自分ひとりで子どもを育てるシングルマザーの人は何かと制限されることが多く、転職活動をするにあたっても悩みが多いものです。

しかし、シングルマザーもポイントさえ押さえれば快適な転職活動ができます。

そこでこの記事では、シングルマザーが転職活動を成功させるための情報を紹介します。

おすすめの仕事や企業選びのポイント、さらには支援制度や求人の探し方を解説しました。

Contents

シングルマザーの転職におすすめの仕事を紹介

ポイント

まずは、シングルマザーの転職におすすめの仕事を紹介します。

ここで紹介する仕事は比較的に転職難易度が低めであるため、シングルマザーのように時間的制約が強い中でも進められます。

営業職

まずは営業職です。一般的に営業職は経験や学歴不問で転職しやすい分野といえます。

短い期間での転職が達成できる可能性が高いため、時間的制約の強いシングルマザーにおすすめです。

さらに歩合制を導入されていることが多く、努力次第で高収入を見込めます。

人と話すのが好き、商品の魅力を伝えるのが得意であれば、営業職での活躍が期待できます。

一般事務

オフィスで仕事をする女性

一般事務はどんな業界でも必要な職種のため、求人数が多いです。さらに特別なスキルが必要ないため比較的挑戦しやすいといえます。

一般事務で生かせる資格やPCの知識は独学でも習得可能なものが多く、シングルマザーであってもスキルを身に着けやすいです。

就業時間のムラが少なく子育てとの両立がしやすい点からもおすすめできます。

また、一般事務は女性に多いため、仲間や相談相手を作りやすいという面も持ちます。

医療事務

医療機関での受付や書類作成などをおこなう医療事務もシングルマザーにおすすめの仕事です。

医療事務は資格が必要なことが多く、一般事務に比べるとやや専門的な知識が求められます。

しかし定時での帰宅や安定した仕事が可能なため、子どもとの時間がとりやすいです。

安定した環境で無理なく働きたいシングルマザーにおすすめの職種といえます。

 

ワンポイント
 スムーズな転職活動のために、転職難易度の低い仕事を選ぼう

シングルマザーの転職活動前の準備

ポイント

シングルマザーが転職活動をするのであれば、あらかじめ以下の準備をしておくと良いでしょう。

  • 転職先に求める条件を決める
  • 子どもの預け先を確保する

シングルマザーは何かと制約が多いうえ、自分ひとりの稼ぎで子どもを養う必要があります。

そのため闇雲な転職活動をしてしまうと、思うような生活が送れなくなる可能性があります。

よって、まずは企業に求める条件をしっかり決めてから転職活動をするべきです。

就業時間や給与、休みの取りやすさなど、自分の求める条件を考え、それに合致した企業を探すようにしましょう。

また、子どもを一人で世話しないといけないのは、企業側にとって懸念事項となります。

ですが子どもの預け先が確保できていることをアピールできれば、その点を解消させることができます。

転職活動をおこなう前に、仕事中に子どもを預ける場所もしくは人を見つけておきましょう。

採用されやすいシングルマザーは?

困る

シングルマザーだと伝えると、企業はどうしても子育てとの両立を心配します。

そこで、企業の懸念を取り除くためにしておくべきことを紹介します。これらは採用の可能性を高める方法です。

病児保育に登録している

病児保育に登録しているシングルマザーは、そうでない人と比べ採用可能性が高いです。

子育て中の社員に対する懸念として、「子どもが体調を崩したら帰ってしまう」というものが挙げられます。

子どもの病気は仕方のないこととはいえ、企業的にはやはり早退は困ってしまうことです。

そのため、子どもが病気になったときの対策ができているシングルマザーはそれだけで印象が良いです。

ベビーシッターの利用登録をしている

ベビーシッターの利用登録をしていることも、企業に対するアピールポイントになります。

子育ての負担が大きい人を採用することは、現実問題、企業的にはリスクといえることです。

ですが子どもの世話を見てくれるベビーシッターの利用登録をしているのであれば、仕事とのバランスが取りやすいと判断されます。

実際に利用するかは別として、登録手続きだけは済ませておくことをおすすめします。

マイナスになるような状況を正直に伝える

悩み

どんなに対策をしていても、やはりどうしてもシングルマザーには制約が多くつきまとうものです。

そのためマイナスになるような状況はあらかじめ正直に伝えておくことがベストです。

自身の状況を客観的に伝えることができるというのは、それだけで企業側の印象を上げます。

ミスマッチや情報差を事前になくしておくためにも、マイナス要素はあらかじめ伝えておくようにしましょう。

シングルマザーが仕事を探す時に意識したいこと

指をさす女性

シングルマザーは子育てに時間を割く必要がある都合上、仕事にある程度の制限がかかってしまいます。

そこで、転職先を探す際に意識しておくと良い部分を紹介します。

時間の都合がつきやすいか

まず、仕事において時間の都合がつきやすいかはチェックするべきです。

一人で子育てをしているとどうしても毎日決まった時間で仕事をするのは難しいでしょう。

そこで、フレックスタイム制や時短勤務制度などを取り入れている会社を探すことをおすすめします。

生活の都合に合わせて働く時間を変えることができれば、家庭と仕事の両立がしやすくなります。

子どもとの時間を無理なく確保するために大切な要素です。

休みが取りやすいか

笑顔

休みの取りやすさも、シングルマザーが仕事探しをするうえで大切な基準となります。

幼稚園または学校の行事のような子どもにとっての大切な日は、子どものために時間を使いたいものです。

そのような時に無理なく休みが取れる会社だと、余計な不安やストレスを感じずに済みます

休みを取ることに後ろめたさや申し訳なさを強く感じてしまう会社では、子どもを優先させることが難しくなってしまいます。

子どもとの時間を大切にするためにも、休みの取りやすさを意識するべきです。

 

ワンポイント
 子育てと仕事を無理なく両立できる仕事を選ぼう

シングルマザーが企業選びで重視すべきポイントは?

グーサインをするビジネスウーマン

転職先を選ぶ際、仕事内容や両立のしやしさだけでなく、企業そのものの情報についても注意をするべきです。

そこで、シングルマザーが企業選びで重視すべきポイントを2つ紹介します。

育児やシングルマザーに理解のある企業

大前提として、育児やシングルマザーに理解のある企業である必要があります。

どんなに良い条件の仕事であっても、企業にシングルマザーへの理解がなければストレスの原因となってしまいます。

ストレスを抱えながら仕事をするのは辛いですし、子育てにも悪影響を与える可能性があるためおすすめできません。

精神的な面でも子育ての両立がしやすい状態を作れるよう、理解のある企業を選びましょう。

将来性があるかどうか

企業に将来性があるかどうかも、シングルマザーにとって重要な要素となります。

転職活動は大変なものですが、シングルマザーは特に多くの制約の中で進める必要があります。

そのため一度転職したらなるべく長く勤め続けたいものです。先行きが不安な会社ではそれが難しいでしょう。

また、将来性のない会社は大きな昇給も期待できません。

長く勤め続けることができ、昇給の期待もできる企業を選ぶため、将来性を見ることが大切です。

シングルマザーへの支援制度をチェックしよう

国によるシングルマザーへの支援制度をご存知でしょうか。こちらを使えば、よりスムーズな転職活動が可能です。

シングルマザーへの支援制度について紹介します。

自立支援教育訓練給付金・高等職業訓練促進給付金等事業

自立支援教育訓練給付金とは、母子家庭の母もしくは父子家庭の父が使用できる制度で、能力開発の取り組みを支援するものです。

対象となる教育訓練を受講し、講座が無事修了したらかかった経費の60%が支給されます。

下限は1万2千1円、上限は修学年数×20万円で最大80万円です。

支給を受けるためには事前に都道府県等の自治体から講座の指定を受ける必要があります。

転職活動のためにスキルを身につけたいシングルマザーにおすすめの制度です。

また、高等職業訓練促進給付金等事業も、母子家庭の母または父子家庭の父が受けられる制度です。

看護師や介護福祉士といった資格取得のために修業する場合、その間の生活負担を軽減させるために給付金が支給されます。

また、養成機関の入学に必要な費用負担を軽減させるための高等職業訓練修了支援給付金も受けられます。

看護師や介護福祉士といった資格取得を目指すのであればおすすめです。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子家庭の母もしくは父子家庭の父が受けることのできる貸付金制度です。

貸付金の種類として、以下が挙げられます。

  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 修学資金
  • 技能習得資金
  • 修業資金
  • 就職支援資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転勤資金
  • 就学支度資金
  • 結婚資金

あくまで貸付金ですので返す必要があることに注意が必要ですが、資金で困ったときにはおすすめです。

シングルマザーの求人の探し方は?

保育士と赤ちゃん

何かと制約の多いシングルマザーが一人で求人を探すのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、外部の力を借りることです。

まずおこないたいのが、転職サイトへの登録です。

転職サイトは無料で使うことができますし、仕事探しから応募まで全てネットで完結するため、仕事探しの時間や手間が省けます。

さまざまな条件で絞り込んで検索ができるため、理想に合った仕事を探すことができます。

求人サイトによって取り扱う企業の種類や傾向に違いがあるので、複数登録すると良いでしょう。

また、ハローワークで展開されている「マザーズハローワーク」もおすすめです。

これは子育てと仕事の両立を希望する人を対象としたサービスです。

転職活動に役立つセミナーを受けられたり、子育て支援に関する情報を提供されたりします。

子育てと仕事の両立が必要不可欠なシングルマザーにぴったりのサービスといえます。

スタッフと直接話ができる分、より細やかな情報収集が可能です。ぜひこちらも検討してください。

 

ワンポイント
 外部の力を借りてスムーズに転職活動をしよう

シングルマザーの転職を成功させるには

パソコンを触る子どもと母親

制約の多いシングルマザーが転職を成功させるためには、いろいろ配慮しなければならない部分があるのは事実でしょう。

ですが全ての人や状況に共通して言えるのが、一人で頑張りすぎないことです。

シングルマザー向けが使える制度を活用したり、転職サイトやサポートサービスを受けたり、使えるものはとことん使いましょう。

また、無理に高いハードルを掲げず、転職難易度の低い仕事を選ぶこともおすすめです。

転職活動は大切ですが、シングルマザーは子育てとの両立が求められます。

どちらもバランス良く進められるよう、転職活動を頑張りすぎないことが大切です。

 

ワンポイント
 転職活動を一人で頑張りすぎてはいけません。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

手を上げる女性

転職活動を進めるうえで何かと悩みが出てきます。そのままにしておくわけにはいきませんが、一人で解消するのは大変です。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントは多数の転職者のサポート経験があるため、知識やノウハウが豊富にあります。

そのため転職活動の悩みを的確に解消させてくれます。

また、転職エージェントは無料で活用することができます。

転職活動を一人で頑張ることは大変ですが、お金はかけたくないもの。

転職エージェントであればプロのサポートを無料で受けることができ、転職活動がスムーズになります。

制約や悩みが多いシングルマザーは、絶対に活用するべきサービスです。

まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

子どもと母親

いかがでしたでしょうか。

子育てとの両立が大切なシングルマザーにとって、転職活動は何かと大変なものです。

闇雲に進めるのは時間的にも負担的にもかなり厳しいため、ポイントを絞り最低限の労力で活動できると良いでしょう。

シングルマザーに適した仕事内容や会社を選んだり、ミスマッチをなくすために事前に必要事項を伝えたりします。

難しそうに感じるかもしれませんが、何も一人で進めなければいけないわけではありません。

シングルマザー向けの支援制度やサポートサービス、転職サイトなどを使ったって良いのです。

また、無料で転職サポートをする転職エージェントも強い味方です。

最低限の労力で最大の効果を発揮させ、転職活動を成功させましょう。

シングルマザーの皆様が良い転職活動を出来るよう、全力でサポートします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら