「最後に何か質問はありますか?」と面接の終盤で聞かれるこの質問が逆質問です。

面接官からの急な問いかけに、質問を考えるのに困った経験もあるのではないでしょうか。

この逆質問は面接において重要な評価基準となり、良い逆質問が出来れば面接官に好印象を与えます。

本記事では、二次面接において面接官が評価するポイントと効果的な逆質問をする簡単なコツをお教えいたします。

Contents

二次面接の逆質問で成功する方法

女性 面接

面接が終盤に差しかかった時に突然投げかけられる逆質問は、準備していないと頭が真っ白になることもあるでしょう。

この逆質問は、疑問点に回答してもらえる時間である他に、上手に質問出来れば相手の企業に好印象を与えるアピールチャンスになります。

面接の最後を気持ち良く締めくくれるような逆質問をして、面接官の印象に残るにはどのような準備が必要でしょうか。

本記事で紹介する面接官の意図や逆質問のコツを押さえて、成功する逆質問を一緒に考えましょう。

面接官が逆質問する目的を知ろう

面接風景

まずは面接官がどのような目的と意図をもって逆質問するのかを考えていきましょう。

一つは、企業や仕事への意欲や関心・志望度を確認するため。

もう一つは、お互いの相性を見極めるためです。

逆質問を考える時に最も重要なことは、面接官の知りたいこと・質問を聞く目的を理解することでしょう。

短い面接時間の中で、逆質問の回答は重要な審査基準となります。面接官の質問意図を理解して、適切な回答を準備することが重要です。

面接官の評価基準は?

 

 

疑問を抱く女性

それでは、面接中に逆質問を投げかけてくる面接官はどのような所を評価基準としているのでしょうか。

逆質問でチェックされる主な3つのポイントを意識して、的を得た質問を準備しましょう。

重要な評価基準となる逆質問ですが、自分発信であるので事前に確実な準備ができる唯一の質問でもあります。

しっかりと企業のことを理解して、自分をアピールしましょう。

会社の志望度を見ている

ガッツポーズをする女性

面接官が逆質問する目的の一つである「会社への意欲・志望度」は重要な評価対象になります。

例えば、あなたが自分の好きなものを友人に紹介しているとしましょう。

自信たっぷり紹介した後で「何か気になることはある?」と問いかけ、「特にないかな。」と言われるとどうでしょうか。

自分の話に興味がないのでは…。と不安に感じるのではないでしょうか。

「質問する」ということは相手に対する好意や興味をアピールする大事な時間です。

企業を調べて志望度が高まれば、自然と「気になること」が出てきます。それを素直に質問し、企業に対する意欲を伝えることが大切なのです。

業務内容を理解しているか見ている

一般的な場合、一次面接では企業の「人事担当者」が担当し、基本的な質問の中で人柄やコミュニケーション力を見ます。

それに対し二次面接では「現場の責任者」が担当し、より現場に近い業務レベルでの適性度を見ることが多いです。

そのため二次面接で的外れな質問をしてしまう場合、「うちの会社でどんな業務をするか、分かっていない」と判断されてしまいます。

業務内容を調べてしっかりと理解し、理解していることをアピール出来るような質問を考えましょう。

ちなみに、役員面接や最終面接では「役員」が担当し将来性や入社意欲をさらに重要視される傾向にあるため、別途質問の準備が必要です。

志望部署に適しているか見ている

面接

面接官の評価基準のポイント3つ目は、志望部署に適しているかどうかです。

質問内容にはその人の理解レベルだけでなく、考え方や性格・価値観などが顕著に現れます。

お互いに後で苦しまないためにも、企業の価値観との相性や、ミスマッチングが無いかを確認する必要があるのです。

適切な質問が出来なければ、入社後に本当に希望部署で活躍出来るのか?納得して働いてもらえるのか?と面接官を不安にさせてしまいます。

面接官が入社後の姿を想像しやすいように、部署特有の専門的な部分まである程度踏み込んだ質問を考える工夫があると良いでしょう。

 

ワンポイント
面接官は3つをチェックします。
①会社の志望度が高いか?
②業務内容を理解しているか?
③志望部署の適性があるか?

逆質問で好印象を与えるコツ

握手 女性 笑顔

ここまでで、面接官が逆質問の中ではどんな目的でどこを見ているのかを解説してきました。

ここからは具体的に、好印象を与える逆質問のコツをお教えいたします。

ポイントを意識するだけで、誰でも良い逆質問を作ることが出来るでしょう。

数いる就活生ライバルの中で、面接官の印象に特に残るような逆質問を投げかけて最終面接を目指しましょう。

「仮に入社したら」で始まる逆質問

「仮に入社したら」という出だしで、入社することを前提として始まる逆質問は効果的です。

例えば、「仮に入社したら、マネージャーを目指したいと思っています。御社の評価制度はどのように整備されていますか。」といった質問です。

入社した時の自分の役割を意識しつつ、将来へのビジョンもしっかりと持っていることでやる気や前向きの印象を与えることが出来ます。

面接官も入社後の姿をイメージしやすいので、安心感を感じられます。

特に二次面接は一次面接と違い具体的な業務領域の相性を見られるため、入社後の姿を熱意を持って伝えることがより大事なポイントです。

自分なりの考えを盛り込んだ逆質問

面接 胸に手を当てる

ライバルよりも強い印象を残す逆質問をするためには、ただ事実を聞くのではなく質問の中に自分の考えを盛り込むことがポイントになります。

例えば、「御社の○○事業に将来性を感じています。今後のシェア拡大のため、どんな施策を考えておられますでしょうか。」といった質問です。

自分の立場を把握して自分なりの考えを持っていることをアピールすれば、問題に直面した時の解決能力の高さを印象付けられます。

このような自分の意思を乗せた質問が出来れば、「お!」と一目置かれる存在になれるでしょう。

 

ワンポイント
逆質問のコツ
①入社後の将来像・意欲を前向きに伝える
②自分の意思・考えを乗せること

二次面接の逆質問の注意点

バツ印 女性

自由度が高く様々なアピール内容を事前に考えられる逆質問ですが、本当になんでも聞いて良いわけではありません。

答えにくかったり的外れな質問は、逆に悪い印象を与えてしまう恐れもあります。

下記の注意点を押さえて、面接官の評価を落とさないような質問を準備しましょう。

なお質問数が多すぎると面接官も困ってしまうので、2、3個程度に抑えるように気を付けましょう。

調べれば分かることを聞かない

「御社の企業理念はどのようなものでしょうか。」「御社の主力製品は何でしょうか。」といった質問は絶対にNGです。

ホームページや転職サイトなどで調べればすぐに分かることを質問してはいけません。

ホームページを見ていませんと告白するようなもので、入社への意欲や企業への興味の低さ、さらに自主性の無さといった悪い印象を与えます。

企業研究を事前に行い、基本的な情報は集めてから面接に臨むようにしましょう。

給料や待遇面の質問ばかりしない

質問内容に性格や価値観が現れてしまうことは前述の通りですが、逆質問で給料や福利厚生の待遇面ばかりを聞いてしまうのはNGです。

特に女性の転職においては、育児休暇の取りやすさなど待遇面の条件はとても需要なのは確かです。

ただしこのような質問ばかりしてしまうと、志望動機として待遇面が最重要で、仕事内容や企業理念は二の次であると思われてしまいます。

福利厚生面も転職サイトなどで事前に調べられる場合が多いので、質問は出来るだけ控えると良いでしょう。

どうしても質問したい時は順番を後ろの方にするなど、ネガティブな印象が薄まるように工夫しましょう。

 

ワンポイント
質問は2、3個程度にまとめましょう!

二次面接で有効な逆質問の回答例をチェック

解説する女性

逆質問で効果的な質問と、NGな質問が分かって来ましたでしょうか。

ここからはより具体的に、二次面接で面接官に良い印象を与える3つの回答例を紹介します。

上述してきたコツを意識すれば誰でも効果的な逆質問を作れることでしょう。

自分が志望している企業のことをイメージして、回答を考えながら見ていきましょう。

例1 入社後のイメージを伝える逆質問

「入社後は御社の○○事業で活躍したいと考えております。事前に準備しておくことはありますか。」

「入社後に出来るだけ早く成果を出したいのですが、OJTの期間はどのくらいありますか。」

「将来を考えても、長く働きたいと考えております。御社では女性で活躍されている方は多いですか。」

<解説>

自分が入社する前提で将来性を感じさせるワードで、やる気や前向きな姿勢をアピールします。

面接官と、自分の入社後のイメージを共有することが出来ます。

例2 自分なりの考えを盛り込んだ逆質問

「御社の海外事業では、第三国への進出も必要だと考えています。現在はどのような社員の方が所属しておられますか。」

「御社の企業理念の○○という部分にとても共感しています。入社後どのようなことに意識して働けば良いでしょうか。」

「部署を越えたコミュニケーションを促進すれば、御社事業はさらなる横展開が出来ると考えています。部署を越えた交流はありますか。」

<解説>

自分の中の意思を提示することで自主性や、企業研究してきたことを面接官に印象付けます。

例3 自分の長所をアピールできる逆質問

「留学経験があり英語力を活かしたいと思っています。御社でも発揮できる機会はありますでしょうか。」

「前職ではよく努力家と呼ばれ、ノルマは毎回達成しておりました。御社ではノルマを設定する制度はありますか。」

「気になったことは必ず確認しないと収まらない性格ですが、御社では上司の方などに相談しやすい社風はありますか。」

<解説>

まだ伝えきれてない長所をさりげなく伝えられます。自分の長所を謙虚に伝えることがポイントです。

二次面接での逆質問のNG例

 

頭を抱えている女性、スーツ

続いては、二次面接での逆質問として聞いてはいけないNG例を見ていきましょう。

ここでもポイントは、相手(面接官)が答えづらかったり嫌な気持ちになる質問を避けることです。

例1 調べればわかる質問

「御社の資本金はどれくらいでしょうか。」

「御社には営業所がいくつありますでしょうか。」

「御社ではどのような事業に力を入れていますか。」

<解説>

ホームページ上などですぐに調べられる内容は志望する意欲が無い印象を与えますので、質問NGです。

さらに、企業側の答えが決まっており話の展開がしづらい質問でもあります。

質問の答えから、話が膨らみそうな内容を選ぶことも重要です。

例2 給料や待遇面の質問

「有給は取得しやすい環境ですか。」

「御社での平均の残業時間はどの程度でしょうか。」

「私の現在のキャリアでは、給料はいくらになりますでしょうか。」

<解説>

仕事の内容よりも福利厚生のみを重視していると感じられます。こういった質問は出来るだけ控えましょう。

例3 その他、印象の悪い質問

「ノルマを達成するのが難しい場合は、給与の減額などはありますか。」

「○○の知識が無いのですが、教えてもらえる環境はありますでしょうか。」

「御社ではやりがいはありますか。」

<解説>

自分の自信の無さが伝わってしまったり、「育ててもらいたい」というような他力本願な質問はNGです。

また、具体性が無く抽象的な表現の質問も答えにくいのでNGとなります。

二次面接の逆質問で面接官が知りたいことを理解して対策しよう

就活女性 握手

いくつか例も併せて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

冒頭でも記述しましたが、最も重要なことは面接官の気持ちになり面接官が知りたいことを理解することです。

相手を基準にして考えると、「こういう風に言われると気持ち良い(良くない)な」というのが見えてきます。

面接官や企業に興味を持ち、良く調べた上で、表現の仕方に少し気を使うだけで記憶に残る逆質問を生み出せるのです。

 

ワンポイント
面接官の気持ちになって質問を考えるましょう!

面接対策は転職エージェントを活用しよう

女性 相談

逆質問のコツは頭に入っても、企業ごとに規模間や社風・理念が異なる中で一つ一つに最適な逆質問を準備するのはとても時間のかかる作業です。

いくら準備しても、面接はあくまでもコミュニケーションですのでその場の雰囲気に合わせた対応なども必須になります。

一発勝負の世界で何とか面接を成功させるためには、実践に近い状況での練習が最も効果的です。

例えば、企業ホームページを熟読して家族や友人に見てもらうというのも一つの方法です。

ただ、より実践に近い緊張感で確実に訓練がしたい場合、おすすめは転職エージェントの模擬面接を受けることです。

転職エージェントを利用すれば、志望している企業から質問されそうな内容のアドバイスや、効果的な逆質問を知ることが出来ます。

企業研究にかける時間も短縮できる便利なサービスですが、無料で利用出来るものが多いので、上手く活用したいですね。

まとめ

はてなマーク

効果的な質問をするというのは、とても難しいことです。

どうすれば好印象を与えられるか不安になってしまう人も多いことでしょう。

大丈夫です。本当にその企業に行きたい気持ちを持っていれば、自然と興味が生まれ、質問も湧いてきます。

そして例え上手く言葉に出来なくても、誠意があれば必ず伝わります。

逆質問に対する面接官の回答の時も、丁寧にうなずくなどでより良い印象を与えたいですね。

逆質問は面接の中でも自由度が高く、準備する時間も与えられている貴重なアピール時間です。

不安な気持ちも一緒に共有できるエージェントサービスと準備して、役員面接・最終面接と進んでいきましょう!

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら