女性の転職活動の一環として、採用企業側から健康診断書の提出を求める場合があります。

企業側が健康診断書を求める理由はどこにあるのでしょうか?

もし健康診断を条件とされた場合の、診断書の取得方法や、気をつけておきたい点などについて解説します。

Contents

女性の転職時に健康診断書は必要か解説

聴診器の画像

転職先がほぼ決まった段階になってから、採用企業側からの健康診断書の提出を求められることがあります。

内定がすでに出ているので安心ではあります。

しかし、もしかして健康上の事情で取り消しになることもあるかと、不安になる方もいるかもしれません。

健康診断書の提出には、転職での内定判断を左右する大きな意味があるのでしょうか?

もし関係がないとしても、なぜ企業は健康診断書の提出を求めるのでしょうか?

実は健康診断書の提出は、企業側に義務があるため必要となります。

今回は女性の転職時に健康診断書を提出する意味・理由、健康診断の受け方などを中心に解説します。

健康診断書の提出を求められる理由は?

看護師の画像

転職内定者へも健康診断書の提出を求めるのは、大きな理由があります。

健康診断の対象者は正社員が中心です。

ただし採用条件によっては、アルバイトやパートといった非正規雇用社員でも対象になることがあります。

例えば雇用期間の定めがあり1年以上勤務する予定の人物などが該当者です。

さらに加えて、1週間の所定労働時間が、同じ業務に従事する労働者の4分の3以上あるという条件も該当します。

健康診断を受けないままでは、会社側は社会的義務を果たしていないと判断され評判を下げることになるのです。

法律で義務付けられているから

健康診断書の提出は法律でも義務化されています。それは「雇い入れ時健康診断」という一定の決まりがあるからです。

事業者は労働安全衛生規則第43条により、常時雇用する労働者への健康診断を行うことが義務付けられています。

企業側は、スタッフを雇う以上、必ず健康診断を受診させる義務を持っていて、それを怠慢にしてはいけないルールだからです。

応募者の適正能力の確認のため

オフィスの画像

健康診断書の提出を求める理由には、男女による区分は一切関係ありません。

あくまでも転職者の健康状態の適正を知るための資料とするのが理由です。

企業として採用者の健康状態を把握して管理する義務があります。

その一方では、健康診断の結果から配属先を決めることも考えられるでしょう。

よって、健康診断書の結果によって合否を直接決めるためではないことを理解しておきましょう。

ただし職種によっては例外もあるのです。例えば、タクシードライバーの採用試験の際は該当します。

視力が著しく適正な基準に満たない人物は、安全上の理由から現場の仕事を任せられないと判断を下すことがあるのです。

特例として、職種によっては健康診断の結果が採用自体に左右する場合もあり得ることは覚えておきましょう。

健康診断書が必要な場合の取得方法

血液検査の画像

転職活動にて健康診断書の提出を求めるのに、男女の違いなどは一切関係ありません。

その企業の採用方針によっては、法的義務が生じるため必要な理由からです。

では、もし健康診断書の提出を採用企業側から求められた場合、何から始めたらよいのでしょうか?

その取得方法や取得時の注意点について解説していきましょう。

医療機関での取得が可能

基本的に健康診を希望する場合に断は、街の医療機関や保健所で受診が可能です。

大概の医療機関では、健康診断を行なっていることが通常となっています。

大きな病院などに行けば、たいていの場合には健康診断が受けられるはずです。

ただし医療機関によっては、予約制・曜日指定といった場合もあり、その規定に従って受診することになるでしょう。

また病院側の規模の問題で、健康診断を行なっていないところもあります。

まずは、希望する医療機関や保健所などに問い合わせてみましょう。

その際は、健康診断書発行の際に生じる費用などを確認しておくこともポイントの1つです。

健康診断書は3ヶ月以内

ファイルの画像

健康診断書として公認されるのは、近況で3ヶ月以内に受診した結果が対象とされます。

すでに現職・前職で受けた健康診断の結果が手元にあれば、それを提出することもできます。

そのケースなら、わざわざ新たに受診する必要がありません。

いずれにしても、条件として近況3カ月以内に発行された診断書であれば問題はないのです。

中には6カ月以内でも可能だという企業もあり、事前に確認しておくとよいでしょう。

もし手元の診断書の期日が3ヶ月以前であるのなら、採用企業に話して指示を仰ぐことが望ましいといえます。

健康診断書の形式を確認しておこう

提出する前には、健康診断書の形式を確認しておきましょう。

採用企業によっては、用紙フォーマット・受診先指定などの条件が加わっている場合があります。

会社が指定する医療機関から発行される健康診断書でのみ受け付ける場合は、その指示に従うことが望ましいでしょう。

また提提出期限や提出方法についての指定があるかもしれません。

当然ながら郵送の場合、日数に余裕を持ってスケジュールを計画しておく必要があります。

ワンポイント
健康診断は各種医療機関や保健所で受診が可能

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

健康診断の必要項目は事前に確認しておこう

病院の廊下の画像

労働安全衛生規則(第43条)にて、健康診断での必要項目が定められています。

ただし入社前提出の健康診断書では、採用企業側が指定する必要最低限の項目さえ満たしていれば問題はありません。

健康診断書の必要項目についての説明があるはずです。必ず確認をしておきましょう。

基本的には11項目

原則的な健康診断書で定められている項目は全部で11あります。

過去の既往歴・自覚症状や他覚症状の有無について問診・身長や体重などの測定数値がメインです。

その他にも、胸部エックス線写真・血圧・貧血検査・尿検査などがあります。

すべての項目は、労働安全衛生規則(第43条)にて定められ、順番に受診していく流れです。

診断にかかる時間は、当日の医療機関の混み具合にもよりますが、数時間程度で済みます。

詳しいことは事前に調べておくとよいでしょう。

会社によって必要な項目が違う場合がある

一般的な企業であれば診断項目の11個が揃っていれば間違いはありません。

ただし業種によっては必要項目が別途ある場合が考えられます。

必要項目の診断が省略されて受けていないとなると、再受診しなくてはならないかもしれません。

その企業によって項目が違うこともあるので、必ずよく事前に確認して受診しましょう。

健康診断にかかる費用は?

検査の画像

健康診断を個人的に受ける場合には、費用が掛ることを念頭に入れておきましょう。

とくに転職時に提出する健康診断書は、入社前に作成して提出するのが前提です。

普通は個人として支払うので、転職活動にかかる費用の一部だと思っておくのが無難です。

費用は基本的に自己負担となります。

費用は「7000〜15000円」程度

スタンプの画像

とくに転職時での健康診断書は、その会社へ入社前に提出することになるはずです。

事前に経費として会社が手配することは考えにくく、まずは医療機関などで実費にて受診することになります。

また、保険が適用されませんので予め理解しておくようにしましょう。

費用については発行手数料も含めて5000円~1万円の範疇がほとんどです。

詳しいことは受診をする各種医療機関に問い合わせておきましょう。

費用の負担は自己負担?

企業に就職して以降の健康診断については会社負担となるので、年に1回受診をする義務があります。

ただし転職時の健康診断の受診は個人で提出するものなので、実費負担となることを覚えておきましょう。

中には入社後に、掛った費用を返金保証してくれる優良企業も少なくありません。

その点については企業側の取り決めとなるので、気になる場合は確認しておくとよいでしょう。

ワンポイント
健康診断は1万円程度の自己負担となる

健康診断書を会社に提出する前の注意点をチェック

待合室の椅子の画像

女性の転職時に健康診断書を提出する際には、いくつかの注意点があります。

必要事項の漏れなどがないかを事前にチェックしてください。

再提出や再受診などの手間がかからないよう、十分な配慮をしておきましょう。

では、健康診断書を企業に提出する前に、以下の内容を確認しておいてください。

発行まで1〜2週間かかるため余裕を持って行動しよう

まずは健康診断書の提出を求められるような時は、早めに受診を済ませておくなりの措置をすることです。

健康診断書は受診当日に発行できる場合もあります。

しかし、検査項目によっては結果が出るまでに日数かかる場合も想定できます。

平均して健康診断書の発行までには1~2週間程度という期間を覚えておきましょう。

企業への提出期限に間に合うように手配し、遅れるようなら早めに会社へ連絡を入れて相談することです。

費用が会社負担の場合は領収書を忘れずに

転職時での健康診断は、まずは実費で負担することが普通です。

しかし、企業によってはその後入社してから診断料の返金保証をしてくれる場合があります。

その時のためにも、医療機関での支払いの際に発行される領収書を受領し、紛失しないよう保管しておきましょう。

詳しいことは必ず会社から通達があるはずなので確認しておくことです。

健康診断書の内容は採用に影響する?

カルテを見る画像

健康診断については、誰しもその結果が気になるところです。健康で異常がないと診断されれば安心できます。

ただし必ずしもそうとな言い切れず、診断の結果で数値が悪い・疾病が見つかる場合も考えられます。

健康診断の結果次第で、転職内定が取り消しになるなどの影響が出るのでしょうか?

選考中は影響の可能性もある

もし健康診断の結果が思わしくなくとしたら、かなり不安になることでしょう。

障害・重篤などの事情で通常業務に従事できないと判断されれば、合理的理由がありと見なされます。

そうなった場合は、やむなく内定の取り消しも認めざるを得ません。

ただし正社員雇用の内定者で、1~2カ月程度で寛解する可能性が期待できれば違ってきます。

勤務開始の延期・就業場所変更・休職措置を講じることで、ある一定の猶予をみて判断します。

一般的な企業であれば、経過次第でその人物の立場を尊重してくれるはずですので、さほど心配は要りません。

内定後に影響することは原則ない

健康診断によって採用内定の取り消しは、原則として認められていません

それは採用内定をしたことで労働契約が成立しているのが理由だからです。

健康診断の目的は、スタッフの適正配置や健康管理に役立てるための資料とすることにあります。

一度内定した人物は雇用継続が前提です。

仮に健康診断の結果で疾病が見つかり、それを理由に採用内定の取り消しや解雇を直ちに行なうことはありません。

当人の健康状態を配慮し、予定していた配属・勤務先などが変更されることはあり得ます。

ワンポイント
よほどの深刻な結果ではない限り健康診断で内定取り消しはあり得ない

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

健康診断も転職活動の一環と考えスムーズに行おう

スマホと血圧計の画像

企業へ就職するということは、同時に年1回の健康診断受診の義務を果たすことになります。

また、転職内定者への健康診断書の提出を求める企業も多くなりました。

これも転職活動及び業務の一環だと考えて素直に応じるようにしましょう。

ちなみに、健康診断を受ける際は「法定雇入時健診」を行なえる病院を選択して受診することをおすすめします。

すでに雇用のための健康診断を行うシステムになっているので、すべての準備がスムーズに進められ、特別な配慮はいらないはずです。

ワンポイント
できれば法定雇入時健診が行なえる医療機関で受診するとよい

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビルディングの画像

転職活動をする際は、さまざまな取り決めや手続きが生じるものです。

書類をいくつも提出することも想定できるので、不明なことは事前に解決しておく必要が考えられます。

もし、転職活動での悩みや不安などがあるようなら、転職エージェントに登録して活用してみてはいかがでしょうか?

転職に関する専門家が、転職者の不安の解消のためにアドバイスをしてくれます。

まとめ

心電図の画像

一部の業種を除いて、健康診断の結果で内定を左右することは法律上で許されていません。

労働省職業安定局では、健康診断は雇い入れた社員の適正配置や健康管理に役立てるための実施としているのです。

採用選考で実施することを義務づけたものではないと謳っています。

もし転職内定先から健康診断書の提出を求められたら、余計なことを気にせずに素直に応じるようにしましょう

健康診断自体は簡単に済んでしまいますが、結果が出るまでの期間も配慮して、対応は早めにするよう心がけることです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら