忙しい弁護士をサポートするのが弁護士秘書です。女性が働く場としても弁護士秘書は人気があります。

では、弁護士秘書とは具体的にどのような仕事を行なっているのでしょうか?

弁護士秘書になるための条件や必要な資格などの紹介も含めた、弁護士秘書についての特集です。

Contents

弁護士秘書の仕事内容を解説

図書館の画像

弁護士には一定のイメージがあり、法律に関わる業務で常に多忙という印象があります。

規模にもよりますが、個人ですべての業務がこなせないこともあるようです。

そのため、事務的業務を一任できる弁護士秘書を雇う弁護士事務所が多く点在します。

弁護士秘書は一般的な秘書業務に限らず、書類作成・郵便物のファイリングなどさまざまな雑務を引き受ける仕事です。

必要事項を優先して準備できる心配りが必要となります。

「弁護士のスケジュール管理と調整」

個人差はありますが、弁護士の仕事は基本的に忙しく、常にスケジュール化された中で正確に動くことが要求されます。

そのため、弁護士自身が業務をこなしながらスケジュールを管理することが困難になる場合があり得るのです。

そこで、弁護士に代わって、スケジュールの管理を任されるのが弁護士秘書の役目です。

いつ・どこで・どのような約束事をスケジューリングするかは、弁護士秘書を通じて決定します。

概ね弁護士秘書の一任で管理できることになっているのが通常といえます。

「郵便物・書類の整理と管理」

メールボックスの画像

弁護士秘書は、事務所に届いた郵便物の整理や書類のファイリングも業務の1つとしてこなします。

法律事務所は、さまざまな関係機関からの郵送物が届くことや、送付すること自体も業務の1つです。

また、多忙な弁護士が常に扱いやすいよう、書類もファイリングしていきます。

常に弁護士に代わって、業務をスムーズに進められるように配慮していく必要があるのです。

「メールや電話対応・来客対応」

基本的に弁護士事務所に届いたメールのチェックや電話応対などを弁護士秘書が行ないます。

メールは弁護士秘書が先に目を通して確認し、電話での最初のやり取りにも対応します。

個人営業でない限り最初からいきなり弁護士本人が応対することはないでしょう。

また、来客してきたクライアントの案内なども弁護士秘書が対応します。

「提出書類の作成」

弁護士の仕事では、契約書・公文書などさまざまな書類を作成することがあります。

それら提出書類の作成なども弁護士秘書が代行して作成します。

ただし、弁護士秘書は弁護士資格や専門知識を持っている立場ではありません。

そのため書類全般に対応し責務を負うわけではないのです。できる範囲は限られています。

法律に詳しいパラリーガルなどがいる場合には、重要書類の作成はそちらに任されることになるでしょう。

弁護士秘書に向いている女性の特徴は?

法律書の画像

さまざまな重要案件をこなす弁護士の側近として、サポートをするのが弁護士秘書です。

当然、秘書本人も忙しい時期があります。

敏速かつ柔軟に対応するための弁護士秘書の仕事には、どのような特徴を持った人物が向いているのでしょうか?

ここでは、弁護士秘書として向いている女性の特徴を解説していきましょう。

誰かのサポートをすることが得意

周囲の人々をサポートするのが得意な女性は、弁護士秘書に向いています。

どちらかといえば、自分が率先して前に出るのではなく、リーダーを陰で支えることに意義を感じる人が理想でしょう。

弁護士の側近として縁の下の力持ち的存在で毎日働くのが弁護士秘書です。

自分から能動的にプロジェクトや企画を動かす立場ではありません。

あくまでも、弁護士の仕事がスムーズに流れるための雑務を引き受けるからです。

誰かのサポートが好きでやりがいを感じるタイプの女性に相応しいといえます。

臨機応変に対応できる

スマホを見る画像

弁護士秘書には臨機応変な行動ができる女性が向いています。

顧客先での案件処理などで弁護士が外出するということは日常的です。

また、弁護士が多忙で話す機会が少ないような状況下では、弁護士秘書が臨機応変に行動する必要があります。

予定の変更依頼があればスケジュール調整するといったことは、ほぼ弁護士秘書に一任されています。

担当弁護士の動向を常に把握しつつ、柔軟に対応することになっています。

ケース・バイ・ケースで円滑な弁護士業務を管理するために、常に頭をフル回転できる人が望ましいでしょう。

細かい事務作業や管理が得意

弁護士秘書には事務仕事に自信がある人物が望ましいです。

法律関係の業務にはミスがあっては信用にかかわってしまいます。

書類作成や手続きには細心の注意が必要です。

難しい個所については弁護士やパラリーガルがあらかじめ準備しています。

それ以降の雑務に近い内容、法務局への書類提出・書類保管などは、弁護士秘書が指示通りに処理をする流れです。

日頃から細かい事務管理が得意な女性や、責任感を持って正確な仕事をしたい女性には弁護士秘書が向いています。

ワンポイント
弁護士秘書は細かい気配りと貢献意識が必要

弁護士秘書のやりがい

justiceの画像

弁護士秘書のやりがいとは、慣れてくると法律関連の仕事の一部を任されることにあります。

とても責任のあるポジションを感じられる点が魅力です。

弁護士が滞りなく仕事をこなすために、何をするべきかを常に先回りしながら準備をしていきます。

社会的にも意義がある仕事を、間接的ながらも手伝えるのもやりがいといえるでしょう。

弁護士秘書が持っていると良い資格

スーツの画像

弁護士秘書はの仕事は、弁護士業務のサポート役として必要なことを準備することがメインといえます。

弁護士不在時の対応を任されるのです。

弁護士秘書になった場合、どのようなスキルや資格を所持していると役立つのでしょうか?

ここでは、弁護士秘書が持っていると良い資格について紹介しましょう。

「秘書検定」

弁護士秘書を希望するのなら、実務技能検定協会が実施する「秘書技能検定」がおすすめです。

もしくは全国経理学校協会が実施する「秘書能力検定」の受験も考えておくとよいでしょう。

一般的な秘書の職務知識や資質に関することが体系化されていて効率的に学べます。

これらにはビジネスマナーも含まれているため、弁護士秘書や一般秘書の仕事を志望するのであれば最適な資格です。

「TOEIC」

英語の勉強をする画像

弁護士秘書は、TOEICを受けてもよいでしょう。あらゆる企業にて英語のスキルは求められています。

法律事務所でもそれは一緒で、とくに外資系法律事務所では英語力が必須である可能性が高いからです。

高いスコアを取れるよう常に英語力を鍛えておくと役立ちます。

ワンポイント
弁護士秘書は資格不問だが所持しておくと有利なものもある

弁護士秘書の1日のスケジュールをチェック

本棚の画像

弁護士秘書の1日のルーティーンは、どのように経過するのでしょうか?

一般的な1日のスケジュールを簡単に紹介しましょう。

まず就業時間は午前9時前後で、担当弁護士との朝の打ち合わせ・ミーティングを行います。

その日の段取りを確認し、ミーティング終了後に自分の抱える業務に取り掛かるのが常です。

請求書などの書類作成や電話応対、来客応対などをします。

正午もしくは13時頃より昼食休憩を1時間はさむことでしょう。

午後も引き続き書類作成や担当弁護士の仕事の下準備など、さまざまな雑務に追われていきます。

終業時間は18時前後が一般的です。また、業務量によって1〜2時間の残業をすることもあります。

弁護士秘書の残業時間の平均は約160時間です。繁忙期や閑散期によって変動があると思っておきましょう。

弁護士秘書として仕事をするメリット・デメリット

書類を確認する画像

弁護士秘書の仕事は、一般的な秘書業務とも通じる内容も多くあります。

しかし弁護士のサポートという意味から、他では味わえない経験もできるのが魅力です。

毎日多忙な弁護士の側近なので、仕事についてのメリットやデメリットもいろいろあります。

ここでは、弁護士秘書の仕事上のメリット・デメリットについて解説していきましょう。

弁護士秘書のメリット

サポート役としてのやりがいを感じるのが弁護士秘書の魅力です。

先述もしてあるように、決して主役ではありません。

しかし、弁護士の社会的役割の一部分を担えることにやりがいを感じることができます。

弁護士秘書が仕事をスムーズに遂行できれば、一番喜ぶのは担当弁護士です。

自身の仕事がはかどるので信頼関係も築けて、より働きやすくなるのがメリットといえます。

弁護士秘書のデメリット

弁護士秘書のデメリットは、理不尽な雑務を行なうことがある点です。

顧客や一部の弁護士から、理不尽な対応を要求される場面も想定できます。

また、担当弁護士の性格や特徴を把握して柔軟に対応しなくてはなりません。

担当弁護士が自分と適性が合うかどうかは未知数です。

秘書として気を使いながら過ごすことも多いので、精神的なストレスが溜まりやすいのもデメリットでしょう。

たとえ理不尽な対応や態度を強いられても、幅広い業務をこなさないと務まりません。

かなりタフな女性でなければ務まらないといえます。

ワンポイント
弁護士秘書は雑務に追われて理不尽さもあるが社会的な意義がある

弁護士秘書の給料

受付の画像

弁護士の仕事のサポートということもあり年収が多いイメージがありそうです。

実際は、一般企業の秘書の収入とさほど変わりありません。

弁護士秘書の収入は、勤務する法律事務所によって異なりますが350万~450万円が標準です。

日本に点在する弁護士事務所のほとんどは規模が小さくて個人事業主といえます。

大企業ほどの福利厚生・手当・制度は期待できないと思ったほうがよいでしょう。

大手法律事務所・外資系法律事務所といった花形で著名な職場であれば、制度も完備されていることがあります。

未経験から弁護士秘書になるにはどうすればいいの?

タイプライターの画像

弁護士秘書になるための特別な条件というのは存在しません。

有名な事務所は別としても、学歴不問なところがほとんどです。

つまり未経験からでもその気になれば、よいタイミングで転職できる可能性を秘めています。

では、未経験者が弁護士秘書になるための方法について簡単に述べていきましょう。

弁護士事務所の先生に直談判

最もポピュラーな方法は求人案件を見つけたら応募してみることです。

個人法律事務所の場合も一般企業と同じように、欠員が出た場合に補充要員を募集することがほとんどだといえます。

もし欠員情報を確認したら、迷わず弁護士事務所の先生に直談判してみてはいかがでしょうか?

採用に関する権限は弁護士にあるはずです。知り合いや伝手があればすぐ採用される確率も高まるでしょう。

それに、先を見越して行動するほうが好まれます。

求人サイトなどに掲載する費用を抑えることもできるので、弁護士側としてもうれしいはずです。

転職エージェントを利用しよう

弁護士秘書の求人案件は、新卒者を大々的に募集をする形式はほとんどなく、ごく限られた範疇で行なわれています。

たまたま欠員が出た法律事務所が、その補充を目的に募集を掛けるのが主流です。

そのため、案件そのものも少なく自らの力で探し出すのも難しい場合があります。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントを利用する方法です。

ただし転職エージェントに持ちかけられる案件自体も少ないことは最初に自覚しておくべきでしょう。

それでも単独で求人案件を探すよりもメリットがあります。

転職エージェントを利用すると、書類選考の通過がしやすくなるでしょう。

また、複数の求人に対応できることや、入社後に生じるミスマッチを未然に防げる利点があります。

ワンポイント
弁護士秘書の求人は転職エージェントなどあらゆる可能性を追求すること

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スケジュール帳の画像

転職についての悩みや不安があるのは当然です。自分の力だけで解消できるのであれば問題はないでしょう。

しかし、案件が少なく理想とする転職ができない状況も想定できます。

もしそのような場合は、一度転職エージェントに登録して活用することもおすすめします。

転職エージェントは転職の専門家として評価されています。

求人を出そうとする企業側も、転職サイトに掲載するよりも信頼を寄せています。

そのため登録者へ優良企業を紹介することが期待できるからです。

まとめ

領収証を切る画像

弁護士秘書は弁護士をサポートする役割の職務で、本来は性別の制限はありません。

ただし多くの場合、女性の弁護士秘書が目立っているのが実情です。

法律事務所にて正社員で雇用されることはもちろんのこと、パート・派遣社員での働き方も珍しくありません。

いずれにしても、主役である弁護士を陰で支える大切な役割を担っています。

弁護士秘書としてやっていくのなら、機転が利いて責任感のある人物が望ましいでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら