コールセンターの仕事は女性の転職先として大人気な職種です。

働く時間に融通が利いたり、自由な服装で勤務できたりすることが人気の理由として挙げられます。

今回の記事では、そんなコールセンターの面接でよく聞かれる質問を詳しく解説します。

面接官がチェックしているポイントは何なのかを確認して、実際の面接に活かしましょう。
女性向けの質問の回答例や、逆質問の機会を与えられた場合の模範的な質問例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

コールセンターの面接でよく聞かれる質問を解説

面接

コールセンターの面接でよく聞かれる質問にはどのようなものがあるでしょうか?ここでは3つ紹介します。

1つ目は志望動機です。コミュニケーション能力に自信がある、接客が好きなど、前向きな回答を準備しておきましょう。

2つ目はシフトの希望です。コールセンターの多くはシフト制。1日何時間、週何日働ける、のような具体的な回答が喜ばれます。

3つ目は職歴です。これまでどのような仕事をして来たか問われます。なぜ辞めたかに触れる場合もあるので注意しましょう。

 

ワンポイント
志望動機、シフトの希望、職歴の3つをすぐ答えられるよう準備しよう。

コールセンターの主な仕事内容

コールセンター、紹介

コールセンターの仕事は、インバウンドアウトバウンドの2種類に大別されます。

インバウンドはお客様からかかって来た電話に対して受け答えをする業務のことです。

製品に関する問い合わせやサービスへの申し込み、質問や意見など、お客様からの多種多様な質問に対応します。

対するアウトバウンドは、こちらから進んでお客様に電話をかける業務です。

テレアポともいわれ、自社製品の売り込みやサービスの案内などを行います。

どちらもお客様にとっては窓口的な役割を担うため、常に丁寧な言葉遣いや態度が求められる職種です。

転職してコールセンターで働こうと思うなら、自分がどんな業務に向いているのかをあらかじめ確認しておきましょう。

面接官がチェックしているポイントは?

電話を介してお客様と直にやり取りをするコールセンターの仕事では、担当者の受け答えや態度が会社の評価に直結します。

そのため面接官は自社の窓口として相応しい人物かどうか様々なポイントをチェックしているのです。

では実際に、コールセンターの面接で面接官は応募者のどのような部分を注意して見ているのでしょうか?
この項目では主なチェックポイントを3つに絞り、それぞれについて詳しく解説します。

服装や身だしなみ

ポイント

コールセンターの面接で面接官がチェックするポイントの1つ目は、服装や身だしなみです。

社会人として相応しい清潔感のある服装かどうか、また髪型や髪色、メイクなどに非常識な点がないかを見ています。

コールセンターの中には、比較的自由な服装で業務に取り組める会社も少なくありません。

しかし、だからといって面接にまでラフな格好で行くのは厳禁です。

TPOに適した服装を心がけることは、社会人として身につけておくべきビジネスマナーの1つでもあります。

他の業種の面接を受ける時と同じように、分別ある姿で臨むようにしましょう。

雰囲気や態度

コールセンター

コールセンターの面接で面接官がチェックするポイントの2つ目は、雰囲気や態度です。

コールセンターの従業員は会社の代表としてお客様と直に対話することになります。

その代表が、相手とのやり取りに支障をきたすような刺々しい雰囲気を醸していて良いはずはありません。

特にコールセンターでは表情の見えない電話でのやり取りとなるため、話し方の雰囲気は印象を大きく左右します。

態度の悪さは口調や話す内容にも自ずと表れるもののため、面接の時点で態度の良くない人にお客様と接する仕事は任せられません。

面接の段階から穏やかな雰囲気と穏便な態度を心がけ、安心して仕事を任せられる人物だと感じてもらえるようにしましょう。

発音や会話

ミーティングをする女性

コールセンターの面接で面接官がチェックするポイントの3つ目は、発音や会話です。

滑舌よく話しているか、早口すぎたりしないかなど、面接官は会話しながら応募者の喋り方の癖を確認しています。

電話を通しての会話は対面で話す時よりもはっきりと、適切な音量で話すことが大切です。

滑舌が悪いと電話越しでは聞き取りができず、クレームにもつながりかねません。

聞き取れないほど小さな声や、逆に場違いに大きな声といった、相手への思い遣りに欠ける話し方も歓迎されないでしょう。

また、ひどくネガティブな考え方だったり、批判的な意見ばかりいいがちだったりする場合も敬遠される可能性があります。

 

ワンポイント
身だしなみや受け答えの仕方など面接の基本をおさらいしておこう。

コールセンターに向いている女性は?

コールセンターでの仕事に向いているのはどのような女性なのでしょうか?

仕事には向き不向きがあるもの。業務の特色を掴んでから応募しなければまたすぐ転職活動をすることになりかねません。

ここではコールセンターでの仕事に向いている人の特徴を2つ紹介します。

コミュニケーションスキルがある人

ガッツポーズ

コールセンターで仕事をするのに向いている女性の特徴の1つ目は、コミュニケーションスキルがある人です。

お客様との対話がメインの仕事なだけに、会話で相手と信頼関係を築くことに長けた女性が向いています。

コールセンターは相手が何を伝えたいのかを探り、相手の要望を引き出すことが求められる職種です。

話し上手は聞き上手ともいいます。

話すばかりではなく、相手の話を聞きながら相手の求めていることを引き出せるよう会話を誘導できる人が向いているといえるでしょう。

また、コールセンターの仕事では様々なお客様の相手をします。
その中には厳しい意見やきつい言葉をぶつけてくる人も少なくありません。

そうした場面に遭遇してもいつまでも引きずらず、すぐに気持ちを入れ替えて次にのぞむことができる人も向いているといえます。

素直な性格の人

OK

コールセンターで仕事をするのに向いている女性の特徴の2つ目は、素直な性格の人です。

コールセンターで仕事をする場合、多くはまず研修から入り、細かなルールや会話のマナーなどを学習します。

会社で扱う商品やサービスについて最初に学ぶのもこの研修の段階です。

その間に指導担当者からたくさんの指示を受けることでしょう。

それらの指示を素直に受け入れ、職場のルールや雰囲気にすんなり馴染むことができる人が歓迎されます。

また、コールセンターの仕事には基本的にマニュアルがあり、そのマニュアルに沿った正しい仕事の仕方をしなければなりません。

用意されたマニュアルから逸脱することなくスムーズに仕事を進めることができる人は、コールセンターの仕事に向いています。

コールセンターの志望動機の答え方は?

コールセンターの仕事の面接で面接官から志望動機を尋ねられた場合、どのような答え方をするのが理想的でしょうか?

先述した通り、コールセンターの業務は大きくインバウンドとアウトバウンドの2つに分けられます。

業務内容についてあらかじめよく調べておいて、相応しい答え方をするのがベストでしょう。

ここでは、インバウンドとアウトバウンドそれぞれの場合の理想的な志望動機の答え方を解説します。

「インバウンド」の志望動機

ポイント

インバウンドは受動的な傾向を持つ業務です。お客様の電話やメールなどを受信してから仕事が始まります。

お客様が電話をする目的は、会社が提供するサービスを希望していたり、販売している商品について質問があったりと多種多様です。

そのためインバウンドがメインとなる仕事の面接では、問題解決に積極的に取り組みたいという姿勢が歓迎されます。

お客様が抱える問題や希望と誠実に向き合い、それを解決していくことに喜びを感じる、という姿勢を示しましょう。

そのようなスタンスを示すことで、面接官から好印象を抱かれることでしょう。
また、課題解決のためにはお客様の要望を正確に聞き出す必要があります。

そのため、コミュニケーション能力をアピールすることで業務への適性を示しましょう。

「アウトバウンド」の志望動機

パソコンの前で電話を持つ女性

アウトバウンドの業務は、自社の提供するサービスや販売する商品をお客様に売り込むことがメインの能動的な仕事です。

そのため、高い積極性が求められます。

アウトバウンドがメインとなる仕事の面接では、自発的に動いて仕事を獲得しようという意識が歓迎されるでしょう。

自社の商品やサービスの魅力を深く理解し、それを積極的に売り込んでいくことへの熱意や意欲を示すことが大切です。

志望動機にそうした姿勢を盛り込めば、面接官に対する強いアピールとなるでしょう。

 

ワンポイント
インバウンドとアウトバウンドそれぞれに適した回答をしよう。

コールセンターの質問でよく聞かれる質問と回答例

コールセンターの採用面接の際、面接官からよく聞かれる質問にはどのようなものがあるでしょうか。

志望動機など他の職種でも尋ねられやすい事柄のほかに、コールセンターならではの質問が予想されます。

ありふれた質問のようでいながら、実はコールセンターらしい意図があっての質問だった、という場合もあるでしょう。

この項目では、そんなコールセンターの面接でよく聞かれる質問とその回答例を4つ紹介します。

「過去の職務経歴を教えてください」

面接の風景

コールセンターの面接でよく聞かれる質問の1つ目は「過去の職務経歴を教えてください」というものです。

面接官は、どのような仕事をどれくらいの期間してきたのかを確認してきます。

前職が接客業など人と接するものだったなら、今後に活かせる対人スキルを身に付けたことなどがアピールできるでしょう。

コンビニのバイトを2年、一般事務を3年経験して接客や電話対応の基礎を学びました、などが回答例として挙げられます。

また、もしもブランクがある場合はその理由を質問されることもあるでしょう。

その場合には理由を分かりやすく説明できるかどうかをみられています。

「あなたの長所と短所はなんですか?」

コールセンターの面接でよく聞かれる質問の2つ目は「あなたの長所と短所はなんですか?」というものです。

自分自身を客観的に見ているかどうか、またそれらを相手に説明する力があるかどうかを確かめる質問だといえるでしょう。

また、業務内容や企業の社風にマッチしているかどうかもチェックされています。

長所や短所が業務内容とミスマッチを起こしていれば、仕事が長続きしなかったり、トラブルの原因になったりもありえるでしょう。

回答例としては、初対面の人とでも落ち着いて話せることが長所、慎重すぎて優柔不断になりがちな点が短所です、などが挙げられます。

短所については克服しようと努力していることもあわせて伝えることで前向きな印象を与えることができるでしょう。

「通勤の経路と時間を教えてください」

コールセンターの面接でよく聞かれる質問の3つ目は「通勤の経路と時間を教えてください」というものです。

この質問は応募者が無理なく通勤できるかを確認するために質問します。

社員の通勤経路を把握しておくことは会社にとっても福利厚生に関わる場合もある大切な事柄です。

もしも事故などあった場合は労災の適用にも関わるため、通勤経路やその手段などは事前に会社側としっかり話をしておく必要があります。

たとえ初めて行く場所でもすんなり経路と時間を答えられるよう、きちんと準備しておきましょう。

○○線と○○バスを乗り継いで片道○時間程度です、などの回答が例として挙げられます。

「いつから勤務できますか?」

コールセンターの面接でよく聞かれる質問の4つ目は「いつから勤務できますか?」というものです。

求人は急募であることもよくあり、できれば今日からでも働いてもらいたいと考えている企業さえあるでしょう。

○月○日から来てもらえませんか、などと企業側から具体的に打診される場合もあるかもしれません。

そんな時は大きなチャンスなので、予定をやりくりできるのならばぜひ期待に応えたいものです。

ただし、スケジュールをきちんと確認せずに答えるのは避けましょう。

面接で伝えた日程にどうしても変更できない予定が入っていた場合、あとから再度調整してもらう手間を増やしてしまうことになります。

事前にスケジュールを把握して、無理なく働ける日を伝えましょう。

○月○日から勤務できる予定ですが、ご相談いただければできる限りスケジュールを調整します、などの回答例が挙げられます。

コールセンターの面接の逆質問例

コールセンターの面接で面接官から逆質問を受ける場合があります。

この時、謙虚な性格をアピールするつもりで「特にありません」などと答えてはいけません。

何も逆質問しなかった場合、働く意欲そのものを疑われかねないからです。

逆質問は自己PRの絶好の機会と捉え、有効活用して採用の可能性をいっそう高めましょう。

この項目では効果的な逆質問の例を2つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

一日の業務の流れを教えてください

相談

おすすめの逆質問の例、1つ目は「一日の業務の流れを教えてください」です。

お客様とやり取りをするのは何時から何時までか、その他どのような作業があるか、休憩はいつなのかなどを確認しましょう。

業務の詳細を早い段階で知ることは仕事に取り組むうえで肝心なことです。

また、それらを尋ねることで面接官に「やる気がある人だ」と感じさせることができます。

積極的な姿勢を見せて、面接官に好印象を与えましょう。

入社までに学んでおくべきことはないでしょうか

おすすめの逆質問の例、2つ目は「入社までに学んでおくべきことはないでしょうか」です。

仕事に対するやる気や前向きな姿勢だけでなく、謙虚さも同時にアピールできるので非常に有効です。

返答として、面接官から実用書に目を通すようすすめられたり、何らかの課題を与えられたりするかもしれません。

その時は決して面倒がらず、真摯に取り組んで知識を身に付け、後の業務に活かしましょう。

コールセンターの面接成功のポイント

指先

コールセンターの面接で成功するにはいくつかポイントがあります。それらを押さえて採用の可能性を上げましょう。

まず、他の職種の面接の際もそうであるように、清潔感のある身だしなみと正しい姿勢が大事なことは言うまでもありません。

コールセンターの面接で特に気を付けたいのは以下の3点です。

  • 正しい敬語の使用
  • ハキハキした喋り方
  • 柔らかい物腰

面接官は応募者の態度にもしっかりと注意を払っています。

質問を重ねる中で段々と地が出てきて姿勢が悪くなっていないか、目と目を合せて会話しているかなどをチェックしているのです。

面接中は単に質問に答えればよいわけではないことを意識し、常にマナーや言葉遣いに注意しましょう。

また、前職で身に付けたスキルはコールセンターでの業務に活かせることを前提に話すのが肝心です。

自分がいかにやる気に溢れているか、コールセンターでの仕事で活躍できそうかを強くアピールしましょう。

 

ワンポイント
特に正しい敬語の使用や適切な声量、ハキハキした喋り方は重要。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

コールセンターでの面接について不安に感じることや疑問に思うことがあれば、迷わず転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは様々な職種・業界に通じた転職のプロ。コールセンターの仕事についても多くの知識を備えています。

もしも悩んだら抱え込まずにすぐ連絡してみてください。

転職エージェントは理想的な転職を果たすための力強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

ポイント

今回はコールセンターの面接でよく聞かれる質問を中心に、面接官がチェックしているポイントなどについて解説しました。

お客様と話すことがメインの仕事なだけに、コールセンターの面接では話し方や声量、正しい敬語の使用などが重要となります。

もしも不安な点や疑問が生じたら、すぐに転職エージェントに相談してください。

転職のプロの視点から的確なアドバイスをもらえることでしょう。

今回の記事がより理想的な転職のための一助となれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら