お金に関する知識をもったファイナンシャルプランナー

専門職として安定したイメージもあるので、ファイナンシャルプランナーになりたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

ここではファイナンシャルプランナーに未経験から目指す方法を紹介していきます。

ファイナンシャルプランナーになりたいけど、未経験からでもできるの?主な仕事内容はなに?など知りたい情報をまとめています。

取っておくべき資格や履歴書の書き方、志望動機の例文など気になる情報が詰まっているので、目指したいと思っている方はぜひ確認してください。

女性がファイナンシャルプランナーとして転職する方法

資料

専門職であるファイナンシャルプランナーは、実は未経験でも目指せる仕事です。

ただし、ファイナンシャルプランナーはお金に関する知識を持った知識者として働く仕事。

未経験でも可能とはいえ、知識を得ることや資格の取得のための努力は必要だといえるでしょう。

ここでは、ファイナンシャルプランナーに必要な資格や向いている人の特徴、転職に役立つ職務経験などもまとめています。

ファイナンシャルプランナーに興味がある方は自分が目指せるか?自分は向いているか?などを一緒に考えながら確認してみてください。

ファイナンシャルプランナーの主な仕事内容

仕事

ファイナンシャルプランナーは個人または企業のクライアントに対し、資産についてのアドバイスをする仕事します。

クライアントのもつ資産について、ライフプランを一緒にたてたり相談をうけたりといった内容が主な仕事でしょう。

お金に関する知識を利用して、資産運用や収支管理、住宅ローンや保険などお金にまつわるたくさんのことをアドバイスする仕事となります。

個人事業者として仕事をする場合もありますが、企業に入って企業内のファイナンシャルプランナーとして働く人も多くいます。

企業の場合は、保険会社や金融会社、不動産会社など決まった職種でないのも特徴でしょう。

自分がどの職種に向いているか、働きたいのかを考えておくと良いかもしれません。

ファイナンシャルプランナーに向いている女性の特徴

専門的な仕事であるファイナンシャルプランナーは、やはり向いている人と向いていない人がいます。

ここではファイナンシャルプランナーに向いている人の女性の特徴を紹介します。

人と信頼関係を築くのが得意

ファイナンシャルプランナーに向いている人といえば、人と信頼関係を築くのが得意なことでしょう。

クライアントからすれば自分の大切なお金の話をする相手なので、信頼できる相手でなければ相談することはできません。

自分の資産や状況についてすべてを話す必要があるため、信頼できるファイナンシャルプランナーに話したいと思う方がほとんどでしょう。

人と信頼関係を築くのが得意な人は、すぐに信用されるので仕事の依頼が多いのも事実。

友達や知人に混み入った話を相談されやすい方などはファイナンシャルプランナーに向いているといえるかもしれません。

相手の意思を尊重できる

仕事

ファイナンシャルプランナーとして大切なのが相手の意志を尊重できるかという点です。

クライアントは資産に関して悩んでいることがほとんどですが、資産運用や今後の目標についてある程度考えがある方が多いでしょう。

自分の考えが正しいか間違っているかのアドバイスが欲しいために、ファイナンシャルプランナーに依頼する方も多いのです。

そのときに、クライアントの意見を一切聞かずにアドバイスだけを伝えるファイナンシャルプランナーは避けられてしまうでしょう。

相手の意志を尊重しながら、どうすれば今後良い方向に進めるかを一緒に考えていける人がファイナンシャルプランナーに向いています。

数字に強く情報収集が得意

資料

ファイナンシャルプランナーの仕事をする上で必要になるのが、数字と情報収集でしょう。

資産の運用をする上で、収支や支出計算をする際にもお金の計算をすることは避けられません。

電卓を使うとはいえ、数字が苦手だと仕事が辛くなってしまう可能性もあります。

また、様々な情報をもとにお金にまつわるアドバイスをするため、情報収集が得意なことも大切なポイント。

本やインターネット、様々な情報ツールから必要な情報をすぐに取得できるかということも仕事をする上で求められるでしょう。

リスク管理能力が高い

仕事

お金の運用をするにあたって避けられないのがリスク管理

リスク管理能力が高いこともファイナンシャルプランナーにとって大切な項目といえるのではないでしょうか。

資産運用のアドバイスではリスク管理ができているかも求められます。根拠なく大丈夫、どうにかなるという説明では説得力もありません。

クライアントの情報をしっかり見た上で、リスクを回避しながらアドバイスができる人がファイナンシャルプランナーに向いているといえます。

日頃からリスクを考えた行動ができるか?見切り発車で行動することがないか?自分の性格を思い返してみると良いかもしれません。

ワンポイント
・人に信頼されやすく、相手の意志を尊重できる人が向いている
・数字に強く、リスク管理能力が高いことも重要なポイント

 

転職エージェントにファイナンシャルプランナーの仕事について相談しよう

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ファイナンシャルプランナーの転職に役に立つ職務経験

ファイナンシャルプランナーの転職に役立つ職務経験にはどのようなものがあるでしょうか?

ここでは、転職に役立つ職務経験を紹介していきます。

「営業」の経験

仕事

ファイナンシャルプランナーの転職に役立つ職務経験といえば、営業の経験でしょう。

売り込みたい商品を営業する経験は、ファイナンシャルプランナーの仕事にも十分生かせるといえます。

売り込む商品の知識をはじめ、メリットデメリットを説明した上で理解してもらう必要があるからです。

お客様との信頼関係の築き方や説明の仕方、体力など営業で培った経験はファイナンシャルプランナーでも十分使えるでしょう。

現職や前職で営業を経験していた方はファイナンシャルプランナーの転職に役立つと考えて良いかもしれません。

「金融」や「保険」の業界経験

資料

ファイナンシャルプランナーは金融会社や保険会社に勤めることもあると説明しました。

企業内に勤める際には、金融や保険会社の業界を経験していたことは転職にも大きく役立つといえるでしょう。

金融や保険会社の経験があれば、転職に有利ということはもちろん、知識もあるので仕事もやりやすくなります。

またクライアントの相談を受ける上でも、金融や保険は資産運用でも大切な項目になります。

業界経験があることで説得力も増し、クライアントへの理解も得やすいといえるのではないでしょうか。

転職エージェントにファイナンシャルプランナーの仕事について相談しよう

ファイナンシャルプランナーになるために取っておくべき資格は?

ファイナンシャルプランナーになる上で、取っておいた方がよい資格はあるのでしょうか?

ここではおすすめの取っておくべき資格について紹介します。

ファイナンシャルプランニング技能士

国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士は、1級・2級・3級とわかれている資格です。

国家資格であり、一度資格を取得すれば更新などは必要なく、一生使える資格といわれています。

3級は初心者でも受けやすい資格で、合格率も高いので独学でも取得可能である資格でしょう。しかし、2級以上になると3級取得や実務経験も必要となります。

1級になるとさらに難易度があがり、合格率も低くなるため資格取得はかなり困難だといえるでしょう。

AFP

AFPとはアフィエイテッドファイナンシャルプランナーの略で、民間資格となります。

ファイナンシャルプランニング技能士の2級が必要となる資格で、2年ごとの更新も必要となっており常に知識向上が求められる資格といえるでしょう。

継続的な教育を受けていることを示せるため、クライアントに的確なアドバイスができるということもアピールできるともいわれます。

ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得してからでないと挑戦できない資格となっているのが特徴です。

CFP

CFPとはサーティファイドファイナンシャルプランナーの略で、こちらもAFP同様の民間資格です。

北米やアジア、ヨーロッパなど国際的に認められた資格で、世界水準の知識があることが証明できる資格ともいわれています。

高度な知識があるとも証明できるため、お客様への信頼が獲得しやすいというメリットもあるようです。

ただしその分資格取得には努力が必要ということにもなるため、CFP取得に何が必要かしっかり情報を調べておきましょう。

ワンポイント
・ファイナンシャルプランニング技能士とAFP、CFPの資格がある
・資格取得条件や難易度が異なるため、情報をしっかり調べてから挑戦しよう

ファイナンシャルプランナーに転職するための履歴書の書き方

ここではファイナンシャルプランナーに転職する際におすすめの履歴書の書き方を紹介します。

資格の種類を正確に書こう

資料

ファイナンシャルプランナーは先ほどの見出しで紹介したとおり、主に資格が3つあります。

ファイナンシャルプランナーの仕事をする場合は資格取得が必須でないこともありますが、資格があれば転職にも優位なのも事実。

履歴書にはしっかり資格取得している旨を記載しておくと良いでしょう。

履歴書に書く際には、資格の種類を正確に書くことが大切。どの資格の何級を取得しているのか?いつ取得したのか?を記載する必要があります。

級によってアピールできるポイントも異なる上、時期についても気になる会社もあるでしょう。

自分をアピールするためにも、資格の種類を正確に書くことを忘れないようにしてください。

志望動機を書く時のポイント

資料

ファイナンシャルプランナーの仕事は多岐にわたっているので、志望動機も幅広いのが特徴

お客様へのアドバイスをする仕事がしたいといったものやお金の知識を使いたい、資産運用に興味があるといったものもあるでしょう。

志望動機を書く時には、より具体的に記載するのがポイント。

ただ、お金の知識を使いたいと記載するのではなく、これまでどういった知識を取得してきたため、今後このように使っていきたいなど具体的に記載しましょう。

転職したい企業の商品に興味があるなども立派な志望動機になると考えられます。

ワンポイント
・履歴書には所持している資格をしっかり明記する
・志望動機はより具体的に記載しよう

 

転職エージェントにファイナンシャルプランナーの仕事について相談しよう

志望動機の例文をチェック

仕事

ここでは志望動機の例文をまとめています。

ファイナンシャルプランナーだからこそ記載したい内容もあるので、必ずチェックしてください。

例:商品に興味がある場合

私は御社の保険商品に興味があり応募しました。きっかけは父の入院です。

父は病気により入院した際、入っていた生命保険のおかげできちんとした治療を受けることができました。

人生において生命保険があることへの安心感、いざとなった時に必要ということを身にしみて感じました。

私もお客様に合った最適な生命保険を紹介したいと考え、この仕事を選びました。

御社の多様な保険商品をより、多くのお客様に知ってもらいたいと考えています。

お客様にとって必要な保険商品を提案できるよう、知識もしっかり得られるよう努力していきたいと思います。

例:前職の経験を活かす場合

前職では不動産営業の仕事をしていました。その経験を活かし、御社にて住宅ローンのアドバイスができる仕事をしたいと考えています。

家は人生においても最も大きな買い物です。家を買う時には、自分の身の丈にあった家なのか、ローンが払えるのかなどを考える必要があります。

そういったお客様の悩みを聞いてあげられるプランナーとしての仕事をしたいと思い、御社を志望しました。

これまでの不動産営業の知識を活かしながら、最適なアドバイスをしたいと考えています。

お客様によりそって、気持ちを考えられるプランナーになりたいです。

ワンポイント
・自分の経験から志望動機をまとめる
・前職で役に立つ経験があれば、必ず記載しておく
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ファイナンシャルプランナーの求人の探し方は?

資料

求人サイトでは職種に「ファイナンシャルプランナー」と検索をかけると、求人がでてきます。

ただし、会社は限定せずに金融や保険、不動産などたくさんの仕事がでてくるでしょう。

もし、自分は保険会社が良いという希望があれば、業種にてさらに検索をいれることもできます。

求人内容によっては資格の保持が必要な場合、資格は不要でも経験が必要な場合などがあります。

求人を探した際は、応募要項を確認するようにしましょう。

特に希望がなければ、最初は「ファイナンシャルプランナー」の検索で求人を探すことをおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事

ファイナンシャルプランナーは専門職のため、転職したい場合はいくつかのコツもあります。

これまで紹介してきた通り、所持が必要な資格や経験などもありチェックしておく必要があるでしょう。

自分がファイナンシャルプランナーに向いているか? 仕事ができそうか?など悩むこともあるかもしれません。

そんなときはプロの転職エージェントに相談してみましょう。

プロの視点から的確なアドバイスをもらえるはずです。

転職エージェントにファイナンシャルプランナーの仕事について相談しよう

まとめ

仕事

ファイナンシャルプランナーへの転職についてまとめました。

ファイナンシャルプランナーはお金の知識をもち、お客様へ的確なアドバイスをしたり相談を受けたりする仕事です。

未経験でも挑戦はできる仕事ですが、その分勉強も必要でしょう。

自分が向いているかなど気になることがあれば、転職エージェントに相談してみてください。

効率の良い転職活動をして転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!