求人倍率が高いと言われている事務職は、中途採用でも人気が高い職種です。

単に事務職と言っても担当する業務は幅広く、総務や経理・秘書・営業事務などのサポートまで多岐にわたることも珍しくありません。

そのため、スキルが高い人物が求められることも確かです。

正社員を求めている場合はより即戦力となる人材を求める傾向が強いでしょう。

とはいえ、事務職は他の職種と違ってレベルの差を見分けることが難しいのも事実。転職活動をする上で面接対策がとても重要になってきます。

経験が少なくても仕事に対する意欲や成長がみられるような人であれば、採用される可能性も飛躍的に上がるといえるでしょう。

今回は、転職活動における自分自身の課題の見つけ方や質問に対する面接官への答え方に注目していきましょう。

Contents

面接「あなたの課題は?」の答え方

悩む

「課題」とは自分自身の「目標」であり、「足りない部分」でもあります。

企業は目標に向けて頑張っていける人物かどうかを判断するのと同時に、問題点についても合わせて改善していけるマインドを持った人物を求めています。

ワンポイント
課題に対して今後どのような目標を持って行動していくかをセットで答える必要があるということです。

「あなたの課題は?」の質問の意図とは

悩む

この質問は、現在の自身の足りない部分を把握できているかの問いになります。

また弱点について認めるだけでなくその足りない部分に対して、あなたがこれからどのようにアプローチし改善していくのかを見極めているのです。

自分を客観的に分析できているか

まず、どのような課題があるのかというのを客観的にとらえられているかがポイントになりますね。

面接官は課題を質問することで、自分自身の弱点を理解できているのか、言葉にしてきちんと説明できるのかを判断しています。

つまり「自己分析」ができているかを確認しているのです。

これまでの自分自身を見つめ直しましょう。

転職活動に至った要因、強みや弱みを自己分析します。

そして入社したあかつきにはあなたがどのような場面で強みを発揮できるかも認識・言語化できるように準備しましょう。

仕事に対する意欲があるか

外出している女性

たとえ経験が浅い人であったとしても、面接官は内面も重視して判断することを認識しておきましょう。

あなたがこれからどのように成長していきたいか、そのためにどう行動していくかを見ようとしています。

経験のないことや慣れていない業務に対してもアレルギー反応なく吸収する姿勢が大切です。

いかに高いパフォーマンス能力を発揮することができるかを面接官にアピールできるといいですね。

常に成長意欲があるか

課題を理解しているだけでは不十分です。

自分自身の弱点をどのように改善していくかを面接官は重要視しています。

そのため、課題だけを伝えるのではなく、問題点ついてどのようにアプローチしていくかを、希望する職種と結びつけながら答えられるといいでしょう。

課題と改善方法をセットで伝えることによって、自己分析ができていることに加え、向上心と成長意欲がある人物だと印象付けられます。

仮に課題のみ伝えてしまうと、問題点だけを提起してアイデアは何も出せない人だと認識されてしまうかもしれません。

常に成長していく気持ちがあるということをアピールポイントとして答えていきましょう。

課題意識のある人とは

頭を抱えている女性、スーツ

「課題」とは前述した通り、自分自身の「目標」であり「足りない部分」ということでしたね。

では、そもそも課題意識のある人とはいったいどのような人なのでしょうか。3つの角度から解説いたします。

常に目標を持っている

目標を持つということは、現状で満足しない人をいいます。

自分の中で立てた目標に対して、常に努力し行動してくという意識が見えますね。

またそれをクリアすればさらにステップアップしていく伸びしろがあるため、留まることなく進化し続けるという期待も持てますよね。

つまり、常に目標をもつということは自分自身が成長してくために必要な要素の一つということになります。

課題に対して深く考えられる

悩む女性

自分の課題が分かったとしても、課題に対してどのような考えを持っているのかを深堀りできなければ意味がありません。

問題点に対して何の意識も持ってない人だとレッテルを貼られてしまいかねません。

課題に対し「原因は○○にあり、対策は××のように考えた」ということ。

そのために必要なことなどを一連の流れで説明できるように準備することが大事です。

スキル不足が原因の場合は、スキル向上を目標に掲げることができます。

そして、それに向けて前向きな姿勢で取り組んでいきたいといった目的意識を表現しましょう。

成長意欲が見られるという良い印象になるはずです。

課題改善のための行動ができる

課題を改善できる人はどのような行動を取っていくのでしょうか。

例えば、ただ指示通りに行う社員と「こうしたら作業効率がアップして時間短縮になる」という提案をしてくる社員ではどちらが良いでしょうか。

大抵の場合、後者を選ぶでしょう。

与えられた仕事だけではなく、自分で考え、どうしたらもっと改善できるだろうと自主的に考えられる人材

これからはそういった人材を求めていく企業が増えていくでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

課題意識のある人は企業にも魅力がある

オフィス、壮年の男性、若い女性

大抵、課題意識のある人は成長意欲を持ち目標に向かって努力していく人材ということが分かりました。

企業は入社してからずっと会社に貢献し続けていける人を求めています。

本人の成長はもちろん、企業の成長にも繋がっていくからです。

ワンポイント
課題意識をしっかりと持った人が「欲しい人材」だといえます。

「あなたの課題は?」への回答のポイント

ミーティング女性

課題についてまとめてきました。

では、実際に質問に対する答えとしてはどのようなものがあるでしょうか。

「あなたの課題は?」に対して具体的な回答のポイントをチェックしていきましょう。

「短所を長所に」ではなく「長所をさらに良くする」

面接では課題に対して短所を答えた上で、その短所を直して改善していきたいという答え方が一般的に多いです。

答える側としても「課題=短所」が明確であるので答えやすいです。

とはいえ、そのためには短所やできない点を答えなければいけないリスクもあります。

自分にとっては大したことない欠点かもしれませんが、捉え方によっては不採用になりかねない場合もあります。

そのため、「あなたの課題は?」に答えるときは自信のあるプラスな箇所をさらに伸ばしていきたいという伝え方がベター。

マイナスなことを伝えなくても良い状況であれば、敢えて話す必要はありません。

面接官はネガティブな部分に意識を持ちやすい傾向にあります。

なるべくポジティブな部分を伸ばせるよう伝えるといいでしょう。

「課題に対しての対策や努力は?」と深掘りされた時の対策をしておこう

課題に対して「どのような対策と努力をしているか」という質問は必ずといってされる質問だといえます。

ただ課題を見つけることが大切なのではなく、その課題に対してどのような対策をしてきたのかが重要です。

いかに頑張ってきたのかという過程の方が、いわば重要となってくるということになります。

ワンポイント
事前に入念な準備をしておくことが必須。

回答する時の注意点をチェック

オフィス、考える女性

質問に対して回答する際は、自分の話す内容だけに注意を向けてしまうのは危険です。

自分のスキルに合わないものであったり、言葉や行動マナーという初歩的な部分で不採用になってしまう場合もあります。

注意点を確認しておきましょう。

マイナスイメージに繋がる言葉は避けよう

課題や短所を伝える場合、直接的にマイナスなイメージを持たせてしまう言葉もあるので注意しましょう。

マイナスと思われてしまうのは、仕事をする上で支障が出てしまう可能性を感じてしまう言葉です。

例えば「コミュニケーションが苦手」や「集中できない」、「頻繁にミスをしてしまう」などでしょう。

短所は長所と表裏一体ですが、あまりにも直接的過ぎるのはNGです。

普段からそういう仕事の仕方をしているなど、社会人としての素質を疑ってしまうからです。

短所といえど、自分自身の努力や行動で直せるものなのかどうかを、きちんと見極めてから伝えるようにしましょう。

マイナスな言葉を使いすぎず、他の表現に変換するのがポイントです。

例えば「苦手」という言葉は「あまり得意ではない」。

「できない」という言葉を「してしまうときがある」。

「時々」や「しばしば」などを使用できます。

少しでもマイナス要素、印象を抑えるような言葉選びを心がけるようにしましょう。

実現できない解決策は言わない

外回りする女性

解決策を話す時の注意点としては、努力や工夫をして解決できるものかどうかを考えて話すようにしてください。

いくら面接に通りたいとはいえ、自分のスキルではできないようなことなどは伝えないようにしましょう。

例えば今まで指示されたことだけ仕事をしてきた人が「提案力」、「自主性」、「リーダーシップ」を解決策にあげても説得力がありません。

もし出来ないのに面接が通ってしまった場合、入社したときのギャップが生まれてしまうので注意しましょう。

もちろん経験値があり、自分の性格上できると自信を持って言えるのであれば問題ありません。

現在の自分ができることを伝えるように心がけることが大事です。

「あなたの課題は?」の質問への回答例

面接を受ける女性

ここまで「あなたの課題は?」についてまとめてきました。

それでは、実際の質問に対する回答例を3つ紹介いたします。

例1

私の課題は、業務効率化を進める技術を身につけるということです。

取引先への請求書を作成する際、手作業で何度も繰り返しているため転記ミスが頻繁に発生し、発行する対応にも時間がかかってしまっておりました。

このルーティン業務をエクセルのマクロで自動化したいと思い、スキル向上のため講座を受けさせてもらえるよう上司に相談しました。

その結果、マクロを業務にも取り入れられるまでになり、業務効率化に大きく貢献する結果となりました。

このように、御社に入社しても業務の課題を自分で見つけ、効率化に貢献していける存在となっていけたらと思います。

例2

私の課題は、今よりさらに協調性を磨くことです。

私が所属している営業チームと事業チームでは予算実績の共有管理がうまくできておらず毎月誤差に悩まされておりました。

そこで私はお互いのチームにヒアリングを行い、どこで差が出てしまうのかを把握するよう努めました。

その後、共有シートも誰が見ても分かりやすいように作り替え、報告タイミングについてもしっかりと共有できるように修正したところ、ミスが起きなくなりました。

私は、チームの調整役となり話をしっかりと聞くことが大事だと思ったので、これからもお互いの意見や経緯をしっかりと確認して提案をしていこうと思いました。

例3

私の課題はマルチタスク能力をさらに伸ばしていくことです。

前職では事務職が私一人しかおらず、電話対応や在庫管理、伝票作成、総務や部長の秘書業務まで多岐にわたる業務をこなしてきました。

同時に複数の仕事をこなしていかなければならないため、スケジュール管理能力が養われたと思います。

この経験を活かして物事に優先順位をつけながら、さらに安心して多くの仕事を任せて頂けるように頑張っていきたいと思います。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

自分の課題が見つからない人は?

悩む女性

自分の課題が見つからない人は「私は欠点がありません」と伝えているのと同じことになります。

面接では決して「ありません」とは答えないようにしましょう。

誰しも必ず苦手な分野、不得意とすることはあるはずです。

ないと答えてしまえば、自己分析が全くできていない人物と捉えられてしまいます。

どうしても見つからないという人は、周りの友人や同僚などに話を聞いてみるのも良いでしょう。

他己分析することによって、今まで自分では意識していなかった部分を見つめられる可能性があります。

第2新卒やまだ社会人経験が短い人の場合は、これまでの自分の人生を振り返って、趣味や学生生活の中からも棚卸をしてみましょう。

仕事の面だけで考える必要はありません。

ワンポイント
これまでの人生の経験から自己分析に役立つことが出てくるかもしれません。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

ビジネスチーム
ここまでは自分自身で自己分析を行って、課題を見つけてきました。

転職を成功させるためには、徹底的に自己分析を行うことがとても重要だからです。

しかし、ある程度分析したところで行き詰ってしまうのも事実です。

そんな方は、転職エージェントを活用してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用することで、転職のプロが客観的にあなたを分析してくれます。

自分では分からなかったことや、見えてこなかった点を分かりやすく説明しサポートしてくれます。

また、分析するだけではなく面接対策も同時に行ってくれます。

次にどのようなアクションをすればいいのか目標も立てられますね。

自分自身での対策がこれ以上難しいと感じた方はぜひエージェントを利用してみることをおすすめします。

まとめ

働く女性

「あなたの課題は?」に対して質問の意図や回答例についてここまで説明をしてきました。

面接官は、課題に対する意見や、その後の改善点について自分の考えを具体的にしっかりと持った人物を見ているということが分かりましたね。

この記事を最後まで目を通したあなたは、この質問に対して答えることができるよう事前に準備ができるはずです。

今後の転職活動を成功させられるよう、徹底的な自己分析を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら