金融営業に転職したいと考えている人に向けて志望動機を中心に解説します。

女性が金融営業に転職する場合にはどのような志望動機が面接官の目にとまるのでしょうか。

具体的な例をあげながらポイントを紹介します。

金融営業の主な仕事内容についても解説しますので参考にしてみてください。

Contents

金融営業の志望動機の書き方を解説

金融営業に転職したい人が履歴書志望動機を書く場合、何に気をつければよいのでしょうか。

大切なのは面接官がどのような人物像を求めているかを知ることです。

志望動機から自社で働くあなたの姿を想像できるような内容にしていきましょう。

企業によって求める人物像は異なります。

その点は企業研究をしながら調べる必要があるでしょう。

ただ、業界全体として求められる人物像というもの存在します。

志望動機を書く前に企業研究とあわせて業界研究をしてから書き始めることが大切です。

金融営業の主な仕事内容

まずは金融営業の主な仕事について理解していきましょう。

未経験からの転職を検討している場合にはとくにこの項目は重要となります。

仕事内容を把握していないのに志望動機を書くことはできません。

もしも把握しないままで志望動機を書いてしまうとブレが生じる可能性もあるでしょう。

しっかりと内容を把握してから志望動機を書くことをおすすめします。

個人営業

金融営業の個人営業はリテール営業と呼ばれることもあります。

銀行や証券会社、保険会社の営業職として個人の顧客に対して金融商品を提案するのが主な仕事です。

取り扱い商品は金融機関ごとに異なります。

保険会社では生命保険や損保保険などの提案を行います。

証券会社では株式や債権、投資信託や終身保険などの生命保険の取り扱いも行っています。

最近ではネット保険を利用する人も増えており、個人で保険契約や投資をする機会も多いでしょう。

そのようななかで個人営業は対面ならではの強みを生かして行くことが求められます。

対面で商品説明や信頼関係の構築、人間力を磨くことが必要です。

法人営業

法人営業は文字通り法人を対象とした営業を行うのがメインの仕事です。

商品やサービス、業種によって法人営業の働き方は異なります。

ルート営業では既存の顧客を対象とします。

飛び込み営業では新規顧客を自ら得るために電話や訪問をメインに活動します。

法人営業では取引継続のためのフォローも大切な業務となる点が特徴です。

 

ワンポイント
金融営業には個人営業と法人営業の2種類の仕事があります。そのため自分がどちらで働きたいかを明確にしておくことも大切です。

金融営業の志望動機を考える時のポイント

金融営業への転職で志望動機を考えるにはいくつかのポイントをおさえる必要があります。

具体的には金融機関ごとに考えることがコツとなるでしょう。

ただ基本的におさえておいたほうがよいポイントもあります。

基本のポイントを3つ紹介します。

金融業界を選んだのか

面接で質問されやすい内容でもありますが金融機関を選んだ理由を考えましょう。

とくに異業種からの転職を検討している場合は、なぜ異業種から転職するのかを問われることが多くあります。

金融機関にはさまざまな種類があるため、自分が転職したい金融機関にあわせた内容を考えることも大切です。

銀行、証券、保険などそれぞれの特徴をまずはよく理解しておきましょう。

なぜその企業でなければいけないのか

数多くある金融機関のなかでなぜその企業を選んだのかも明確にしておきたいポイントです。

たとえば銀行を選択した場合、単純に銀行を選んだ理由を考えるだけではなく、さらに深掘りすることもポイントになります。

具体的には、銀行にもメガバンク、地方銀行、信用金庫、信託銀行などが存在します。

自分はどこに転職したいのかをよく理解しておきましょう。

銀行と一括りにしたとしてもそれぞれで特徴が異なります。

それぞれの銀行の違いをよく理解した上で志望動機を考えましょう。

保険会社も証券会社も同様のことがいえます。

自分がどのように貢献できるか

どのような業界でも求められる人物像というものがあります。

志望動機を書く場合には業界や企業で求められる人物像をしっかり理解しておくことが大切です。

金融機関の場合、銀行、保険、証券によって求められる人物像が異なる点も理解しておきましょう。

自分が希望する企業でどのような働きができるのかを具体的にイメージしてみましょう。

志望動機には企業が求める人物象と自分が貢献できることを記載することがポイントとなります。

金融営業の志望動機の構成をチェック

金融営業では顧客やクライアントに対して自社商品やサービスをわかりやすく説明する能力が求められます。

つまり志望動機に関してもいかに面接官にわかりやすく書くことができるかが重要なポイントになるのです。

金融営業の志望動機を書く際にはまず構成を作り上げてから肉付けしていく方法もあります。

入れ込みたい構成は次のとおりです。

  • 何かを説明する場合は工夫したことを盛り込む
  • 話している相手の思いを汲み取るために工夫したことを盛り込む
  • 仕事に対する達成意欲の高さを盛り込む
  • 失敗したことから得たことをアピールする
  • フットワークの軽さをアピールする

金融営業の志望動機としてNGなこと

金融営業として転職する際の志望動機としてNGな内容について解説します。

意識していないと思わず書いてしまいそうな内容に的を絞って紹介しますので参考にしてください。

「経済発展に関わりたいから」はNG

志望動機は明確さが求められます。

経済発展に関わりたいからという理由は抽象的な志望動機と捉えられてしまうためNGです。

面接で「具体的に経済発展のためにあたなができることはなんですか」と問われたらなんと答えるでしょうか。

大きなことをいうこともよいですが、具体的に貢献できない内容は避けたほうがよいでしょう。

企業側も志望動機からあなたが働く姿を想像しにくいためこうした動機はあまりおすすめできません。

「待遇や給与がいいから」はNG

転職の理由が待遇や報酬であるケースは少なくありません。

ただし、志望動機にそれを正直に記載してしまうことはNGです。

待遇や給与は働く上で重要な条件です。

誰もがこうした面を気にするのは本音でしょう。

とはいえ履歴書に思い切りこうした内容を記載してしまうとマイナス評価につながります。

履歴書にわざわざ書くということはそこにしか興味がないのかと思われてしまいます。

志望動機はあくまでも仕事内容に関連したことを書くようにしましょう。

「数字に強い」だけではアピールにならない

金融営業というと数字に強いことがアピールポイントになると考える人も多いでしょう。

ただ、企業側からするとこれはありきたりなアピールポイントと捉えられることが大半です。

金融業界に転職しようという人が数字に弱くてはそもそも話になりません。

数字に強いというアピールはアピール性が弱いと考えておきましょう。

より具体的に実績をあげるなどしてインパクトのあるアピールができる内容を考えましょう。

 

ワンポイント
金融営業の志望動機として書きがちなフレーズのなかにはNGとなる表現もあるため注意が必要です。

金融営業の志望動機の例文をチェック

志望動機は企業が応募者の意欲や本気度を確認するための重要なポイントです。

入社後のミスマッチを避けるためにも志望動機を判断材料とします。

転職でなかなか書類選考を通過できない場合、志望動機に問題がある可能性もあるでしょう。

ここでは金融営業の志望動機の例文を紹介します。

証券会社の営業に転職を希望している場合

前職では窓口業務の担当として勤務しておりました。

窓口業務をするなかでお客様によりわかりやすい説明ができるようになりたいという気持ちが強くなりました。

そこで仕事をしながら証券外務員資格の勉強をして資格を取得しました。

貴社の実力で昇進や昇格が認められるフラットな組織体制に興味を持っていることもあります。

また資産運用での豊富な実績にも魅力を感じております。

資格取得で得ることができた知識と意欲を生かして貢献して参りたいと考えております。

銀行の営業に転職したい場合

「お客さまに信頼してもらうことは社員一人ひとりのやる気と人間性につながる」

この貴社の企業方針に感銘を受けて志望いたしました。

実際に企業見学をさせて頂いた際にも、行員のみなさまがお客さま第一主義で働いておられる姿を拝見しました。

ATMで困っておられる方に優しく声をかけられる姿に企業方針が実行されていることを感じることができました。

貴社のようにお客さまを心から大切にされる銀行の営業として働いてみたいという意欲がますます強まりました。

前職で培った対話力を生かしてお客さまに信頼していただける営業として貢献して参りたいと思っております。

生命保険会社の営業に転職したい場合

前職では保険のコールセンターで受信業務を担当しておりました。

長年働いてきたなかでお客さまが保険に対して抱かれる悩みや不安の特徴を理解することができたと自負しております。

この経験を生かして今度は営業として直接お客さまと対話しながら商品のご提案をする仕事をしてみたいと思っております。

お客さまへのしっかりとしたカウンセリングと適切なご提案を基本に貴社に貢献していきたいと考えております。

金融営業の志望動機のNG例

金融営業の志望動機としてNGとなる内容についてもみておきましょう。

使いがちなフレーズがNGになることもあることをよく理解してから志望動機を考えることも大切です。

やりがいのある仕事がしたい

「貴社ではやりがいのある仕事ができると感じています。

私のやってみたい業務もたくさんあります。

前職ではなかなか実力を発揮する場がありませんでしたが、貴社ならば私の力を生かすことができると思います。

そのため貴社を志望しました。」

このような志望動機では抽象的な印象しか受けないでしょう。

「やりがい」をあげるのであれば具体的な内容をあげる必要があります。

企業側からするとやりがいがなくなってしまったら辞めてしまうのかもしれないと取られられる可能性もあるでしょう。

このケースでは、その企業でしかできないことをあげてアピールすることが重要です。

自意識過剰な志望動機はマイナス評価

「私は多くの資格を保有しています。

営業として前職でも多くの実績を達成してきました。

貴社にとっても私を採用することで多くの利益を得ることができると考えています。

前職でも高い評価を得てきましたがさらにキャリアアップしたいと考えて貴社を志望しました。

どのような場面でも忍耐強く働くことができるため必ずお役に立てると自負しております。」

このような志望動機では自意識過剰な点が強く出過ぎていてマイナス評価につながります。

 

ワンポイント
金融営業の志望動機については企業が求める人物像にある程度あわせることも大切です。

取得しているとアピールできる資格

金融営業に転職するために取得していると有利な資格について解説します。

証券会社に転職を希望している場合は証券外務員の資格を保有している有利です。

前職が証券会社勤務だった場合には保有している人も多いでしょう。

未経験からの転職では証券アナリストの資格もおすすめです。

経験者のステップアップなら、FP技能士1級、CFPもよいでしょう。

専門性の高い資格としてはMBAや語学の資格もアピールできる資格です。

転職先で資格手当が出る可能性が高いものは、社会保険労務士、公認会計士、中小企業診断士などがあります。

基本的な資格としては、日商簿記、AFP、アクチュアリーなどもおすすめです。

 

ワンポイント
金融営業に転職するため保有しておくと有利な資格は多数あります。これから取得する人は転職先にあった資格を取得するようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

 

金融営業は専門性の高い職業です。

未経験からでももちろん転職は可能です。

ただし資格を取得するなどある程度の業界研究と勉強は必要と考えておいたほうがよいでしょう。

金融業界で活躍できる資格は多数あります。

どの資格を取得すればよいかなど転職活動で行き詰まりを感じた場合は転職エージェントの活用がおすすめです。

専門性の高い業界への転職だからこそ転職のプロにしっかりと相談しましょう。

まとめ

金融営業への転職を検討している場合について解説してきました。

まずは書類選考に突破するための志望動機の書き方から理解していきましょう。

書類選考で落とされた経験がある人は志望動機の見直しも必要です。

志望動機は企業側が応募者の人物像や意欲を判断するための材料にもなります。

書類の段階でこの人に会ってみたいと思わせることができたら成功です。

会ってみたいと思ってもらえる志望動機を書くにはそれなりの努力や研究も必要になります。

忙しくて時間が取れない場合には転職エージェントを活用して効率的に転職活動を進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら