転職の面接では自己PRの時間を設けられることが多くあります。

場合によっては「自分を一言であらわしてください」といわれることもあるでしょう。

このような場合には四字熟語を用いてアピールするのもひとつの方法です。

この記事では面接で四字熟語を活用した自己PRの方法について解説します。

四字熟語の探し方についても紹介しますので参考にしてみてください。

Contents

面接で四字熟語を活用した自己PRの方法を解説

メガネと本

自己PRで四字熟語を使うのは面接官にわかりやすく自分のことを伝えるための手段にもなります。

キャッチコピーなどを作るのもひとつです。

ただ、キャッチコピーは我流になりがちで相手に伝わりにくいという面もあります。

四字熟語はすでに意味が確定されているためどんな相手にも内容を理解してもらいやすいというメリットがあるでしょう。

四字熟語を使えばスマートに自己PRをすることができます。

知的にみせる効果もある点からうまく活用する方法を理解しておくとよいでしょう。

面接で四字熟語を使うメリット

地球儀と本

面接で四字熟語を使うことで得られるメリットはどこにあるのでしょうか。

面接では応募者がどのような人物であるかをチェックします。

四字熟語を用いることで得られるメリットを把握して面接官の質問に対応できるようにしておきましょう。

簡潔に自分の魅力を表現できる

四字熟語は読んで字のごとく四文字で表すことができる言葉です。

四文字はまとまりがよく響きもよいという点が特徴になります。

四字熟語は文字数が少なくてもそこに含まれている意味は豊富です。

そのためすっきりと言葉をまとめながら自分のことをしっかりとアピールすることができます。

自分をアピールするための四字熟語を用意しておくことで想定外の質問を乗り切ることもできるでしょう。

自己PRだけでなく長所短所を聞かれた際にも利用することができる点は魅力です。

面接官の印象に残りやすい

面接の風景

文章を作るのが苦手という人はとくに四字熟語の活用がおすすめです。

面接では結論から話すとよいというコツがあります。

四字熟語はまさに結論から述べる際に便利なアイテムと考えましょう。

自己PRの最初に「私の座右の銘は○○○○です」などと結論から話ます。

結論を先にあげることで文章を構成するのが苦手でも後に続く文章を考えやすくなるでしょう。

面接官からしても結論から話してもらえると続きの話に興味を持つことができます。

論理的な文章構成が作れる人は面接官の印象にも残りやすくなる点がメリットです。

 

ワンポイント
面接で四字熟語を活用するメリットは印象に残る応募者になることができる点にあります。

面接で自分をアピールしたい時に使える四字熟語

履歴書

面接で使ってみたい四字熟語を紹介します。

自分をアピールできる四字熟語を知って面接でしっかりと自己PRの準備をしましょう。

「熱意」を示す四字熟語

熱意を示すことができる四字熟語を紹介します。

  • 一意奮闘(いちいふんとう)=困難に挑むことができるチャレンジ精神
  • 一意専心(いちいせんしん)=業務ひとつひとつを確実にこなす力
  • 一心精進(いっしんしょうじん)=心をひとつのことに集中して励むこと
  • 曲面打開(きょくめんだかい)=困難な状態や行き詰まりの曲面でも自分の力を切り開いて新しい方向を見出す
  • 終始一貫(しゅうしいっかん)=はじめから最後まで行動や態度に変化がないこと
  • 全身全霊(ぜんしんぜんれい)=心身の力すべてのこと
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)=目標に向けてひたすら前進すること

こうした四字熟語はどのような状況でも自分の力を最大限に熱意を持って引き出すことができることを示します。

仕事への熱意を伝えるには便利な四字熟語です。

前向きに仕事に取り組む姿勢をアピールしたい場合には活用してみましょう。

「行動力」を示す四字熟語

笑顔の女性

行動力を示すことができる四字熟語を紹介します。

  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)=勢いよく力強くう前進する様子
  • 獅子奮迅(ししふんじん)=新しい挑戦に対して先陣を切ることができること
  • 直王邁進(ちょくおうまいしん)=躊躇せずに真っ直ぐ進む様子
  • 大胆不敵(だいたんふてき)=度胸がすわっていて恐れを知らない様子
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)=言ったことには責任を持って必ず行うこと
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)=勇しく強く、決断力にとんでいる様子
  • 臨機応変(りんきおうへん)=時と場合によって柔軟にうまく適切な処置ができる様子

このような四字熟語は能動的に力強く動くことができることをアピールするときに役立ちます。

企業側からすると自発的に動ける戦力は貴重な存在です。

状況に応じて柔軟に考えて行動できる行動力をしっかりとアピールしましょう。

「性格」を表す四字熟語

パソコン作業をする女性

性格を示すことができる四字熟語を紹介します。

  • 質実剛健(しつじつごうけん)=愚直でありながらも真面目な性格を表す
  • 謹厳実直(きんげんじっちょく)=真面目で正直な性格を表す
  • 泰然自若(たいぜんじじゃく)=平常心を失うことなく落ち着いて物事に動じない様子
  • 明朗闊達(めいろうかったつ)=明るい性格でほがらかでさっぱりしていて小さなことにはこだわらない
  • 明鏡止水(めいきょうしすい)=一点の曇りもなく静かな水面のように澄み切った心境のこと
  • 用意周到(よういしゅうとう)=細かいところまで配慮が行き届いて段取りや準備に抜かりがないこと

これらの四字熟語には自分の性格が仕事を行う上で貢献度が高いことをアピールするときに役立ちます。

自分を肯定的に見つけることでアピールポイントをみつけましょう。

「一緒に働きたい」と思わせる四字熟語

面接官にこの人と一緒に働きたいと思わせるための四字熟語を紹介します。

  • 質実剛健(しつじつごうけん)=飾り気がなく真面目で健やかな様子
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)=志を曲げずに考えたことを貫く様子
  • 切磋琢磨(せっさたくま)=仲間と一緒に励ましあい、互いに向上していくとする様子
  • 日進月歩(にっしんげっぽ)=絶え間なく進歩し発展する様子
  • 粉骨砕身(ふんこつさいしん)=骨身を惜しまず力の限り努力すること

これらの四字熟語は面接官にこの人と一緒に働きたいと思ってもらうことができる可能性が高いものです。

面接では一緒に働きたい人材だと感じる人に印象が残ります。

素直、明るい、忍耐強いなど人物像がわかりやすく伝わる四字熟語を用いてみましょう。

四字熟語を活用した自己PRのポイント

面接官

四字熟語を活用した自己PRを行う際のポイントについて解説します。

四字熟語をどのように活用すればよいかをしっかりと理解した上で面接にのぞみましょう。

自分をアピールする四字熟語を伝えよう

四字熟語や闇雲に選べばよいというものではありません。

自分をしっかりとアピールすることができるものを選ぶことが大切です。

そのためには自己分析をしっかりとしておく必要があります。

四字熟語から発展させることができるエピソードがあるかどうかも重要なポイントです。

自分だけで自己分析を行うと偏りがでる可能性もあります。

家族や友人などに聞いてみたり、自己診断をしてみたりするのもよいでしょう。

おすすめは転職のプロである転職エージェントに相談することです。

なぜその四字熟語を選んだのか説明しよう

四字熟語の由来はしっかりと理解しておきましょう。

なぜその四字熟語を選んだのかをきちんと説明することができることは重要です。

響きがいいから、なんとなくという曖昧な理由で選んでしまうと面接で困ることになるでしょう。

四字熟語の意味と自分になぜあっていると考えているのかを説明できるようにしておきましょう。

もしも面接で四字熟語の使い方を間違えると不勉強な人という印象を与えてしまいます。

四字熟語を使うのであれば正しく使えるように対策を取っておきましょう。

入社後にどう活かすのかアピールしよう

内定通知書

四字熟語でアピールした内容から入社後に自分のよさをどう活かすかを説明できるようにしておきましょう。

面接官は四字熟語の内容が聞きたいわけではありません。

その言葉から応募者の人格を理解して一緒に働ける人材かを確認しようとしています。

一緒に働きたいと思ってもらえる人物像としてアピールすることができることが大切です。

 

ワンポイント
四字熟語を用いる場合にはそれに付随するエピソードが語れるものを選ぶようにしましょう。

面接で四字熟語を活用した回答例

付箋と辞書

面接で四字熟語を活用した場合の回答例を紹介します。

自分にあった四字熟語をみつけてうまく自己PRできるようにしましょう。

有言実行を使った回答例

私の座右の銘は有言実行です。

一度口にしたことは何があっても成し遂げるという意味の四字熟語です。

これを座右の銘にしている理由は、自分の発言に責任を持ちなすべきことをしっかりと成し遂げたいという思いからです。

前職では、大きなプロジェクトのチームリーダーを任され苦労したこともありました。

チームのメンバーをまとめること、プロジェクトを前に進めていくことは工夫と改善の連続でもありました。

それでもメンバーと交わした「必ず成功させてみんなで達成感を味わおう」という約束を果たしたいという思いが強くありました。

言葉にしたからには必ず実現するという強い思いで3カ月間力一杯働きました。

その結果、予想を超える結果を出すことができ社長賞をいただくこともできました。

この経験を活かして貴社でもしっかりと貢献できる人材になっていきたいと考えております。

誠心誠意を使った回答例

私が心にとめている四字熟語は誠心誠意です。

前職では営業として働いておりました。

お客さまと直接お会いして商品やサービスの説明をさせて頂く機会が多くさまざまな体験をしてきました。

そのなかで私が学んだことは、自分の伝えたいことを伝えるためにはまずお客さまの思いを聞くことが大切だということです。

一方的に商品の説明をしてしまって失敗したこともありました。

しかし、お客さまが今何を望まれているのか、何を不安に思われているのかに耳を傾けるように営業スタイルを変更しました。

そうして誠心誠意お客さまのお気持ちに耳を傾けることで自然と信頼関係が結ばれていくようになりました。

それに比例するかのように営業成績も上がり、年間トップの成績をあげることができました。

この経験を活かして貴社でもともに働くみなさんやお客さまに誠心誠意の真心で尽くせる人材になろうと考えております。

 

ワンポイント
四字熟語を用いた自己PRの実例も参考にして自分だけのエピソードを作成しましょう。

自分に合った四字熟語の見つけ方をチェック

説明する女性

面接で四字熟語を使いたいけれどどうやって選べばよいか迷っている人もいるでしょう。

四字熟語はかなりの数があるためひとつに絞ることが難しい面もあります。

自分に合った四字熟語の見つけ方について解説します。

逆引きしてみよう

四字熟語から探していくとなかなか見つけることができないケースもあります。

こうした場合には逆引きを活用しましょう。

逆引き時点やアプリを用いて自分に合った四字熟語を探してみましょう。

まずは自己分析をして、自分の特徴を文章で表現してみます。

逆引きは意味から四字熟語を導き出すことができるため、自分の特徴から四字熟語を見つけることができるでしょう。

自己分析が難しい場合には転職エージェントに相談してみることおすすめです。

家族や友人に自分の印象を聞いてみよう

四字熟語を見つけるには自分を客観的に見つめることが重要です。

とはいえ、自分で自分を客観的に見つけることはなかなか難しい作業です。

この場合、家族や友人に自分の印象を聞いてみるのもひとつの方法です。

客観的にみて自分のよい面がどのようなところなのかを聞いてみましょう。

そこから自分に合った四字熟語を導き出し、そこにプラスできるエピソードがあるかどうかを検討してみましょう。

 

ワンポイント
四字熟語は第三者の目を借りて自己分析を行うことで自分に合ったものを選ぶことができます。

応募する業界や業種に合わせた四字熟語でアピールしよう

辞書とノート

四字熟語の活用はほかの応募者と差をつけるという意味でも便利です。

しっかりと四字熟語を活かすためには業界で好まれる四字熟語を把握しておくことも大切です。

自分が希望している業界や業種ではどのような人物像が求められているのかを調べてみましょう。

求められる人物像からそこに合わせた四字熟語を選択することもポイントになります。

この人と一緒に働きたいと思ってもらえる自己PRを作成するためにも企業研究を怠らないようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

内定通知

転職の面接では大半のケースで自己PRの時間が設けられます。

ありきたりな内容ではなく印象に残るアピールをするためにも四字熟語の活用はおすすめです。

とはいえ自分だけで考えても本当にこれで大丈夫なのかという不安を感じてしまうこともあるでしょう。

そのような場合には転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

面接対策や面接の練習も一緒にしてもらえる点も転職エージェントを活用するメリットです。

まとめ

悩む女性

四字熟語を用いた自己PRの作り方について解説してきました。

具体的な例についても紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

四字熟語はかなりの数があるため何を選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

逆引き辞典やアプリを活用するのもひとつの方法です。

これ以外にも第三者の目を借りて自分を客観的に分析することも大切なポイントです。

おすすめは転職エージェントの活用となります。

転職のプロの目を借りて自分に合った四字熟語を選ぶようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら