退職するときの挨拶は、おこなうことをおすすめします。

マナー違反というわけではありませんが、一般的に「退職挨拶はするもの」と思われているためです。

今までは特に問題なかったのに「挨拶がなかったから退職したことに気づかなかった」と思われてしまっては、お互い良い気持ちにはなりません。

円満退職するためのポイントと感謝を伝える方法を紹介します。

Contents

退職挨拶で簡単に感謝を伝える方法

同僚

退職する際の挨拶にはどのような意味があるか知っていますか?退職時の挨拶には「感謝の気持ち」と「お詫び」の意味が含まれています。

感謝は、今までお世話になったことへの気持ち。

お詫びは、自分が辞めることで多少なりとも迷惑をかけてしまうことに対してのお詫びです。

退職理由によっては、挨拶をしたくない人もいるかもしれません。

無理をしてまで挨拶をする必要はありませんが、日本では退職時に挨拶をすることはマナーだとされています。

気持ちよく退職するためにも、退職の挨拶はしておいたほうが良いでしょう。

退職の挨拶をする方法は、全部で3つあります。1つ目は社員に直接挨拶、2つ目はメール、3つ目は手紙を書くことです。

本項ではメジャーな方法である、社員に直接挨拶をすることとメールを送ることについて紹介します。

退職挨拶のルールやマナー

握手をする

退職挨拶について明確なルールやマナーはありません。ただ、一般的には外せないポイントをお伝えします。

退職直前はなにかとバタバタしてしまうため、事前に確認しておくと良いでしょう。

退職日を伝えよう

退職挨拶をする上で最も欠かしてはいけないのが退職日です。気づいたら退職していた、ということにならないようにしっかりと伝えましょう。

退職当日の挨拶であれば「本日付け」、事前の挨拶であれば「XX日付け」と伝えれば問題ありません。

退職日がしっかり伝わっていないと「○○さんに聞きたいことがあったのに退職してしまった」という事態になる恐れがあります。

残された人たちに迷惑をかけないためにも、退職日は忘れずに伝えてください。

丁寧にゆっくり話すように意識しよう

叫び

大勢の人の前でスピーチをすることに慣れていない人は特に、緊張すると早口になりがちです。早口では伝えたいことも上手く伝わりません

そのような人は、深呼吸をして落ち着いてから退職の挨拶へ入りましょう。

いつもよりゆっくり話すことを意識すると、緊張も和らいで自分の思いをしっかり伝えられます。

全体を見渡すように視線を配ろう

冒頭でお伝えしたように退職挨拶は「感謝の気持ち」を伝える最後の場です。

退職理由が前向きな理由ではなかった人も、入社してから今まででお世話になった人が1人はいるはず。

その人たちに感謝の気持ちをしっかり届けるためにも、下を向かずに社員のほうを向いてしっかり話しましょう。

しかし、お世話になった人ばかり見ていてはいけません。全員にしっかりと届くように全体を見回すようにするのがポイントです。

「感謝」の気持ちを持って挨拶しよう

何度もお伝えしますが、退職挨拶は感謝の気持ちを伝える場です。退職の報告をするだけの場だと勘違いしないようにしてください。

口先だけの感謝の言葉は、意外と他人には伝わってしまいます

しっかりと感謝の気持ちを持って退職挨拶に挑みましょう。

感謝が伝わる退職挨拶のポイント

花

心の中では感謝でいっぱいだったとしても、相手に伝わらなければ意味がありません。

ただ、少し工夫すれば感謝の気持ちがグッと伝わりやすくなります。自分の思いを上手く言葉にできない人は参考にしてください。

新人時代のエピソードを語る

入社したての頃は、多くの人にお世話になったのではないでしょうか。

いち早く仕事に慣れるために奮闘し、失敗や苦悩もたくさんあったでしょう。

そのときのエピソードは、自分にとって思い出深いだけでなく、それを見ていた人の心にも強く残っているはずです。

失敗したことや苦労したことを交えながら、新人時代のエピソードを語ると、相手と気持ちを共有できるためおすすめ。

会社で学んだことを具体的に話す

ファイルを持つ女性

少なくとも1つは、仕事内容や上司、同僚から学んだことがあるでしょう。

その内容を具体的に話すことは、自分にとっても残された社員にとってもメリットがあるためおすすめです。

自分がいる環境下で当然のように学べることには、意外と気づきづらいもの。

それを言語化することで意識するようになり、より伸ばすことができるでしょう。

ワンポイント
退職挨拶は感謝を伝える場なので、具体的なエピソードがあると良いです。
ただし、内輪な内容になると分からない人がでてきてしまうので注意しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

退職挨拶をする時の注意点

女性、指し棒

退職挨拶をする際に、やってしまいがちなことが3つあります。

なるべくやらないほうが良しとされているため、覚えておきたいポイントです。

退職理由の詳細を話す

退職理由は人によってさまざまですが、どんな理由であっても「一身上の都合」で問題ありません。

この理由は、転職する場合や寿退職や病気が理由などで転職しない場合のどちらにも使えます。

転職する企業名は退職挨拶では伏せるようにし、必要があれば個別に伝えるようにしてください。

会社の批判や愚痴は言わない

悩む女性

退職する全員が前向きな退職理由ではないはずです。

ネガティブな理由で退職したとしても、退職挨拶で会社の批判や愚痴をいってはいけません。他の社員は、これからもその会社で働き続けます。

自分の会社に対する批判や愚痴は聞いていて楽しいものではありません。

批判や愚痴は仲間内だけのものにして、立つ鳥跡を濁さぬよう、気持ち良い挨拶を心がけましょう。

長くなりすぎないように意識しよう

新人時代のエピソードや今までの思い出など、伝えたいことがたくさんある人も多いでしょう。

自分は最終日だとしても、他の社員は通常勤務です。

長くなりすぎると社員の業務に支障をきたすため、3分以内におさめるようにしてください。

特にエピソードに浸りすぎると、話が長くなりがちなので簡潔にまとまるよう準備しておくことをおすすめします。

感謝が伝わる退職挨拶の例文をチェック

スピーチ

本日付けで退職することとなりました。右も左も分からぬ私に1から優しくご指導いただき、大変感謝をしています。

ちょうど3年前に担当していたXXの案件では、なかなか受注が取れずに四苦八苦していた私に、多くの方がアドバイスをしてくれました。

この経験から私自身が成長できたと同時に、人の仕事でも親身になって考えてくれる人がいることへの心強さを感じたことを覚えています。

この会社で学んだことを大切にこれからも頑張ります。今までどうもありがとうございました。

ワンポイント
当時の状況をしらない人でも、状況が目に浮かぶようなエピソードです。
会社の良いところを人だと述べている点も社員のやる気・誇りにつながることでしょう。

挨拶回りのポイントは

指差し

直接会って挨拶する場合は、下記のポイントを参考にしてください。意外と悩んでしまうポイントではないでしょうか。

この限りではないため、時と場合によって臨機応変に変えてください。

挨拶回りの順番は?

役職が上の人から挨拶するのが基本です。つまり、最初は所属部署の長、次は直属の上司、そして同僚の順番で回ります。

しかし順番ばかりにとらわれてしまうと、挨拶したい人にできなかった、ということになりかねません。

仕事のスケジュールはちゃんと確認して、挨拶したい人には確実に挨拶をしましょう。

また、複数の部署に挨拶をおこなう場合は、他部署から挨拶をおこない、所属している部署は1番最後におこないます。

なぜなら、所属部署の人たちとは積もる話で盛り上がってしまい、他部署に挨拶ができない事態を防ぐためです。

挨拶したい人全員にできるよう、時間配分はしっかりおこないましょう。

ちなみに、社長への挨拶は会社の規模によって挨拶が必要な場合と不要の場合があります。

中小企業などで社長との距離が近かった人は挨拶すべきですし、大企業で社長とあまり交流がなかった場合は不要です。

挨拶回りのタイミング

ほかの社員は、いつも通り働いています。そのため、業務の邪魔にならないタイミングを狙うことが大切です。

午前中はメールのチェックなどで忙しい場合が多いため、午後がおすすめ。特に午後イチであれば、昼休憩が終わり一段落している人が多く、邪魔になる可能性も低いといえます。

午後でも定時前はおすすめしません。急いで帰りたい人の足止めをしてしまう可能性が高いためです。

ほかの社員のスケジュールが確認できる場合は、確認して挨拶するタイミングを決めるようにしましょう。

ワンポイント
目的は挨拶をすることだということを忘れずに、ルールに縛られすぎないようにしましょう。

退職挨拶をメールで送る時のマナー

パソコンする女性

時短勤務やテレワークなどが普及したことにより、お世話になった人が出社していない場合もあります。

直接挨拶ができないからといってそのまま退職せず、メールで挨拶をおこないましょう。

メールでの挨拶はマナー違反ではありませんが、送るタイミングや内容には気を付けるようにしてください。

社内宛に送る場合

お世話になった人や直属の上司には、個別でメールを送ると丁寧で良いとされています。

ですが、ほかの社員には一斉送信で問題ありません。その場合はメールの宛先は自分宛とし、社員のアドレスはBCCにいれます。

宛名は「各位」と入れ、本文に入りましょう。直接挨拶をする場合とルールや注意点は同様です。

退職理由の書き方や、記載したほうが良い内容について、参考にしてください。送るタイミングは、最終出社日の夕方が一般的です。

くれぐれも退職することが公になっていない段階でメールを送らないように注意してください。

社外宛に送る場合

社内宛のメールは「退職挨拶」というのに対して、社外宛のメールは「退職報告」がメインです。

そのため、退職日や後任者などについて簡潔に記載し、エピソードなどは必要ありません。

社外の人は会社同士の付き合いのため、私用の連絡先は記載しないのがマナーです。

退職メールを送るタイミングは、引き継ぎがしっかり終われるように、2~3週間前には送るようにしましょう。

後任者の紹介がしっかりおこなわれないまま退職することは、会社の信用問題にも関わってくる恐れがあります。

社外宛に送る場合も社内宛と同様に、宛先はBCCで送信してください。

TOやCCで送ると取引先の情報が流出し、場合によっては機密保持契約違反となりかねません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

気分良く退職日を迎えるために退職挨拶のポイントを押さえておこう

スーツ、女性

退職挨拶の大切なポイントは、退職理由は「一身上の都合」にする、退職日と感謝の気持ちを伝える、の3つです。

話す内容が決まっていないと、ダラダラと話をしてしまいがちなので、できれば前日までに話す内容を考えておくことがおすすめです。

また、マストではありませんが、退職の挨拶をする際にお菓子を配る人が多い傾向にあります。配るか悩んでいる人は、配っておいたほうが無難です。

お菓子の予算は全体で2,000円~5,000円程度。1人あたり100円~200円が相場とされています。

配られた後にすぐ食べられない人もいるため、日持ちがするもので個包装になっているものが好ましいです。

お菓子が最もメジャーではありますが、社員の人数や年齢層によっては、ほかのものでも問題ありません。

例えば入浴剤やタオル、石鹸などの日用品も喜ばれる傾向にあります。気持ちを表す手段なので、良いと思ったものを選ぶことが1番です。

ワンポイント
挨拶のときにお菓子などを配る必要はありません。大切なのは感謝の気持ちです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職をするにあたり困ったことはありませんか?退職の挨拶についての質問でも構いません。

転職に関するあらゆる質問を、転職エージェントがお答えします。模擬面接や非公開求人の紹介など、気になる人はご相談ください。

まとめ

ビジネスウーマン

退職挨拶の方法と注意すべきポイントについて紹介しました。退職の挨拶は、感謝の気持ちを述べる場です。

ネガティブな理由での退職だったとしても、最後くらいは気持ち良く終わらせたいもの。誠意をもって挨拶をするように心がけましょう。

もう2度と会うことがないから、とぞんざいになりがちですが、転職先が同じ業界や近しい業界の場合は、どこかで会う人がいるかもしれません。

この先も気持ちの良い関係でいられるように、最後まで丁寧な対応をおこないましょう。

多くの人の前で挨拶する機会はなかなかなく、緊張したり憂鬱になることがあるはずです。

ですが、感謝を伝えられる最後のチャンス。悔いの残らないような挨拶ができることを願っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら