女性の就業率が高い医療事務ですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。

医療事務に転職する際に気にしておいたほうがよい点について解説します。

メリットややりがいについても紹介しますので参考にしてみてください。

医療事務の仕事内容を解説

受付に立つ女性

医療事務は簡単にいうと病院やクリニックなどの医療機関の事務を行う職業です。

一般企業の事務と異なるのはパソコン作業以外にも多くの業務がある点になります。

医療事務の大きな仕事を3つあげると次のようになります。

  • 窓口業務
  • レセプト業務
  • クラーク業務

次の項目からこれらの業務について具体的に解説していきます。

医療事務の仕事「窓口業務」

病院の受付

まずは病院の顔ともいえる窓口業務です。

来院した患者さんがまず出会うのが医療事務員になります。

窓口業務は大きく分けて2種類あります。

ひとつが受付業務、もうひとつが会計業務です。

より具体的に内容をみていきましょう。

受付業務

受付業務では患者さんから診察券や保険証を提示してもらいます。

予約制の医療機関であれば予約の確認も医療事務の仕事です。

紹介状や院内資料の作成なども受付業務の一貫と考えておきましょう。

医療機関によっては患者さんを診察室に案内する役割を担うこともあります。

会計業務

レジを打つ女性

会計業務は診察後に患者さんに診察料を伝える業務です。

伝えるだけでなく診察料を計算するのも医療事務の仕事になります。

診療報酬の点数表を使って医療費を算出して患者負担分を計算します。

会計業務では正確性が求められる点が特徴です。

商品の会計と異なり診療報酬の点数を使って自分で計算して算出する必要があるからです。

会計の基準とされる診療報酬表は2年おきに改定されていることも理解しておきましょう。

そのため改定のたびに数値の見直しを行う必要があります。

大学病院などの大きな病院では受付と会計が分担されている場合もあるでしょう。

ただクリニックなどでは大半が同じ担当者の仕事となる点も把握しておきましょう。

 

ワンポイント
医療事務は病院やクリニックの顔にもなる業務を担当します。

医療事務の仕事「レセプト業務」

パソコン作業をする女性

レセプト業務はレセコンと呼ばれる専用のコンピューターを用いた業務です。

会計業務で算出された医療費を入力します。

会計業務で算出されて診療報酬明細書に記載されたものを「レセプト」と呼びます。

医療事務の仕事はレセコンを使って診療内容や点数を入力します。

レセプト業務は診療費の請求手続きを行う重要な業務です。

これは病院の収入にも関わることになるからです。

レセプトを作成したら業務終了ではありません。

レセプトは決められた期間に審査支払機関に提出して支払いを受ける必要があります。

月末から翌月の10日までは診療費の請求手続きを行うため多忙になる可能性が多いのも医療事務の特徴です。

医療事務の仕事「クラーク業務」

医師と話す事務の女性

クラーク業務は簡単に説明すると患者さんと医療スタッフの間に入って業務を行うことを指します。

医療機関によっては医療事務とクラーク業務を分担しているケースもあるでしょう。

転職先を決める際にはこの点にも着目してみることがおすすめです。

クラーク業務は大きく分けると外来クラーク病棟クラークにわけることができます。

具体的にそれぞれの業務についてみていきましょう。

外来クラーク

外来クラークは患者さんと医師、看護師との間に入って業務を行います。

受付業務、電話対応、患者さんの呼び出しなどが主な業務です。

これに加えてカルテ管理レントゲンの準備検査データの準備なども業務として割り振られるでしょう。

とくにカルテは、医師が行った診察内容や患者さんの既往歴、服用中の薬などを記載されています。

個人情報が記載されているものである以上、取り扱いは厳重に行う必要があります。

医療機関によっては紙カルテと電子カルテの場合がありますが、業界全体では電子カルテの導入が進んでいるのが現状です。

医療事務は、カルテの診療内容を点数で処理して会計窓口で診察料を計算します。

病棟クラーク

病棟クラークは入院病棟で業務を担当します。

入院病棟で発生する事務作業全般を担うのが仕事と考えてよいでしょう。

患者さんの入退院の手続きや食事伝票の管理も業務のひとつです。

手術や検査のスケジュールを管理することもあるでしょう。

病棟クラークは担当科のナースステーションに常駐することが多くあります。

そのため場合によっては患者さんやその家族からの質問などを受けることもあることを理解しておきましょう。

 

ワンポイント
看護師や医師のサポートをすることも医療事務の業務のひとつです。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務に向いている人は

OKサインを出す女性

医療事務は多くの業務を行う仕事です。

病気で悩む患者さんとの接点も多いためコミュニケーション能力も必要とされます。

具体的にどのような人が医療事務に向いているのかを解説します。

几帳面で細かい作業が得意な人

医療事務では細かな作業をすることが多くあります。

受付業務からはじまり会計業務も正確に数字を計算する必要があるでしょう。

カルテの管理や入力、薬の受け渡しではミスが許されません。

少しのミスが患者さんの体調に影響を与えることがある点には注意が必要です。

ひとつひとつの業務を丁寧に行える人。

几帳面で細かい作業が得意な人。

細かなことに気配りできる人。

このような人が医療事務に向いているといえるでしょう。

臨機応変に行動できる人

問診を書いてもらう様子

医療事務の仕事は多岐に渡ります。

ひとつの業務だけでなく同時に複数の業務を行うことが求められることもあるでしょう。

想定外のことが起きた場合でも冷静に臨機応変に対応できることが重要です。

医療機関では想定外の出来事が起こる可能性は高いでしょう。

そのような場合でも動揺せずに落ち着いた行動が取れる人は医療事務に向いているといえます。

明るく笑顔を大切にできる人

医療事務の仕事は患者さんが元気になってくれることを願う気持ちが強い人ほど向いています。

忙しいときでも患者さんに対して明るく対応できること。

笑顔で患者さんの不安を軽くしてあげることができること。

こうした点が医療事務には求められます。

また医療機関に訪れる人は年齢も職業も幅広いためさまざまな立場の人と円滑にコミュニケーションが取れることも重要です。

 

ワンポイント
几帳面で細かな作業をすることが好きな人には医療事務の仕事が向いています。

医療事務で働くメリット

窓の外を見る女性

医療事務として働くメリットはどこにあるのでしょうか。

医療事務には多くのメリットがありますがなかでも大きな2点について解説します。

専門知識が身につく

医療事務として働いていると多くの知識を身につけることができます。

ひとつは事務関係のスキルです。

医療事務は患者さんとのやり取りと同時にパソコンでの事務処理も行います。

患者数が多い医療機関では効率的かつスムーズに事務処理を行う必要があるでしょう。

そのため事務処理能力を高めることができる点はメリットです。

規模の小さな医療機関では1人で多くのタスクをこなす必要があるためマルチに業務を行う能力が身につくでしょう。

事務能力だけでなく医療関係の知識も身につけることができる点は大きなメリットです。

レセプト業務やカルテ管理などの業務は医療や保険制度に関連した専門的な知識を必要とします。

医療現場で働くということは医師や看護師の仕事を身近で見ることもできます。

医療事務をしながら看護師を目指すという人も少なくありません。

職場が全国にあるので職場探しに困らない

医療事務の女性

医療機関は全国にあります。

そのため職場探しに困らない点はメリットです。

クリニックであれば住宅街にあることも多いため自宅の近所で働くこともできるでしょう。

医療事務の経験があることで職場探しに困らないことが多いといえます。

さらに医療事務は多様な雇用形態がある点もメリットです。

正社員だけでなく、時短勤務やパート、派遣など自分のライフスタイルにあわせて働くことも可能です。

子育て中でも働きやすいという点もメリットといえるでしょう。

医療事務のやりがいは?

患者の様子を聞く医療事務の女性

働く上でやりがいを感じることは重要なポイントです。

医療事務として働く上で感じられるやりがいとはどこにあるのでしょうか。

具体的に解説します。

さまざまな人に感謝してもらえる

医療事務として働く上で最大のやりがいは患者さんに感謝してもらえる点でしょう。

病気を抱えている人は不安や悩みも同時に抱えています。

病院に来ることでこうした不安や悩みが解消されたと感じる人もいるでしょう。

患者さんとダイレクトに接する機会の多い医療事務では感謝の言葉をかけてもらえることも多くあります。

また患者さんだけでなく業務をサポートした看護師や医師に感謝してもらえる点もやりがいにつながるでしょう。

社会に貢献しているという満足感

医療現場では人手不足が問題となっています。

そのようななかで医療事務として働くことは社会貢献のひとつと捉えることができるでしょう。

医療事務は医師と看護師のサポートをすることも多くあります。

人材不足がいわれる職場で業務の一貫を担えることにやりがいを感じる人も多いでしょう。

 

ワンポイント
医療事務として働くことで社会貢献することもでき、多くの人から感謝してもらえる点もやりがいのひとつです。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務の1日のスケジュールをチェック

時計を持つ女性

医療事務の業務内容を1日を追ってみていきましょう。

医療事務の業務は雇用形態や勤務先によって異なります。

正社員であれば基本的には病院の受付時間に準じた勤務時間になるでしょう。

医療事務の業務を午前中と午後のスケジュールにわけて解説します。

午前中に行う業務

医療事務の出勤時間は勤務先によって異なります。

大きな病院であれば7時台に出勤することが大半です。

クリニックでは8時台の出勤が平均となります。

出勤後は清掃や受付の準備をして開院と同時に受付業務の開始です。

予約制の場合には順番に患者さんの受付をスタートします。

診察券や保険証の確認、新規の患者さまには問診の記入などをしてもらいましょう。

その間に、会計業務を行ったりカルテの管理をしたりします。

投薬のある患者さんには処方箋の説明なども行います。

場合によっては合間で電話対応を行うこともあるでしょう。

患者さんの案内なども医療事務の業務となります。

午前中の診療時間が終了してすべての患者さんが帰られたら午前中の業務は終了です。

待合室などの片付けをしてお昼休みに入りましょう。

大きな病院の場合や雇用形態によっては遅番、早番勤務があることもあります。

早番の場合は午前中で帰宅することもあるでしょう。

午後に行う業務

外来診療

午後の診療開始は大半が14時となるでしょう。

大きな病院の場合は12時半ごろから診療開始になることもあります。

お昼休みを取ったら午後の受付開始に備えて準備を開始しましょう。

基本的には午前と同様に受付、会計、電話対応、カルテ管理、診察補助を行います。

診察時間が終了したら会計確認を行います。

さらに待合室や玄関、診察知るなどの清掃も医療事務の仕事です。

月末や月初には業務終了後にレセプト業務を行うことになります。

すべての業務が終了したら帰宅となります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン作業をする女性

医療事務に転職したい場合、未経験からでも転職は可能です。

医療事務として資格を保有していなくても働きながら取得することも可能です。

全国に職場があるため職場も比較的探しやすい点が特徴でもあります。

医療事務所として転職したのであれば転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人を保有しており医療事務に関する知識も豊富に有している転職のプロに相談してみましょう。

面接対策や面接の練習だけでなく、多様な雇用形態のなかから自分のライフスタイルにあった求人を紹介してもらうことも可能です。

スムーズに転職活動を進めるためにも転職エージェントの活用はおすすめです。

まとめ

メモを取る女性

医療事務の仕事内容は多岐に渡ります。

女性に人気の職種であるとともに社会ニーズの高い職業でもあります。

これからキャリアアップしたいと考えている女性にもおすすめの職業でもあります。

資格を保有すれば全国各地で働くことができる仕事である点がメリットです。

転職したいけれどどんな職種にしようか迷っている女性にはおすすめできる職業になります。

未経験からの転職であれば働きながら資格を取得することができる医療機関もあるでしょう。

転職で迷ったり悩みを抱えたりした場合は転職エージェントへの相談をおすすめします。

豊富な求人と豊富な知識を持っている転職のプロに相談すればスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

転職エージェントは医療事務の資格取得に関しても相談にのってくれます。

未経験からの転職でも職種が決まっていない転職でも気軽に相談してみましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら