会社に損害を与えた場合、本人とともに賠償責任を負うのが身元保証人です。

「保証人」とはいえ連帯保証人とは違い、期限は3年から5年とされています。

もし身元保証人がいない場合、内定が取り消されるリスクはあるのでしょうか。

身元保証人が必要な理由やいない時の対処法をご紹介します。

Contents

女性の転職時に身元保証人がいない時の対処法

2人の女性

会社に入る前に「身元保証書」というものを提出する必要があります。

もしあなたが会社に対して重大な損害を与えた場合、あなたとともに賠償責任を全うする人を明確にする書類です。

身元保証書は労働基準法で提出が義務付けられている書類ではないので法的効力はありません。

しかし、提出しなければ入社拒否や内定が取り消されるリスクがあるので注意しましょう。

身元保証人は一般的に両親へお願いすることになります。

しかしすでに亡くなっているなど両親に頼めない場合はどうすればいいのでしょうか。

3つの対処法をご紹介します。

家族を検討しよう

身元保証人は兄弟や祖父母、いとこなど両親以外の家族にも頼むことができます。

その際には2つの条件があるので覚えておいてください。

  • 成人していること
  • 独立して生計を立てていること

身元保証人は本人が会社に損害を与えた場合一緒に責任を負います。

したがって、すでに成人しており一定の収入があるという条件が必要不可欠です。

知人や友人を頼ろう

笑顔の女性

両親もおらず頼める親族もいない場合は、知人や友人を頼るのもありです。

もし親族以外に頼むのならば事前に会社へ連絡しておきましょう。

会社側は身元保証人に両親もしくは親族を想定しています。

いきなり知人や友人の名前が出てきたら混乱させてしまうので、あらかじめ連絡しておいた方が無難でしょう。

保証会社を利用しよう

親族や知人、友人にも頼めない場合の最終手段として保証会社を利用するのもありです。

保証会社とは有料で身元保証人を引き受けてくれるサービスのこと。

どうしても身近に頼れる人がいないのであれば、会社に相談したうえで保証会社の利用を検討してください。

 

ワンポイント
身元保証人を両親にお願いできなければ身近な家族や知人、友人にお願いする。

転職時に身元保証人が必要な理由

悩む

なぜ転職時に身元保証人が必要なのでしょうか。

大きく3つの理由があるのでそれぞれ解説します。

「人物」の保証

身元保証人が必要な理由の1つ目はあなた本人という「人物」を保証するためです。

あなた以外の人から身元保証書を提出してもらうことで、素性に問題がないことを証明してもらいます。

会社としても素性の分からない人物を採用することには抵抗があるでしょう。

また、もしあなたがメンタル的な問題を抱えた場合、今後どのような対応をするか相談する必要があります。

会社として誰も相談相手がいない状態はまずいので、万が一に備えて身元保証人を求めているのです。

「侵害賠償」の回収のため

お金

身元保証人が必要な理由の2つ目は侵害賠償を回収するためです。

あなた本人が会社に対して重大な損害を与えた場合、本人だけでなく身元保証人も一緒に責任を全うさせる目的があります。

本人だけで解決できればいいのですが、損害が大きすぎると1人で責任を負うには重すぎる場合があるでしょう。

そんな場合に備え身元保証人を立て侵害賠償を回収するのです。

自覚を持って業務に取り組むための「意識付け」

身元保証人が必要な理由の3つ目はあなた本人が組織の一員として働くことの意識づけをするためです。

身元保証書は主にあなた本人に対する保証と侵害賠償の回収という2つの性格を持ちます。

特に侵害賠償に関しては、あなたが会社に損害を与えれば多くの人に迷惑がかかるということ。

不祥事を起こし会社の評判を下げたり周りを巻き込んだりしないため、自覚を持って働かなければなりません。

しっかり業務を遂行するための意識づけとして身元保証人を立てるのです。

内定取り消しのリスクは?

頭を抱える女性

身元保証書を提出しないことで内定が取り消されるリスクがあります。

会社としては身元保証人を立てることで次の3つが約束されたという認識です。

  • あなた本人の人物としての保証
  • 侵害賠償の回収
  • 自覚を持って仕事するための意識づけ

身元保証人がいれば上記3つとも担保されていると考えます。

会社は決してあなたを疑っているわけではなく「万が一」に備えているということ。

特に金融関係などお金を扱う企業では身元保証書の提出が必須とされています。

したがって、身元保証人がいない状態は何も約束されていないことになるので、内定が取り消されるリスクがあるのです。

 

ワンポイント
あなたがより一層信頼できる人物であると証明するため身元保証人を立てる必要がある。

身元保証人になれる条件は?

メモ帳,チェックリスト,赤ペン

身元保証人になるにはいくつか条件があります。

主な条件は次の2つです。

  • 成人していること
  • 独立して一定の収入があること

未成年者は身元保証人になることはできません。

両親以外の親族、特に兄弟やいとこに頼む場合は年齢要件に注意しましょう。

また、損害賠償に備え一定の収入があることが求められます。

親族のほか信頼している知人や友人の場合でも、収入がない人は身元保証人になれません。

収入があるといっても株式などの収入は認められない場合があります。

また、会社によってはアルバイトや家事手伝いのみ行っている人を身元保証人に認めていないこともあるでしょう。

あらかじめ身元保証人になれる人の要件は確認しておいてください。

身元保証人として配偶者はNGな場合がある

笑顔でばつの札をあげる女性

会社によっては身元保証人として配偶者はNGな場合があります。

なぜなら本人と配偶者は同一生計である場合が多いからです。

もし本人が会社に損害を与えた場合、同じ生計内の配偶者が本人とともに賠償責任を負えるでしょうか。

それぞれ独立して生計を立てていたとしても、会社は難色を示す場合があるかもしれないのです。

また、もし本人が不祥事に手を染めたとしても配偶者は本人の味方をすることが考えられます。

それでは侵害賠償の回収はできないので、会社としては身元保証人に配偶者を認めない場合があるのです。

ただし必ずしも配偶者NGというわけではありません。

不安な方は身元保証人に配偶者が認められるかどうか尋ねてみてください。

 

ワンポイント
同一生計である場合が多いため身元保証人として配偶者はNGという場合がある。

転職時に身元保証人がいないとどうなる?

ポイント

転職時に身元保証人がいない場合はどうなるのでしょうか。

考えられるリスクを3つご紹介します。

転職時に身元保証人がいないと採用されない可能性がある

転職時に身元保証人がいないと採用されない可能性があるので注意しましょう。

会社は万が一に備えて身元保証人を立てます。

身元保証書の提出は労働基準法で定められているわけではないので法的効力がありません。

会社の就業規則により求められる書類なので、提出を拒否しようと思えばできるのです。

しかし、身元保証人がいなければ侵害賠償の回収ができずあなた本人を保証するのは難しいもの。

会社としては素性の分からない人物を採用するわけにはいきません。

したがって、身元保証人がいない場合は採用されない可能性もあるので注意しましょう。

転職時に決めた身元保証人には期限がある

時計

身元保証人は働いている間ずっと続くものではありません。

一般的に期限は3年とされており、最長でも5年です。

期限が過ぎれば自動更新にはならず身元保証契約は消滅するのでご安心ください。

転職時に身元保証人がいないと連絡を受けられない

身元保証人がいないと万が一の場合に連絡を受けることができません。

「万が一の場合」とは本人が会社に損害を与えたほか、精神的な問題を抱えた場合も考えられます。

仕事のプレッシャーなどからメンタルがやられ、会社に来られなくなった場合など身元保証人に連絡がいくでしょう。

会社と本人が直接やり取りできればいいのですが、それが難しい時には身元保証人から声をかけてもらう必要があります。

また、どうしても職場に復帰できない場合など今後のことを話す時も身元保証人に相談されると考えられます。

身元保証人がいなければ万が一の事態に連絡できる相手がいませんから、会社としては避けたいところ。

会社も本人もお互い困ることがないよう身元保証人は必要なのです。

転職時に身元保証人に関する注意点

女性

身元保証人お願いする場合の注意点をご紹介します。

「保証人」という言葉から身元保証人に関して誤解している人も多いのでしっかり確認していきましょう。

家族に頼む時の注意点

身元保証人は両親にお願いすることが一般的ですが、両親以外の家族に頼むこともできます。

ただし、家族であれば誰でもいいわけではありません。

会社によっては「夫婦を含む同一生計者を除く」などの条件がついている場合があります。

また、身元保証書の代筆は認められていません。

遠方に住んでいるものの身元保証人を引き受けてくれる家族がいるなら、必ず直筆してもらいましょう。

知人や友人に頼む時の注意点

面接を受ける女性

知人や友人に頼む時はあなたが信頼している人にお願いしてください。

また、「保証人」という言葉を聞くと「連帯保証人」を想像する人がいます。

身元保証人と連帯保証人はまったくの別物であることも丁寧に説明しましょう。

身元保証人は期限が3年、最長5年と定められており、自動更新はありません。

万が一の場合本人とともに損害責任を負いますが、いきなり「賠償してほしい」という連絡も来ないのでご安心ください。

身元保証人の説明を丁寧に説明し、それでも引き受けてもらえない場合は諦めた方が無難です。

一番避けたいのは人間関係に亀裂が生まれること。

いくら仲の良い友人でも信頼を失うときは一瞬です。

決して無理強いしないよう気をつけるとともに、頼めそうな人を何人か考えておくといいでしょう。

 

ワンポイント
身元保証人と連帯保証人はまったくの別物であると丁寧に説明しよう。

身元保証人書の書き方は?

身元保証書

身元保証書を書く際はいくつか注意点があります。

会社によりフォーマットに違いはありますが、注意すべきポイントは同じです。

必ず保証人本人に直筆してもらおう

大前提として身元保証書は本人に直筆してもらいましょう。

たとえ遠方に住んでおりすぐ対応してもらえない場合でも、代筆することは認められていません。

仮に代筆したとしても会社から受け取ってもらえないので注意してください。

遠方に住んでいる人へ身元保証人をお願いすることが決まったら、できるだけ早く郵送して書いてもらいましょう。

記入例をチェック

身元保証人書の記入例をご紹介します。

  • 日付:身元保証書を提出する日付を記入します。
  • 本人の住所:現住所
  • 身元保証人の住所:身元保証人が住んでいる住所
  • 身元保証人の印鑑:本人のものとは違う認印でシャチハタは不可
  • 身元保証人の氏名等:すべて直筆

一般的に身元保証人は2人選ばれます。

例えば両親にお願いする場合、父と母に別々の印鑑で押印するようお願いしてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

説明する女性

転職活動で悩みがある場合はエージェントに相談してください。

エージェントはこれまで数多くの転職者から悩みを聞いてきました。

あなたの悩みも過去の事例に当てはまる可能性があるので解決しやすくなります。

転職先を探すことや面接対策、志望動機など、転職活動において悩みの種はたくさんあります。

壁にぶつかることが多く、1人で悩んでも解決しないことの方が多いのも事実です。

転職を成功させるには客観的な意見も必要ですから、1人で抱え込まずエージェントに相談しましょう。

まとめ

メガホン、女性

万が一の場合に会社が不利益を被らないよう転職では身元保証人を立てる必要があります。

一般的には両親にお願いすればOK。

しかし、何らかの事情で両親にお願いできない場合は親族や信頼できる知人、友人に頼んでください。

会社は身元保証書を提出してもらうことで次の3つを担保します。

  • あなた本人の人物としての保証
  • 侵害賠償の回収
  • 自覚を持って仕事するための意識づけ

決してあなたを疑っているわけではなく、お互いに不利益を被らないようにするための書類です。

「保証人」という言葉に気圧される感じはありますが、連帯保証人とはまったくの別物。

期間は3年、長くて5年とされており、自動更新もありません。

転職で悩むことがあればエージェントを活用してください。

書類の書き方など細かなこともアドバイスしてくれます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら