人材業界に転職を検討している人のなかにはとくに営業に興味を持っている人もいるでしょう。

人材業界の営業は、求人広告営業人材紹介営業人材派遣営業などいくつかの種類があります。

同じ営業でもそれぞれで仕事内容が異なる点が特徴です。

この記事ではとくに人材派遣、人材紹介に関わる営業職について解説します。

具体的な仕事内容や向いている女性の特徴などを紹介しますので参考にしてみてください。

人材営業の仕事内容を解説

営業日報

人材営業は具体的にどのような仕事をする職種なのでしょうか。

メインとなる仕事内容について解説します。

新規開拓営業

人材紹介も人材派遣も企業が出しているに対して人材や求職者を紹介します。

人材紹介は主に求職者の紹介、人材派遣は登録している求職者の派遣を行うのが特徴です。

いずれの営業も新規企業の開拓営業を行います。

人材紹介ではクライアント企業が抱える採用に関連した課題を解決するアドバイザー的な役割も果たします。

人材派遣は派遣社員の効果的な活用方法を提案するなどの営業を行うことで新規契約を結ぶことを目指す点が特徴です。

いずれもクライアント企業が多ければ多いほど収益につながるため営業の役割は大きくなります。

ルートセールス

ルートセールスも人材営業の大切な仕事のひとつです。

すでに契約を結んでいるクライアント企業を回って新しい求人を確保します。

その際にはクライアントが抱える人材確保の課題などにも耳を傾け、問題解決に向けた提案をすることもあります。

この際、クライアントとなる企業の業界トレンドをおさえておくことが重要です。

営業としてクライアントからの要望を待つだけでなく、こうした人材が必要ではないかと提案することも有効です。

アドバイザー(マッチング)

説明する女性

人材営業の仕事はクライアントの開拓とサポートだけではありません。

人材紹介、人材派遣として求職者を紹介するのも人材営業の仕事になります。

企業と求職者との間にミスマッチが起こるとトラブルに発展する可能性もあるため両者へのヒアリングが重要です。

求職者に適切な求人を紹介するためにはクラアントの求人をしっかりと言葉で説明できる能力が求められます。

クライアントが求めている人物像を明確に把握することでミスマッチを防ぐのも人材営業の仕事のひとつです。

人材営業に向いている女性の特徴は?

パソコン作業をする女性

人材営業に向いている女性はどのような人なのでしょうか。

具体的な内容をあげて解説します。

人と話すことが好き

人材営業はクラアントと求職者の橋渡しの役割を担う職業ともいえます。

そもそも人付き合いが苦手な人は苦痛の多い職業かもしれません。

求人を出しているクライアントとしっかりと話し合いができ、求める人物像を理解する必要があります。

受身な姿勢だけでなく、時には営業として提案することも求められます。

また求職者にもしっかり寄り添い親身になって話を聞く姿勢が必要です。

両者をマッチングさせるためには、面倒見がよく人と話すことが好きであることが重要なポイントとなります。

目標やノルマがあるとやる気が出る

人材営業は新規開拓を求められることも多くあります。

目標やノルマが設定され、時には飛び込み営業が必要になるケースもあるでしょう。

飛び込みでは門前払いを受けたり断られたりすることのほうが多くなります。

これをひきづらずに気持ちを切り替えることができる人は人材営業に向いているといえるでしょう。

一度断られても諦めずに根気強くアプローチできるメンタルも大切です。

目標やノルマが負担にならず逆にやる気を感じる材料にできる人に向いている職業ともいえます。

人材営業として働くメリット

深呼吸する女性

人材営業として働くことで得られるメリットはどこにあるのでしょうか。

2つのメリットについて解説します。

人脈が広げられる

人材営業は多くの企業と取引を行います。

紹介や派遣を利用するのは大手企業が多いこともあり、大手企業との人脈ができる点はメリットといえるでしょう。

求人に関してはクライアント企業の人事や役員が関わることが大半です。

そのため人事、役員クラスの人脈が広がる点も大きなメリットです。

個人的にキャリアアップを目指している人にとってもメリットは大きいでしょう。

営業経験とともにビジネスマナーが学べる

パソコン作業をする女性

人材営業は営業職としての経験だけでなくビジネスマナーを同時に学ぶことができる点もメリットです。

人材営業は企業相手の営業職であるため法人営業の経験が認められます。

キャリアップとして法人営業に転職する人も多くいるのが特徴です。

企業を相手にすることで必要最低限のビジネスマナーを自然と身につけることができるため転職には有利となります。

飛び込み営業の確率が高い人材営業を経験している人であればメンタルの強さなどもアピールポイントになるでしょう。

 

ワンポイント
人材営業は法人営業の経験を積むこともできる点がメリットです。

人材営業の大変なところ

笑顔の女性

人材営業は忙しいというイメージを持つ人も多いかもしれません。

実際のところ、人材営業の大変さはどのようなところにあるのでしょうか。

人材営業の大変なところについて解説します。

精神的なプレッシャーが大きい

パソコン作業をする女性

人材営業では飛び込みでの新規開拓、ノルマなど社員間の競争が激しい業務も多くあります。

クライアント企業と人材がうまくマッチすれば成功報酬が得られるというシンプルな業務ではあります。

だからこそ営業担当の実力が売り上げに直結するため精神的なプレッシャーが大きい点が特徴です。

目標やノルマを楽しめる人であれば問題ないでしょう。

ただ未経験からの転職者や若手社員はベテラン社員との実力の差が明白になる点で辛さを感じる人も多いようです。

人間関係のストレスを感じやすい

人間関係の大変さも人材営業の大変なところといわれています。

社員間の競争ももちろんです。

クライアントとのやり取りでトラブルが発生することもゼロではないでしょう。

また求職者とのやり取りでもかなり気を使うため人間関係でストレスを感じてしまう人も多いようです。

人と関わることが好きでトラブルもうまく回避することができる人であれば乗り越えることができるでしょう。

ただ、人間関係が原因で離職する人も多いというのが人材営業の特徴でもあります。

人材営業の平均年収

メガネと時計

人材営業の年収はどの程度なのでしょうか。

企業や年齢によって年収は異なります。

ただ業界全体の平均としては398万円とされています。

年齢や成果に応じて400〜600万円台の年収を達成している人も少なくはありません。

冬のボーナスの平均が66万円、夏のボーナスの平均が53万円という点にも注目です。

ただし営業担当の給与はインセンティブをもとにしているケースが大半となります。

そのため不安定であるケースが多くあります。

営業成績によっては手取りが少なくなることもあり、これはボーナスの額にも影響するでしょう。

人材営業の仕事のやりがい

タブレット操作する人

 

人材営業はノルマや目標が科される大変な仕事であることもわかりました。

では人材営業のやりがいはどこにあるのでしょうか。

契約を取れた時の達成感

ノルマや目標がある分、契約が決まったときの達成感は人材営業として働く際のやりがいのひとつでしょう。

新規開拓、ルート営業などはクライアントから求人を引き出すための営業です。

営業トークや普段からの関わりなどが成果につながることを意識して働くことが大切になります。

とくに飛び込みでの新規開拓が決まったときなどは苦労やプレッシャーが多い分、達成感は大きいでしょう。

大変な仕事ではありますが、この達成感があるから続けられるという人が多いのも事実です。

さまざまな大手企業と取引ができる

人材営業のもうひとつのやりがいは、大手企業との取引ができる点にあります。

派遣や紹介で求人を探すのは大手企業が大半です。

そのため大手企業の人事や役員クラスとの取引を行うことが多くなります。

法人営業の経験を積みながら大手企業との人脈を広げることができる点はやりがいにもつながるでしょう。

 

ワンポイント
人材営業にはさまざまなやりがいがあり、楽しみながら働くことができる職業でもあります。

人材営業の仕事が厳しいと言われている理由は?

笑顔の女性

業界全体でも人材営業の仕事は厳しいといわれています。

転職を検討している人のなかにも厳しさの面で躊躇している人もいるかもしれません。

離職する人の理由としてあげられるのは、テレアポや飛び込み営業の辛さがあげられます。

また派遣先や紹介先でのトラブル対応で深夜や土日勤務を余儀なくされることもあります。

こうした点では大変なことも多い職業といえるでしょう。

とはいえ普段の営業をしっかりと行いアフターフォローなども行っておけば回避できる問題も多くあります。

目標があるからこそ頑張れるという人もいるでしょう。

どんな仕事でも厳しさはあります。

そこにいかにやりがいをみつけて働くかということも少し考えてみるとよいでしょう。

 

ワンポイント
厳しいイメージが人材営業ですがやりがいをみつけて働くことで楽しんで働くことができます。

人材営業の将来性をチェック

電話をかける女性

人材営業として働く上で将来性はどのように捉えればよいのでしょうか。

キャリアアップを目標としている場合にはしっかりとしたキャリアプランも立てておきましょう。

人材営業の将来性

人材営業は経済に左右される職種でもあります。

2021年時点では業界全体でみると収益が減少する傾向にあるのが現状です。

飲食業や小売業、イベント業などで人材需要が減少傾向にあるため営業をかけてもなかなか成果が得られないこともあるでしょう。

こうした点では転職を躊躇する人も少なくないかもしれません。

ただし人材営業が担当する業種は幅広い点が特徴です。

さまざまな業界を見渡してみるとなかには需要増加傾向の業種もあります。

なかでも医療や物流では人材不足がいわれており需要が増加しています。

こうしたクライアント企業をしっかり抑えることで仕事が不調になることは少ないでしょう。

減少傾向の業種と増加傾向の業種があることはいつの時代にあってもあることです。

そのため業界情報をしっかりと把握して営業先をしっかり見極めることで目標達成に近づくことは可能でしょう。

人材営業のキャリアプランは?

人材営業として働きながらキャリアアップを考えている人もいるでしょう。

人材営業のキャリアプランについて考えていきます。

人材営業のキャリアプランとしては「キャリアプランコンサルティング技能士」の資格を取得するという方法もあります。

国家資格であるため取得にはかなりの勉強が必要になるでしょう。

ただ現役で働きながらであれば働きながら得られる知識を活かして勉強を進めることもできるため有利です。

さらに社労士や中小企業診断士などの資格もキャリアプランに組み込む資格としてはおすすめです。

経営や法律の知識を身につけておけばキャリアチェンジの際にも役立つでしょう。

 

ワンポイント
人材営業としてキャリアアップするには資格の取得がおすすめです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

時計とカレンダー

人材営業に転職したい場合、未経験からの転職では不安や悩みも多くなるでしょう。

業界経験者でも自分にあった企業をみつけることは1人ではなかなか難しい作業になることもあります。

このような場合には転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは転職のプロです。

専門性の高い職種に対しても豊富な知識を保有したエージェントが転職活動をイチからサポートしてくれます。

求人検索の段階からしっかりとサポートしてもらうことでむだのない活動を展開することができるでしょう。

営業職は人間関係のストレスが多い職業でもあります。

転職エージェントに登録しておけば自分では得ることができない企業情報も事前に確認することができます。

入社してからこんななずではなかったというミスマッチを避けるためにもおすすめです。

まとめ

握手する人

人材営業は大変な仕事というイメジを持つ人も多いでしょう。

確かに楽な仕事ではない点もあるでしょう。

ただコツをおさえてやりがいをみつけることができれば楽しく働くことができる仕事でもあります。

目標や数値にこだわって仕事をやり切ることに楽しみを見出すことができる人にはおすすめの仕事です。

未経験からの転職ではイメージが先行して不安になることもあるでしょう。

興味がある業界であるならば転職エージェントにしっかり相談することをおすすめします。

転職のプロである転職エージェントであれば人材営業の仕事内容から働き方のコツまでアドバイスしてもらうことができます。

自分に合った仕事であるかを確認する上でも第三者の目を借りることは重要です。

人材営業の転職で迷ったら転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら