転職活動において企業側と転職者の間で起こることの1つが「ミスマッチ」です。

これは20代女性の転職において由々しき問題ではないでしょうか。

中には新卒一括採用でミスマッチがあったから転職を決意する方も少なくありません。

会社としても将来を期待していたのに入社後すぐ辞められたら採用した意味がないでしょう。

そこで今回は応募者と企業のミスマッチをなくす方法をその原因や事例と共に解説します。

果たして求職者はどうすればギャップを防ぐことができるのでしょうか?

転職で企業とのミスマッチをなくす方法

違い

企業と求職者の間で発生する「ミスマッチ」を防ぐにはまず単語の意味を知りましょう。

元々ミスマッチという単語は「不釣り合い不似合い」という意味で用いられます。

ここから転じて人材採用では入社した社員と採用した会社側のズレがあることを意味するのです。

「ギャップ」という言葉に置き換えてもらえるとわかりやすいかもしれません。

この「ギャップ」については大まかに分けて2つのパターンがあります。

  1. 求職者が想像していた仕事と実際の仕事がまるで違う(求職者側の認識)
  2. 自社が求める能力・スキルと求職者の実際の働きが違う(企業側の認識)

近年社会問題に発展しているミスマッチはどちらかといえば前者ではないでしょうか。

まずこのミスマッチの内容を具体的に定義してから本題を解説していきましょう。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

企業とのミスマッチが起きる原因は?

このように企業と応募者の間でミスマッチが起きる原因は何なのでしょうか?

若者の早期退職の根幹になっているものを改めて解説します。

自分の実現したいことが明確でない

n迷い

1番大きな原因は応募者自身の実現したいことが明確ではないからです。

多くの転職者は転職活動を行う際に目先だけを見てしまっています。

しかし本当に大事なのは自分が10年後20年後にどうなりたいかではないでしょうか。

長期目線で見た時のキャリアプランとそこに向かうまでの具体的な道筋を作ることが大事です。

仕事においてこの長期目線を欠いてしまうと簡単に本質を見失ってしまいます。

自分の夢や目標が具体的に定まっていれば多少のギャップで動じることはありません。

特に20代という若さだと勢いだけで後先を考えず行動することが多いため注意が必要です。

企業研究が正しく行えていない

研究

2つ目に求職者が企業研究を正しく行えていないということが原因として挙げられます。

企業研究とは単に求人や企業のホームページだけを調べればいいわけではありません。

応募先の企業の業界内での位置付けやその企業の弱み短所も調べておくべきです。

求人票やホームページといった表に見せる情報は基本強み・長所しか掲載していません。

つまり美化されたイメージだけを見せているということを認識しておく必要があります。

だからこそ面接及び入社の際には過度な期待をせず気持ちを中立的に保ちましょう。

面接で会社の見極めや企業の疑問を解消できていない

疑問

そして3つ目に面接で会社の見極めや企業の疑問を解消できていないからです。

企業研究とも関連して会社側の内情を応募者が知らないまま入社することが多くなります。

面接では最後に「逆質問」という、応募者から企業側に聞く時間が設けられているのです。

ここできちんと疑問に思ったことや興味を持ったことなどを多少しつこくても聞きましょう。

聞いていいことと悪いことの区別はありますが、採用活動する側は聞かれれば嬉しいものです。

わずかなことでも疑問に思ったことはどんどん聞いて感情をクリアにして入社してください。

 

ワンポイント
応募者側の分析・研究不足こそがミスマッチの原因である

転職で企業とのミスマッチをなくすためのポイント

それでは転職活動でミスマッチをなくすためのポイントを解説します。

自分の目標ややりたいことを明確にしよう

目標

まず1つ目に自分の目標ややりたいことを明確にすることが大切です。

それも目先の短期的な目標ではなく10年後・20年後を見据えた長期の目標を立てましょう。

20代女性だとどうしても若さ故に目先の勢いだけで突っ走ってしまいがちです。

しかし、俯瞰で見れば仕事は30年〜40年という長い期間続くことになります。

だからこそ目先ではなく長期で見て自分がどこを目指すのかをしっかり考えてください。

そしてその目標から逆算的に自分の目標や成し遂げたいことを割り出しましょう。

そうすれば自ずと自分がどの業界・職種・企業を目指したいかが決まります。

企業研究をしてどんな人材を求めているのか考えよう

研究

2つ目に企業研究を徹底的に行いどんな人材を求めているかを考えてみてください。

大体は求人票や会社のホームページなどに求める人物像が記載されているでしょう。

その人物像から連想して具体的にどういう人柄の社員さんが働いているかを想像します。

また、その企業の取引先などが分かっている場合はそちらも調べてみるといいでしょう。

企業理念や人物像という抽象からどんどん具体的な人や企業と関連づけていきます。

そうすることで企業研究にも深みが出て、より会社への理解も深まるのではないでしょうか。

選考過程や面接で自分と社風が合うか考えよう

考える女性

そして3つ目に選考過程や面接で自分と本当に社風が合うかどうかを考えてみてください。

最初のうちはいいと思っていた企業が面接を重ねるうちにそう思えなくなることはよくあります。

面接官は基本的に応募者に対して表面的な部分しか見せていません。

そのため面接で優しいと思っていた人が実際は怖い人である可能性があるのです。

最終的な転職者と企業の相性は実際に仕事をしてみなければわからないでしょう。

だからこそ少しでも違和感や疑問を覚えるようなことがあれば、立ち止まって考えても構いません。

あくまでも自分のための人生であり、応募者にだって企業を選ぶ権利があります。

 

ワンポイント
・短期ではなく長期での目標を据える
・企業の求める人物像を関連する人や企業と並べて具体化する
・選考や面接で本当にその企業が合っているかを見極める
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


企業情報や社風は会社説明会や社内訪問で実際にチェックすることも大切

社内見学

また、企業情報や社風は会社説明会や社内訪問で実際にチェックしてみてください。

会社によっては選考過程や面接で社内見学をさせてくれるところも実際にあります。

やはり入社後のイメージを持つためには実際の社員達の働く姿を見るのが1番です。

ホームページや求人情報では得られない生の情報ですから、何にも増して役立ちます。

もちろん見学するのと実際に働いてみるのはまた大きく異なるでしょう。

しかし、入社前と入社後のギャップを大きく減らすことはできます。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

企業とのミスマッチをなくすための質問を事前に考えておこう

質問

企業とのミスマッチをなくすためには事前に逆質問を考えておきましょう。

ここでは面接の逆質問で聞いて良いことと聞いてはいけないことを解説します。

良い質問例

まず面接官に聞く逆質問として良い例は以下のものが挙げられます。

  • その企業や業界の本質を鋭く突く質問
  • 面接官の立場や役職を踏まえた質問
  • 入社後に向けた意欲や熱意を感じさせる質問
  • 社内訪問や見学などの生の情報から感じた質問

こうした質問は面接官・採用担当者に好印象を持たせることが出来る質問です。

共通しているのは「前向き」かつ「具体的」な質問であるということでしょう。

特に生の情報から感じた質問はミスマッチをなくすのに大いに役立ちます。

また、1つの質問に関連づけて質問すると会話が広がり企業への理解が深まるのではないでしょうか。

NG質問例

それではミスマッチをなくすために聞いてはいけない逆質問の例を挙げましょう。

  • 給与体系や残業など福利厚生に関する質問
  • 求人票や会社のホームページなどを調べれば分かる質問
  • 採用担当者側の立場を踏まえない質問
  • 「はい」「いいえ」で答えられるクローズ型の質問

これらの質問は企業側としては答えにくい質問ばかりなので避けてください。

給与体系や残業は確かに気になりますが、それは内定を頂いた後にメールなどで聞きましょう。

また、3つ目のクローズ型の質問は会話が広がりにくく、話が膨らず終わってしまいます。

ギャップをなくすためとはいえ、企業としても表に開かせない極秘情報が沢山あるのです。

 

ワンポイント
・面接官の立場を踏まえた上で前向きな質問をする
・企業側が明かしたくない情報に関しては質問しない 

企業とのミスマッチを起こすデメリット

それでは企業とのミスマッチを起こすデメリットについてここでは解説します。

転職活動期間がデメリットになってしまう

転職

まず応募者が転職活動にかけた時間がかえってデメリットになってしまうことです。

自分の望んだ方向にキャリアプランを進めたいのにそうならないことはままあります。

しかし、その差が余りにも激しいと何のための転職なのかということになるでしょう。

それが根源的なものであればあるほど企業側がフォローしても限界があります。

短期退職だと次回の転職に影響を与える可能性がある

短期と長期

2つ目に短期退職だと次回の転職に影響を与える可能性があるということです。

近年では若者の早期退職が社会問題となり、1年未満で辞めてしまう人も増えています。

そうなると次の転職活動を行う時に「長続きしない人」というレッテルを貼られるのです。

その短期間にめざましい成果を残しスキルや経験を習得している優秀な人なら話は別です。

しかし、20代女性でそのような実績を残せる人なんてわずか一握りしかいません。

その為なるべくミスマッチが発生しないようにネガティブシミュレーションを徹底したいものです。

 

ワンポイント
ミスマッチによる短期離職だけは何としても防ごう

ミスマッチが発生した実際の事例をチェック

日本人女性

それでは転職においてミスマッチが発生した実際の事例をチェックしていきましょう。

まず1つ目が未経験の職種・業界に挑んだものの適性がなくてうまくいかない場合です。

この場合は転職者の自己分析や適性の見極めができていなかったことによるものでしょう。

「好きを仕事にする」が特に近年の風潮ですが、仕事は好き嫌いで行うものではありません。

実際に働いてみると理想と現実が違いうまく行かなかったという例は沢山あるのです。

対策としては「何をやりたいか?」ではなく「何ができるのか?」で考えてください。

自分の得意不得意向き不向きがわかっていればまずこのミスマッチを防ぐことができます。

2つ目が企業の社長ないし社員の中にワンマンタイプの人がいたというパターンです。

ブラック企業で散見されるパターンであり、こればかりはとしかいえません。

転職者は上司を選ぶことはできませんから、1度入社すると回避するのは至難の業です。

若者の早期退職が起こってしまう理由の1つは人間関係にあります。

出来る対策としてはまず企業の評価を調べて悪評がないかチェックしましょう。

これでブラック企業は避けられますが、厄介なのは表向きがブラック企業だとわからない場合です。

その場合は転職エージェントに相談するか社内で信頼できる味方を作るといいのではないでしょうか。

3つ目が求人票に記載されている労働条件と実際の労働条件が違っていた場合です。

給与が事前に聞いていたのと違っていたり残業が多かったりなどはよくあります。

最悪の場合最低賃金すら下回っているという悪質な企業すらあるのです。

特に今の企業は表向きを綺麗に装って入社してみたら違うというパターンが増えています。

対策としては労働条件通知書をよく読み求人票の条件との相違がないかを確認してください。

もしそこで違っていた場合は内定後であっても入社を取り消して違う企業へ向かいましょう。

内定承諾後であったとしてもこの場合は違反になりません。

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


企業とのミスマッチをなくして自分に合った環境に転職しよう

マッチング

企業とのミスマッチは応募者にとってだけではなく企業にとっても大きな損失になります。

本当にその企業が自分に合っているかどうかは実際に入社して働くまで分かりません。

しかし、成功率を上げることは難しくてもミスマッチによる失敗率を下げることは可能です。

ミスマッチの要因になるものを徹底的に調べ上げ、それを省いた上で転職活動を慎重に行ってください。

そうすることで自ずと本質が見えてきて自分に合った環境に転職できるのではないでしょうか。

まだまだ可能性がある20代の転職ですから実りある転職活動にしましょう。

 

無料転職相談をして自分の夢を実現しよう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

ミスマッチをはじめ転職には様々なトラブルや悩みがつきものです。

そうしたトラブルを回避するためにも是非転職エージェントに相談してみてください。

転職活動のノウハウは勿論企業と転職者のミスマッチを防ぐコツも教えてくれます。

場合によっては転職希望先の企業との仲介役にもなってくれるのです。

1人だとなかなか厳しい転職活動をとても有利に進められるでしょう。

まとめ

おっけー

いかがでしたでしょうか?

今回は転職活動でミスマッチを未然に防ぐ方法をその理由や事例とともに解説しました。

企業と求職者のミスマッチを完全になくすことはできません。

仮に面接がスムーズに進んでも実際に働くとイメージと違うことはよくあるものです。

企業もあくまで「」で成り立っていますから完璧な企業など存在しないでしょう。

しかしそのミスマッチとなる要素を減らして限りなくゼロに近づけることはできます。

とにかく自己分析と企業研究を徹底し、自分にとって本当に合う企業かどうかを見極めてください。

本記事が転職でのミスマッチを減らすための参考になれば幸いです。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。