不動産営業と聞くと、なんだか難しそうな仕事。

と、身構えてしまう方も多いかもしれません。

不動産営業は、不動産を販売したり賃貸仲介をしたりすることが主な仕事です。

今回は、不動産営業の主な仕事内容や、不動産営業に向いている女性の特徴について紹介します。

Contents

不動産営業の仕事内容を解説

不動産

一口に不動産営業と言っても、その仕事内容はさまざまです。

こちらでは、不動産営業は主にどういった仕事内容があるのかを解説します。

不動産賃貸仲介

あなたは、引っ越しなどで部屋を探す時、不動産会社に行って希望の物件を探しませんか?

不動産賃貸仲介とは、物件を借りたい人と貸したい人の間に立って、契約を結ぶ(賃貸借契約)お仕事です。

部屋を借りたい人に対して、おすすめの部屋を紹介したり物件の内見の付き添い契約手続きが主な仕事内容です。

基本的にお店に来る人は、部屋を借りたいという希望があって来ます。

物件を全く借りる気がない人に対してではなく、物件を借りたいと検討している人に対して営業を行います。

興味がない人に対して、こちらから営業活動を行うということはありません。

相手の希望を聞いて、おすすめの物件を紹介していきます。

営業という職であるものの、個人的に売り上げノルマがある場合は少なく、店舗ごとに売り上げ目標数字を目指します。

不動産販売

不動産販売は、自社が保有している不動産の販売を行う仕事です。

基本的には、自分自身で電話や自宅を訪問し個人のお客さんに対して営業活動を行います。

また、不動産の展示会も開催される場合があり、展示会に訪れたお客さんに対して営業を行うこともあります。

不動産は高額商品であるため、すぐに不動産を購入するお客さんにめぐり合えるわけではありません。

また、個人個人に売り上げノルマが設定される場合がほとんどです。

高額商品のため、契約を結ぶことができれば高いインセンティブを得ることができます。

不動産契約のためには、不動産への深い知識やお客さんへの高い営業能力が必要です。

購入するお客さんの人生の中で1,2を争う大きな買い物になる可能性が高いからです。

不動産販売仲介

マンション

不動産販売仲介は、不動産を売りたい人と買いたい人の間に立って、双方を結ぶお仕事です。

自社が、元々所有している不動産を販売するわけではないので、まずは不動産を売りたい人を見つける必要があります。

不動産を売りたい人を見つけるため、チラシを作成しポスティングしたり、電話営業や訪問営業などを行います。

売りたい人が見つかったら、次は購入したい人を探しその後、営業・販売を行うのです。

不動産の仕入れから、販売までを手がけるので必要な知識・スキルは多岐にわたり難易度は高いお仕事です。

 

ワンポイント
 不動産営業には、
・不動産賃貸仲介
・不動産販売
・不動産販売仲介 といった種類がある

不動産営業が取り扱う商品を知ろう

ビジネスパーソン

不動産営業が取り扱う商品は、当然不動産です。

しかし、取り扱う不動産にもいくつか種類かあるのをご存じですか。

ここでは、不動産営業がどんな商品を取り扱っているのかを紹介します。

住居用のマンション

住居用のマンションは、家族が暮らすことを想定したマンションです。

そのため、投資用マンションよりも広く、暮らす人の生活を第一に考えた設計になっています。

部屋数を多めに設計してあり、快適なキッチンスペース・余裕のある収納スペースを設けているのが特徴。

住む人の暮らしやすさ・使いやすさに重きが置かれており、快適な生活ができるマンションです。

投資用のマンション

投資用マンションは、住居用マンションとは違い自分で住むのではなく、他人に貸し出して利益を得るマンションのことです。

ワンルームの単身者向けの部屋が多く、キッチンやお風呂もコンパクトでシンプルな造りになっている場合が多いです。

住居用の戸建て

戸建て

住居用の戸建ては、購入した本人が住むための住居です。

中には、賃貸用の戸建てもあります。

住宅展示場や、モデルハウスに足を運んだことがあるという方も多いのではないでしょうか。

自社で建設した戸建てを販売したり、販売してから戸建てを建設する場合もあります。

戸建ての住宅は、マンションのようにすぐ隣に人が生活しているわけではありません。

そのため、子供の声や深夜の洗濯音なども、比較的気にせず生活することができます。

また、庭がある場合はガーデニングや、子供の遊び場を設けるといったことも可能です。

オフィス

オフィスとは、事業で使用する事務所や事業所・テナントのことです。

事務などの作業を行うことを目的としているので、法人や経営者といった人が顧客対象となります。

投資用の一棟マンションやアパート

一棟マンションやアパートは、一棟をまるごと購入する投資用のマンションです。

一棟買いの場合、ワンルームマンションとは比べ物にならないほどの資金が必要となります。

大きな利益を得ることができますが、その反面で失敗した場合のリスクも大きくなります。

多額の資金が必要なため、土地の保有者・富裕層などに対して営業を行うことがほとんどです。

不動産営業の魅力は?

ショールーム、女性

ここまで、不動産営業の仕事内容を解説してきました。

では、不動産営業の魅力はどういったものがあるのでしょうか。

なかなかイメージし辛い不動産営業の魅力をご紹介します。

色々な物件を見ることができる

不動産営業の仕事をしていると、当然色々な物件を見ることができます。

たくさんの物件を見ることで、一般の人がなかなか知ることができない不動産情報について詳しくなります。

例えば、

  • 資産価値が下落しにくい物件
  • どういった土地にこれから価値がでるのか
  • 家賃の相場
  • 営業・交渉能力

などです。

自分が部屋を借りたりする時や、家を買う時にも色々な物件を見てきてつちかった知識は役に立ちます。

友達や家族などにも、不動産についてアドバイスをすることができます。

専門知識が身につく

不動産営業として働いていく中で、不動産に関する専門知識を身につけることができます。

住宅ローン税金、難しい知識としては法律関連などです。

もちろん、自然に身につく知識だけではなく、自分自身が意欲的に勉強をして学ばないといけない知識もあります。

専門知識を身につけることで、スキルアップしその分お給料にも頑張りが反映されやすいのも魅力です。

不動産営業に向いている女性の特徴は

サインする

難しくて、お堅いイメージのある不動産営業。

不動産営業に向いている女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

向いている女性の特徴を紹介します。

コミュニケーション能力が高い

不動産営業はお客さんのニーズを聞き、要望に応える物件を紹介しなければなりません。

そうしないと、契約してもらうことができないからです。

不動産を売ったり買ったりする場合はもちろん、賃貸の場合でも高額なお金をお客さんは支払います。

自分の大切な住居やお金に直結するので、不動産営業はお客さんから厳しく評価されます。

借りたい人と貸したい人。

売りたい人と買いたい人。

人と人を結び、そこから利益を得るので、コミュニケーション能力が高いというのは重要な要素です。

人と話したり、じっくり話を聞くなどの社交性が必要です。

常に新しい情報をキャッチできる

ミーティング

例えば、駅前に新しい商業施設やマンションなどが建設されると、そこに住みたいという人が増えます。

そうなると、不動産や土地の価値は上がります。

お客さんにとって、有益な新しい情報を自分から取り入れていく必要があるのです。

世の中の動きを把握し、自分の中の情報は常に新しくしておかないといけません。

なので、常に新しい情報をキャッチできる人は不動産営業に向いていると言えるでしょう。

フットワークが軽い

フットワークが軽い人も、不動産営業に向いていると言えるでしょう。

不動産営業は、多額のお金が動くため、お客さんに親身になって対応をする必要があります。

不安なことがあって、相談しているお客さんからの連絡に、すぐにレスポンスができないと不信感につながってしまう場合も。

お客さんの都合に合わせて素早く対応できないと、信頼を得ることはできません。

そのため、要望を先送りせずこちらから提案できるくらいのフットワークの軽さが必要です。

フットワークが軽いことで、お客さんからの信頼も得やすくなるでしょう。

 

ワンポイント
 不動産営業に向いているのは、人との関りを大切にできる人です。

不動産営業に向いていない人は

書類

不動産営業に向いていない人は、どんな人でしょうか。

向いていない人の特徴を紹介していきます。

土日に休みたい人

不動産営業は、お客さんが休みの土日・祝日が忙しい傾向にあります。

基本的には、土日・祝日は仕事ということになります。

一般的な企業のOLと同じスケジュールで、休めることはありません。

そのため、家族や友達・趣味などプライベートの時間を優先したい人には、不動産営業は向いていません。

安定収入を望んでいる

家の模型と給料

不動産営業は、基本給+インセンティブという給料体系がほとんどです。

一般的なサラリーマンとは違い、契約をすればするほど給料が上がります。

逆に契約を取ることができなければ、わずかな基本給しか稼ぐことができません。

なので、月々の給料の額はどうしても不安定になってしまいます。

毎月安定した収入がほしいと望んでいる場合、不動産営業は向いていないと言えるでしょう。

人と接することが苦手

不動産営業は、人と人のコミュニケーションがとても大切です。

お客さんの気持ちに寄りそって、信頼を得なければ契約をしてもらうことができないからです。

電話でのアポイントや飛び込み訪問といった営業も必要になります。

人と接することが苦手な場合、不動産営業は避けるのがベターです。

不動産営業の仕事に活かせるスキルや経験をチェック

パソコン、女性

意外なことに、不動産営業に必要な資格は特にありません。

そのため、未経験でも就職することができます。

しかし不動産営業には、法律などの専門知識を必要とする場面があります。

資格がないと、営業できない業務も存在するのをご存じでしょうか。

いくつか資格を紹介します。

  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • マンション管理士
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 不動産鑑定士
  • インテリアコーディネーター

などがあります。

不動産営業をする上でポピュラーな資格は、宅地建物取引士(宅建士)です。

不動産を取引するには、宅地建物取引士でないとできない仕事があります。

そのため、不動産営業をするならば必須の資格と言われています。

資格があると、お客さんからの信頼も得やすくなるので、まずは宅地建物取引士の資格取得にチャレンジしましょう。

 

ワンポイント
 不動産営業で活躍するには、宅地建物取引士があると良い。

不動産営業のキャリアパスは?

書類

不動産営業は、どのような業務内容を選ぶかによって収入に大きな差がでます。

自身の営業活動で不動産契約をすることができれば、基本給にインセンティブがプラスされるため、収入アップが期待できます。

そのため、営業のエースとして活躍し続ける人もいます。

ノルマや契約数を達成することによって、会社で昇給・昇進し、店長や役職のついた立場を手に入れることもできます。

不動産営業は、

  • 営業マンのエースとして活躍する
  • 役職につきマネジメントをする立場に立つ

といった、道があります。

不動産営業を目指す時は希望職種を明確にしよう

家の模型

不動産営業を目指す時は、希望の職種を明確にしておかないと仕事が続かないという危険性があります。

個人にノルマがある場合は、自分に合わない仕事内容を選んでしまうと、とても苦しい思いをしてしまいます。

まずは、自分が不動産賃貸仲介・不動産販売・不動産販売仲介の、どの職種を希望するかじっくり考えましょう。

不動産営業と同じくくりの中ですが、それぞれの職種の特徴・向き不向きがあるからです。

 

ワンポイント
 それぞれの職種の特徴を理解し、自分に合った職種を選びましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

提案する女性

不動産営業は、希望職種によって給料形態や仕事内容が大きく変化します。

そのため、自分の希望する仕事内容と転職する職場が希望にマッチしているか検討しないといけません。

自分に不動産営業が向いているのか知りたい、希望の仕事を探している。

そんな場合は、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが、あなたの希望に合った職場を提案してくれるので、安心して仕事を探すことができます。

まとめ

握手

不動産営業には、どんな仕事内容があるのか・向いている人の特徴・仕事に活かせるスキルを紹介しました。

やりがいを感じられることも多く、仕事内容が向いている人にとっては魅力的な職場です。

未経験でもチャレンジできる業界ですが、給料アップを望む場合は必要な資格スキルがたくさんあります。

向上心・成長意識のある人には、特に向いている職種でしょう。

不動産営業に活かせる自分のスキルを見つけ、転職エージェントを活用しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら