事務職の中には会社のお金の流れを管理する経理事務という仕事があります。

一般事務職からのキャリアアップや経理を究めたいという女性に注目されている仕事です。

今回はそんな経理事務の仕事内容や未経験の女性が転職する方法について詳しくご紹介します。

経理事務の仕事内容を解説

パソコン作業をする女性

経理事務は一般的な事務職と何が違うの?と思う人もいるのではないでしょうか。

未経験で経理事務と目指したいけど実際どのような仕事内容をしているかよくわからないということもあるでしょう。

まずは経理事務の仕事内容をチェックしていきましょう。

伝票の起票や整理

伝票と電卓

経理事務は伝票の起票や整理という仕事を行います。

会社のお金の出入りを管理するのが経理事務です。

お金の出入りがある取引があれば伝票を新しく発行することになります。

この伝票の発行を起票といい経理事務の日次業務の1つです。

また日々増えていく伝票をそのままにしておくと後でお金の計算が大変になってしまいます。

そのため伝票の整理も行っていく必要があります。

仕訳の入力

経理事務は会社の取引の記録も行います。

日付・金額・勘定項目とった取引内容をパソコンに入力するというものです。

仕訳の入力は会計ソフトを使うことが一般的です。

伝票は日々増えていくものです。

そのため日次業務としてこなしていく仕事の1つなのです。

現預金の整理

業務上の取引があるとそれだけ会社のお金が動く可能性があります。

そのため会社のお金の動きが間違っていないかをチェックしなければなりません。

経理事務はその現預金の整理という仕事も行っているのです。

会社のお金の出入りは出納履歴で確認することができます。

その出納履歴と帳簿上に記載された金額、そして会社の現預金の額が合っていることをチェックします。

会社のお金に関する重大な仕事といえるでしょう。

経費の処理

領収証

会社では様々な経費が発生します。

その経費の処理を行うのも経理事務の仕事の1つです。

会社で使う備品を社員が立て替えることがあります。

また出張では交通費や宿泊費も会社の経費になります。

そういった経費の処理を経理事務が行っているのです。

月次・年次業務

経理事務の業務には日々の仕事である日次業務だけでなく月次・年次業務もあります。

月毎に行う社員の給料に関することや会社の収支の計算が月次業務です。

取引先とのお金のやり取りがしっかりできているかの確認も行います。

そして経理事務にとって1年に1回の重大な仕事が年次業務です。

年次業務は社員の年末調整や会社の税申告、決算業務が含まれます。

膨大な情報を処理する上に間違いがあってはならない責任重大な業務なのです。

月次・年次業務は専門性が高くなるため経理事務としての経験を積んでから任させるようになるでしょう。

 

ワンポイント
 経理事務はお会社の取引や社員の給料などお金の出入りを管理する重要な仕事。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

経理事務は未経験でも転職できるの?

未経験

会社の収支計算など専門的な知識が必要といわれると未経験では転職できないの?と不安に思う人もいるでしょう。

未経験でも経理事務に転職することはできるのでしょうか。

年次業務に関わるには経験が必要ではあるものの、経理事務に転職するのは未経験者でも可能です。

未経験で転職してまずは日次業務から経験を積むことになるでしょう。

そこで経験を積んでスキルアップしていくと年次業務も任されるようになるのです。

経理事務の求人を探す時には「未経験者可」「未経験者歓迎」となっていることを確認しましょう。

記載されていない場合は応募する前に未経験でも大丈夫か確認しておくと安心ですね。

事務職からスキルアップするために経理事務を目指す女性は多いです。

それだけ経理事務はやりがいがある仕事ということでしょう。

経理事務に向ている人の特徴

丸を描く女性

経理事務にはどのような人が向いているのでしょうか。

ここでは経理事務に向いている人の特徴をご紹介します。

未経験で経理事務を目指すという方はぜひアピールポイントにしてください。

数字入力や計算が得意

電卓を持つ笑顔の女性

数字や計算が得意な人は経理事務に向いているでしょう。

経理事務は会社のお金の出入りを管理する仕事です。

出納履歴と現預金のチェックでは数字を細かくチェックしなければなりません。

数字入力もスピーディかつ正確性が求められる作業です。

間違いがあってはならない税申告も計算が必要になりますね。

こういったことから計算や数字入力が得意だと経理事務としての強みになるのです。

計画的に仕事を進めるのが得意

経理事務の日次業務はコツコツやらないと溜まっていってしまいます。

また月次業務・年次業務は期限が決まっているものなのでスケジュール管理が必要です。

つまり経理事務の仕事は計画的に行う必要があるということです。

期限までに業務を完了するにはどのようなスケジュールで進めるのかを考えなければなりません。

そのため経理事務は計画的に仕事を進めるのが得意な人が向いているのです。

 

ワンポイント
 数字や計算が得意・計画性がある人は経理事務の強みになる。

経理事務で働くメリット

メリット

専門的な経理の知識を身に着けるからこそ得られるメリットがあります。

それでは経理事務で働くメリットを見ていきましょう。

  • 着実にスキルアップ・ステップアップができる
  • 知識をスキルを身に着ければずっと経理事務として働くことができる
  • 忙しい時期があらかじめ分かっている
  • 会社の経営に関する知識を得られる

これらが経理事務をして働くことのメリットとしてあげられるものです。

経理事務は最初はルーチンワークを任されることが多いです。

しかしやればやっただけ自分の経験となり知識やスキルを身に着けることができます。

そうやって経験を積むことでより専門性の高い月次・年次業務に携わることができるようになるのです。

次のステップに進むことができたという喜びを味わうことができるでしょう。

またスキルアップしていけば経理事務1本で働き続けることも可能です。

それだけ専門性のある仕事ということですね。

経理事務にとっての繁忙期は決算前や年末調整の時期などあらかじめ分かっています。

忙しい時期がわかっているので、その前後に休暇を取るなど計画が立てやすいのもメリットです。

そして会社のお金の流れをチェックするのが経理事務の仕事です。

会社のお金の流れを知ることで経営に関する知識を得ることができるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

経理事務に求められるスキル

アイコンと指さす手

経理事務にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

そのスキルをもっていれば未経験でも転職の可能性が広がります。

経験者・未経験者とも経理事務に必要なスキルがあれば転職活動でアピールしましょう。

基本的な簿記の知識

簿記の勘定項目

経理事務の仕事をするためには基本的な簿記の知識が求められます。

先ほど仕事内容でお伝えしたように経理事務の仕事は会社のお金の出入りを管理することです。

また会計ソフトを使うとはいっても勘定項目の入力は知識がなければできないことです。

基本的な簿記の知識があればお金の管理方法もわかるでしょう。

そのため経理事務には簿記の知識が必要とされるのです。

事務処理スキル

経理事務というからには事務処理のスキルも必要とされます。

伝票の起票や領収証の処理など日々行う仕事がたくさんあります。

また決算前や年末調整の時期は経理事務の繁忙期となりスピーディーな仕事が求められるでしょう。

そのためスピーディーかつ正確な事務処理スキルが必要です。

基本的なPCスキル

仕訳の入力などで用いる会計ソフトはパソコンで行います。

またそれだけでなく事務仕事にはパソコンは必須アイテムといえるでしょう。

そのため経理事務は基本的なPCスキルが必要とされます。

エクセルでの表計算や関数のスキルを身に着けておくと業務に役立つ可能性が高いです。

 

ワンポイント
 経理事務を目指すなら基本的な簿記の知識とPCスキルを身に着けよう。

経理事務におすすめの資格

STUDYの文字

経理事務の仕事はこの資格がなければできないというものではありません。

しかし専門的な知識が必要な部分もあるので資格があれば役立つでしょう。

ここでは経理事務におすすめの資格をご紹介します。

未経験で経理事務を目指すという方は資格習得を目指して勉強するとアピールにつながります。

おすすめ資格「日商簿記検定」

簿記と書かれた紙と電卓

経理事務のおすすめの資格1つ目は「日商簿記検定」です。

日商簿記検定は日本商工会議所主催の検定で初級・3級・2級・1級があります。

先ほどお伝えしたように経理事務には基本的な簿記の知識が必要です。

資格を取るつもりで勉強しておけば基本的な知識を身に着けることができるでしょう。

ただし企業の中には日商簿記検定2級以上を応募条件にするところもあるので注意が必要です。

未経験で経理事務への転職をするならまずは3級で基礎知識を身に着けて2級を目指しましょう。

おすすめ資格「PASS」

経理事務パスポート資格(PASS)という経理事務にぴったりの資格があります。

PASSは3級・2級・1級の3段階にレベルわけがされています。

現場重視の実践的な内容の資格なので転職してからも役立つでしょう。

この資格は認定試験だけでなくe-ラーニング+試験というコースがあります。

経理の仕事は初心者・繰り返し勉強したいという女性におすすめです。

全てインターネットで行うことができるので自分の好きなタイミングで勉強ができます。

おすすめ資格「MOS」

「MOS」とはマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト検定のことです。

パソコンのスキルも求められるのが経理事務の仕事です。

WordやExcelといったオフィス製品を使うことも多いでしょう。

MOSはこれらのオフィス製品を使うスキルがあることを客観的に証明できるものなのです。

「一般的なパソコンスキルがあります」といってもどの程度のものかわかりにくいですね。

しかし「MOS(Excel2016エキスパート)合格」と履歴書に記載すればその人がもつスキルがわかります。

MOS資格だけで経理事務に転職できるというわけではありません。

しかし自分がもつパソコンスキルを客観的にアピールすることができるのでおすすめです。

また資格取得に向けてスキルを磨くことで実践に役立つことも多いでしょう。

 

ワンポイント
 経理事務には「日商簿記検定」「PASS」「MOS」の資格がおすすめ。

経理事務に活かせる今までの経験

パソコンを使う女性

未経験で経理事務に転職することは可能です。

しかし専門性の高い経理事務の仕事に未経験で転職してやっていけるのか不安な人も多いのではないでしょうか。

もちろん未経験だと初めて行う業務もたくさんあります。

だからといって未経験者が経理事務への転職を諦める必要はありません。

経理事務の仕事に活かすことができる経験も多くあるからです。

例えば一般事務の仕事をしていればWord・Excel・PowerPointを使うこともあるでしょう。

また一般事務が経費処理や伝票の起票を行う企業もあります。

これらの経験は経理事務に転職してから活かすことができるものです。

異業種からの転職でもそれまでの経験が活かせる可能性はあります。

仕事上で培ってきたコミュニケーション能力やお金の流れに関する知識などです。

今までの経験はどれも価値あるものだと思ってください。

どうやって経理の仕事に活かしていくかが大切なのです。

経理事務の1日の流れをチェックしよう

下を指さす女性

経理事務はどのようなスケジュールで1日の仕事を行っているのでしょうか。

1日の流れをチェックしていきましょう。

  • 9:00 出勤(1日のスケジュールやメールの確認)
  • 9:30 入出金確認(必要時銀行で記帳)・売り上げの確認・取引の確認
  • 11:00 伝票の起票と整理
  • 12:00 昼休憩
  • 13:00 経費処理・現預金の整理
  • 15:00 仕訳の入力
  • 16:30 請求書や領収書などの整理
  • 17:30 翌日のスケジュールの確認
  • 18:00 退勤

こちらが日次業務がメインの経理事務の1日の流れです。

先ほどお伝えした経理事務の仕事内容がぎゅっと詰まっているのがわかります。

1日の流れを見てわかるようにデスクワークの仕事がメインです。

年次業務を行う経理事務は繁忙期にはその業務がメインになるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

経理事務に転職したいけど未経験でも大丈夫?と不安になる人もいるのではないでしょうか。

「未経験者可」「未経験者歓迎」の求人を見つけてもどうやってアピールすればいいか分からないこともあるでしょう。

そんな転職の悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

未経験でも応募できる経理事務の求人を探したり面接対策を行うことができます。

転職相談に登録して経理事務の転職を成功させましょう。

まとめ

ファイルを持つ若い女性

今回は経理事務の仕事内容や求められるスキル・おすすめの資格についてご紹介しました。

経理事務の仕事をするために必ず取得しないといけない資格はありません。

しかし基本的な簿記の知識が求められる仕事なので簿記の資格はおすすめです。

他にもパソコンスキルが必要とされる仕事なので一般的なPCスキルを身に着けておきましょう。

経理事務は専門性の高い仕事ですが未経験でも転職は可能です。

未経験で転職したいけど不安という方はぜひ転職エージェントに相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら