ライフプランを考えるうえで仕事はとても大切です。

特に女性の場合は出産や仕事と家庭の両立に悩むことも多く、男性に比べより繊細な職場選びが重要になってきます。

また、第二新卒期は待遇への不満と将来への不安が芽生える時期でもあります。

目先の利益に囚われた転職をしてしまい、失敗するケースも少なくありません。

この記事では高学歴の第二新卒が、転職を成功させ、長く勤められる会社へステップアップする方法をお伝えします。

Contents

高学歴の第二新卒が転職を成功させるコツ

パソコン入力

学歴の高さや経験年数で企業が求める人材は大きく変わります。最初に知るべきなのは、第二新卒に何が求められているかでしょう。

  • 新卒と年齢が近いが社会人経験があるためスキルも求められている
  • 最低限のビジネスマナーや柔軟性がある
  • 企業側は高学歴の人材に強い期待感を抱いている

など、求められる資質を数えだすとキリがありませんが、特に重要なのが高学歴の落とし穴を正しく認識しカバーすることでしょう。

なぜなら高学歴の第二新卒は転職に有利ですが、陥りやすい罠もあるからです。

逆にいうと、高学歴の第二新卒特有の悩みや失敗パターンなどの落とし穴を知ることで対策が取れ、転職が成功しやすくなるのです。

転職において高学歴は有利になる?

履歴書

転職において学歴の高さは武器になります。

地頭がいいのはもちろんのこと、勉学において努力を継続できたというひとつの実績として、企業側に安心感がもたらされるからです。

新卒とは違い中途採用では学歴の高さのみで採用されることはほとんどありません。

30~40代以上の転職では経験と即戦力としての期待値が大幅に高くなります。

ただ、第二新卒の場合は社会人の経験が浅いこともあり入社後の伸びしろも重視されるのです。

加えて、たとえば転職エージェントではある一定の学歴以上の方にのみ紹介される「非公開求人」もあります。

学歴の高い人材の市場価値は高く、転職するうえで基本的に有利に働くことでしょう。

しかしながら、高学歴であるからこそ企業の求めるレベルが高くなったり、よりシビアな判断がなされたりする場合もあります。

高い学歴を持つ方が転職を成功させるには、高学歴ならではの悩みやデメリットを解決する必要があるのです。

無料転職相談をして悩みを解決しよう

第二新卒が学歴より見られているものは

外出している女性

新卒と第二新卒との決定的な違いは社会人経験の有無です。

新卒であれば学歴が採用するうえで重要な指標となりますが、第二新卒の場合はそれだけではありません。

経験は浅いながらも1~3年ほど働いているので、ビジネスマナーや臨機応変さが求められます。

社会人としての基礎や常識があること

第二新卒は仕事をするうえである程度の基礎やビジネスマナーが身に付いていると思われています。

新入社員の場合は社会人としての常識を身に付けてもらうために、企業は膨大な時間や労力を注がなければなりません。

その点、社会経験のある第二新卒は基礎やマナーの土台があることが前提のため、企業の見る目が厳しくなるのです。

社会人の経験は浅くても柔軟性があること

基礎や常識の他に、意外に気を付けなければならないのが柔軟性。

社会人経験があるということは、仕事で身に付けた幅広い視野と、新卒に近い年齢だからこそ持つ新鮮な着眼点の両方を見られています。

また、意地悪い見方をすると、第二新卒は新卒に比べて仕事に対して少し慣れが出ている場合があります。

初めて入社した企業で学んだことが社会全体の常識とは限りません。

前職の経験にこだわらない臨機応変な柔軟さが大切になってくるでしょう。

 

ワンポイント
社会人としての常識と柔軟性があるかもう一度確認しましょう。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


第二新卒に求められるものとは

矢印、ターニングポイントの文字

多角的な視点とチャレンジ精神は、第二新卒に求められる重要な要素です。

新卒に似たフレッシュさももちろん大切ですが、第二新卒は新卒より一つ上のステージに立っています。

自分自身の仕事だけでなく相手の立場に立ち俯瞰して業務を進める客観性、自分の頭で考えて行動できる自発性が必要でしょう。

自ら考えて行動できる人

見極め

たとえば新卒の場合は何もかもが初めてです。自分で考えて勝手に行動するより指示されたことを丁寧にこなす能力が求められます。

しかし第二新卒の場合はどうでしょうか。その職場は初めてであってもそれまでに培った経験があります。

家に例えると基礎工事が終わっている状態ですので、その上に何を建てるのかを考えて実行する力のある人材を企業は採用したいのです。

相手の立場になって考えられる人

オフィス、ノートパソコン、会話する3人の女性

また、新卒とは異なり自分の業務で手一杯というわけにはいきません。

たしかにいくら社会人経験があるとはいえ新しい就職先では分からないことだらけでしょう。

だからこそ自分本位にならず周囲の状況を冷静に見渡し、相手の立場に立って考えられる人、サポートできる人材は企業にとって貴重です。

中途採用を行ううえで重視されるポイントでもあるのです。

 

ワンポイント
自分で考え行動し、相手の立場に立つことを意識しましょう。

高学歴の第二新卒が転職を成功させるためのポイント

指さすコールセンター女性

第二新卒が学歴より見られているもの、求められていることが分かりました。

ここでは求職者側がアピールすべきポイントをいくつかご紹介します。

仕事に対する熱意を伝えよう

学歴が高く、かつビジネスパーソンとして数年経っているといっても、第二新卒の経験はまだまだ浅いといわざるを得ません。

そこで武器になるのが熱意ある姿勢です。

厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査」によると、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が新規採用では77.9%です。

中途採用でも76.0%と最も高くなっています。

企業の視点に立つと、淡々とした受け答えしかできない求職者では足りません。

その会社で勤めたい理由を温度のある言葉で伝えてくれる転職希望者が必要なのです。

活かせるスキルをアピールしよう

パソコンとコーヒー

熱意に加え、短い経験ながらも職場で培ったスキルや実績も積極的にアピールしましょう。

学歴を注視されやすい第二新卒期において、保有しているスキルや、経験により身に付けたものを伝えることが重要になります。

学歴以外のポイントが高く評価されやすくなるからです。

ポテンシャルの高さをアピールしよう

もう一つアピールすべきはポテンシャル。

経験が十分ではない時期での転職では、現在の能力のみが判断材料になるわけではないからです。

高学歴であれば地頭とそれに伴う成長性が、第二新卒あれば新しいものを柔軟に取り入れられる余地が多いと思われています。

根拠のない自信や学歴に頼っただけのプライドではいけません。

ただ、謙虚な姿勢で自分のポテンシャルをアピール出来れば大きな強みになることでしょう。

無料転職相談をして未来を掴もう

高学歴の第二新卒によくある転職失敗例

バツ

20代は教えられた業務を吸収し著しい成長が望める時期であるため転職しやすい年齢ですが、必ず成功するわけではありません。

ここでは特に高学歴者が失敗しやすい3つの例をご紹介します。

例1 大手企業への転職にこだわってしまう

比較的大手の企業に新卒で入社していた場合、企業の知名度で転職先を決めてしまいがちです。

高いネームバリューはたしかに魅力的ですが、名前だけで判断してはいけません。

業務内容や福利厚生などが伴っているかを見極めないと、後々になって後悔し、焦って次の転職先を探す羽目になりかねないからです。

例2 プライドが高いと勘違いされてしまう

パソコン、女性

中途採用の場合、学歴だけではなくこれまでの仕事内容や実績、スキルも採用の対象です。

とはいえ学歴が高いに越したこともないのも事実。高学歴であれば学歴に関しては問題ないでしょう。

しかし、プライドが高いと思われてしまうデメリットもあります。

入社後にプライドの高さが仇となり、同僚や上司と上手くいかず円滑に業務を進められなくなる人も少なくないのです。

例3 業績不振の理由を自分以外に求める

職場での予期せぬトラブルやアクシデントが起きたとき、原因を他人のせいにしたことはありませんか。

他の人より優秀だということは、他人の欠点やミスに気付きやすいということでもあります。

反対に、仕事が上手くいかないときには原因が自分にあるかもしれないと思うことがあまり多くないのです。

もちろん相手に明らかな非がある場合もありますし、不運が重なってミスになることもあるでしょう。

とはいえアクシデントの原因を周囲のせいにしてしまう傾向があると、転職先の職場で大きなトラブルになりかねません。

一旦冷静になり自分自身を見つめなおす習慣を持ち、第二新卒によくある失敗を引き起こさない努力が大切になってくるでしょう。

 

ワンポイント
大企業にこだわっていないか、他人のせいにしていないかに気を付けましょう。

高学歴ならではの求職者の悩み

横になる女性

人一倍の努力を継続した結果として高い学歴、優れた能力、そして社会で身に付けた実績がある高学歴求職者は企業が求める人材です。

大手企業に固執した場合は別ですが、学歴の高い求職者は一般の求職者より転職先の選択肢が多くあります。

本来であれば選択肢が多いことは利点ですが、言い換えると悩む選択肢も多いといえます。

失敗したくない

人生のステップを着実に登ってきた高学歴者にとって、失敗したくないという思いは人一倍強いことでしょう。

慎重に転職を進める方法はたしかに有効です。

ただ、失敗したくない思いが強いあまり完璧主義に陥る、または慎重になりすぎて今の職場から動けなくなってしまう危険性があります。

失敗したくない思いを一旦脇に置いたときに、自分が何をしたいのかを考えてみてはいかかでしょうか。

本来の実力より上を目指せると思ってしまう

仕事が落ち着き、ある程度経験と実績が伴ってくるこの時期での転職では、自分の実力を過大評価してしまう恐れがあります。

キャリアアップの為の転職ですと、その傾向はより顕著になるでしょう。

挑戦したい気持ちと、転職を成功させたいという希望が混同してしまうからです。

高学歴者であれば、一段上のステージで働いてみたいと思う気持ちは当たり前のことです。

同じような気持ちを持った求職者がブランド力のある企業に応募したら、そのぶん倍率が高くなります。

向上心を大切にしたままで転職を成功させるためには、自分を客観視し、転職先のリサーチが欠かせないのです。

会社の知名度を気にしすぎている

仕事、人生

大手企業、有名企業、人気企業の知名度に魅力があるのは事実です。

高学歴であることで、知名度のある学歴の恩恵を受けた経験が一度や二度はあるのではないでしょうか。

大手企業を始めとしたネームバリューがある企業のメリットは計り知れないものです。

しかし知名度ばかりに注目し、自分を追い込む転職選びをしてしまっては本末転倒。

冷静になり、企業のブランド力に固執していないかを確かめるのも悩みに囚われない秘訣です。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


高学歴でも油断や妥協はせず転職対策を徹底して行おう

転職するにあたり高学歴であれば多くのメリットを享受できます。ですが油断は禁物です。

学歴にあぐらをかき油断してしまっては転職が失敗に終わりやすいですし、かといって臆病になりすぎても成功は難しいでしょう。

転職に必要なのは情報収集や転職エージェントの活用などの、戦略的な対策です。

 

ワンポイント
自分の実力を過大評価せず、会社の知名度にとらわれない転職選びが必要です。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

パソコンを見る女性

転職はキャリアアップを考えるうえで非常に重要な要素です。

自分で下した決断に後から後悔しても、時間は取り戻せません。また、転職には多大な手間と労力が伴うでしょう。

客観性に基づいたプロフェッショナルのサポートを受けることが、転職成功率を大幅に高める手段です。

転職エージェントでは転職に特化したプロのアドバイザーに無料で相談をすることができます。

一般の求人では公開されていない非公開求人があるため、より希望に合った転職先が見つかりやすくなるでしょう。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーは求職者と企業とをつなぐ役割を担っています。

企業の内情に精通し、現場の声を聞くことにも長けているのです。

企業の内部事情を事前に知ることができれば対策が立てやすくなり、自分が求める会社にフィットする可能性が格段に高なるでしょう。

無料転職相談をして転職を成功させよう

まとめ

人差し指を立てる女性

ライフイベントが男性よりも多い女性の場合、転職にはより細やかな情報収集と企業選びにのみ集中できる時間の確保が必須です。

会社の知名度のみに振り回されることなく、充実した福利厚生やキャリアアップが見込める企業であっても油断は禁物。

入社後に「思っていた仕事とは違った」と後悔しないためには、企業のリアルな内部事情をも吟味したうえでの転職先選びが肝要です。

転職エージェントに登録することで、一人で転職活動を行うよりも手間がかかりません。

また、プロに相談することでより精度の高い企業選びができるようになります。

継続的な努力によって得た高い学歴と優れた力を十分に活かし、自分が本当に納得できる転職選びをする。

そのためには転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーの力を借りながら転職活動を行うことをおすすめします。

第三者の視点を交えたうえで自分で取捨選択をすることで、長く働きたいと思えるような心から望んだ転職が達成できることでしょう。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。