転職活動で最も皆さんを悩ませるのが面接試験。

「当日緊張したらどうしよう」「面接官から想定外の質問がきてしまったら・・・」

小さなことから大きなことまで、心配の種は尽きることがありませんよね。

その種の一つとして、こんなお悩みはないでしょうか?

集団面接で自分より先に同じ意見を言われたらどうしよう・・・

せっかく準備した内容と同じことを、自分より先に言われてしまう・・・あるあるですよね。

もしそのような場面に遭遇したら、頭が真っ白になってしまう方も多いと思います。

受験企業の志望度が高ければ高いほどなおさらです。

では、そのような場面になったらどう対処スレばよいか。

今回は、集団面接で同じ意見を先に言われたときの対処方をご紹介します。

Contents

女性が集団面接で同じ意見を先に言われた時の対処法

面接男女

志望度の高い企業だからこそ、失敗をしてはいけないという気持ちから緊張もするし、空回りしがちです。

そのため、そのような予期せぬ事態に備えて事前に準備をする必要があります。

本項では、集団面接時に自分より先に同じ意見を言われたときの対処方をご紹介します。

まずは集団面接時に重要となる基礎的なポイントをおさらいしましょう。

集団面接を突破するためのポイント

示す女性

本項では集団面接において重要かつ基本的なポイントをご紹介します。

ポイントは以下の3つです。

話す内容は簡潔にしよう

集団面接における面接官は一度の面接で2〜4人、多い場合で5人以上の応募者の話を聞いて判断しなくてはなりません。

しかし、一回あたりの面接の時間はある程度決まっているため、一人あたりにかける時間も少なくなります。

そのような状況の中で、まとまりもなくダラダラと話し続ける人がいれば、当然面接官の印象も悪くなります。

本人は他の応募者に負けないように必死にアピールをしたつもりでも、面接官からしたらマイナスのイメージとなってしまうのです。

そのため、集団面接では聞かれた質問に対して、簡潔かつ端的に話をすることを心がけましょう。

予め聞かれる質問を想定して、回答を準備することが重要です。

挙手制の場合は積極性を持とう

集団面接では、話す順番を挙手制で行う場合があります。

例えば、企業への逆質問をする時などに挙手制を用いられることが多いです。

そのような場面で重要なことは、積極的に挙手をすることです。

この行為は単純に前にでるというだけでなく、どれだけその企業に関心や好意を示しているかを意思表示できる大事なアピールになります。

面接官にとって、積極的に参加してくれる応募者の姿は自社のことに興味を持ってくれている

自社のためにしっかりと研究や準備をしてきてくれていると好印象に映るでしょう。

皆さんも積極的に質問にくる後輩に対して悪いイメージは持ちませんよね。

積極的に聞いてくれるというのは、その人や企業に好意を持っているという裏返しなのです。

そのため、企業への逆質問をする際は、積極的に挙手をして質問をしていきましょう。

話を聞く態度を意識しよう

ミーティング女性

面接官が話をしている際の聞く態度に注意しましょう。

前述したとおり、集団面接では一人あたりにかける時間が少なくなります。

そのため、質問に対する回答への掘り下げも十分にできなくなります。

そのような状況では、目に見える態度や姿勢も面接官にとっては応募者を判断する大切な判断要素となるのです。

特に集団面接では自分以外にも応募者がいるため、比較しやすいという点もあります。

そのため、面接官が自分に対して話をしているときは当然、自分以外に話をしている際も聞く態度を意識し好印象を与えましょう。

ワンポイント
集団面接の基本的なポイント
・回答は簡潔かつ端的にしよう
・挙手制では積極的に参加して企業の関心度をアピールしよう
・面接中は見られているという意識を持とう

集団面接の順番別のメリット・デメリット「最初」

1を指す女性

それでは、集団面接で回答する順番が最初になった際のメリットとデメリットを整理しましょう。

面接にて話す順番を面接官から指定されることがあります。

そんな時に一番最初になるとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

最初に話すメリット

丸を描く女性

集団面接時に一番最初に話すメリットは、自分の企業へ伝えたい内容が誰とも被ることがない点です。

誰にも邪魔をされずに自分の意見をストレートに伝えることができます。

絶対にこれだけは伝えたいことを面接官へ伝えることができるため、自分の実力を100%発揮できる機会になります。

他の応募者の回答に左右されることなく、自分の意見を伝えることができることは大きなアドバンテージになるでしょう。

最初に話すデメリット

バツをする女性

では、その逆のデメリットについて記載いたします。

それは、質問内容が想定しておらず、準備をしていなかった際に、他応募者の意見を参考にできない点です。

このような予想外の状況に陥る可能性は十分にありえます。

この状況を作り出さないためには、いかに企業研究を十分に行い、あらゆる質問を想定して準備をすることができるのかが鍵となります。

ワンポイント
○最初に話すメリット
自分の伝えたいことを誰にも邪魔されずに話すことができる
○最初に話すデメリット
想定外の質問がきた時に他応募者の意見を参考にできない

集団面接の順番別のメリット・デメリット「中盤」

悩む女性

では次に中盤に話すことのメリットとデメリットについて記載します。

中盤に話すメリット

中盤に話すメリットとしては、他の応募者の意見を参考に、自分の回答内容をアップデートできることです。

自分よりも前に発言した内容から、その企業の新しい情報を得ることができる可能性があります。

その情報が自分の準備した回答内容を活かすものであれば、敢えて前の人の意見に絡めて回答をすることで印象に残る回答をすることが可能です。

中盤に話すデメリット

当然、中盤に話すということは、最初に話した人と意見が被ることがあります。

また、中盤というのは心理的に一番面接官の印象に残りづらいという点もデメリットです。

意見が他応募者と被る可能性もあり、かつ印象にも残りづらいとなると、かなり不利な状況でしょう。

ただ、企業研究を十分に行い、いくつもの意見を準備することができれいれば、逆に面接官に良い印象を与えることも可能です。

中盤に話すということは終盤に話す人よりも被る可能性が低く、最初に話す人よりも回答をアップデートしやすいと逆に捉えることができます。

例えば、最初に回答した応募者の意見に対する面接官の反応がイマイチな場合、その面接官の反応を見て臨機応変に意見を変えることが可能です。

別の意見に変えることで本来準備していた内容よりも面接官に好印象を与えることもできます。

しかし、当然臨機応変に回答を変えるには、その企業の研究や回答の準備に十分時間をかける必要があります。

多くの企業を受験する場合、いかに効率的な企業研究を行うことができるのかが重要となるでしょう。

ワンポイント
○中盤に話すメリット
他応募者の意見を参考に自分の回答をアップデートできる
○中盤に話すデメリット
意見が被り印象に残りづらい可能性がある。

集団面接の順番別のメリット・デメリット「最後」

面接シーン

それでは最後に、一番最後に回答をする際のメリットとデメリットを記載します。

最後に話すメリット

最後に話すメリットとしては、回答の内容が面接官の印象に残りやすいという点があります。

面接官も人間です。応募者の回答内容をメモしたとしても、心理的に一番最後に話した内容が印象に残りやすくなります。

また、他の応募者の回答内容が似たりよったりのものになっている際に、別の角度から回答をすることができれば、更に強く印象に残るでしょう。

このように、他の応募者の回答を聞いて臨機応変に対応することができることも強みです。

確かに一番最後に話すということは、その分、他の応募者と意見が被る可能性も高くなります。

しかし、企業研究を十分に行い複数回答を準備することで、逆に強みに変えることができるのです。

最後に話すデメリット

前項で記載したとおり、他の候補者と意見が被る可能性が高くなります。

複数意見を準備することで強みに変えることができると記載しましたが、そのためには時間をかけてその企業に対する研究をする必要があります。

企業研究を効率的に行い、面接の準備を十分にしましょう。

ワンポイント
○最後に話すメリット
他応募者に比べて自分の印象が面接官に残りやすい
○最後に話すデメリット
意見が被る可能性が一番高い

集団面接で最後に話す時に意識すべきこと

面接を受ける女性

それでは前項までのことを踏まえて、最後に話す際の意識すべきことについて記載します。

意識すべき点は以下の2つです。

面接官の反応を見て臨機応変に対応しよう

前述したとおり、最後に話すということはデメリットばかりではありません。

他の応募者の意見を聞いてから回答するということは、その間の他応募者の回答に対する面接官の反応を見ることができます。

同じような意見が続いたり、面接官の反応に対して、臨機応変な対応をすることで印象を強く残すことができるでしょう。

また、同じ意見でも面接官の反応が良い場合は、下手に意見を変えるよりも突き通したほうが良いパターンもあります。

自分の意見を自信を持って相手に伝えることも、面接では重要な項目になります。

そのため、意見を変えることで自信を持って回答なくなるのであれば、同じ意見になるとしても堂々と回答しても良いでしょう。

もし自分と同じ回答を言われてしまった場合は、焦らず面接官の反応を見ながら自分の意見を突き通すのか、それとも変更するのか・・・

その点を冷静に判断することが重要です。

他の応募者より印象を残せる答え方をしよう

他の応募者よりも印象に残る回答をするためには、企業研究が必要不可欠です。

企業研究では会社HPや採用ページを見るだけでなく、競合他社やその企業の業界分析も重要です。

その業界における企業の立ち位置や他社と比較した際の強みや弱み、そこから見える求める人物像など様々な角度から企業情報を収集しましょう。

他の応募者と差をつけるためには以上のことを踏まえて分析することが大切です。

集団面接で同じ意見を先に言われたら?

困る女性

それでは、他応募者に同じ意見を先に言われたときに気をつけるべきポイントを2点ご紹介いたします。

同じ意見を言われた時の答え方

同じ意見を言われたとき、一番重要なのは焦らないことです。

確かに準備してきた内容が被ってしまった場合、同じ意見を言って良いのか、それとも別の意見にしたほうが良いのか迷う気持ちもわかります。

しかし、焦れば焦るほどその場の一番いい回答が判断できなくなります。

そのため、意見が被った時ほど冷静に面接官を観察しましょう。

その意見に対する面接官の反応や企業研究から得た情報を基に別の意見に変更できないかを冷静に判断することで乗り切りましょう。

答え方のポイント

もし、同じ意見をする場合でも、自信を持って堂々と発言しましょう。

面接で重要なことは、質問に対する回答の内容でもありますが、その発言する際の姿勢や声の大きさなども重要になります。

面接官は面接の中で一緒に働きたい人を探しています。

その際、自信がなさそうであったり、元気が感じられない人はやはりマイナスイメージになります。

そのため、もし意見が被ってしまったとしても焦っていることを察せられず、自信を持って堂々と自分の気持ちを伝えましょう。

また、同じ意見だとしても、自分の言葉で回答をすることで面接官へ伝わる印象が変わることがあります。

「なぜその意見で回答しようと思ったのか」、「そこから自分は何を感じたのか」

このように回答に自分の意見を合わせて伝えることで、面接官に別の意見だという印象を持ってもらうことも可能です。

集団面接で意見を被らせないための対策は?

スーツ、男女

集団面接で意見を被らせないためには、いかに企業研究と自己分析を十分にするかが重要です。

意見が被った際、臨機応変に意見を変更したり、自分の元の意見をアップデートするためにも企業情報を収集しておく必要があります。

そのため、企業研究は十分にする必要があります。

また、その企業研究をする上で重要となるのが自己分析です。

他の応募者と同じ方法で企業研究をしていても差別化することはできません。

例えば、企業HPから得られる情報だけでは他の応募者と意見も被ってしまう確立も高くなるでしょう。

そこで重要なのが自己分析です。

自己分析を十分にすることで、企業選びの軸や働く上で大事にしたいことが見えてきます。

その結果、自分が知りたい企業の情報が明確になり、それがあなたならではの企業の見方となります。

その見方が、他の応募者ではたどり着くことができない情報を見つけることができ、それがあなたならではの意見を持つことに繋がるのです。

また、自己分析をすることで自分の意見を明確に持つことができるようになります。

その結果、意見が被った際に自分の意見を合わせることで面接官に別の意見であると印象を持ってもらうことも可能になります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスパーソン

これまで記載した内容から集団面接における企業研究や自己分析が非常に大切であることをわかっていただけたと思います。

しかし、人によっては働きながらや、多くの企業に応募することから、一社辺りにかける企業研究の時間を十分に確保できないでしょう。

そこでオススメなのが、ぜひ転職エージェントに相談をしましょう。

プロに相談することで、自己分析や企業研究のやり方はもちろん、面接指導などあなたの転職活動を支えてくれる良きパートナーになります。

転職活動で行き詰まった際のお悩みや質問にも丁寧に解決してくれるでしょう。

ぜひ転職活動を成功させるためにも転転職エージェントをご活用ください。

まとめ

飛び跳ねる女性

いかがでしたでしょうか。

本項では集団面接で意見が被ってしまった際の対処法について記載させていただきました。

どれだけ被らないように努力をしていたとしても、意見が絶対に被らなくなるわけではありません。

そのため、本内容を確認し意見が被っても大丈夫なように準備をしましょう。

そしてあなたの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら