新型コロナウィルスの感染予防対策としてあっという間に普及したテレワーク。

就活においてもオンラインを活用した「Web面接」を導入する企業が増えています。

しかし、オンライン面接と対面の面接ではその‟印象”が異なることをあなたは御存じですか?

つまりいつもの面接メイクでWeb面接に挑めば相手に“マイナスの印象”をも与えるかもしれないのです。

そこでWeb面接で好印象を与えるメイクについてご紹介!

身だしなみのマナーや注意点もチェックして‟オンライン映え”するあなたをアピールしましょう。

Contents

Web面接で好印象を与えるメイクを解説

化粧道具

就活する女性にとってメイクは‟社会人としてのマナー”が問われる重要なポイントです。

リップカラーやチーク1つを変えただけでも相手に与える「印象」は大きく変わってしまうでしょう。

人の印象とはおよそ9割が視覚と聴覚による情報をもとに形成されています。

つまりWeb面接でも対面時と同じように面接官に与える「第一印象」が最も大切なのです。

そのため健康的ではつらつとした印象や清潔感をアピールしたメイクが好印象につながります。

対面の面接と同じメイクでいいの?

面接の様子

ではWeb面接でも対面の面接と同じメイクで良いのでしょうか?

結論からいえばその答えは「NO」です。

普通の面接なら清潔で血色の良く見える“ナチュラルメイク”が好印象の基本メイクになります。

しかし、これまでの基本メイクはあくまで従来の「対面」面接でしか通用しません

なぜならカメラごしに対話する「Web面接」をそもそも想定していないからです。

女性がメイクをする時はデートやビジネスといったシーンに合わせて使い分けていることでしょう。

同じようにWeb面接シーンにも‟最適なメイク”があるのです。

シーンにそぐわないメイクでは、あなたが思う通りの印象を面接官に与えることはできません。

メイクと同じくらい「背景」や「ライト」も意識しよう

上記でもご紹介した通りメイクと同じくらい「面接シーン」にも気を配る必要があります。

大抵のWeb面接では応募者の自宅がその面接シーンとなることでしょう。

あなたの背後に映り込む背景やライトなど具体的に意識してほしいポイントをご紹介します。

どんな背景がベスト?

白い部屋

Web面接シーンではどんな背景がベストなのでしょうか?

証明写真でも取り入れられているように模様のある壁よりも背景は「無地」の方が良いでしょう。

また色は「ホワイト」かそれに近い色がベストです。

清潔感のあるホワイトの背景は顔を明るく美白に見せる効果があります。

メイクの色にも影響しにくく、あなたの与えたい印象をそのまま表現したい時にも有効です。

また家具が密集した背景よりもシンプルな方が好印象になります。

もしカーテンを背景にする場合はきちんと窓をしめて面接の妨げにならない様にしましょう。

ライトは自分を照らすように

電球

スマートフォンの撮影で被写体が太陽を背にした時、その顔は暗く映ってしまいます。

これは光源を背にした時におこる「逆光」現象でWeb面接でも注意して欲しいポイントです。

もし明かりが不十分だとメイクにどんなに力を入れてもあなたの表情がわかりにいでしょう。

当然、面接官にも‟暗い印象やネガティブなイメージ”を与えることになります。

面接シーンには明るい部屋を選ぶと共に必要ならライト(光源)も取り入れましょう。

またその際、ライトは自分を照らすように配置するのがベストです。

ちなみに蛍光灯やライトには「電球色」や「昼白色」など様々な色があります。

あなたを照らすライトはメイクに干渉しにくい白か青い色を選びましょう。

 

ワンポイント
背景は色も家具もシンプルに、ライトは自分の顔を照らすように配置しよう!

Web面接でのメイク術「青か白のライト」の場合

蛍光灯やライトの「昼白色」と「昼光色」は白色よりも青白い光です。

メーカーによって多少異なりますが「白色→昼白色→昼光色」の順で青みは強くなります。

これら青か白のライトはメイクの印象にもあまり影響しないためおすすめです。

青と白のライト下でWeb面接する際のメイク術をご紹介しましょう。

いつもよりしっかりめのメイクを意識しよう

顔に触れる女性

上記でご紹介した面接シーンなら背景も光源もほぼ「白」でまとめることになるでしょう。

清潔で爽やかな印象をあたえるホワイトカラーですが反射も強いという欠点があります。

そのため対面時の基本メイクである「ナチュラルメイク」では印象が弱くなりがちです。

カメラ越しの面接官にはあなたのナチュラルメイクが‟ノーメイク”の様に見えてしまいます。

このためWeb面接でのメイクはいつもより「しっかりめ」のメイクを意識しましょう。

ベースメイクを選ぶポイント

ファンデーション

その仕上がり次第で印象そのものを左右するといわれるのが「ベースメイク」です。

普段のナチュラルメイクなら‟透明感”を最も重視することでしょう。

しかし、ベースメイク選びのポイントは何といっても「自分の肌トーン」に合わせることです。

肌トーンと異なるベースカラーだと白浮きしたり厚塗りメイクに見えてしまいます。

パウダーやリキッドなどタイプは様々ですがあなたの使いやすい物を選ぶと良いでしょう。

またカメラ越しではどうしても平面的な印象になりやすいため注意が必要です。

ファンデーションを少量ずつ調整しながら立体的になるよう意識してメイクをしましょう。

血色感の出るリップやチークは?

並ぶ口紅

背景やライトによってWeb面接では色白で不健康な印象になりがちです。

そのため普通の面接時よりもちょっと濃い色くらいの方が血色も良く健康そうに見えます。

特に唇は緊張による乾燥や体調による変化がはっきりと表れやすいパーツです。

ふっくらとした血色感を出そうと唇全体にグロスをたっぷり塗るのは避けましょう。

ライトアップ効果でテカリが必要以上に強調されてしまいます。

またピンク色のリップやチークは青いライトの下では紫色に見えやすいため注意してください。

 

ワンポイント
Web面接のメイクはいつもより濃いかな?くらいの「しっかりメイク」がベスト。

Web面接でのメイク術「黄色のライト」の場合

自宅のライトが「電球色」と呼ばれる黄色のライトの人もいらっしゃることでしょう。

そんな人のために黄色のライト下でのメイク術もご紹介します。

青と白のライトと同様にしっかりめのメイクをしよう

ウェブカメラ

Web面接のカメラ越しではどうしても平面的な印象を与えやすくなります。

そのため黄色のライトの場合も青と白のライトと同様にしっかりめのメイクをしましょう。

志望する業種によって好まれるメイクはそれぞれ異なりますが「自然」に見せることが重要です。

まつげエクステのように過度なメイクはNGなので気をつけてください。

ベースメイクを選ぶポイント

メイク、化粧

ライトが黄色い場合、白い壁ならライトベージュのような温かみのある色に見えます。

メイクでも同様に全体的に黄味がかった色へと変化したように見えるでしょう。

つまり普段の自分の肌トーンに合わせたベースメイクよりも黄味が強くなりがちです。

肌トーンが低い人や黄味の強い肌の人は「透明感」を感じるベースメイクを心がけましょう。

そのためベースメイクのカラーでは全体のバランスにも気をつけます。

幸い白や青のライト下とは違いハイライト部分が不自然に白浮きする心配はありません。

のっぺりとした印象を避けるため「立体感」を意識した部分的なハイライトを上手に取り入れましょう。

血色感の出るリップやチークは?

チークと花

黄色のライトでは普段のメイクよりも黄味がかった印象の仕上がりになります。

オレンジや黄色のカラーは健康で社交的、そして親しみや温かさを感じる色です。

すでに黄色のライト効果でそれらの印象がプラスされている状態といえます。

そのためリップやチークもオレンジ系のカラーよりもピンク系の方が肌なじみが良く見えるでしょう。

 

ワンポイント
黄色いライトの下ではメイクの透明感と色味など仕上がりに要注意!

その他共通で意識したいこと

Webや対面に関わらず面接時のメイクでは「与える印象」を意識した方が良いでしょう。

そこで面接メイクで共通する意識したいポイントを以下でまとめます。

派手過ぎなメイクやノーメイクはNG

バツをする女性

オンラインのビデオ面接でも従来の対面面接でも「面接」であることを忘れてはいけません。

手段が異なっても面接は企業と転職者のマッチングの場なのです。

これまで同様、企業へ与える印象を第一に考えてWeb面接に挑みましょう。

その際「派手すぎ」なメイクや「ノーメイク」はもちろんNGとなります。

Web面接を意識しすぎると濃い色のメイクになりやすいので注意しましょう。

Tゾーンへのハイライト入れすぎはNG

ハイライトを入れる女性

立体的なメイクを意識しすぎてハイライトを多用するのは避けましょう。

特に額から鼻筋にかけた「Tゾーン」と呼ばれる部分は要注意です。

Tゾーンはただでさえ高い位置にあるパーツのため光が集中します。

そのためハイライトを入れすぎるとTゾーンが浮いたように見え悪目立ちしかねません。

特にWeb面接では自分にスポットライトが当たっている状態なので注意してください

眉は左右対称になるように意識しよう

女性の目元

面接時のメイクではアイメイクや眉メイクなどのポイントメイクを意識しましょう。

特に「眉」は意志の強さや知性をアピールする大切なパーツです。

描き方ひとつで相手に与えるあなたのイメージはガラリと変化します。

そのため眉ははっきりと左右対称になるように意識して丁寧に仕上げましょう。

より自然に仕上げるには眉頭にはパウダータイプを、その他はペンシルタイプで描いてください。

web面接の注意点

Web面接で最適なメイクがわかったら身だしなみやマナーもチェックしましょう。

Web面接シーンだからこそ気をつけて欲しい「注意点」を説明します。

前髪で影を作らないようにしよう

鏡の前の女性

Web面接で意外と盲点になるのが「前髪」です。

通常の面接でも「額を見せる」など前髪に関わる注意点があるのはご存じでしょう。

この前髪がライトの位置によっては顔に影を落としてしまうのです。

特にコテやアイロンなどで前髪をカールさせている人は注意してください。

事前に光源の位置やどのように影ができるのかチェックしておくと良いでしょう。

背景の映り込みには注意

散らかった部屋

またWeb面接の失敗談で最も多いのが不要な物の‟背景の映り込み”でしょう。

自宅ということでつい油断しがちですが、あなたの「背景」も面接官はしっかりと見ているのです。

面接会場となるスペースを奇麗に片付けて見られても恥ずかしくない面接シーンを作りましょう。

もし、PCや家具の移動が難しい時は白っぽい無地の布で仕切るのも効果的です。

 

ワンポイント
Web面接前にセッティングして影や余分な映り込みがないかチェックしよう!

好印象を与えるメイク術をチェックしてweb面接に臨もう

鏡を見る女性
Web面接では通常の面接と違って面接シーンのセッティングも大切です。

光の当たり具合や後ろに垣間見える背景までもがあなたの「印象」を左右します。

逆に上記のポイントを押さえればメイクであなたの魅力を最大限に発揮することも可能なのです。

面接官に好印象を与えるため、あなたの肌や顔立ちに適したメイク術を身につけましょう。

また職種によって企業から「求められる人材」が異なる点も注意してください。

たとえば接客業や営業職なら対人スキルが高く、人当たりの良さそうな人が求められます。

そのため女性らしい優しさや親しみやすいイメージのメイクの方が好印象になるのです。

このように志望企業が求める人材像を把握すれば、面接官への「好印象」も与えやすくなります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性エージェント
新しい面接法であるWeb面接はさまざまな情報で溢れています。

どれが正しくてどれがNGかは、実際に経験した人にしかわからないこともあるでしょう。

しかし「転職エージェント」はこの道のエキスパートです。

転職に関わるあらゆる情報も常に「最新」のものを取り入れ転職者の悩みを解決していきます。

Web面接の不安や疑問をはじめ‟企業が求める人材”についても適切にアドバイスしてくれるでしょう。

まとめ

ノートPCのある机

企業と転職者、それぞれが「自分に合う人」を求めて行われる面接。

このマッチングの場はあなたの‟新しいスタート”になるかもしれない大切なシーンです。

オンライン映えするメイク術と身だしなみでWeb面接でも面接官に好印象を与えましょう。

そして、あなたが希望する企業に就職することを心より祈っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら