テレワークやノマドといった働き方が増えつつある現在、地方移住への関心が高まっています。

Iターン転職で地方移住したいと考えた場合、どんなことに気を付けたらよいでしょうか。

首都圏での転職活動と地方での転職活動では、どういった違いがあるのでしょう。

メリット・デメリットを挙げながら、実際の成功事例を紹介しつつ、Iターン転職についての情報をお伝えしていきます。

Iターン転職が向いている女性の特徴を解説

子育て環境を充実させたい

泣く子をあやす女性

子どものためにより良い生活環境を用意してあげたいと考えている人には、Iターン転職が向いているでしょう。

都会に比べると、地方は子育て環境が整っていると言えます。

まず、待機児童が都会に比べ格段に少なく、保育園に入りやすいことが挙げられます。

先生一人に対する子どもの数も少ないので、一人一人に寄り添った保育を受けられるでしょう。

自然が多く広々とした生活環境も、子どもたちにとっては重要な要素です。

大きな声を出したり、目いっぱい走り回ったりできる屋外の施設が多く、子どもたちものびのびと遊びまわることができます。

また、地方自治体による育児支援サービスもあり、中には手厚い金銭的援助を受けられる場合もあります。

地域で子供を育てる意識があるので、子育てサークルや総合施設でのサポートも充実しており安心です。

年収より好きな仕事を地方でしたい人

農業

都会ではできないような、その土地でしかできないことをして働きたい人にはIターン転職が向いています。

例えば農業や漁業、林業など環境に関わる仕事は、都会で行うのが難しいものが多いでしょう。

それ以外にも伝統工芸品の職人や特産品に関わる仕事など、ある地方や地域でしか携わることができない仕事もあります。

また、観光業など、首都圏や都会以外のところの方がやりがいのある仕事もあります。

一般に、地方での就業は都会に比べ年収が下がる傾向にあります。

しかし、それと引き換えてでもやりたい仕事がある人は、Iターン転職することでやりたい仕事に就くことができるでしょう。

 

ワンポイント
都会よりも子育て環境を充実させたい人、その土地でしかできない仕事に就きたい人にはおすすめです。

「Uターン」や「Jターン」との関連性は?

キャリーケースとスーツ姿の女性

「Uターン」との関連性

「Uターン」とは、地方出身の女性が進学・就職のために上京し、転職して地方に戻ることを言います。

理由は様々ですが、一般的には親元や住み慣れた地元に戻るという意識が強いでしょう。

知り合いが多く、親もいるので、都会で孤独を感じる人が安心のために戻ることが多いようです。

また、親の介護などやむを得ない事情で地元に帰るという場合もあります。

見知らぬ土地に転職するIターンとは全く別物であることが分かります。

「Jターン」との関連性

「Jターン」とは、地方出身の女性が進学・就職のために上京し、地元ではない地方に転職することを言います。

例えば旅行などで足を運んで地元の人に触れたり、テレビや雑誌でその土地の良さを知ったりというきっかけが一般的です。

また、都会から地元に戻りたいが、田舎で就職先がない場合などに、地元近くの地方都市に移住するというパターンもあります。

過去に住んだことのない土地に行くという点では、Iターンと似ている部分があります。

Iターン転職のメリット

子育ての費用が抑えられる

家計簿

地方では首都圏よりも家賃や特産品が安いため、生活にかかる費用を抑えることができます。

特に子育てに関しては、子どもの少ない地方の方が支援が手厚いことが多いようです。

たとえば子ども医療費の助成対象が22歳までとなっていたり、通学のための交通費が免除になったりという具合です。

また、地方自治体の移住支援サービスも利用することで生活費全体が抑えられ、結果的に子育ての費用も抑えることができます。

ゆとりがある職場で仕事ができる

会話

地方では首都圏に比べて比較的職場の規模が小さいため、よりアットホームな雰囲気の職場が多いです。

少人数の職場では、人と助け合う空気感があり、一人一人のノルマよりも、チームで動く意識が強い傾向にあります。

もちろん職場にもよるので一概には言えませんが、一般的に業務の量は都会に比べ少なく、ゆとりのある職場が多いでしょう。

また、都会に比べると生活自体がのんびりしている印象があります。

職場の近くに住むことが比較的容易なので、通勤時間が減り自分の時間が増え、生活にゆとりの時間が増えるのでしょう。

都会のストレスがない

満員電車

地方では都会に比べ、満員電車や人込みがあまりなく、通勤や移動のストレスが格段に少ないと言えます。

その上、住宅地の周りでも自然の風景が多く、外に出るだけでも遠くの景色を眺めたりしてリフレッシュすることができます。

また、都会では夜も電気でまぶしいほどの明るさですが、田舎の夜は人手も少なく、暗くて静かなので気持ちが落ち着きやすいでしょう。

騒音も少なく、眠りを妨げる要因があまりないため、十分な睡眠時間を取ることができ、ストレスを軽減することができます。

 

ワンポイント
生活や子育てにかかる費用を抑えられ、ゆとりのある環境で仕事ができるのがIターン転職の魅力です。

Iターン転職のデメリット

商業施設や店舗が少ない

田舎の踏切

移住先が田舎であればあるほど、映画館や美術館、水族館などの娯楽施設が少なくなります。

家でできる趣味やアウトドアの趣味があれば別ですが、そうでなければ休日の過ごし方がパターン化してしまう可能性があります。

その上、交通網が発達していないため、遠出する場合は移動のために時間やお金がかかることを覚悟しなければなりません。

また、普通のお店でも営業時間が都会より短いことがあるため、注意が必要です。

人付き合いに苦労する場合も

悩む女性

地方では関わる人が少なくなる分、人付き合いが都会よりも密になる傾向にあります。

都会では挨拶もしない程度の距離感の人でも、地方では挨拶や世間話、贈り物をするという距離感とみなされることもあります。

日頃の付き合いをおろそかにせず、困ったときには助け合うという仲間意識が必要になるでしょう。

職場の人間関係で言えば、会社の規模が都会よりも小さくなり、接する相手との距離がより近くなる傾向にあります。

地方の中小企業では、同じフロアの中に社長がいたり、社員全員の顔を知っていたりという状態も珍しくありません。

また、基本的に都会に比べ求人が少ないので、合わないと感じる職場でも辞めづらいと感じることがあるでしょう。

そういったことから、できるだけ周囲の人と衝突して孤立することのないように、より一層注意する必要があるのです。

それ以外でも、祭りや行事などでの地域の付き合いや特有の慣習がある地域もあります。

いずれも、都会から移住した人がやや苦労する場面として挙げることが多いので、事前に調べておきましょう。

Iターン転職の注意点

注意点

時間的な余裕が必要

地方での転職活動では、単純に距離の問題から、交通機関の本数が少ないなど、移動に時間がかかる傾向にあります。

1回の面接のために1日単位で時間がかかることは覚悟しておきましょう。

そのため、日程調整にも数日から数週間単位で時間がかかることが多いです。

先方とよくすり合わせをし、意見の行き違いが起こらないよう注意しましょう。

また、必要書類の郵送にも地域によっては通常より時間がかかることがあります。

時間に余裕をもって転職活動を進めましょう。

転職活動の費用がかかる

都会から地方に出向くためには、当然交通費がかかります。遠方であればあるほどその負担は大きくなります。

行き先や回数によっては、かなりの出費になることも考えましょう。

また、いざ転職が決まった際には、地方への引っ越し費用も必要になります。

新しく賃貸契約をするのであれば、その初期費用も一気に発生することになります。

事前に計画を立て、どこにいくらくらいかかるのか見積もって、あらかじめ用意しておきましょう。

 

ワンポイント
Iターン転職には時間とお金が多くかかることも。事前に見積もって準備しましょう。

Iターン転職を成功させるポイント

女性,ビジネス,パソコン,指

Iターン転職を成功させるためには、事前にその地域のことをよく調べておくことがとても重要です。

例えば生活環境で言えば、家賃はいくらくらいか、行政の支援はどの程度受けられるのか、どんな特色や風習があるのか。

その地域の自治体のホームページは必ず確認しておきましょう。

また、希望する求人がどの程度あるのか、職種の幅や給与などもしっかりと調べておく必要があります。

地方の求人は都会に比べると少ないため、希望業種や希望職種での求人がないことも考えられるからです。

その場合は調べる範囲を広げたり、どんな仕事なら自分にできるかをよく吟味したりして、できるだけ幅広く情報を集めましょう。

地方に行かなくても、オンラインを活用することで得られる情報は上記の通りたくさんあります。

実際に動き始めてから後悔しないよう、事前にしっかりと準備しておきましょう。

 

ワンポイント
念入りな事前調査は必要不可欠です。細かいところまでしっかりと調べておきましょう。

Iターンの求人の探し方は?

パソコンを見る女性の画像

Iターン転職の求人を探す際には、まずはハローワークで求人情報を検索してみましょう。

ハローワークでは全国の求人情報を検索することができます。

移住先の地名で検索すれば、求人数や条件を詳しく確認することができます。

また、その地方に特化した転職サイトも調べておくといいでしょう。

地方のより大きな企業や優良企業の求人情報を多く取り扱っている可能性が高いです。

転職エージェントなら、求人サイトで非公開の求人も寄せられるため、よりよい条件の求人が見つかることもあります。

実際に入社してからのアフターサポートもしてくれるので、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

その他、自治体によっては移住サポートのための窓口で相談することもできます。

移住者のための受け入れ企業を紹介している自治体もありますので、確認してみるとよいでしょう。

なお、地方によっては都会で見られるような専門的な職種は見つからないこともあります。

人が少ないので分業化されず、より幅広い仕事を任されることが多いためです。

その場合は職種の幅を広げて検索すれば似た職種を見つけることができるでしょう。

Iターン転職の成功事例をチェック

成功

Aさんの例

おいしいものや自然が多い北海道へ地方移住を考えていたAさん。

子育て環境を考え、子どもが小さいうちに移住することを決意しました。

転職活動中には、遠方まで面接を受けに行くのが大変で、日程を調整するのに苦労したそうです。

しかしその間も志望企業との関係が悪くならないよう、転職エージェントが間を取り持ってくれたとのこと。

そのおかげもあって無事内定をもらうことができ、無事北海道への地方移住が実現。

年収は以前よりも下がったものの、住居費が安いので十分やっていけるということです。

住居は職場の近くに構え、通勤時間を減らすことができ家族との時間を確保

週末には念願だったおいしいものを食べに行ったり、近隣の自然へレジャーに出かけたりして満喫しているそうです。

Bさんの例

地方移住を考えていたものの、転職活動のために仕事を辞めなければいけないのかと悩んでいたBさん。

転職エージェントに相談したところ、首都圏で転職活動ができる企業を紹介してもらうことができました。

キャリアアドバイザーのアドバイス通り、業種を絞らずに広く構えたことで多くの選考を受けることができたそうです。

地方の転職活動は情報が首都圏に比べ少ないため、自力で進めるのは難しかっただろうとのこと。

結果的には経験を生かせる営業職を続けながら地方移住ができ、ライフワークバランスが整ったそうです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスパーソン

ただでさえ悩みの多い転職活動ですが、Iターンでなじみのない土地への転職となるとさらにわからないことも多いでしょう。

転職エージェントに相談すれば、その土地で転職に成功するための様々なサポートを無料で受けることができます。

特に遠方であれば、面接の日程調整や企業とのやりとりに大きな助けとなるでしょう。

自分のキャリアやスキルを活かして、その地方のどんな職種で活動することができるのかということも相談できます。

一人で悩まずに、気軽に相談して行動に移すことで、時間をより有効に活用していきましょう。

まとめ

地方に移住することで子育て環境を充実させたい人や、地方ならではのやりたい仕事がある人にはIターン転職がおすすめです。

都会に比べると年収は下がってしまい、利便性も低くなりますが、その分地方でしか受けられない恩恵も数多くあります。

後悔しない転職をするためには、事前によく情報を集めることが必要不可欠です。

インターネットや転職エージェントをうまく活用しつつ、その地域の生活環境や転職情報をしっかりと調べましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら