就活生や転職者が面接で必ずといっていいほど経験するのが「圧迫面接」です。

転職活動を行うと学生時代の嫌な思い出が蘇ってくることもあるでしょう。

企業はなぜこのような圧迫面接をわざわざ行うのでしょうか?

また圧迫面接を乗り越えて内定をもらう対処法はどうすればいいのか気になるでしょう。

今回はそのような圧迫面接で合格する方法や理由・評価ポイント・事例を解説します。

面接官が厳正な態度を取る理由や意図を知って是非参考にしてください。

圧迫面接で合格する方法

圧迫面接

まず圧迫面接で合格する方法は圧迫面接をする企業を避けることです。

一昔前であれば会社が学生に対して圧迫面接を行うことは珍しくありませんでした。

しかし今はコンプライアンスの観点から圧迫面接を行う企業は好ましくありません。

余程その会社で働きたいとか筋の通った厳しい意見とかでない限りは辞めましょう。

寧ろ圧迫面接を平然と行うような会社は「人を大事にしない会社」と判断するのが妥当です。

そういう企業に思いがけず出会ったら見切りをつけて次へ進みましょう。

その方が転職者も自分の心身を無用に痛めることなく合格率が上がるのではないでしょうか。

圧迫面接をする目的や理由は?

基本的に圧迫面接する企業は避けた方が望ましいですが、理由は目的は知っておきましょう。

果たしてなぜ面接官はわざわざ転職者を試すような言動・行動を取るのでしょうか?

ストレス耐性があるか知りたい

ストレス

1番の目的・理由は主に転職者のストレス耐性をチェックするためです。

特に転職が当たり前になってから若者の早期退職および転職が散見されるようになりました。

その理由の多くがストレス耐性のなさや弱さにあるという現実もまたあります。

だからこそあえて挑発的な態度で応募者を試すという意図がそこにあるのです。

社会人になると上のステージに立つほど襲いかかるプレッシャーも並並ならぬものがあります。

だからこそ少しのことで簡単に潰れないような人材かどうかを見極めたいのです。

対応力を知りたい

対応力

2つ目に圧迫面接を通して転職者の対応力反応といった人間性を知りたいのです。

30分から1時間の面接の中で転職者の人間性を全て見極め判断することはできません。

また、履歴書や職務経歴書・エントリーシートでも窺い知ることは不可能でしょう。

面接に臨む時の転職者は多かれ少なかれ理論武装して作り込んだ状態で臨むからです。

また、単純に面接官に従うだけではなく適度な自己主張も出来るかも見られています。

素直さや正直さも大事ですが、芯の強さやハングリー精神こそが何より仕事では大事です。

逆にいえば圧迫面接をされる人はそれだけ会社から期待されている証拠でもあります。

圧迫面接の自覚がない面接官もいる

そして最も注意すべきは上記2つと違った「圧迫面接と知らずに行うケース」です。

面接慣れしていない管理職や役員の方が圧迫面接を行うことがあります。

そういう面接官の場合意図的ではなく素で行っているので要注意です。

中には学歴や家族構成など仕事とは全く関係ないところに難癖をつける面接官もいます。

圧迫面接とはいっても、度を超えてしまうとそれはただのパワハラ・いじめです。

そういう企業の場合は仮に不合格ではなかったとしても避けるようにしてください

コンプライアンスをきちんと守れず人を大事にしない会社では成長が望めません。

圧迫面接は面接官の技量や経験値がしっかりあってこそ成り立つものなのです。

 

ワンポイント
・ストレス耐性や対応力を見たいが故の「必要悪」として行っている
・圧迫面接の度を超えた面接を行う企業は避けるのが吉

 

圧迫面接の対処法をチェック

圧迫面接の理由・目的を理解したら次は対処法をチェックしましょう。

質問の「原因と理由」を簡潔に答えよう

原因

まず質問の「原因と理由」をしっかり理解した上で簡潔に答えるようにしましょう。

面接官は別に質問に対して100点満点の完璧な回答を求めているわけではありません。

20代女性なのですから荒削りで未熟な部分があって当然だと思っています。

ここで期待されるのは面接官の質問の意図を理解した上で柔軟な返答ができるかどうかです。

だからこそ多少意地悪な質問を聞かれても焦らずにしっかり返答していきましょう。

正しい間違いではなく、一貫性のある回答ができれば面接官には納得してもらえます。

面接官に圧迫の意図はないと解釈して冷静に対応しよう

冷静に

2つ目の対処法としては面接官に圧迫の意図はないと捉えて冷静に対応することです。

転職者が作り込んで面接に臨むのと同様に面接官も作り込んで臨んでいます。

だから普段は温厚で優しい人であってもそういう演出をしているだけの可能性もあるのです。

そこに気づけばしっかり受け止めた上で冷静な対応が可能なのではないでしょうか。

内定をもらって入社してみると意外と温かく優しい人である可能性もあるのです。

ここでいかにしっかりした対応が出来るかによって幾らでも合否の可能性は異なります。

 

ワンポイント
・圧迫面接では原因と理由を理解した上での簡潔な回答が大事
・圧迫面接はあくまでも演出だと理解して冷静に対応すること

 

圧迫面接を受ける時に意識しておきたいこと

圧迫面接の目的と対処法がわかれば次は心構えの部分が大事になります。

圧迫面接を受ける時に強く意識すべきことをここでは解説しましょう。

相手の意図を見失わないようにしよう

意図

まず大事なことは面接官が圧迫面接を行う意図を見失わないことです。

ついつい意地悪な質問をしたり返答しても素っ気ない反応だったりすることもあるでしょう。

そうなると転職者は「もしかして間違っていたのかな?」と不安になるかもしれません。

しかしその不安こそが罠であり、面接官には「自分に自信がない人」と受け取られます。

上記したように面接官の反応はあくまで表面的なものなので堂々としてください。

寧ろ面接官を圧倒する・食う位の心構えでいるといいのではないでしょうか。

本当に自分の意見に芯がある人は誰に何といわれようが根本から揺らぐことはないのです。

そういう心構えで臨めばまず不合格・不採用になる確率は下がります。

弁論しようがない否定は受け入れよう

受け入れる

たとえ根拠のしっかりした意見を述べても、弁論しようがない否定をいわれることもあります。

その時は無理して反論せず一旦受け入れた上で更なる切り返しを行ってください。

上記したように面接官は転職者に対して完璧な回答を求めているわけではありません。

また世の中に完璧なものはなく、どんな議論や意見にも必ず穴や弱点は存在します。

大事なことはその穴や弱点を譲歩した上でどうカバー出来るかなのです。

全部を否定しての反論よりも1度譲歩した上での切り返しの方がより深みがあります。

諦めず丁寧に返答していけば、その思いは面接官に伝わることでしょう。

常に笑顔を意識しよう

笑顔

そして3つ目に常に笑顔を意識し余裕を忘れないようにすることです。

圧迫面接が進めば進むほど、面接官も転職者も顔つきに真剣味を帯びてきます。

そうなると得てして冷静さや余裕が失われ、対応も雑になりがちです。

勿論真剣な話をしている時にまで無理して笑顔を作る必要はありません。

しかし、常に心に余裕をもって対応するだけでもだいぶ違います。

要は圧迫面接であろうと楽しむ位の余裕が大切だということです。

これは入社後の仕事の姿勢や結果にも大きく影響する心構えになるでしょう。

 

ワンポイント
・面接官の質問の本質をしっかり見抜くこと
・反論しようがない意見は一旦受け入れた上で返す
・常に心に余裕をもって面接を楽しむこと

 

圧迫面接の切り返し方のポイント

それではここから具体的な圧迫面接の切り返し方のポイントを解説します。

発言を否定された時

否定

まず発言を否定された時ですが、これは幾つかのパターンがあります。

弁論しようがない場合は一旦受け入れた上で更なる切り返しを行いましょう。

しかし全ての否定に対してそのような切り返しを行う必要はありません。

反論できる場合はしっかり根拠をつけた上で論理的かつ冷静に反論してください。

「君には向いていない」「別の会社に行った方がいい」などはよく来る否定です。

また「不採用になった場合どうしますか?」とまで聞く企業もあります。

そういう企業の場合はとにかく志望する企業の独自の魅力を訴えてください。

その会社にあって他の会社にない独自の魅力を説明できれば面接官にも好印象です。

志望度の低さを疑われた時

発言によっては「志望度機が浅い」と志望動機の低さを疑われることがあります。

特に20代の転職活動の場合「定着性」「働く姿勢」という部分で未熟さがあるからです。

その場合は「若さゆえの可能性」という部分を逆手に取って冷静に反論してください。

第2新卒や未経験歓迎の会社であればそのような回答でも合格の可能性は十分あります。

異なる職種や業界の場合は前職との本質的な関連性を説明するのもありでしょう。

どんな仕事も表面上の違いはあっても本質的に大切なことはそんなに変わりません。

そうした根源的な部分に踏み込んだ回答を行えると面接官もしっかり納得してくれます。

 

ワンポイント
・発言を否定された場合は根拠をつけて冷静に反論する
・志望度の低さを疑われたら逆手に取って理由を説明する

 

圧迫面接の事例をチェック

責める

切り返しの方法まで分かったところで実際の例を見ていきましょう。

「社会人経験があるのに志望動機が学生みたいで浅いね。そんなことで大丈夫なの?」

「確かに私もまだまだ勉強不足で学ぶべきことが沢山あります。

しかし、御社の〇〇という企画職は現職で私が担当している仕事と本質的に通じるものがあります。

現職の営業では常にお客様の立場に立った提案や改善策が求められてきました。

しかしそれは企画も同じことであり、まずお客様の立場に立った企画が必要となります。

お客様に寄り添った提案を行い社会に貢献するという点で両者に大きな差はありません。

そういう理由により私はもっと根源的な企画という立場に携わりたいと志望しました」

ここでのポイントは志望動機の浅さを1度認めた上で前職との共通点を見出していることです。

営業職と企画職は一見異なっているようでどちらも本質的に変わらないという的を射ています。

深いところにしっかりと切り込んでいるので強い説得力があるでしょう。

「うちは休日出勤や残業もあるけど大丈夫?長続きしないからやめた方がいいよ

「勿論現職とはまるで違う環境になることは重々承知いたしております。

しかし私は若い時の苦労は買ってでもした方がいいと考えているのです。

今後のキャリアを考えた時、もっと働いて自分を一層磨く必要があります。

環境が変わるために苦労することは多少なりともあるかもしれません。

しかしそれも自分の成長のためだと前向きに捉え真摯に頑張ります。

痛みなき成長はないと思いますので、是非御社で働かせてください」

労働環境の厳しさを突きつけられた場合の返し方の例です。

ポイントは残業や休日出勤を「成長のための苦労」と述べている点にあります。

また「若い時の苦労は買ってでもする」「痛みなき成長はない」なども好印象です。

「でも君女性だから結婚したらうちを辞めるんでしょ?」

「いえ、結婚したとしても仕事を辞めるつもりは毛頭ございません

私はあくまで自分の生活は自分でしっかり支えたいのです。

結婚や出産を経験したとしてもその考えが心の中で変わることはないでしょう。

御社の求人票にはそのような女性の働き方へのサポートがあると伺いました。

逆にお尋ねしたいのですが、御社では寿退社をなさる女性が多いのでしょうか?」

これは女性特有の「結婚」というライフイベントに絡んだ圧迫面接です。

セクハラ寸前の質問ですが、こちらは真っ向から否定しています。

最後には逆質問までするなど強気な姿勢を見せており全くブレていません。

圧迫面接の評価ポイントは何?

評価

ここまでの解説を元に圧迫面接の評価ポイントをまとめてみましょう。

  1. 意地悪な質問をされてもしっかりと返せるかどうか
  2. 認める部分はしっかり認めた上での返しができるかどうか
  3. 怯まず面接官に強気に食らいつくことができるかどうか

これらいずれも大事なことは「負の側面」を見せないということです。

面接官は応募者の「覚悟と決意」を最終的には見ています。

だからこそ常に揺るがず一貫性を持って堂々と返答を行ってください。

圧迫面接があまりにも酷い場合は?

女上司

中には圧迫面接の領域を超えた差別偏見とも取られかねない質問もあるのです。

そういう企業の場合は感情的にならずまずは冷静かつ建設的な返答を行ってください。

その上で迷いが出たのであれば早い段階で損切りして別の企業に向かいましょう。

そのような質問を行う企業は下手すれば名誉毀損で訴えられてもおかしくありません。

企業が応募者を選ぶ権利があるように応募者にも企業を選ぶ権利はあります

せっかくの転職なのですから双方が幸せになれる転職活動にしたいものです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

圧迫面接を始め転職活動には様々な悩みがつきものです。

どうしても分からないことがある場合は是非転職エージェントに相談してください。

プロの見地から様々なアドバイスをもらえますし、圧迫面接対策も立ててくれます。

また、圧迫面接が少ないストレスフリーな企業を優先的に紹介してくれるのです。

是非ともエージェントの助力を借りて憧れの企業へ転職しましょう。

まとめ

面接

いかがでしたか?

今回は転職活動における圧迫面接の中身とその対処法を具体的に説明してきました。

圧迫面接を行う企業はゼロではありませんが、昔よりは減ってきています。

もし圧迫面接に出会ったら意図を理解した上で冷静な返答を心がけてください。

それでも度を超えた質問をしてきた場合は早い段階で見切りをつけて次へ向かいましょう。

この記事が少しでも圧迫面接対策のお役に立てれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら