子供を育てながら仕事をする女性にとって、保育園との関係性は重要です。

しかし転職をする場合に、保育園を退園するということも考えられます。

転職を円滑に行ないながら保育園に預けられる方法、保育園に提出する必要書類や手続き方法について解説していきましょう。

Contents

女性が転職したら保育園は退園になるか解説

保育園の画像

保育園に子供を預けている女性は世の中にたくさんいます。共働きをしながら子育てをする家庭は珍しくありません。

そのまま現職を続けていられるのであれば問題はないでしょう。

ところが、子供を保育園に預けながら転職をすることになった場合は、どうすればよいのでしょうか?

手続きを怠ってしまうと強制的に退園させられてしまうことがあります。

そこで転職をした場合の手続きや、転職を前後した頃の対応の仕方について解説していきましょう。

退園になってしまう条件

ブランコの画像

保育園の機能は、子を持つ親の就労を助けるために保育を代行する目的があります。

そのため、保育園に預ける条件として、親が就労していることが原則です。

就労をしている証明ができなくなった場合には、強制的な退園扱いになってしまうのです。

仮に就業を続けているのに、証明書を提出し忘れてしまったらどうなるでしょうか?

場合によっては、保育の必要性がない家庭だと判断されることも考えられます。

親が就労していることを証明できて、必要な届け出を行なっていることが通園できる条件です。

必要な届け出を忘れないように心がけてください。

転職しても保育園に預ける方法は?

保育児の画像

もし転職活動が思うようにいかない状態だとしたら、保育園とどう向き合えばよいのでしょうか?

現在子供を預けている保育園から退園されないためには、いくつかの条件を考慮し正しい行動を心掛けることです。

ここでは、転職しても安心して保育園に預けるための方法について解説しましょう。

就労証明書提出の猶予期限を厳守すること

まずは、就労証明書提出の猶予期間について厳守することを目指して行動していきましょう。

仮に就労証明書の提出以前に退職をした場合には注意をしておくことです。

猶予期間は自治体によって異なっています。仮に都内や首都圏であれば2ヶ月が標準で、最大でも3ヶ月とされているようです。

何らかの事情で転職をする際の活動期間も、実際に開始しないと分からない部分があります。

概ねで1ヶ月~2ヶ月は余裕を持っておきつつ、3ヶ月以上かかる恐れがある場合は、それ相応に覚悟しておくしかありません。

猶予期間が過ぎた場合

ブロックの画像

各地域で指定されている猶予期間が過ぎてしまった場合、一旦はその保育園を退園せざるを得なくなります。

その後の代替方法は、認可外保育園・認定こども園を探して決めるか、自分で面倒をみるかです。

その段階では、転職先が決定していない状況でもありますから、家族や周囲の人々と話し合って解決方法を決めることが望ましいでしょう。

就労証明書の記載方法

就労証明書の記載方法については確認しておきましょう。

保育園とは、子を預ける親の1日就業時間がどのくらいなのかによって保育可能時間も変わっていきます。

月間就労時間120時間以上の家庭と、それ以下という家庭では預け入れ時間も違ってくるのです。

前職では120時間以上就労していたが、転職した職場の就労時間が短くなることも考えられます。

保育園児童を持つ女性が転職活動をする上では、まず転職先が月間就労時間120時間に達するのかどうかを確認しましょう。

ワンポイント
転職先から就労証明書を発行してもらい提出すれば続行できる

必要な手続きと書類をチェック

色鉛筆の画像

保育園に通う子供を持つ女性が転職活動をする際は、保育園側に提出する必要のある書類が存在します。

また、その手続きについても、あらかじめ認識しておき怠らないように注意する必要があります。

では、保育園に提出する必要な書類とその手続きについて解説していきましょう。

退職してから転職活動を始める場合

砂場の画像

女性の転職活動の理由はさまざまですが、いつ転職をするのかのタイミングによって保育園への手続きも変わってきます。

もし先に前職を離れてから求職活動する場合には、それに見合った書類などを提出しましょう。

提出書類の1つは「内容変更届」です。これは勤務先変更や勤務先名変更、就業状態の変更時に提出します。

次に「求職活動申請書」です。求職活動を行う旨、開始日などを記載する書類で、90日以内に転職先を決めることが条件とされています。

他には「支給認定変更・認定申告書」も提出する書類です。就労先変更や世帯構成変更、転園などの際に届出ます。

これらは主に各市区町村の役所へ提出することが前提です。

退職後すぐに新しい仕事に就く場合

転職活動を事前に行ない退職後すぐに仕事を始められる女性にも、保育園への各種手続きが要ります。

まずは「支給認定変更認定申請書兼申請内容変更届」です。これは変更前後の内容を申請する書類です。

次に「就労証明書」を用意します。転職先企業にて作成してもらう就労についての証明書です。

提出先は市区町村の役所となっていますが、保育園側で受領できる場合もあります。

注意点は、転職して変更手続きをしないまま放置すると役所から説明を求められることでしょう。

場合によっては、保育認定が取り消されることもありますので気をつけてください。

退職してから転職先を探す猶予期間は?

保育園の広場の画像

転職先を既に決めていればよいのですが、中には前職を辞めた後に求職期間に入る女性もいることでしょう。

すぐに保育園を退園させられることはありませんが、猶予期間を過ぎてしまった場合は求職中でも保育園を退園することになります。

退職後の猶予期間は1カ月〜3カ月が標準です。各市区町村によって異なるため役所で確認しておきましょう。

ワンポイント
猶予期間内に転職先が決められるよう最善の努力をすること

転職先が決まっている人は?

積み木をする画像

新しい職場が決まっている女性は、引き続きその保育園での継続が可能です。

認可保育園では、親が働いていることが条件ですので、その証明ができれば問題はありません。

ただし「就労証明書」などの申請をし直すことになるので、忘れずに行なうようにしましょう。

所得が変わった場合

転職をした結果で給料に変動があったという場合にも、その旨を保育園側に伝えるほうがよいでしょう。

保育園は自治体補助金や世帯所得から保育料を算出しています。

給与の変動に伴って保育料を設定する階層区分が変動することが考えられるでしょう。

そのため保育料も変更する可能性があるからです。

就労時間が変わった場合

もし転職したことで勤務時間に変動がでた場合、保育園にその旨を伝えておきましょう。

保育時間とは、一般的なフルタイム勤務を想定し「保育標準時間」を最長11時間に設定しています。

もし正社員として転職した場合は、保育標準時間に該当するので延長料金なしで最大11時間の預け入れが可能になります。

パートやアルバイトなどで就労時間が少なくなった場合は、預け入れ時間も短縮されることになるでしょう。

主にパートタイム・アルバイトでの労働を想定すると「保育短時間」になり、最長8時間までの預け入れになります。

また、夜間や延長保育の場合には、追加保育料が必要となります。

転職しても保育園に預けるための注意点

パレットの画像

転職をしてもそのまま同じ保育園に預けられるのが一番の理想です。

そのためには、必要な書類手続きを忘れずに行なうことがポイントとなります。

まずは転職を志すタイミングが重要なカギとなるでしょう。

ここでは転職してもスムーズに保育園に預けることができるための注意点を紹介します。

猶予期間中に転職することを意識しよう

まず根本的なこととして、保育園児を持つ女性が転職をする際は、保育園との関わりがあることを念頭に入れておくことです。

転職活動全てにおいて、早め早めな準備をするようにしましょう。

地方自治体によって差はありますが、退職後の保育園での預け入れ猶予期間が決まっています。

それを過ぎてしまうと、その保育園を離れなくてはなりません。また1から新しい保育園を探すという手間も増えてしまうでしょう。

よほどの事情があるのなら仕方ありませんが、なるべくなら猶予期間の1~3ヶ月内に新天地を決めるように行動することです。

保育園や役所への報告は忘れずに行おう

転職が成功したことを一時的に喜ぶことは自由です。

しかし、うっかりと子供の保育園の手続きを忘れてしまうという事態には陥らないように配慮しましょう。

とにかく転職することで多少の変動があることは、保育園側に一報入れておくことが大切です。

それに伴って保育園側から具体的な指示などをしてくれるでしょう。

保育園からの従って行動するほうが手続きもスムーズに済みます。

ワンポイント
身辺の変動がある場合には保育園へ早めに報告しておくこと

保育園に関するよくある疑問

教室の画像

保育園に通う子供を持つ女性で、転職を境にしながら保育園との付き合い方を改めて考え直すことになるという方もおられるはずです。

書類上の手続きなどの他にも浮上しやすい問題や事柄について、ここではよくある疑問について探っていきましょう。

夫が転職した時も手続きは必要?

もし夫が転職したという場合には保育園や役所への届け出が必要なのでしょうか?

これも基本的に母親が転職するのと同じ手続きをします。

求職中の場合も猶予期間内に就労内定証明書を提出できないと退園になってしまうからです。

また夫が転職活動で一度離職をするのであれば預け時間に注意をすることになるでしょう。

地方自治体によっては、両親のどちらかが求職中の場合には、保育短時間での認定に変更となります。

それに伴った保育園への送迎についても、家族で話し合って決めるようにしましょう。

退園した保育園に再入園はできる?

転職活動での猶予期間内に新しい職場を決められない場合、退園となるので再入園を検討することになります。

その際に再び同じ保育園に再入園ができるかどうかは時の運となってくるでしょう。

現実的には、認可保育園を一度退園すると再入園は難しいといわれてはいます。

どうしても見つからない時には、認可外保育園を探すなどの措置も考えられるでしょう。

ただし園の占有面積の狭さ・遊具などの不備、保育料の高さといった点を考慮しなくてはなりません。

保育園に預けながら転職は難しい?

塀の画像

確かに保育園児を抱えながらの転職活動は、いろいろと面倒な手続きなどが生じるのでリスクに感じるでしょう。

面接に行こうと思っていても、子供の送り迎えがあるなど諸問題を持ったまま職活動を進めることになります。

きっと多くの女性が子育てと転職の板挟みで悩んでいるはずです。

そこで、転職候補となる企業がどのような体制を整えているのかを第一優先に考えてみてください。

女性の働き方を真摯に受け止めている優良企業をなるべく選ぶようにしたいものです。

最近では働き方を見直し、女性が活躍できるフィールドを考えてくれる職場も増えつつあります。

面接を行なえる日程などの調整も、融通を利かせてくれる企業がよいでしょう。

保育園や転職活動に困った時の相談は?

保育園児を持った女性の転職は、マルチタスクを同時に処理しなくてはなりません。そのための必要な情報を確実に得ることが大切です。

保育園児を持つ女性の転職にて、困ったことを相談できる機関はいくつか存在します。

まず基本的には自治体へ確認してみましょう。概ねの認可保育園の制度を管理するのは自治体です。

他にも転職エージェントに相談する方法もあります。

就労証明書の作成などの記入内容の相談も含めて、転職についてのさまざまな質問に答えてくれるはずです。

ワンポイント
困ったことの相談には自治体や転職エージェントでも対応できる

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンの画像

転職活動に伴って、今までの当たり前が変わってしまう可能性が高まります。

とくに女性の転職では家庭の事情も大きく左右することで、さまざまな手続きを強いられるかもしれません。

そのような転職での不安や悩みが生じた場合には、転職エージェントに登録して相談することをおすすめします。

転職に関する専門家アドバイザーが、登録者の転職事情を汲み取って適切な対応をしてくれるはずです。

まとめ

子供の絵の画像

保育園に子供を預けられるから働く時間ができるので助かっている共働き家庭はたくさんあります。

しかし転職をすることになると、保育園との向き合い方を再度見直すことになると思っておくようにしましょう。

預けた保育園から退園にならないようにするには、常に早めな行動を心掛けることです。

転職についての不明点を解消しクリアにしていく必要があります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら