OA事務は事務職に分類される職種の1つで、一般事務などとは違い専門性のある事務職となっています。

細分化されている事務職の中でOA事務を選んで転職活動を行おうと考えている方のために今回は志望動機の書き方を解説していきましょう。

この職種でアピールすると良いスキルや能力についても解説していきます。

志望動機の例文もご紹介していくので是非参考にしていただければ嬉しいです。

OA事務の志望動機の書き方を解説

コピー機、プリンターを操作する女性

OA事務というのはオフィスでパソコンやコピー機などを使用して主な業務を行う事務職です。

これらの機器のことをOA(オフィスオートメーション)と呼ぶため、OA事務という名前が付いています。

一般事務などのように様々な仕事をこなす事務職より、更に専門的にOA機器を使用した業務に特化したのがOA事務であるといえるでしょう。

次からはOA事務の志望動機に関する、具体的な書き方のポイントや例文をご紹介していきます。

是非転職活動の参考にしていただければと思います。

OA事務の志望動機の書き方のポイント

笑顔の女性

OA事務の志望動機を書く際は、まずその職種をなぜ志望しているのかを明確にするというのがポイントです。

何故OA事務として働きたいのかを言葉にする必要があるので、そのためには入念に自己分析する必要があります。

自分の志望動機を明確にするために今までの経験や習得したスキルを振り返りましょう。

また、志望動機においてもう1つ大切なポイントが、何故志望先の会社がそこでなければダメなのかを明確にすることです。

「同業他社でも良いのではないか」という風に思われるリスクを減らし、入社への熱意を同時に示すことが重要となります。

また志望動機では給与や待遇について触れるのは避けましょう。

そうした条件で選ぶということは同程度の給与であれば他企業でも良いのではないかと思われてしまいます。

給与や待遇に触れることなく、OA事務として働きたい理由を明確にするようにしましょう。

OA事務の志望動機例文5選

説明する女性

次は具体的にOA事務の志望動機の例文を解説していきます。

以下のような例文を参考にして、自分の強みが伝わりやすい志望動機を考えましょう。

社員をサポートしたい

私は自身のパソコンスキルを生かすことで社内の人々のために業務をサポートしていきたいと考えております。

貴社のサービスは多くの企業に必要とされているものです。

貴社では多くの優秀な方々が働かれていると思いますが、私もその業務をOA事務としてお手伝いできればと考えております。

パソコンスキルだけでなく前職で培ったコミュニケーション能力・問題解決能力を活かしながら貴社の成長を支えられる人間になりたいです。

OA関連のスキルがある

私は以前からオフィスワークでのスキル向上のために様々な資格を取得してきました。

現在WordやExcelの技術を向上するべく、現在スクールにも通っております。

転職を考えた際、更にスキルの向上が可能である貴社に入社したいと考えました。

データ入力だけでなくデータ分析なども行えるということで専門知識を更に深めることで貴社に貢献できる人材になりたいと考えております。

仕事の効率化に貢献したい

パソコン作業をする女性

私は仕事の効率化を図ることで貴社の社員の方々に貢献したいと考えております。

前職でもどのようにすれば効率的に仕事を行えるかということを考え、社内の環境改善に注力してきました。

その結果、業績の向上に貢献できたと考えております。

貴社の製品を愛用している私であれば、自身のそうした効率化できるスキルを活かして更に多くの人に製品をお届けできると考えております。

貴社の働きやすい環境作りと仕事の効率化に貢献したいです。

事務職の経験がある

私は前職では一般事務として仕事をしておりました。

そのため事務職としての経験があり、データの集計・資料作成・文書管理などの業務を行ってきました。

事務職に対してやりがいを感じていますが、更に専門的な仕事を行っていきたいと考え、今回貴社の求人に応募した次第です。

OAスキルに関してはこれから更に専門的な知識を身に付けてスキルアップも目指していきたいと考えております。

チームワークを大切に、貴社の成長に陰ながら貢献できるような存在になりたいです。

事務職に向いている性格である

私が貴社の事務職に応募したのは、自分の慎重で正確に物事を進めるという性格が向いていると考えたためです。

また、同時に周囲とのコミュニケーション能力にも自信があります。

チームで働くということに喜びを感じる性格であり、貴社での仕事でも事務職として陰から社員の皆様の支援ができればと考えております。

 

ワンポイント
例文を書く際はアピールしたい部分を1つに絞ることで伝わりやすい志望動機にすることができます。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

志望動機NG例

面接の風景

私が貴社を志望したのは他企業よりも待遇が良く、給与や福利厚生面で惹かれたためです。

自分の仕事に対してのモチベーションを保つためには私は給与や福利厚生に重きを置いて企業選びを行なっております。

そのため貴社では仕事にやりがいを感じながら業務を行えると考えております。

自身のコミュニケーション能力やサポート能力を生かして、貴社の業務に貢献したいです。

パターン別志望動機

悩む女性

次はパターン別の志望動機を解説していきます。

以下のような点をアピールする際にはどのように志望動機をアピールすれば良いのでしょうか。

そのパターン別に方法をご紹介していきます。

パソコンスキルをアピールする場合

OA事務ではパソコンやコピー機を扱うスキルがとても重要視されます。

Word・Excel、メールソフトを扱う能力はOA事務として必須といえるでしょう。

もしパソコンスキルを志望動機でアピールしたければこれらに関連する資格を取得すると1番手っ取り早くアピールすることができます。

MOS資格を取得したり、Excelの関数を深く理解したりしていることをアピールすると良いでしょう。

業務内容によって必要となるソフトも異なるため、そうした企業ごとの違いにも気をつけながら志望動機を考えると上手くアピールできます。

人柄をアピールする場合

説明する人

自身の人柄をアピールポイントにする場合はその性格にフォーカスすると良いでしょう。

例えば自身が丁寧に仕事を行える性格だとアピールすることで事務職に対しての適性を感じてもらうことができます。

丁寧な性格であるというところから、自身の仕事の速さ・業務の正確さに繋げていくと良いでしょう。

多くの企業が応募者のスキルや能力だけでなく人柄や価値観も重視しています。

自身の内面をアピールすることで更に良い印象を与えられるかもしれません。

コミュニケーション能力をアピールする場合

事務職というのはパソコンスキルや文書に関する能力ばかりが重視されると思ってしまいがちですがコミュニケーション能力も大切です。

事務は他の人々の業務のサポートを行うのが主な仕事となるため、周囲の人々の要望に応える必要があります。

周囲が何を求めているのか、何をすれば業務の効率化に繋がるのかを考えるためには周囲とのコミュニケーションが大切です。

そのため志望動機としてコミュニケーション能力をアピールするのも良いでしょう。

 

ワンポイント
・パソコンスキルをアピールするには資格の取得が最適
・人柄をアピールする際は仕事への丁寧さに言及すると良い
・コミュニケーション能力は事務職では重要視される

一般事務との違いを解説

ファイルを持つ若い女性

一般事務の業務の中にはOA事務が担当する業務が含まれている場合があるため明確な違いがあるわけではありません。

しかしながら一般事務の方がデータ入力、電話応対、アシスタント業務など業務内容が多岐にわたるのが特徴です。

それに対してOA事務はOA(オフィスオートメーション)に特化した職種となっています。

そのためOA事務ではパソコンで行う業務が主な仕事となるでしょう。

一般事務よりも専門的な仕事が多くなります。

パソコンに対しての専門的なスキルが更に必要とされるのがOA事務であるといえるでしょう。

 

ワンポイント
一般事務よりもパソコン業務に特化したのがOA事務です。

OA事務に求められる適性は?

女性、仕事

次はOA事務に求められる適性について解説していきます。

OA事務として多くの会社から求められる人材になるために、必要となる適性を身に付けておきましょう。

スキル・経験・性格の3つの観点から説明します。

スキル

OA事務として働く際にはパソコンスキルやコミュニケーションスキルだけでなく、スケジュール管理能力問題解決能力も必要とされます。

効率的に業務を行っていくためには、様々な仕事をどうやってさばくかを考えて自分でスケジュールを管理することが大切です。

また、問題解決能力は他の社員の業務をサポートする際にどうすればより良い形で解決できるかを考えるために必要となります。

OA事務として働く際はテクニカルスキルだけでなく、ヒューマンスキルも大変重要視されるのです。

こうしたスキルがあれば事務職に対してスキル面での適性があると考えられるでしょう。

経験

面接

OA事務としての志望動機を考える際、以前も事務職で働いていた方は適性という面では大変有利になります。

事務職としてこれまでどのような仕事を担当してきたのか、またどんな専門知識を有しているのかをアピールしましょう。

また、それだけでなく仕事に対しての姿勢や価値観も重要視されます。

事務職として働いていなかった方も、OA事務の業務に役立ちそうな経験をアピールしましょう。

チームで働いた経験や周囲をサポートした経験を強くアピールすることで適性があると判断してもらえるに違いありません。

性格

仕事をコツコツと行えたり丁寧に行えたりすることをアピールすれば性格上、事務職に適性があると考えてもらえるでしょう。

単純作業が多くなるため集中力を切らさずにミスなく仕事を行えることが重要になります。

事務職として活躍していくためにはこうした性格でなければ、仕事を続けていくことは難しいかもしれません。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

志望動機を作成する際のポイント

考え事

志望動機を作成する際には企業に好印象を与えるために守ると良いポイントがあります。

以下のようなポイントに気をつけて作成することによって書類選考に通りやすくなることでしょう。

自分の強みを伝えるためにも以下のことに対して注意すると良いでしょう。

OA事務になりたい理由を明確にする

OA事務になりたい理由を明確にすることで企業から自社で事務職として働いて欲しいと思ってもらうことができるでしょう。

なりたい理由といっても、給与や福利厚生について言及するのではありません。

何故OA事務でないといけないのかという点を考えることで、なりたい理由に繋がっていきます。

自分のこれまでの仕事に対しての取り組み方や価値観を振り返ることでOA事務になりたい理由も明確になることでしょう。

応募する企業の情報を集める

応募する企業の研究を行うことは転職活動を成功させる上で大変重要です。

企業のホームページに掲載されている情報は知っているものとして選考が進んでいきます。

企業についての理解することは、何故その企業に入りたいのかということにも直接的に関係する部分です。

応募企業の情報を集めることでその会社で具体的にどのように貢献できるのかも考えられます。

入念な情報集めを心がけましょう。

転職エージェントを活用する

転職活動のプロである転職エージェントを活用すれば、どうすれば効果的に転職活動を行っていけるかが分かります。

もし転職活動に関して不安を抱えている場合には転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

自分だけでなく他の人の的確な意見を聞くことができるため大変役立つことでしょう。

 

ワンポイント
・OA事務でないといけない理由を伝える
・企業研究は入念に行う
・転職エージェントを活用することで効率的に転職活動を行える

志望動機の書き方で迷ったらエージェントに相談しよう

電話をかける女性

志望動機の書き方で迷ったら転職エージェントに相談してみましょう。

先述したように転職エージェントはプロの観点からあなたの転職活動をサポートしてくれます。

志望動機というのは書類選考で企業が特に重要視するポイントです。

もしこの部分で適切にアピールできなければ選考で落ちてしまうことも考えられます。

安心して転職活動を行っていきたいのであれば、転職エージェントの意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ビジネスウーマン

今回はOA事務として転職活動を行っていく際の志望動機の書き方について解説してきました。

今回ご紹介した志望動機の例文や作成する際のポイントなどを参考にして、転職活動に役立てていただければと思います。

また、もし転職活動に不安を抱えているのであれば、転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

エージェントは限られた時間で効率的に転職活動を行っていく上で、とても有意義な意見をもらうことができるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら