インターネットが発達した影響で転職活動の形も方法も大きく変化しました。

その1つが履歴書・職務経歴書などの書類作成であり、近年はパソコンでの文書作成が主流です。

フォーマットも直ぐにダウンロードができますので、そんなに手間をかけずに済みます。

応募者としてもなるべく手間をかけずに済ませたいのが本音ではないでしょうか。

今回は職務経歴書をWordなどではなく手書きで作成するメリットについて解説します。

用紙をどこで手に入れればいいのかとか書き時のポイントとかもチェックしていきましょう。

Contents

職務経歴書を手書きで書くメリット

今では手書きではなくパソコンでの書類作成を指定する企業も増えてきました。

そんな時代に手間暇かけて手書きで職務経歴書を書くメリットは何なのでしょうか?

「個性」や「人柄」が伝わる

個性

職務経歴書を手書きで作成する最大のメリットは「手書き」であることそれ自体です。

手間暇かけて書くことで応募者の「個性」や「人柄」が企業側に伝わります。

パソコンでの文書作成と異なり、手書きの場合だと使い回しができません。

したがって1枚ずつ時間をかけて作成しなければならないのです。

それだけ神経も労力も使ったという事実が企業側にとっては嬉しいのではないでしょうか。

しかし、あくまでも印象が多少良くなる程度で合否に結びつくものではありません。

入社意欲が伝わる

意欲

1つ目の個性や人柄と関連して、応募者の入社意欲が採用担当者に伝わります。

パソコンでの文書作成だと余程文面を工夫しない限りそうした熱意までは伝わりません。

デジタル文字なので人によっては冷たく見えてしまう可能性があります。

手書きはその点アナログなので手作り感や温度感が相手に伝わるでしょう。

しっかり丁寧な書き方さえ心がければ、それだけでも入社意欲が伝わります。

しかし、企業側がパソコンでの文書作成を指定した場合は通じないので気をつけましょう。

文字の綺麗さをアピールできる

綺麗な文字

そして3つ目に達筆な人は文字の綺麗さをアピールすることが可能という利点があります。

これがパソコンの文章だとその人の文字の上手さと下手さは判断できません。

しかし、これらはあくまでも間接的なメリットである直接の決定打ではないのです。

大事なことは文字の綺麗さ以上に丁寧にわかりやすく書かれているかどうかにあります。

どんなに綺麗な文字で書かれていても、文章が分かりにくく支離滅裂では意味がありません。

採用担当者にきちんと伝わる文章を書くことが何より大切なのです。

 

ワンポイント
手書きによって人柄や個性は伝わるが、それが合否の決定打にはならない

 

職務経歴書を手書きで書くデメリット

職務経歴書を手書きで書くメリットがあるならば、逆のデメリットもあります。

ここではそのデメリットについて解説していきましょう。

作成に時間がかかる

時間

手書きの場合最大のデメリットは文書作成に時間がかかるということです。

たった1文字間違えただけで最初から全て書き直さなければなりません。

また、何度も試し書きをしないとどれがベストなレイアウトかもわからないでしょう。

資源も時間もその分浪費してしまうので、非常に効率が悪いのです。

また、手書きだと汚い文字だった場合採用担当者はまともに読まないでしょう。

下手すると書類審査の段階で落とされるというリスクが存在します。

そういう厄介さを避けるために今ではパソコンでの文書作成が主流なのです。

パソコンスキルがないと思われる可能性がある

パソコンスキル

手書きの職務経歴書だと今の時代はパソコンスキルがないと思われる可能性があります。

パソコンが主流となった今手紙などを除けば文章はパソコンでの作成が基本です。

入社後もメールや書類作成などは全てWordなどを用いて行われます。

またデータファイルなので誤字脱字があったとしても保存すればすぐ訂正可能です。

そのためわざわざ手書きで作成する必要がありません。

わかりやすいレイアウトの文書作成ができるかどうかが応募の段階で見られているのです。

 

ワンポイント
今の時代は手書きよりもパソコンの方がメリットが大きい

 

職務経歴書をパソコンで作成するメリットとデメリット

手書きのメリット・デメリットを見てきたので、次はパソコンで作成するメリット・デメリットです。

果たしてパソコンで職務経歴書を作成するメリット・デメリットは何でしょうか?

パソコンで作成する「メリット」

パソコン

まずパソコンで作成するメリットとしては以下の要素が挙げられます。

  • 手書きよりも遥かに効率がいい(短時間での作成が可能)
  • 誤字脱字があっても即座の修正更新が可能
  • テンプレートを活用できるためレイアウトの調整が簡単
  • データを保存しておけばそのフォーマットを元に他社の応募にも応用可能

このようにとてもメリットが多いのですが、中でも4つ目は大きなメリットでしょう。

パソコンだと1度ベースとなるフォーマットを作ってしまえば、他社に応用可能です。

利便性その他を含めてパソコンでの書類作成はメリットが多いことが窺えます。

パソコンで作成する「デメリット」

デメリット

職務経歴書をパソコンで作成するデメリットはメリットに比べてあまり多くありません。

しかし、強いて挙げるとするならば以下の要素ではないでしょうか。

  • 変換ミスによる誤字脱字を見逃してしまう
  • 別の企業向けの文章が残ってしまう
  • どの漢字を使えばいいのか分からない

データで保存できる利便性がある反面誤字脱字に気付きにくいのが難点です。

また別の企業向けの文章が残ってしまう場合があるので気をつけてください。

そして3つ目に漢字が苦手な人だとどの漢字を使えばいいのか分からない場合があります。

とはいえ、これらは全て個人の努力で改善できる範囲のことです。

公文書であるという意識を高く持てばこのようなミスは簡単に防ぐことができます。

 

ワンポイント
パソコンで文書作成を行う場合は細かいミスがないかくまなくチェックしよう

 

職務経歴書を手書きで作成する時の注意点

それでは改めて職務履歴書を手書きで作成する時の注意点を解説します。

「文字が読みにくい」

分かりにくい文字

上記していますが、文字の読みにくさは致命傷となります。

採用担当者も様々な業務を抱えている中で書類審査に時間を割いているのです。

だからこそ汚い文字や読みにくい文字はそれだけで落選の要因となりえます。

特に競争倍率が激しい企業の場合1人1人の書類をじっくり見ている時間はありません。

そのようなことを意識して採用担当者に安心して読んでもらえる丁寧な字で書きましょう。

人間見た目が9割というのと同じように文章も見た目が9割です。

「修正液や修正テープを使っている」

修正テープ

書き間違えた時に修正液や修正テープを使うのはやめましょう。

修正液・修正テープを用いると使用した跡が残ってしまいます。

それはすなわち文書としての信ぴょう性の低さに繋がるのです。

万が一誤字脱字を修正したいのであれば書き直しましょう。

時間も労力もかかりますが、ここで手間暇を惜しんではなりません。

企業側はこういう細かい所で応募者の人間性やマナーをしっかり見ています。

だからこそいい加減なマナーで応募書類を提出してはならないのです。

 

ワンポイント
・文章は見た目が9割なので丁寧に書くようにする
・修正テープや修正液を用いての修正はNG

 

職務経歴書を書く時のポイント

それでは職務経歴書を手書きで書く時のポイントを解説しましょう。

企業が手書きでの文書作成を指定してきた時の参考にしてください。

文字は丁寧に書くことを心がけよう

レイアウト

繰り返し説明していますが、まず文字は丁寧に書くことを心がけてください。

達筆や綺麗な字である必要はありませんが、見やすく分かりやすい文章は大事です。

丁寧さというのは何も文字の綺麗さだけではなく文章構成やレイアウトも含みます。

どんなに卓越した語彙力を持っていても面接官に伝わる文章でなければ無意味です。

その為にも1度書き終えた文章は寝かせて客観的に見て伝わるかどうか推敲しましょう。

自分の友人や知人に見てもらうという方法でも構いません。

とにかく誰が見ても恥ずかしくない文章に仕上がっているかどうかが大事です。

間違った時は書き直しをしよう

書き直す

2つ目に書き間違えたら修正テープ・修正液を使わずに最初から書き直してください

あくまでも採用担当者にお見せする公式のビジネス文書であることを忘れてはなりません。

アドバイスとしてはまずパソコンで下書きを作ってから清書するといいのではないでしょうか。

1度下書きを完成させてデータファイルとして保存しておけば、手書きでもミスすることはないでしょう。

レイアウトもパソコンで作成しておくとそのレイアウトをなぞって清書できますので成功率が上がります。

慎重さと丁寧さが要求される作業だからこそ事前準備を抜かりなく行うことが大事です。

気持ちはポジティブに、そしてシミュレーションはネガティブを心がけましょう。

手書き作成する職務経歴書の選び方

それでは次に手書き作成する職務経歴書の選び方をここでは見ていきましょう。

用紙はどこで手に入るの?

職務経歴書

まず職務履歴書の用紙をどこで手に入れるかですが、具体的には2種類あります。

  1. 市販の職務経歴書を購入する
  2. インターネットでフォーマットをダウンロードする

今だと値段の安さなどから後者の方が効率がいいのではないでしょうか。

市販の職務履歴書は安くても100円以上する上に枚数が限られています。

一方でインターネットの場合データさえダウンロードすれば無料印刷が可能です。

仮にプリンターが家になくてもコンビニなどを使えば10円で印刷できます。

総合的に見て費用対効果がいいのは間違いなくインターネットの方でしょう。

その分の支出を浮かせて別のことに回すことができるのでおすすめです。

用紙を選ぶ基準は?

選ぶ基準

用紙を選ぶ基準はいくつかありますが、企業から指定がある場合はそちらを選んでください。

もし指定がなければ、以下の種類から選ぶようにしましょう。

  1. 編年体式(一般的な書式であり、転職回数が少ない方や初期の職歴をアピールしたい方向け)
  2. 逆編年体式(現在から過去に遡る書式で、転職回数が多い方や直近の経歴をアピールしたい方向け)
  3. キャリア式(転職回数や職種転換が多くキャリアに一貫性がない方向け)

20代女性の転職活動の場合一般的な編年体式がおすすめではないでしょうか。

逆編年体式やキャリア式は30代以上のベテランの方が使用される傾向が強いです。

ちなみにサイズは一般的にはA4かB5ですが、大体の場合A4をお勧めします。

自分がどのタイプの履歴書が向いているのかを客観的に判断して決めましょう。

職務経歴書の手書きを避けた方がいい場合は?

パソコン

職務経歴書を手書きで書くこと自体は構いませんが、場合によってはパソコンの方がいい場合もあります。

以下パソコンの方がいいケースについて挙げてみましょう。

  • 外資系ITベンチャー企業に応募する場合
  • 企業が応募書類をパソコンでの作成と指定した場合

外資系やIT・ベンチャーなどの場合は手書きだと古臭く時代遅れなものと解釈される可能性が高いです。

また、企業がパソコンでの作成を指定した場合もそれに従って作成しましょう。

今の時代は基本的にどんなビジネス文書もパソコンで作成するのがスタンダードです。

その為業界を問わず手書きを指定してくるところは減少傾向にあります。

どちらがいいのか不明瞭な場合は事前に問い合わせておくといいのではないでしょうか。

職務経歴書が手書きの時は履歴書も統一すべき?

履歴書

職務経歴書が手書きの場合履歴書も手書きで統一すべきなのかという疑問もあるでしょう。

それは基本的にどちらでもよく、手書きとパソコンでも両方手書きでも好きな方で構いません

企業によっては両方とも手書きという場合もありますが、そうでない場合はどちらでも可です。

それよりも大事なのは履歴書と職務経歴書の「内容」と「見た目」でしょう。

手書きにしてもパソコンにしても、採用担当者にとって分かりやすく丁寧な文書を作成してください。

特に自己PRは履歴書だけでは書ききれないと思うので、職務経歴書を存分に活用することが大切です。

20代女性の場合スキルや経験よりもポテンシャルや人柄重視で判断する企業が多いでしょう。

強調して訴えたいところはしっかり強調して書類選考で落とされないようにしてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

転職活動を行っていると、書類作成以外の面接や業界情報など知らないことも多いでしょう。

特に20代女性で初めての場合はどのように行えばいいのかもわかりにくいはずです。

そういう方は転職エージェントに相談してプロの見地からのアドバイスをもらってください。

履歴書・職務経歴書の書き方をはじめ転職活動の様々なノウハウを教えてもらえます。

またそれだけではなく採用率を上げてもらえるように非公開の求人を紹介してくれるのです。

そしてその企業との仲介役も果たしてくれるので1人で転職活動を行うよりは心強いでしょう。

憧れの企業へ転職したいのであれば、是非エージェントの力を借りて素敵な転職活動にしてください。

まとめ

履歴書

いかがでしたか?

今回は職務経歴書を手書きで書くメリットをパソコンとの比較なども含めて解説してきました。

今ではビジネス文書をパソコンで作成するのが主流になっていますが、手書きには手書きの良さがあります。

どちらが正しいのかということではなく、双方にメリット・デメリットがあるので最適な方を選びましょう。

本稿が少しでも転職活動の助力となることを心より祈っていますので是非参考にしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら