Uターン転職は結婚やキャリアチェンジなど女性に待ち受けるライフイベントで考えたい選択肢の1つです。

特におすすめなのが20~30代までのUターン転職で、求人も多く高い転職成功率が見込めます。

成功の可否を握る自己分析とその土地ならではの企業・業界研究には転職エージェントも活用してみましょう。

Contents

女性のUターン転職で年齢別に求められる能力を解説

グラフ,階段,段階,成長
Uターン転職とは一旦地元を離れて就職した後、地元に戻って転職することです。

慣れない土地で頑張り続けるのは大変なエネルギーがいります。

Uターン転職は住み慣れた土地で肩の力を抜き、精神的なゆとりを確保しながら働けるのが魅力です。

一般的には転職を考える20~30代でUターン転職を検討する人が多いです。

20代であればこれから経験を積み上げられる伸びしろがアピールポイントになります。

30代は都会でスキル獲得した経験を活かし即戦力として活躍できることが強みです。

Uターン転職のよくあるきっかけは?

女性にはUターン転職を人生の選択肢として検討したいライフステージの変化がいくつかあります。

特に多いのが親の介護・結婚・キャリアチェンジを機に住み慣れた地元に生活基盤を移すケースです。

親の介護などによる家庭の事情

車いす,親,介護
地元に帰るきっかけとしてよくある理由の1つが親の介護です。

介護施設への入所手続き・定期的な訪問・将来を見据えた相続準備など、やるべきことはたくさんあります。

また、親が必要としているサポートの程度によっては施設の入所が順番待ちとなることも考えられます。

その場合、親との同居もしくは近距離別居でのサポートのため、Uターン転職が選択肢として検討対象となります。

結婚などのライフイベントによる生活環境の見直し

結婚などの大きなライフイベントを機に住み慣れた地元でのUターン転職を検討する人もいます。

新しい生活がスタートするタイミングでライフスタイルを充実させたいと考える人が多いようです。

また、将来の出産を見すえてUターン転職を検討するケースもあります。

地元の安心感と両親などからサポートを受けやすいことが大きな理由です。

キャリアチェンジ

プラン,A,B,チェンジ
キャリアチェンジもUターン転職のきっかけとして考えられます。

キャリアを積む内に「この仕事を一生の仕事にできるか?」と悩む時期は必ず来ます。

その際、「本当にやりたい仕事をしたい」「どうせなら地元でやりたい仕事をしたい」と考える人も少なくありません。

20~30代のうちであればキャリアのリスタートを目的にしたUターン転職もしやすいです。

ワンポイント
年齢ごとのライフイベントをきっかけにUターン転職を考えるケースが多く見られます。

Uターン転職に適した年齢は?

女性,考える,笑顔,悩み
一般的な転職タイミングは20~30代と言われていてUターン転職も同様のタイミングがおすすめです。

可能であれば20代のうちに下準備を始め35才くらいまでに定着する計画がベター。

特に20代であれば未経験業種でも転職チャンスが数多くあります。

また、30代であれば都会でスキルを磨いた経験を買われて管理職候補として迎え入れられる可能性もあります。

最近は第1新卒時の就職活動の段階でUターン転職を前提に都会で就職する人もいる程です。

Uターン転職で「20代」が求められるものは?

20代のうちにUターン転職をする場合、多くの会社では将来的な伸びしろを期待して採用します。

「20代」は伸びしろ

キャリアアップ,成長,積み木
20代は仕事の基本が身についたタイミングで第2新卒枠で転職活動ができる可能性が強みです。

ただし、専門的なスキルや提案できる実績があまりないことをネックと捉える企業もあるかもしれません。

Uターン転職をスムーズに進めるなら現職である程度専門性を高めてから転職に踏み切るのがおすすめです。

20代のアピールすべきポイント

20代の転職では今後実績を積んでいく中での伸びしろやモチベーションが大きな武器となります。

キャリアアップの選択肢も幅広いので将来的なスキルアップへの積極性をアピールできるのが強みです。

また、会社によっては余計なクセやこだわりがなく育てやすい点をポジティブに捉えてくれることもあります。

未経験転職もしやすく違う業界での経験を幅広い知見として活かせるチャンスが豊富です。

ワンポイント
20代のUターン転職は職種・業界の選択肢が幅広く思い切ったチャレンジができます。

Uターン転職で「30代」が求められるものは?

女性,スーツ,ビジネス,エージェント
30代のUターン転職に求められるものは即戦力としての活躍です。

そのため、スキルや経験は一通り身についていて社内教育の必要がない人材が有利です。

「30代」は経験やスキル

30代の転職で求められる力は即戦力としてプロジェクトや業務を完遂する能力です。

例えば、業界内での人脈・仕事をスムーズに進める段取り力・調整力などはすでに持っていることが前提です。

また、チームリーダー経験やプロジェクトの進捗管理経験などマネジメントスキルも喜ばれます。

特にUターン転職の場合、都会で経験を積んだことをプラスにとらえてくれる可能性もあります。

即戦力として活躍できる条件が整っているなら転職のハードルは高くありません。

未経験転職はハードルが高い場合も

女性,書類,確認
30代の転職は業界によってハードルが高い可能性もあります。

企業が即戦力を求めているということは人材教育にかかるリソースを最小限に抑えたいということ。

つまり、社内教育にリソースを割かないでいい人材を求めているのです。

キャリアがゼロからのスタートとなると業界や企業によっては転職が長期戦になるかもしれません。

Uターン転職で意識しておきたいこと

女性,進路,ルート,選択肢
Uターン転職を成功させるために意識しておきたいのが企業選び、業界選びです。

ポイントはこれまでの経験や獲得したスキルを活かせる仕事・業界を選ぶこと。

特に30代の転職であれば即戦力としての活躍が求められるので前職と同じ業界・仕事内容を選ぶとよいでしょう。

また、20代で未経験業界への転職であってもこれまでの経験を活かせる仕事がおすすめです。

例えば医療事務として活躍していたなら同じ事務職を探すのがベターな選択肢です。

広告会社にいたならマスコミ・出版系の会社という選択肢もあります。

ワンポイント
これまでの仕事で獲得したスキルや経験を財産として活かせる仕事・企業選びがポイントです。

Uターン転職をスムーズに進めるために

Uターン転職であっても一般的な転職と同じく自己分析が重要です。

また、各地方によっては都会と違う産業構造や業界があります。

地元にフォーカスした企業研究・業界研究を徹底的に行いましょう。

自己分析をして強みを明確にしよう

自己分析,長所,短所
自己分析はあらゆる転職活動の基本です。もちろんUターン転職を成功させるためにも欠かせない過程となります。

注目したいのは自分の強みとスキル。自分の強みを明確にすることで自分の売り込み方、転職戦略が決定します。

応募書類の記載内容や面接での自己PRなど、どの強みにフォーカスして伝えるのかを整理する作業が自己分析です。

まずは、これまでにどのような経験をしたのか順に思い出してみましょう。

そこから履歴書・職務経歴書に書けることや面接の自己PRで提案できることを1つずつリストアップしてみてください。

  • 経験を通じて自分が成長できたこと
  • 獲得したスキル
  • 課題に感じたこと
  • 課題に対してどのように取り組んだのか など

転職スケジュールを長めに設けるのであれば2~3行ずつでも業務日記を付けておくと役立ちます。

地元の企業や産業の特徴を調べよう

日本,地方,クレイアート
都会での転職活動とUターン転職の1番の違いはその土地ごとの産業構造です。

各地方で強い業界・業種があり、世界的な企業が地方に本社を置いている場合も多いです。

例えば、有名なのがトヨタ自動車。社名にも入っている通り本社は愛知県の豊田市にあります。

元々その土地で強い産業をメインに据えている企業が本社機能を地方にとどめているケースに注目してみましょう。

例えば兵庫県に注目してみると魅力的な酒造メーカーが数多くあります。

歴史的にも1300年前には酒造りがすでに始まっていた土地で地場産業として定着・安定しています。

白鶴・大関・菊正宗など有名な酒造メーカーが集積し業界に興味を持っている人であれば転職先として魅力的です。

地方だからといって中小企業にしか就職できないわけではありません。

その地方に根付いた業界に注目してみると業界内シェアの高い企業への転職可能性は十分にあります。

Uターンの転職活動は在職中?退職してから?

メリット,デメリット,メモ
Uターン転職は在職中の転職活動と退職してからの転職活動という2つのルートがあります。

在職中の転職活動のメリットは資金面の余裕、デメリットは転職に割ける時間です。

在職中に転職活動をするメリット

女性,お財布,貯金箱
在職中の転職活動は資金面が最も大きなメリットです。

例えば、面接で規制する際にかかる交通費・宿泊費は場所によってかなりの負担が考えられます。

ほとんどの転職活動は複数企業へのアタックが基本になるので何度か帰省が必要な可能性もあります。

また地方の場合、都会に比べて物価が安くなる場合もあります。

ある程度貯蓄できている状態でUターン転職に成功できれば生活面での余裕が出る点は見逃せません。

場合によってはさらなるキャリアアップのために入社までの期間にスクールに通うことも考えられます。

在職中に転職活動をするデメリット

在職中にUターン転職を目指す1番のネックは時間です。

面接の度に帰省し、その都度有休調整をしたり仕事をしながら求人を探したりする必要があります。

また、遠隔地からの情報収集では見えてこない情報が面接や入社後に発覚するケースも少なくありません。

入社後に印象の違いや相性の違和感に気づいた場合に修正難易度が高いこともデメリットとして挙げられます。

退職後に転職活動をするメリット

退職届
退職後に転職活動をするメリットは転職に集中できることです。

特にUターン転職は地元に同程度のキャリアを積んだ友人や先輩・後輩のネットワークが期待できます。

人脈次第で転職成功につながる企業研究や業界研究ができるのです。

また、求職者本人にもある程度は事前の予備知識があります。

地元企業のメリット、デメリット、評判をある程度把握した状態で転職活動に挑めるのが強みです。

さらに、実家を頼れる場合住まいにかかる費用を節約できる可能性があります。

転職成功まで資金面での融通をきかせてもらえるかもしれません。

退職後に転職活動をするデメリット

退職後に転職活動をする最も大きなデメリットは資金面です。

収入源がない状態での転職活動になるので事前の準備期間を長めにとって緻密に計画する必要があります。

転職エージェントとのやり取りが電話やビデオ会議に限られてしまいサポートが限定的になる可能性もあります。

ワンポイント
在職中の転職も退職後の転職もそれぞれにメリット・デメリットがあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,胸に手を当てる,オフィス
Uターン転職の悩みや希望は転職エージェントに相談してみてください。

Uターン転職を成功させるポイントは徹底した自己分析と地方ごとに違う産業の特徴を押さえた企業・業界研究です。

自己分析に対する客観的なアドバイスは転職エージェントができる基本的なサポート内容でもあります。

スムーズな企業・業界研究も転職エージェントの強みの1つで、在職中の転職活動のデメリットをカバーできます。

特に企業・業界研究はその土地で実際に情報収集しないと得られない情報が鍵です。

離れた土地に転職する際のハンデなくUターン転職を成功させるなら転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

ステップ,3
新型コロナウイルスの流行で本社機能を地方に移転する企業が増えています。

これを機にUターン転職を成功させるためには年齢ごとに求められるスキルや経験のアピールが重要です。

また、企業研究・業界研究もその土地ごとの特色を考慮した情報が必要になります。

ライフステージの変化を理由とする転職になることも多く都会とは違う働き方になる可能性も見逃せません。

Uターン転職をいつ実現するのか、年齢ごとに違う成功のポイントを押さえ転職でステップアップを成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら