希望の職種、憧れの職場。

勇気を出して企業に応募して、面接に気合を入れて臨んだのに、面接官に別の職種を勧められることがあります。

別の職種を面接官から勧められると、少なからずショックを受けてしまうかもしれません。

しかし、面接官が別の職種を勧めるのにはどういった理由があるのかをご存じですか。

実際に面接で、別の職種を勧められたときの対処法も合わせて解説します。

面接で別の職種を勧められた時の対処法を解説

なるほど、女性

企業の面接で、希望の職種ではなく別の職種を急に勧められると、どう対応したらいいか分からなくなってしまいがちです。

そんな時、理由や対処法を知っていれば落ち着いて受け答えをすることができます。

別の職種を勧められる理由と、対処法を解説していきます。

別の職種を勧める理由は?

疑問、女性

ここでは面接官が、別の職種を勧める理由を3つ紹介します。

事前に理由を知っておくことで、別の職種を勧められることを避けることができるのです。

実際に別の職種を勧められても、自分には希望の職種が向いていないんだ…

と、落ち込んだりすることなく、ポジティブに新しい一歩を踏み出すことができるようになります。

企業が書類選考の段階で判断できていない

一般的に求人を募集している企業が、大きな企業であればある程、求人募集をしたときに集まる人数も多くなる傾向があります。

そのため、企業側が書類選考の段階であなたをどのポジションに配属するか判断できていない場合があるのです。

あなたが持っている資格やスキルが、別の職種に適切である場合も考えられます。

面接官に、希望の職種にはあまり向いていないと判断された場合には、別の職種を勧められる場合があります。

希望のポジションの明確な意思を伝えられていない

悩む女性

大きな企業の面接官は、たくさんの応募者の中から採用者を選ぶことができます。

希望のポジションに複数の応募があった場合、企業は当然ポジションに一番マッチしている人材を採用します。

面接官に希望のポジションで働きたいという明確な意思が伝わらないと、チャンスをムダにしてしまう可能性がでてくるのです。

そのため、別の職種に適性を見出され、他の職種を勧められる場合もあります。

せっかく働きたいと思って応募したのですから、面接官に希望のポジションの明確な意思を伝えるように心がけましょう。

応募時に採用募集していた職種が募集停止した可能性も

応募時に採用募集していた職種が、応募者多数で早々に募集が停止してしまっている可能性もあります。

面接は早い者勝ちというわけではありません。

しかし、あなたの希望していた職種に別の応募者が採用されて、採用枠が無くなっていたということも考えられます。

いくらあなたが希望の職種にマッチしていて、明確な意思を伝えたとしてもタイミングの問題なのでどうしようもありません。

原因はあなた自身にはないので、別の職種を勧められた場合も落ち着いて対応しましょう。

別の職種を勧められるタイミングは?

考える、女性

ここまで、どういった理由で別の職種を勧められるかを見てきました。

では、別の職種を勧められるタイミングとしてはどういった時があるのでしょうか。

タイミングによって、返答を考える時間が変わってきます。

別の職種を勧められるタイミング別に解説します。

応募した時

希望の職種に勇気を出して応募したのに、応募した時点で別の職種を勧められる場合があります。

あなたが応募した時点で先に応募者が複数名いた場合、希望していた職種は募集人数を早々に満たした状態です。

そのため、他に募集をしていて空きのある職種を勧められるといった可能性が考えられます。

希望の職種がある企業の採用ページは、細かくチェックするように心がけましょう。

また、希望する職種が人気の場合はすぐに募集枠が埋まってしまう可能性が高いです。

募集を見かけたらすぐに応募できるように、スピード感のある行動をできるよう日頃から心の準備をしておきましょう。

面接の最後

スーツ、女性

企業に履歴書を送付・持参し、面接を行って希望の職種への思いを面接官に伝えたあとに別の職種を勧められる場合があります。

せっかくアピールした後に別の職種を勧められるのは、気持ち的にもショックが大きくなりがちです。

しかし、面接官があなたのスキルや資格・実際に面接してみてあなたには別の適性があると見出した可能性があります。

そのため、面接の最後に別の職種を勧めてくるのです。

実際に面接官が目の前にいるので、直接疑問点は質問することができるので勧められた別の職種について詳しく話を聞くことができます。

なぜ、あなたに面接官が別の職種を勧めているのか疑問に思ったことはしっかり質問しましょう。

面接後に連絡がくる場合も

面接も終わり、採用か不採用かの連絡を待っているタイミングで別の職種を勧められる場合があります。

面接後に別の職種を勧められる場合は、企業側から詳しい説明や理由を伝えられる場合がほとんどです。

理由としては、あなたが希望していた職種で採用が難しいということです。

勧められた職種で採用チャンスがあるので、内容や条件をしっかりと聞いてから答えを出しましょう。

 

ワンポイント
 面接後に連絡がくる場合は、ゆっくり考える時間があるので内容や条件をしっかり確認しましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


別の職種を打診された時に考えるべきこと

パソコン、女性

希望の職種に就くために行動をしたのに、別の職種を打診されると少なからずショックを受けてしまうことがあります。

しかし、そんなときこそ立ち止まらずに、これから自分はどうしたらいいかを考えることが大切です。

考えるべき点をまとめましたので、別の職種を打診された時にはどうすればいいか考えましょう。

希望の職種と応募した企業へのこだわり

どうして希望の職種に就職したいのか。

理由は人それぞれ違いますが、小さなころからの憧れや好きだから、という理由の方も多いのではないでしょうか。

まず、考えておきたいのが希望する職種と応募した企業へのこだわりです。

希望する職種にこだわりがある場合は、別の職種を打診されても断るべきです。

応募した企業でなくても、視野を広げてみれば別の企業でも希望する職種の求人募集をしている場合があります。

逆に、希望の職種にはあまりこだわりがなく、応募した企業にこだわりがある場合どうしたらいいのでしょうか。

その場合は、別の職種を提案されても応募した企業への就職を前向きに考えましょう。

ここで注意したいのが、希望の企業に就職することが目的になってしまわないかということです。

あまりに希望の職種とかけ離れていたり、興味のない職種であれば長く働くことができない可能性があるからです。

転職の目的をもう一度考えよう

どちら、女性

一般的に、転職をするのには大きな労力がかかります。

履歴書を書いて、企業に応募して、新しい人間関係の構築などです。

大変なことはたくさんあります。

しかし、なぜあなたは今まで働いていた会社を辞めて転職をしようと考えたか思い出してみましょう。

どうしてもチャレンジしたい仕事があるからでしょうか。

それとも、前の職場の人間関係やお給料に不満があったからでしょうか。

チャレンジしたい仕事があって、転職をしたのであれば希望する職種に就けなければせっかくの転職がムダになってしまいます。

そのため、希望の職種ではなく別の職種を打診されても断りましょう。

しかし、そうではない場合は最初に希望した職種に大きなこだわりがないなら、打診された別の職種を検討してみるのもいいでしょう。

転職の目的をもう一度考えてみると、自分はどうするべきなのか分かります。

勧められた職種が自分に合うか

勧められた職種が、自分に合うかどうかを考えることは言うまでもなく重要です。

業務経験があり、ある程度の仕事内容が把握できる職種であれば、就職後の働く自分の姿が想像できます。

なので、自分に向いている職種かそうではないか分かります。

一方、業務経験もなく仕事内容もいまいち把握できない職種の場合は、その職種が自分に向いているのか分かりません。

企業が別の職種を勧めてくるのには、さまざまな理由があります。

あなたに適性があると判断して提案する場合もありますし、そうではない場合もあります。

分からないことや、不安なこと・疑問点は企業にしっかり確認をして、お互いのミスマッチを事前に防ぎましょう。

 

ワンポイント
 自分の働く姿を想像してみて、勧められた職種が自分に向いているかしっかり考えましょう。

すぐに答えを出す必要はない

悩む女性

別の職種を勧められるタイミングはさまざまです。

突然、自分の希望していた職種とは違う職種を勧められるので、ビックリしてしまい落ち着いて考えられなくなるのは当然です。

すぐに答えを出さないと不採用になってしまうと考え、焦って答える必要はありません。

ゆっくり考えずに答えを出してしまって、後々一番後悔してしまうのはあなた自身だからです。

「返答には、少しお時間を下さい。」と面接官に伝えれば、問題はありません。

 

ワンポイント
 すぐに答えを出そうとして、焦ってしまわないようにシミュレーションしておきましょう。

面接で別の職種を勧められた時の回答は?

面接

実際に面接で、別の職種を勧められたときどのように回答すればいいか戸惑ってしまいます。

具体例と共に、回答の仕方をチェックして頭の中に入れておきましょう。

面接では企業の志望度の高さをアピールしよう

面接で別の職種を勧められる理由としては、あなたのスキルや資格が別の職種に適性があると判断された場合です。

しかし、本当の理由は聞いてみないと分かりません。

面接官がなぜ、他の職種を勧めるのか理由を聞いて、改めて企業への志望度の高さをアピールしましょう。

企業は、あなたが会社に貢献してくれる人材なのかどうかを面接で確認しています。

そのため、なぜ企業への志望度が高いか納得できる経験や、目標を面接官に伝えることができれば効果的です。

回答例

別の職種を勧められたときの回答例として、

  • 「ぜひ、チャレンジしたいです」
  • 「なぜ違う職種の方が向いているのですか?」

と言った回答があります。

「ぜひ、チャレンジしたいです」という回答は、別の職種に対して前向きに取り組もうとする意志が面接官に伝わります。

ただし、少しでも疑問点や不安に思う点がある場合はすぐに答えを出すことは危険です。

勧められた職種に、前向きに検討できる場合のみ回答しましょう。

次は「なぜ違う職種の方が向いているのですか?」という回答についてです。

面接官に質問をすることで、自分では気づいていなかったスキルを教えてもらえる可能性があります。

こちらから質問をすることによって、いきなり面接官の提案を否定することを防ぐこともできるのです。

さらに、予想していなかった質問に対しても柔軟に対応できる姿勢が面接官にアピールできます。

 

無料転職相談をして転職を転職を成功させよう!

 

面接で別の職種を勧められた時のNG例

だめ、女性

面接で別の職種を勧められた時に、どういった答えが面接官への印象を悪くしてしまうのでしょうか。

NGな回答方法をチェックして、イメージダウンを避けましょう。

ネガティブな発言は避けよう

別の職種を勧められた時は、面接官が自分の資格やスキルに適性を見出している可能性があります。

そのため、面接官がこの仕事の方が向いているのではないかという思いを、前向きに受け止めて返事をすることが大切です。

別の職種を勧められた時に、ネガティブな発言をするとあなたの印象をマイナスにしてしまいます。

「いや」「でも」「できません」など、相手の提案をいきなり否定するようなネガティブな発言は避けるのがベターです。

NG例

別の職種を勧められた時のNG例として、

  • 「何でもいいです」
  • 「じゃあ、そうします」

といった回答があります。

「何でもいいです」や「じゃあ、そうします」という回答は、NGです。

とりあえずどこでもいいから就職したいという、適当な気持ちで面接を受けている印象を与えてしまいます。

もし、別の職種を受け入れる場合でも一旦ゆっくりと考えることが大切です。

 

ワンポイント
 消極的な回答は、面接官にネガティブな印象を与えてしまいます。面接官の話を聞いた後に、自分の意思を伝えましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


希望の職種へのこだわりが強い時は別の職種を勧めらない工夫をしよう

正解、女性

どうしても、希望の職種へ就きたいというこだわりが強い場合は面接官に別の職種を勧められないようにすることが大切です。

企業は、会社に貢献してくれる人材を求めています。

自分の経験やスキル、希望の職種に就いたあと自分がどのように企業に貢献できるかを、具体的に面接官に説明しましょう。

入社後、どのように会社に貢献できるかを面接官にイメージさせることが大切です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン、女性

転職に悩みはつきものです。

転職エージェントは、あなたの転職を効率的に進められるようにサポートしてくれます。

一人で悩んでも解決しない転職の悩みは、転職エージェントを活用して解決しましょう。

エージェントに相談すれば、貴重な時間をムダにせず転職を成功させることができます。

頼れるパートナーとして、あなたの転職をサポートしてくれます。

まとめ

スーツ、男女

面接で別の職種を勧められても、面接官の意図を把握し焦らずに対応しましょう。

不測の質問に柔軟に対応するあなたの姿は、面接官の目にもプラスに映ります。

また、別の職種を勧められる理由は決して悪い理由ばかりではありません。

自分の新たなスキルを活かせば、新しい道が開ける可能性も広がります。

一人で不安な場合は転職エージェントを上手に活用して、あなたの転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!