケジュールの調整が困難になります。体調を崩してしまいかねません。

また内定時期がずれてしまうと予定が立たずに悩むことになってしまいます。

そこで気を付けておくべき事を3点挙げてみました。

転職活動で複数応募を視野に入れている人はぜひ参考にしてみてください。

優先順位を明確にしよう

女性

複数応募するにあたってどの企業を優先するのか前もって自分で決めておきましょう。

もし内定のタイミングがずれてしまっても、優先順位が決まっていれば悩むことは少なくなります。

また仕事や家事をしながら転職を考えている人は何を優先すべきか決めておくことも大事です。

転職も大切ですが周りに迷惑をかける事態にならないよう細心の注意を払いましょう。

スケジュールには余裕を持とう

スケジュール

自分のスケジュール管理も立派な転職へのカギです。複数の企業を受ける場合には余裕をもって予定を組みましょう。

たくさん応募して休みが取れず体調を崩すといったことになったら本末転倒です。

しっかりとメリハリのあるスケジュールを考えましょう。

転職の対策がしっかりできる数にしよう

オッケー

たくさんの企業に応募しすぎて面接の予定が重なったというようなことがないように応募数の管理は自分でしっかりとしてください。

多く受けるとチャンスが増えて良いのですが多すぎるのは禁物です。

企業それぞれにしっかりと対策を考える時間が取れるよう応募数は自分に合わせて決定しましょう。

転職活動時の応募数を増やした方がいい人は?

考える

応募企業数を増やしたほうがいい人について解説していきます。

転職リスクを減らしたい人

転職によって収入が減ってしまったり再び転職活動をしなければならなかったりする危険があると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような時はじっくりと様々な企業を比較して決めたいものです。

「選考を待っている時間」も意外と長く企業によって返答を貰えるまでにかかる時間も違ってきます。

そんな時間も有効的に使い応募先を増やしてみるのも一つの手であると思って下さい。

自分のペースに合わせて応募数を多くするのも、転職の成功率を上げるチャンスになります。

未経験の業種に就職したい人

笑顔

「新しいことに挑戦したい」「育児を終えたので復職を機に新しい仕事をしたい」と考える人もいらっしゃるかもしれません。

応募する業種の経験が浅い方や今までとは違う職種に就いてみたいという方も応募数を増やしてチャンスを増やしてみましょう。

企業側は即戦力になる人を探しています。したがってスキルや経験を重視して採用するところが多いです。

多くの企業に応募して企業とのご縁を増やしていくことも採用への道のりではないでしょうか。

 

ワンポイント
多くの企業に応募すればそれだけチャンスがうまれる。

転職活動時の応募数を抑えた方がいい人は?

資料

仕事や家事をしながら転職先を探すのは時間がかかります。

そんなときに応募数を無理に増やしてしまうと自分に負担が掛かってしまい体調を崩してしまう場合もあるでしょう。

働きながら転職先を探す場合は自分のペースに合わせて調整をして下さい。

同じ職種・業界で転職を考えている人はむやみに量を増やして応募しなくてもいいでしょう。

企業から求められている条件をある程度理解出来ている方であれば対応の仕方は自分でも分かっていることも多いでしょう。

その場合は書類選考を通過する確率は上がるはずですので、ある程度経過を見てから増やしてみる手もあります。

 

ワンポイント
企業への応募は自分のペースで行おう。

転職時に複数応募するメリット・デメリット

女性

転職時に複数応募するメリット・デメリットを考えていきます。

転職を考えている人は複数の企業に応募することがおすすめです。

企業の求人には多くの転職希望者が殺到します。自分もそのうちの一人だと考えると競争率が高いことが分かるでしょう。

自分がその条件を満たしている場合でもスキルや経験がどれだけ豊富でも、多くの求人応募があることにより他の人と比べられます。

条件の良い求人・人気のある企業の求人・大手企業の求人には応募する人数も増えるため採用される確率は低いとみていいでしょう。

多く企業求人に応募することで自分に合った企業を見つける機会を増やし採用の可能性を高くすることが出来るのです。

複数応募のメリット

女性

複数応募することのメリットは多くの企業を比較できることです。

自分の希望している条件が全部揃った企業というのはなかなか見つかりません。

様々な企業の情報を見ることによって比較できるのも良いところといえます。

色々な企業を見て参考にして自分に合った転職先を見つける材料にしてください。

複数応募するもうひとつのメリットはチャンスを増やせることです。

応募から内定が出るまでは1カ月~1か月半かかるといわれています。

応募する先の企業が少ない場合は内定を取るまでにさらに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

だからといって闇雲に応募数を増やせば内定がとれるというわけではありません。

複数の企業に応募することでチャンスを増やせることを覚えておくといいでしょう。

もし不安なことがあれば転職エージェントに相談してください。不安を取り除いて転職を成功させましょう。

複数応募のデメリット

考える

在職中に転職活動を考えているのなら複数応募はおすすめできません。

スケジュールの調整が困難になってしまい通常の業務に支障をきたしてしまいます。

働きながら転職先を探す場合は面接等のスケジュールも視野に入れて活動するのがおすすめです。

スケジュールには、応募する企業の対策を練ることができるくらいの余裕をもたせておきましょう。

休みもしっかりとれるように工夫して受けることが大切です。

多くの内定を貰ったとしても時期がずれてしまったのでは意味がありません。

企業によっては面接の回数や書類選考の時間などで内定の連絡が遅くなる場合もあります。

内定の連絡がバラバラになってしまう場合は、内容を比較することができません。

内定には回答期限がありますので比較判断が困難になってしまいます。

応募する企業の数は自分でしっかりと考えある程度状況が把握できるようにしておきましょう。

 

ワンポイント
複数応募すればたくさんの企業を比較できる。

転職時に応募数を精査するメリット・デメリット

マルバツ

転職を考える際にはどれくらいの企業に応募すれば良いのか不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

他の人の意見がほしいときには転職エージェントに相談してみてください。

転職の不安を解消して転職先の企業で活躍しましょう。

この章では転職する際に応募数を精査するメリット・デメリットを解説していきます。

応募数精査のメリット

ポイント

応募数を詳しく調べることのメリットは自分に合った対策を立てられることです。

仕事の合間に転職活動をする方は、思うように時間が取れない場合もあるかもしれません。

応募数をどれくらいにすれば良いのか迷う方もいらっしゃるでしょう。

その場合は過去の転職成功者の例を参考にするのもおすすめです。

さらに情報が欲しい場合は転職エージェントに頼ってみてください。

応募数精査のデメリット

困る

応募数精査のデメリットは目の前の資料にとらわれてしまうことが挙げられます。

転職活動は人により大きく違ってきます。いくら資料を集めてもその通りの確率で採用されるわけではありません。

集めた資料は今までの転職成功者を参考にする程度の気持ちで見て下さい。

あくまでも自分のことは自分でしっかりと決めることが大事です。

自分の希望にあった求人数が少ない場合は?

困る

自分の求める求人が少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

職種・業界によっては求人数がもともと少ないものもあります。

あなたの希望する条件にあてはまる求人が無いこともあるでしょう。

少し視野を広げて応募する職種の幅を増やすこともひとつの手です。

もしかするともっと魅力的な転職先に出会う事が出来るかもしれません。

自分の希望の業種に目を向けつつ他の職種への応募数を増やすことで転職を成功させる助けになることもあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

もし転職で不安に思うことがあれば転職エージェントに相談してみてください。

転職の悩みは一人で抱え込まず相談することも大事です。

新しいことをやってみたいけれど大丈夫なのだろうかと不安に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

そういう時こそ転職のプロに相談してみましょう。

自分がどういう気持ちで転職を考えているのかじっくりと相談に乗って貰えます。

自分では気付かないスキルや経験を活かせる仕事を転職エージェントと一緒に探しましょう。

転職を考えて悩んでいる人はぜひご相談ください。

まとめ

女性

転職を成功させた人の多くが複数の応募をしていることがわかりました。

少数の応募で頑張るよりも複数応募することでチャンスを増やす機会を自分で作っているからです。

気をつけたいことは数が多いからといってそれだけで良いことというわけではありません。

自分の今の状態やスケジュールの管理をしっかりと行うことが大切です。

複数のスケジュールを詰め込むよりも無理をせず自分にあった転職活動をおすすめします。

「新しいことに挑戦したい」「今までのスキルをもっと活かしたい」そういう気持ちが溢れたときこそ転職を考えるいい機会になります。

もし不安なことがありましたら転職エージェントを頼ってください。

転職のプロとともに転職の成功を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら