新型コロナウイルスが社会に与えた影響の一つにリモートワークの推進があり、IT関連のソリューションの需要が拡大しました。

その流れは今後も続くことが予想され、転職市場においてIT営業のニーズは高いまま推移すると考えられます。

そこで今回はIT営業の女性向けのキャリアプランや、年収をあげるための考え方について解説します。

Contents

IT営業のキャリアプランを解説

4029885_m

女性に限らず転職活動を始めるにあたり、自身のキャリアプランについて考えておくことが大事です。

キャリアプランとは目指す将来像を実現するために、今後どのような仕事に就きどんな働き方をするのかという行動計画をさします。

IT営業と一口にいってもソリューションが多岐にわたり専門知識が求められることから、それを実現できる企業を選択する必要があります。

女性がIT営業への転職を目指す際にはどの分野に進み、キャリアや年収のアップを目指すのかを考えることから始めるのが基本です

IT営業の中でも自分に何が適しているのかを知りたい場合は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

IT営業の主な仕事内容

3060875_m

IT営業の仕事は会社が取り扱っている、IT関連製品もしくはサービスを販売することです。

IT営業はパッケージ商品を売るというより、顧客の課題解決のために提案をすることの方が多いです。

課題を可視化するためのヒアリングと解決策の提案、契約締結後の納品とアフターフォローなど業務は多岐にわたります。

また成果物を納品するまでの間にシステムエンジニアやWebデザイナー、プログラマーなどと関わることも珍しくありません。

どのようなソリューションを販売するIT営業かによって、業務の範囲は異なります。

ワンポイント

■IT営業が取り扱うソリューション例

・情報システムの開発

・ソフトウエアの導入

・Webマーケティング

・Webサイト制作

・Webコンテンツの制作

・Webエンジニアの派遣

IT営業で年収が上がるキャリアプラン

4326542_m

IT営業の転職市場は今後も活況が続くと予想されますが、女性でも経験を積むことで年収を上げられる職種でもあります。

キャリアや年収を上げることを目的に転職するなら、自分のキャリアプランを明確にしておくことが重要です。

IT営業で年収が上がるキャリアプランとして3つの道が考えられるので、次章以降で詳述します。

ワンポイント

■IT営業で年収が上がるキャリアプラン

・IT営業の管理職

・ITの企画職

・ITコンサルタント

IT営業のキャリアプラン「IT営業の管理職」を目指す

3208278_m

長く働ける会社に転職したいと考えているならIT営業として経験を積み、管理職を目指す方法がおすすめです。

ここではIT営業の管理職を目指すキャリアプランについて説明します。

なぜ管理職を目指すのか

なぜ管理職を目指すのかといえば、職位が上がると比例して年収も上がることが多いからです。

また会社員としてオーソドックスな方法なので、女性であっても目標にしやすいキャリアプランといえます。

大手のIT企業でマネージャー職まで昇進すると、年収1000万円を超えることも珍しくありません。

管理職になるため必要なこと

3207769_m

しかしIT営業から管理職に昇進するためには、業績を上げる以外にも必要なものがあります。

それは計画を立案するスキルとチームマネジメント能力です。

IT営業は自分の目標数字を達成することだけを考えていればよいですが、管理職は部署全体の数字の責任を負います。

通年・半期・四半期・月の目標数字を達成するために、部署としてどのように営業活動をするのかを計画することが求められます。

また部下をもつことになり、個々の対応だけでなくチームで協働する際のまとめ役を行う際にマネジメント能力が不可欠です。

キャリアアップを目指す女性の選択肢の一つに、管理職の中途採用に応募するという方法があります。

ハイクラスの求人に強い転職エージェントに登録し、希望の求人を探してみましょう。

IT営業のキャリアプラン「企画職」を目指す

4022476_m (1)

IT営業として経験を積んだ後、企画職を目指すというキャリアプランもあります。

IT企画職は顧客の課題を解決するためのシステムやサービスを、企画・開発・推進する役割を担います。

ここではIT企画職を目指すキャリアプランについて説明します。

なぜ企画職を目指すのか

企画職の仕事は商品の企画・開発だけでなく販売促進、営業企画、広報・PRなど多岐にわたりますがIT業界は少し違います。

IT営業は顧客によって異なるニーズに応える製品やサービスを販売しますが、その具体策を考えるのが企画職です。

IT営業として様々な業界の案件を担当した経験を生かし、最新の技術を用いて顧客の課題を実現します。

システム開発を例にあげると顧客の課題を解決できるソリューションを提案し、エンジニアにその実装を依頼する役割を担います。

市場動向や技術の発展など常に学び続ける必要があるものの、製品やサービスとして成果物が残るので達成感を味わいやすいです。

そして顧客やエンドユーザーから高く評価されることで、年収アップも見込めます。

企画職を目指し年収を上げるために必要なこと

4353515_m

ITの企画職は顧客に提案した製品やサービスを、決められた期日までに実装して提供する責任を負います。

スケジュール管理や顧客とのコミットメントを守るために、粘り強く取り組む姿勢が求められます。

顧客やエンドユーザーのニーズをリサーチし、それを満たすITソリューションを提供するためには独自の視点をもつことも大事です。

また自分の企画を販売するIT営業や実装作業を担うエンジニアの協力が不可欠な職種なので、人を巻き込む力も必要です。

案件が大きくなると関係する部署も増えるので、調整役としての役割も求められます。

求められる役割を責任もって果たし、結果にコミットメントすることで、年収アップが見込めます。

ワンポイント

■企画職に必要なスキル

・企画力

・分析力

・忍耐力

・スケジュール管理能力

・コミュニケーション能力

・交渉力

IT営業のキャリアプラン「ITコンサルタント」を目指す

715002_m

より高額な報酬を得たいと考えているなら、IT営業からITコンサルタントを目指すというキャリアプランがおすすめです。

コンサルタントといっても経営相談にのるわけではなく、経営課題を解決するためのソリューションを提案するのが仕事です。

ここではITコンサルタントを目指すキャリアプランについて説明します。

なぜITコンサルタントを目指すのか

ITコンサルタントは顧客がもつ経営上の課題を可視化し、ITを活用して解決するための方法を考え提案します。

顧客のニーズにあったシステムの設計や開発に止まらず、プロジェクトのマネジメントも担当するのが一般的です。

システムを導入して終わりではなく、しっかり運用できるのかを見届け、改善の提案をすることもあります。

業務が多岐にわたり複雑化する分、高収入が得られる職種です。

近年は外資系のコンサルティングファームで積極的にITコンサルタントを採用するなどニーズが高く、高収入が見込める職種です。

目指すなら転職も検討しよう

3374631_m

IT企業でコンサルタントを行っている人も多いですが、年収をアップしたいならコンサルティングファームをおすすめします。

コンサルティングファームはIT企業と比較すると平均年収が高く、IT営業での経験を役立てることも可能です。

一方でコンサルティングファームの提案先は多岐にわたることから、様々な業界について学び続ける必要があります。

すでにIT営業としての職務経験がある女性は、コンサルティングファームへの転職も合わせて検討してみましょう。

ITコンサルタントになるために必要なこと

ITコンサルタントとして顧客にソリューションを提案するためには、経営課題を見抜く目が必要です。

顧客の経営課題に関する情報収集力分析力は、欠かせないスキルといえるでしょう。

さらにその経営課題を解決するためにITをどのように活用するのか、具体策を講じられる専門性も不可欠です。

ITコンサルタントは業務領域によって仕事内容が変わるので、自分の経歴を生かせるものを目指すことをおすすめします。

ワンポイント

■ITコンサルタントの業務領域の具体例

・プロジェクトマネジメントオフィス/個々のプロジェクトのマネジメントをサポートする

・ビジネスアナリスト/関係部署の調整役として要件定義をまとめ、改善案を提案する

・セキュリティコンサルタント/企業がもつ情報資産を守るポートを行う

IT営業の経験が他の営業転職に評価される点は?

4191343_m

IT営業の経験者が他の業界に転職すると、高評価を得られることが多いといわれています。

転職面接においてIT営業の強みをアピールできれば、内定が近づくことでしょう。

ここでは、IT営業としての経験が評価されるポイントを3つ紹介します。

専門知識をわかりやすく伝えられる

IT営業を行うにあたり、システムやWebサイトに関する知識が乏しい人が担当窓口になるケースは少なくありません。

その過程でIT営業の経験者はITに関わる専門知識を、わかりやすく伝える術を身につけます。

相手が理解しやすいように製品やサービスについて説明できるスキルは、どんな業界であっても重宝されます。

「リサーチ力」と「ヒアリング力」

4192967_m

IT営業はソリューションを提案にあたり、顧客の課題を知る必要があります。

また顧客の経営課題を解決するシステムを実装するにあたり、エンジニアとの間をつなぐ役割も担います。

顧客の要望をエンジニアが正確に実装するためには、要件定義するためのリサーチ力ヒアリング力が不可欠です。

どんな営業でも顧客のニーズを引き出す必要があるので、この2つの力をもつIT営業経験者が評価されるのでしょう。

顧客との信頼関係作り

IT営業が販売するソリューションは、長期間にわたって構築するものが珍しくありません。

そのため顧客との付き合いが長くなる傾向にあります。

受注や納品が仕事のゴールではなく、システム運用後の不具合の対応などアフターケアも大事な仕事です。

そうした業務に誠意をもって対応したIT営業経験者には、顧客との信頼関係を築くのがうまい人が多いです。

顧客と深く関わった経験が豊富なIT営業は、どんな業界でもニーズが高いと考えられます。

IT営業の将来性は

4041943_m

現在の転職市場ではIT営業は活況ですが、この状態がずっと続くのかを疑問視している人もいることでしょう。

ここではIT営業の将来性について、3つの観点から考察してみます。

IT業界の技術の進化は早い

近年はAIやIoTを導入する業界や企業が増えており、それが人員削減につながるケースも少なくありません。

しかし顧客によってニーズが異なることから、リサーチやヒアリングなどAI対応では難しい業務を担うIT営業は必要とされます。

さらにIT業界の技術の進化は早く、顧客やエンドユーザーのニーズに対応するための提案が常に求められます。

そう考えると今後もIT導入は続くため、IT営業は将来性があると予想できそうです。

今後求められる能力は?

3363774_m

近年は第一次産業へのIoT導入が進むなど、幅広い分野でIT技術が用いられています。

アナログな業界に参入するIT企業が多いことを考えると、ITに関するスキルがない人にわかりやすく説明できる能力が求められます。

またいち早くIT化が進んだ業界においては、顧客の商品やサービスの多様化に対応する高度な技術が必要とされます。

顧客はもちろんエンドユーザーのニーズを敏感にキャッチできる能力も、IT営業に臨まれるスキルといえそうです。

必要なスキルや資格は?

未経験者がIT営業への転職を考えている場合、必要なスキルや資格を知って準備したいと思うのは不思議なことではありません。

IT営業に必要なスキルは前述しましたが、応募にあたって有効な資格を取得しておくのもおすすめです。

IT営業に生かせる資格には「基本情報技術者」「応用情報技術者」「セールススキル検定」などがあります。

未経験者の場合は資格を取得し、基本的なITスキルを身につけていることをアピールするのも有効です。

しかし実際にはスキルや資格だけでなく、応募者の適性で判断するIT企業も多いようです。

自分にIT営業の適性があるかどうかを見極めたいなら、転職エージェントに登録しキャリアカウンセリングを受けることをおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

4227971_m

転職を検討している女性の中には、将来性のある業界や職種に就くことを目的にしている人もいることでしょう。

IT営業に興味はあっても自分の経歴やスキルに自信がもてず、応募に至らないケースもありそうです。

IT業界に精通した転職エージェントに相談することで、適性の見極めや活動のアドバイスをもらえれば前向きに取り組めるはずです。

転職の悩みは人それぞれですが、どんなことでもキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

プロのサポートで解決することも、きっと多いはずです。

まとめ

4191232_m

今回はIT営業の女性向けのキャリアプランや、年収をあげるための考え方について解説しました。

IT営業は将来性がある職種ではあるものの、技術の進化が激しいので常に学び続けることが求められます。

しかしキャリアプランを設計して取り組むことで、女性でも高額収入を得るチャンスがあります。

IT業界に強い転職エージェントを活用しながら、IT営業になる目標を達成しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら