面接時に大げさな身振り手振りを使うと、落ち着きのない人というイメージを持たれるもととなってしまいます。

同時に強く印象付けたい場面で効果的に使えば、ジェスチャーは話したいことを伝える上では大きなメリットにもなり得るのです。

こちらでは面接のどの場面で身振り手振りを使うと、より効果的なのか詳しくお話ししています。参考にして下さいね。

Contents

女性が面接で身振り手振りを効果的に使う方法を解説

女性 面接

女性が使いがちな身振り手振りには、どのようなものがあるのでしょうか。

何度も前髪を触る・口元を押さえる・足を組むなど、何気なく使ってしまいがちな身振りです。

当然ですが、このような動作は面接では使うべきではありません。面接で容認される身振り手振りについて解説しましょう。

面接では基本的に手は膝の上に重ね、姿勢を良くして面接官の目を見て話します。

ただ、ここは強調したいと思うところに身振り手振りを入れることで、面接官の印象に強く残る場合もあります。

身振り手振りは使い方や使う場面によりよい結果をもたらす場合もありますが、その場合でも大げさにし過ぎないことが大切です。

 

ワンポイント
 面接で身振り手振りを使うときは使い方や使う場面を考えましょう。

 

面接で身振り手振りはどんな時に使うべき?

OK,NG,プラカード

面接で自分の気持ちを強調したい時に身体を使い表現すると、相手に伝わりやすくなります。例えば次のような場合です。

ものごとの大きさを言葉だけでなく身振りで感じてもらいたい時。

自分が何を希望しているか、そしてどれだけ期待しているかなどを強く印象付けたい時

こうしたいと思うのはこういう理由からと強調したい時などです。強調したい時には少し声も大きくしましょう

身体で表現することが必要な場面、言葉でしっかりと伝える方がよい場面を見極めて、効果的に使うようにしてください。

規模の大きさを表現したい時

こんなに大きな…という時に少し手を広げるようにすると、その規模が伝わります。

ただし必要以上に手を広げるのではなく、少しだけ広げるようにしてください。大げさではなくほんの少しです。

それだけでも大勢の面接者の中では、充分に面接官の印象に残りやすくなります。

はきはきとした動作や話し方は、活発で行動力のある明るい人というイメージとして伝わります。

内容を強調したい時

自分は心からそう思っている。それはこういう理由からですと自分の気持を強調したい時も身振り手振りが効果的です。

こういう理由で私は強くこう思っています。と胸に両手を重ねて伝えることで、より強い気持ちを表します。

真摯な態度を崩さず強調したいところにのみ、より伝わりやすいように身振り手振りを加えるようにしましょう。

その場合にもやり過ぎないように注意が必要です。ほんの少し両手を動かす程度にして下さいね。

面接で身振り手振りを使うメリット

ノート、鉛筆、Icanの文字

面接でジェスチャーを使うと、熱意のある人活発な意見を持った人と感じてもらえるというメリットがあります。

特に伝えたいことや自分の強い思いを言葉にする時には、適度なジェスチャーは効果的です。

ただし使いすぎると逆効果ですよ。落ち着きのない人と思われたり、誠実さに欠けるととられます。

面接で身振りを交えて話すことには、その他どのようなメリットがあるのか挙げてみましょう。

印象に残りやすい

大勢の中で面接官の印象に残るには、人と同じではなく身振り手振りを効果的に使うことも大切です。

転職希望者の多い昨今では、面接も複数で一次面接を行い数名に絞られることも珍しくありません。

大勢の中の一人という場合には、できるだけ面接官に覚えてもらいたいものです。

そんな時にタイミングよく身振り手振りを使うことで、自分の存在を覚えてもらえるというメリットは確かにあります。

もちろんこの場合でも、何度も言いますがやり過ぎるのはダメですよ。悪い印象をもたれたのでは元も子もありません。

言葉だけでは伝えられない情報を提示できる

自分が思っていることを相手にわかってもらうには、軽いジェスチャーが有効です。

こういう感じでと身振り手振りを使うことで、相手の理解を得られる場合もありますよ。

面接のように短い時間で自分の考えを端的に伝えなくてはいけない時、言葉だけでは充分に伝わりにくいものです。

そんな時に上手に身振り手振りを使えば、内容によっては理解を得やすいのです。

何もしないよりリラックスできる

面接中じっと身体を動かさずに面接官と対峙していると、緊張で日頃の自分を出しきれません。

手を胸にあてたり少し身体を動かすと、リラックスできるという嬉しい効果も期待できます。

あくまでも大きすぎないことが前提ですが、ジェスチャーを交えながらの会話は落ち着きを取り戻す効果もあるのです。

リラックス状態で受ける面接は緊張した場合の面接よりも、充分に本来の力を発揮できることでしょう。

 

ワンポイント
 言葉だけで伝わりにくいときは、大げさにならない身振り手振りも効果的です。

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で身振り手振りを使うデメリット

NG

面接で大切なのは、安心して仕事を任せられる人だと認めてもらうことです。

面接官は信頼できる人間かどうかを、短時間で見極める必要があります。その決め手となるのは第一印象です

あまりに身振り手振りの大きな人は、落ち着きがなく安心できないという印象を持たれがちです。

面接官に苦手なタイプだと思われるなど、過度な身振り手振りはデメリットとなりますよ。

落ち着きがない印象を与えてしまう

 

GIVE UPの文字

面接中だというのに話をするたびに身振り手振りを使うと、落ち着きのない人だと面接官は評価します。

落ち着きがないということは、仕事も大雑把で最後までやり遂げることができないのではと思われがちということです。

人の話をじっくりと聞けないのではないか、うっかりミスが多いのではないかとイメージされるのです。

面接で一番あってはいけないのは、実力が思うように出せないことです。本来の姿でない評価を受けないようにしたいですね。

気配りや細かな作業が苦手な印象を与える可能性がある

大きすぎる身振り手振りは始終動いているという印象を与え、これは気配りができない人という印象に繋がります。

また仕事によっては、落ち着きがなく細かな作業には不向きだと決めてしまわれる場合もあるでしょう。

特に数人で行う面接では、目立つことがメリットとなる反面デメリットとなる場合があるので注意しましょう。

面接では過度な身振り手振りは第一印象を悪くしてしまう場合もあるので、充分な注意が必要なのです。

面接で身振り手振りを使う時の注意点

注意

面接で印象付けるために身体を使って話すのは悪くありませんが、いくつかの注意点を守る必要があります。

身振り手振りはあまり頻繁だと落ち着きのない印象を与えます。特にアピールしたい時にだけ使いましょう。

面接の場にそぐわない言い回しや身振りは、面接官の印象を悪くしてしまう場合もあるのです。

面接で自分をアピールすることは大事です。大勢の中で少しでも面接官に自分を印象付けたい気持ちもわかります。

それだけに面接時では、相応しい身振り手振りを使うことを心掛ける必要があるのです。

大袈裟な振る舞いを避けよう

面接官は面接者の何を見てその人の人間性をチェックするのでしょうか。それは動きと表情です。

言葉は取り繕っても性格や癖はつい出てしまいます。表情もなかなか思うようにコントロールはできません。

特に面接官は多くの面接者を見てきています。心からの表情や動作かを一瞬で把握します。

あくまでも自然体で、本当の自分をそのまま出す方が良い印象を与える場合も多いのです。

無理にわざとらしく大げさなジェスチャーをしたのでは、かえって不審な行動と取られてしまいます。

過度な身振りは落ち着きがなく軽はずみな人間、そして調子者というイメージを持たれかねません。

大切な面接でマイナスイメージを持たれることのないように、充分気をつけて下さい。

やりすぎはNG

注意喚起をする女性

面接での身振り手振りは面接官の心情を悪くしない程度でとどめ、必要以上の大袈裟な表現は不要です。

明るく元気なイメージは大切ですが、面接の場でのやりすぎはNGと心得ましょう。

TPOをわきまえないお調子者だと面接官に悪いイメージを持たれてしまい、そのイメージはなかなか消えません。

不必要な動きは面接官によい印象を与えることはありません。面接ではよほど効果的なシーンでのみ身振り手振りを使いましょう。

 

ワンポイント
 面接では相応しい身振り手振りで!やり過ぎはかえって逆効果になります。

 

面接で身振り手振りを効果的に使うポイント

ポイント

面接で自分自身をアピールする為に上手に身振り手振りを使える人は、面接力の高い人が多いです。

同時に面接での身振り手振りの効果的な使い方を知っている人も、面接力の高い人だといえるでしょう。

やり過ぎはいけませんが、自分をよりアピールする為には上手に身振り手振りを使うのも効果的なのです。

面接時の身振り手振りは効果的に使ってこそ効力があるのです。どのような使い方がよいのかポイントを挙げてみましょう。

身振り手振りの動きは最小限にしよう

まず第一に心掛けたいことは、身振り手振りは必要最小限にとどめるということです。

物静かな感じの人がここぞというポイントで、身振り手振りを加えて意見を述べるからこそ印象に残るのです。

大切なのは、必要以上に動かないこと。面接官は一挙手一投足を見ています。話のたびに動くことはやめましょう。

こんなに落ち着きがなくては、仕事でのミスも多いのではないかとみられてしまい、思わぬ結果となる可能性もあります。

身振り手振りは焦点を絞り、ここが一番大切と思うところだけに使うようにしましょう。

忙しないイメージを与えないために「多動しない」

話のたびに大げさに手を動かしたり身体を動かすのは、活発というよりも忙しない落ち着きがないと見なされます。

面接で大切なのは安心して仕事を任せられるかということです。落ち着きのない忙しない人には任せたくないでしょう。

面接には会社の仕事は何でも私に任せて下さい。胸を張ってそういえる態度で臨む必要があるのです。

落ち着いた態度で多動しない。そして一番伝えたいことを話す時に、大げさでない程度の身振りを加えるとよいでしょう。

 

ワンポイント
 忙しないイメージを与えないように面接では過度な動作は避けましょう。

 

面接で身振り手振りの他に好印象を与える方法

ミーティング女性

面接での話し方や身振りについてお話ししていますが、動作が大き過ぎるとかえって悪いイメージに繋がります。

大げさな身振り手振りは極力控えるべきでしょう。他にも面接官に好印象を与える動きはいくつかあります。

それは相手に対して良い関係でいたいと望んでいることのわかる動作です。大げさなものではありません。

静かな笑顔で相手を見て、相手の言葉に対してゆったりと相づちを打つというのもその一つです。

面接で面接官に感じの良い人だと好印象を持たれるのは、やはり自然な明るい笑顔の人なのです。

口角を上げて表情を明るく見せよう

自然な笑顔は緊張する面接の場では、なかなか作れるものではありません。日頃から明るい表情を作る努力も必要ですよ。

一人でいる時にも、鏡を見ながら口角を上げる練習をしましょう。最初は口の両端を上に向けて引き上げます。

いつも口角を上げることをイメージし、人が見ていない時でも自然な笑顔でいられるようにしてくださいね。

口角の上がった自然な笑顔は表情を明るくしてくれます。明るく感じの良い人だと好印象を与えるのです。

面接時においては、感じの良い人だと思ってもらえることが一番必要なことです。

頭の良さや知識の豊富さ以上に、明るく感じの良い人は高い評価を受けるでしょう。

相手の話す速度に合わせて相づちを打とう

ゆったりと話しを聞く態度は、相手に安心感を与えます。相手の話し方に合わせて時々相づちを打つとより効果的です。

控え目なようでも、相手の言葉を肯定する小さな頷きは大きな効果をもたらします。

相づちはあくまでも相手の話す速度にあわせることが大切です。忙しなく何度も相づちを打つのは逆効果ですよ。

相手の言葉はしっかりと聞き、なるほどと共感した部分で相づちを打つことです。形だけの相づちは必ずわかってしまいます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

身振り手振りはタイミングと見せ方が重要

笑顔で手を胸に話す女性

面接時の身振り手振りの使い方についてお分かりいただけましたか。身振り手振りにはタイミングが必要です。

大げさでないジェスチャーはやる気や行動力を感じさせます。熱意をもって一生懸命説明していると評価されます。

身振り手振りはその見せ方も大切です。自分が一番強調したいことを、少しだけ身体を前に乗りだして話します。

身振り手振りも、やり過ぎない程度なら熱意を伝えるためには大切なのです。使う場合にはタイミングを選びましょう。

間違っても、最初から最後まで身振り手振りを交えて話してしまうことの無いように、充分注意して下さい。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ノートパソコン、二人の女性

転職での面接での身振り手振りについてお話ししました。面接ではその使い方のタイミングが大切なのです。

面接で自分をアピールする方法がわからないなど、転職についての悩みは転職エージェントに相談しましょう。

一人だけで考えて悩む必要はありません。転職エージェントの適切なアドバイスがきっと解決してくれますよ。

上手に活用して、就活生活を実りあるものにして下さいね。

まとめ

女性 まとめ

面接での身振り手振りは、大げさでなくタイミングよく使えば効果的ですが、やり過ぎると落ち着きのない人と思われがちです。

始終動くのではなく、ここはどうしても伝えたいという部分にだけ少しジェスチャーを交えましょう。

面接時には身振り手振りだけでなく、自然な笑顔で面接官と向かい合い相手に合わせて相づちを打つなども効果的です。

転職の面接で行き詰ったら、一人で悩まないで転職エージェントに相談!きっと問題解決の糸口がつかめることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら