不動産営業で働く女性には、他職種よりも明確なキャリアプランが必要になります。

転職活動をする際も、具体的なキャリアプランを質問されることが多いでしょう。

今回はそんな不動産営業のキャリアプランについて解説していきます。

併せて、異業種への転職の際に役立つ強みも紹介します。

不動産営業のキャリアプランを解説

不動産の文字、家のオブジェクト

不動産営業は不動産の売買や賃貸に関わる仕事です。

その業務は主に三種類に分かれます。

不動産販売業務、不動産賃貸仲介業務、不動産販売仲介業務です。

これらはそれぞれ業務内容や取扱商品、顧客層が違うものです。

販売に関わる業務は個人に売上目標が設定され、案件によっては大きな金額が動きます。

インセンティブ制度を設けていることも多く、実力をつければその分収入が増えるのが販売業務です。

賃貸に関わる業務は店舗ごとに売上目標が設定されることが多くなります。

全体的に、他の職種よりも数字が重要になるのが不動産営業です。

どの業務も、明確なキャリアプランを立てて働かなければ何も得ることができません。

  • 不動産営業で必要とされる宅建等の資格を取得し、スペシャリストとして活躍する
  • 業務の中でこつこつと人脈を育み、不動産業者として独立を目指す
  • 不動産営業としての成果を積み上げて、更に良い給料の企業へ転職を目指す

このように、スキルや実力をつけるために努力しなければ、業界内で生き残ることは困難です。

また、明確なキャリアプランを立てて働くことで、業界内でも異業種でも活躍できる人材となります。

女性の不動産営業のキャリアプランの立て方

スーツの女性、ノートパソコン、家のオブジェクト

女性の不動産営業は、どのようにキャリアプランを立てると良いのでしょうか。

まず必要なのが目標の設定、次に現状整理です。

キャリアアップを目指す場合と、ワークライフバランスを求める場合で変わってきます。

キャリアアップを目指したい時の目標

キャリアアップを目指す女性は、主に不動産販売業務に関わっている方が多くなります。

販売業務であれば、国家資格である宅地建物取引士資格の取得が第一目標となるでしょう。

宅地建物取引士、いわゆる宅建は不動産のプロとして必要な資格です。

法的な書類作成知識や登記関係の知識を深めるため、司法書士行政書士の資格取得を目指す方も居ます。

業務内容によっては、FP関連の資格やマンション管理士の取得を目指すこともあるでしょう。

これらの資格を有することで、プロとしての自信と信頼を勝ち取ることができます。

インセンティブ制度や個人目標の達成に大きく貢献するので、キャリアアップに必要不可欠です。

会社によっては資格手当が付与されることもあるので、積極的に取得して損はありません。

ワークライフバランスを保ちたい時の目標

ワークライフバランスを保ちたいと考える女性は、賃貸の仲介業務に関わることが多くなります。

賃貸仲介業務は販売業務のように飛び込み営業や厳しいノルマを課せられることがほとんどありません。

部屋を借りたいと考え、店舗に足を運んでくれた顧客に対しての営業が主な仕事です。

希望条件に沿った物件を探し、内見の付き添いや賃貸契約なども担当します。

コミュニケーション能力と賃貸物件そのものについての知識の会得が第一の目標となります。

自社で取り扱っている賃貸物件を把握していなければ、顧客の希望条件に沿った物件は紹介できません。

賃貸物件の周辺情報も熟知していれば、更に顧客からの信頼感は増すことでしょう。

現状を整理する

自分が現在どのような立ち位置に居るのか、今後の人生設計をどうしていきたいのかを整理しましょう。

具体的に言うと、結婚後も仕事を続けたいのか、続けていけるのかが鍵となります。

特に女性は結婚後、妊娠・出産という重大な予定が控えている場合が多いです。

産休を取った後、復帰したいのか。復帰した後、続けていける仕事内容なのか、などを整理します。

もし人生設計や今後のキャリアプランと現状が噛み合わない場合は、ポジション移動転職を検討しましょう。

数パターン用意する

キャリアプランも人生設計も、一種類だけに絞ると道が狭まってしまいます。

思い通りにいかない場合は道を変えるなど、柔軟に対応できるように数パターン用意しましょう。

 

ワンポイント
女性の不動産営業のキャリアプランは、希望に応じた目標を決めてから現状整理をします。

不動産営業のキャリアプラン5選

ノートパソコン、虫眼鏡、計算機

では、不動産営業としてのキャリアプランにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、代表的な5種類のキャリアプランをご紹介します。

異業種への転職

不動産営業として課せられたノルマの達成が難しく、芽が出ない場合のキャリアプランです。

知識と実力をつけて報酬をどんどん獲得する社員もいれば、その逆もあり得るということです。

数字に追われることに疲れてしまい、不動産営業として働くのが厳しくなる方も居ます。

その場合はやはり、異業種への転職を目指すことになります。

不動産営業として芽が出なくても、異業種への転職をしたことで才能が開花するケースもあるのです。

不動産営業で得た目標達成への努力経験営業能力は、異業種でも役立つことが多いでしょう。

歩合率の高い会社へ転職

専門資格を取得し、自信も実力も勝ち取った社員は、更なる高みを目指すものです。

現在のインセンティブ報酬や歩合給に満足できないのなら、より良い報酬の会社へ転職します。

キャリアアップを目指す方に多いパターンです。

しかし、その自信の裏側には、会社の知名度などの影響力が潜んでいることもあるのです。

大企業から中小企業へ転職した後、その影響力が使えず、逆に報酬が減るケースもあります。

自分の不動産営業としての実力を過大評価せず、しっかり見極めて転職先を探しましょう。

もし自分に合う転職先が見つからない場合は、転職エージェントを利用します。

転職エージェントは経験や成果を踏まえて、実力に見合った転職先を探してくれます。

自己アピールやキャリアプランの立て方なども相談できるのでおすすめです。

仲間の独立についていく

作業着の男女、ノートパソコン

不動産業界は営業職から独立して自ら事務所を設立するケースも多く見受けられます。

周りの仲間が独立する際についていく、というキャリアプランもあります。

独立を目指す不動産営業は特に営業力が高く、自信と実力をつけている場合が多いです。

不動産業界は優秀な営業力があれば独立できる、と言われるほどです。

独立したての時期は、会社を知ってもらうために営業が必須となります。

その営業を請負うことで、自分の実力をより発揮し、キャリアアップにも繋げることができるでしょう。

しかし、歩合給と固定給のバランスや、インセンティブ制度の設定などで揉める場合もあります。

本当に信頼できる仲間の独立でない限り、無理についていくことはしない方が無難です。

他社からの引き抜き

意外と多いのが、他者からの引き抜き、つまりはスカウトについていくキャリアプランです。

不動産業界は数字がものをいう世界です。

実績を作ることが出来ず、すぐに辞めてしまう人も多く存在します。

つまり、人手不足の業界でもあるのです。

たとえば、仲介販売業務では不動産を売る側・買う側と関わることになります。

そこで双方の評判が良ければ、別の不動産会社に噂が広まり、スカウトが来ることがあります。

また、物件紹介のチラシに担当者として連絡先を載せているとスカウトが来ることもあるようです。

スカウトが来た場合は、現在の会社と比べてメリットがあるかの判断が必要となります。

現在働いている不動産会社の取引先に引き抜かれた場合は、理由を説明してから退職しましょう。

うやむやにして辞めてしまうと、後からトラブルに発展する可能性があります。

社内での地位を高める

これについては他の業界でも見受けられるケースです。

優秀な営業成績を作り、社内の重要なポジションを目指します。

しかし、どこの会社でも重役の席は少ないものです。

現在の重役が交代するタイミングを待つか、新店舗など空席が増えるタイミングを待つかになります。

地位を高めるには不動産営業としての実力と並ぶほど、忍耐力も必要です。

無料転職相談をしてより良い報酬の会社を見つける

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職でキャリアプランについて質問する意図は?

スーツの男性

転職活動を行う際、面接でキャリアプランについて質問されることがほとんどです。

これは、応募者のキャリアプランと会社のビジョンが一致しているかを測るための質問です。

その会社での将来像を明確にすることで、会社の方針とのミスマッチを防ぐことができます。

キャリアプランをはっきり答えられない場合は、自己分析企業研究を怠っていると判断されます。

会社としては中途採用だとしても、長期的に働いてくれる人材を求めるものです。

将来像が曖昧な応募者では、採用する側も不安になるばかりです。

また、キャリアプランとライフプランは切っても切れない関係があります。

結婚を予定しているのか、出産後も働けるのかなどもあわせて質問されることもあるでしょう。

 

ワンポイント
転職面接でキャリアプランを聞かれるのは、企業と応募者の将来像が合っているかを確認するためです。

面接でキャリアプランを聞かれたときの答え方

プランの文字、男性

面接でキャリアプランを聞かれたときはどう答えるべきなのでしょうか。

ポイントとなる点を解説していきます。

具体的な目標を伝える

キャリアプランは具体的でなければ意味がありません。まずは目標を立てて説明します。

10年後まで事細かに伝えるのは難しいかもしれませんが、せめて5年後までは具体的に伝えます。

その際、応募先の企業の全体的な業務内容と、担当する業務内容を確認しておきましょう。

営業として応募しているのに、企画や人事といった業務に就きたいと言っても採用されません。

また、スキルアップや役職としての昇進だけを目指す目標はNGです。

企業の方針や理念を踏まえ、自分がどう会社に貢献できるかを具体的に盛り込んだ目標を立てます。

目標達成のための努力を伝える

キャリアアップの文字、ピクトグラム

具体的な目標を掲げることで、達成するために何をすべきかを伝える必要があります。

必要な資格の勉強や、仕事上で意識していることなど目標達成に関わる努力も伝えます。

なりたい将来像に近づくための努力は、目標達成のための実行力です。

自分に見合った目標を設定できているか、そのためにどんな実行力があるかを判断されます。

出来もしない大言壮語だけを口にする社員は、果たして企業にとって魅力的でしょうか?

具体的な目標には、それを達成するための具体的な道筋も必要なのです。

 

ワンポイント
 面接でキャリアプランを聞かれたら、具体的な目標と達成するための努力を伝えましょう。

不動産営業を続けた女性には強みがある

スーツの女性、家のオブジェクト

不動産営業として経験を積んだ女性には強みがあります。

個人としても、店舗としても、設定された目標数字に対する達成努力が身についているのです。

また、顧客に対する営業力も磨かれていますし、不動産の専門知識も持ち合わせています。

それだけではなく、税金資産についての知識も得ていることもあります。

数字に対してシビアな業界のなかで生き抜くことで、実行力という強みを得ることができるのです。

異業種への転職に役立つ女性の強み

スーツの女性、笑顔

不動産営業を続けた女性が異業種に転職する場合、どんな強みをアピールできるのでしょうか。

どんな企業に対してもアピールできる強みを紹介します。

コミュニケーション能力

不動産営業は、販売業務でも賃貸仲介業務でも、顧客との関わりが発生します。

そこで重要なのがコミュニケーション能力です。

仲介役として働く場合、売主と買主、もしくは貸主と借主双方の希望を調整する役割を担います。

販売業務でも、自社の物件や土地を売り込むため、顧客との商談が必要になります。

これらの業務で培ったコミュニケーション能力は、どんな企業でも通用する強みとなるでしょう。

順応力

不動産業界で取り扱う商品は単価が大きく、景気の影響を受けやすくなります。

また、税金の増加や税制改正なども関わる業界です。

不動産以外の知識も必要になることが多いので、様々な知識を吸収する柔軟性も重視されます。

状況によって柔軟な対応が出来る順応力を持つ人材は、様々な企業が欲する人材でもあります。

責任感

不動産業界は実力主義の世界です。年齢に関わらず、大きな案件を任されることもあります。

数千万から数億円といった莫大な数字を持つ物件を取り扱うことも多いでしょう。

こういった場合は契約に至るまで、多くの人と時間が必要となります。

長いプロセスをしっかりこなし、最後まで完遂するには責任感がなければできません。

いくつも成果を出していれば、自然と責任感が培われているものです。

この責任感は、どのような仕事においても重宝されるものとなります。

 

無料転職相談をして強みを活かせる企業へ転職

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


キャリアアップに役立つ資格・スキル

本、電球の絵

不動産営業としてキャリアアップを目指す場合、役立つ資格やスキルを紹介します。

宅地建物取引士

いわゆる宅建です。これはキャリアアップを目指す場合、必須の資格といえます。

宅建は、社内の5人に1人は持っていなければならない国家資格です。

また、宅建士にしか説明できない不動産の重要事項もあります。

宅建を持っていれば不動産業界のどこでも重宝されるので、業界内で転職する際も有利になります。

不動産コンサルティング技能士

間取り図、見積書

不動産のコンサルティング業務に必要な知識や実務経験を持っていることを証明する資格です。

不動産に関する法律や税制、金融知識を持ち、活用できる実務経験が必要となる資格です。

取得することで、個人法人関わらず、様々な不動産に関する要望に対応できるスキルを得られます。

この資格を取得するには、宅地建物取引士の資格が必要となります。

また、不動産に関わる実務経験が5年以上なければ、合格しても認定証の交付はできません。

ファイナンシャルプランニング技能士

ファイナンシャルプランニング技能士と聞くと、金融資格と思われがちです。

しかし、資産運用や相続についての知識も含まれるため、不動産業界にも関わりがあります。

実用性があるのは2級からの知識となるので、取得するのなら2級を目指しましょう。

不動産コンサルティングの資格と合わせるとより強い効果を発揮することができます。

その他の資格について

マンション管理士という資格もあります。

マンション管理に関するコンサルタントとして活躍できる国家資格です。

マンションの住民トラブルの解決、管理費の会計監査、管理組合の運営などが出来ます。

特に管理組合はどんなマンションでも設置が義務づけられているものです。

その管理組合の運営を外から助ける役割として、マンション管理士は重宝されます。

ただし、マンションを取り扱う機会がなければ実用性は低くなるので注意が必要です。

他にも、賃貸経営管理士や司法書士、行政書士といった資格があります。

どれか一つだけではなく、組み合わせて取得するとキャリアアップに繋がりやすいでしょう。

 

ワンポイント
 キャリアアップに役立つ資格・スキルには、宅建やFP技能士があります。

転職で困ったことがあればエージェントに相談しよう

悩む女性

もっと高い歩合給を求める場合や、異業種への転向を考えている方は転職が必要です。

しかし、自分に見合った会社が見つかるかわからないという不安もあるでしょう。

そんなときは、転職エージェントに相談してみると解決の糸口が掴めます。

転職エージェントなら、実力と経験に見合う企業の求人を紹介してくれます。

また、書類作成や面接対策など、転職活動全般のサポートも行ってくれるのです。

一人で悩むよりも、転職活動のプロに相談すれば、今後のキャリアプランも立てやすくなります。

 

無料転職相談をして異業種へ転職する

 

まとめ

ガッツポーズ、スーツの女性、家のオブジェクト

今回は、不動産営業のキャリアプランと、転職面接でキャリアプランを聞かれる理由を解説しました。

不動産営業を続けた女性の強みについても把握して頂けたかと思います。

不動産営業を続ける場合も、異業種への転職を目指す場合も、キャリアプランは重要です。

今後のキャリアプランを明確にして、必要な資格の取得などに励みましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!