数多ある仕事に常に付きまとい、仕事の充実度を左右する要素が人間関係です。

仕事内容や条件、福利厚生などは求人票を見ることで転職活動中に伺い知ることができます。

しかし人間関係だけは入社してみないと分からないということがほとんどです。

いざ入社してみたら同期がいないということも往々にしてあります。

同期がいないことでの影響やメリットはどんなものがあるのでしょうか。

同期はいないメリットや職場での人間関係を良好に保つポイントを、徹底解説をしていきます。

Contents

同期がいないメリット・デメリット

パソコンに向かう女性

前職の会社では同期がいたけれど、転職先には同期がいないという状況は十分にあり得ます。

同期がいない状況に直面して、急に心細さ不安を感じてしまう人もいるでしょう。

職場に同期入社の人がいないということは悪いことばかりではなく、良いこともたくさんあります

会社に同期がいないことのメリット・デメリットはどのようなものがあるのかみていきましょう。

同期がいないことで得られるものは

同期がいるかどうかは働き方にも影響することです。まずは同期がいないことで得られるものを解説します。

責任感が強くなる

事務作業をする女性

同期がいないことで「仕事をきちんとこなしていかなくてはいけない」という責任感を持つことができます。

同期がいるとついつい試しに気軽に意見を聞いてしまいがちです。

自分とは全く正反対の考えをぶつけられ困惑したり、余計な脱線をしてしまうということもあるでしょう。

これによりかえって仕事の効率が悪くなってしまう可能性もあります。

しかし同期がいないことで人の意見に左右されずに、自分の考えをちゃんと持って物事を進めることができるでしょう。

これによって自然と責任感が身につき、責任感は人を大きく成長させてくれるものです。

気づいたら自分に任された仕事に対し、妥協することなく真摯に取り組めるようになります。

新人のうちは多少のミスは受け入れてもらえますし、自分の力で仕事をこなしていきましょう。

成長が早い

職場で新人が自分だけの場合、習熟度に合わせた仕事を一手に請け負うことになります。

もしミスが発生したら間違いなく自分に原因があるため、自分がしっかりしなければという意識を強く持てるようになります。

さらに、業務が分散されることがないというのも実は幸運な環境といえます。

仕事というものは基本的に様々な業務が繋がっているのです。

例えばプレゼンテーションという1つの仕事で考えてみましょう。

市場調査からコンセプト考案・実際のプレゼンテーションなどたくさんの作業の連続で構成されています。

同期がいると細分化されてしまい、これらの作業の一部しか携わらせてもらえないことも多いです。

その結果、一部分の作業しか見ることができないため、全体の仕事を把握できない状況が続いてしまいます。

いつまで経っても同じ分担の雑用ばかりを任されるという状況に陥ってしまうこともあるのです。

しかし同期がいない場合は上司や先輩も早く即戦力になってもらいたいと思っています。

そのため、新入社員を少しでも早く一人前にするべく集中して指導してくれたり、様々な業務に携わらせてくれたりします。

そのおかげで、同期がいる場合よりも飛び抜けて成長する機会を獲得できるのです。

同期がいないことはメリットが多い

先述した通り、同期がいないことで得られるものはたくさんあります。

他にも同期がいないことでどんなメリットがあるのか解説します。

上司や先輩に可愛がられやすい

オフィスの風景

職場に同期がいない分、上司や先輩と必然的に一歩踏み込んでコミュニケーションを取る機会が多くなります。

先輩からランチに誘ってもらえたり、上司も孤独を感じることのないよう配慮してくれるでしょう。

同期がいるとついつい同期だけで集まってしまい、目上の立場の人との交流の機会が極端に少なくなってしまいがちです。

そのせいで結果的に、先輩とのコミュニケーション不足で仕事がうまく回らなくなってしまう事例もあります。

同期がいない分、目上の人々にも気にかけてもらえることで年齢の壁を乗り越えやすくなるのです。

また、同期がいないと1人で行動することも多くなります。

そのため先輩や上司との1対1のコミュニケーションをとる機会も数多くなるでしょう。

実は、複数人での会話よりも1対1の方が言葉のキャッチボールをしやすいため、相手の話も自分の話もしやすくなります。

先輩とも積極的にコミュニケーションをとって、親密度を深めてみてください。

同期と比べられることがない

面接を受ける女性

誰かと比べられることはどのような場面であってもストレスがかかります。

その中で一番比較対象として挙げられるのが、同期という存在です。

同期がいると「同期のあの人は仕事をこなすのに、なんでできないんだ」という理不尽な比較を受けてしまうかもしれません。

しかし、同期がいなければそもそも比較されずに済みます。

自分が社内での一番の新人であれば、仕事ができなくても当たり前です。

上手く業務を進められなくても、新入社員だから仕方ないと大目に見てもらえることもあるでしょう。

相対評価ではなく絶対評価で判断してもらえることで、自分の仕事の取り組み方をちゃんと見てもらえるようになります。

チャンスが回ってきやすい

新しい案件が回ってきた時に白羽の矢が立ちやすくなります。

同期が多いと任された仕事を着実にこなしていたとしても、目立つ社員にばかりチャンスが集まってしまいがちです。

仕事をきっちりこなすだけでは足りず、人柄や社内での立ち回りなどでも判断されてしまうのです。

その結果、自分になかなかチャンスが巡って来ず、気づいた時には同期と大きな差がついてしまっていたということもあり得ます。

チャンスを掴むために大事なのは自分の存在を認知してもらうことです。

同期の影に隠れてしまうのでは、せっかくの実力も正しく評価してもらえません。

しかし、同期がいなければ上司に名前や存在を覚えてもらえます。

きちんと仕事を着実にこなしていれば必ず真っ先にチャンスが巡ってくるのです。

仕事に集中できる

ノートPCで仕事をする人

同期は気軽にコミュニケーションをとることができる存在です。

そのため、同期から仕事の質問や相談を受けることもあるでしょう。

そういった相談を受けるたびに、自分の作業を中断しないといけなくなります。

手助けをしていたら、自分の仕事はほとんど進まず、自分だけ残業する羽目になることもあり得るでしょう。

自分が進めるべき目の前の仕事に集中できるのです。

同期がいないことの影響は?

ビジネスパーソン

これまで解説してきた通り、同期がいないことで自分の成長にプラスになることはたくさんあります。

また、仕事でできないことがあっても先輩や上司がフォローに入ってくれることも期待できるでしょう。

さらに同期との人間関係で悩むこともなくなります。

人間関係の悩みは仕事効率を大幅に低下させてしまうものです。

馬が合わない人が同期の場合、かえってストレスを感じる原因となることも往々にしてあります。

せっかく転職したにもかかわらず、そのような負のスパイラルに陥ってしまっては本末転倒です。

同期がいなければそういった人間関係に煩わせられることがありません。

 

ワンポイント
・同期との人間関係というしがらみがない
・同期がいないことで自分の成長にプラスになることが多い

同期がいないことのデメリット

同期がいないことで自分にとってプラスに働くことが数多くありますが、デメリットがないわけではありません。

ここからは、同期がいないことに対してのデメリットを解説します。

気軽に相談できる相手がいない

不安

プライベートや仕事の上での些細な相談をできる人がいないというのは死活問題です。

本来であれば、自分と同じ目線で話を聞いてくれる友達になりうるのが同期なのです。

同期がいない場合、会社には上司や先輩、後輩といった上下関係のある人しかいません。

そのため休憩時間に雑談をして息抜きをしたり、社内の愚痴を言いたい時にも遠慮がちになってしまうでしょう。

他にも、上司に聞くまでもない業務の確認をするときにも、同期がいれば気軽に聞くことができます。

そうした気軽に相談できる相手を職場で見つけることが難しくなってしまいがちです。

社内のイベント時は寂しい

社員旅行や忘年会など、社内では仕事の枠を飛び越えて関わる機会が何度かあります。

そういった無礼講のような場でも、新入社員であればやはり節度をもって立ち回らなくてはなりません。

気の置けない同期や仲間がいないと常に上司に気を配り続けることになりがちです。

羽目を外して盛り上がりたくても、同年代がいないといまいち乗り切れないという人もいるでしょう。

雑用が自分に回ってくる

混乱する女性

同期がいないと業務を分散されることが少ないため、1人で多種多様な仕事をこなさなければいけません。

重要な仕事も回ってくる分他に肩代わりしてくれる人がいないので、細かい作業も自分でやらないといけなくなります。

他にも資料作成・掃除・コピー用紙の取り替えなど、簡単な雑務も自分が常に対応しなければいけないことも多々あります。

モチベーションが上がりづらい

仲間とも呼べる存在は仕事を進める上では時に大きな力と活力を与えてくれます。

仲間がいることで対抗意識が芽生え、それが仕事へのモチベーションに繋がるのです。

他にも、辛いことがあれば励まし合い、立ち直らせてくれるきっかけを与えてくれたりもします。

同期という比較対象がいないということはマイペースに業務を進められるということにもなります。

しかし言い換えれば危機感を持って仕事に取り組みづらい環境ともいえるのです。

新人だから仕方がないという優しさに甘えてばかりいると、いつまで経っても成長することができません。

自分自身が常に高い意識を持って仕事に取り組み、自分を律することが大切です。

同期がいなくてもモチベーションを管理する力をつけよう

働く女性

同期がいないデメリットの根幹にあるのは、「自分と同じ目線で一緒に頑張れる戦友が作りづらいこと」です。

しかし必ずしも戦友は同期でなければいけないなんてことはありません。

むしろ仲間になるのに年齢もキャリアも一切関係ありません。先輩や上司であっても、戦友になり得るのです。

同期がいない場合、まずは年齢の近い先輩とコミュニケーションをとってみましょう。

同年代であれば、プライベートや価値観も近いことが比較的多いので、共通の話題を見つけやすいです。

仕事上の関係ではなく、一歩相手の懐に飛び込んでみる努力をしてみましょう。

他にも、モチベーションを高く保つためには「ロールモデル」を社内に見つけることが大切です。

ロールモデルとは“この人みたいに仕事ができるようになりたい”と思う目標とする仕事の上での師匠です。

ロールモデルは同じ部署や直属の上司でなくても構いません。

社内全体を見渡してみて、心から尊敬できる人を探してみてください。

プレゼンテーションの仕方・資料の作り方・仕事効率など、様々な観点・項目からこの人だと思う人を見つけてみましょう。

そしてその人をよく観察して良いところを真似してみてください。

そうすると自分にはなかった新たな気づきを得られ、常に仕事にモチベーションを見出すことができるようになります。

同期がいなくても自分自身でモチベーションを常に保つように行動してみてください。

気づいたら同期のいない寂しさなんて消えているはずです。

 

ワンポイント
目標とする人を見つけて、仕事へのモチベーションを維持しよう。

同期がいない職場で人間関係を良好にするポイント

目上の人ばかりの職場だとどうしても緊張してしまうでしょう。

ここからは、同期がいない時に念頭に置いておくべき心構えをご紹介していきます。

「同期がいないこと」が当たり前だと思おう

外回りする女性

新卒採用市場とは異なり、転職市場では企業の採用枠は少人数もしくは1人のみという場合がほとんどです。

中途採用は欠員が出たタイミングで戦力を補うために実施されます。

そのため基本的に新部署の立ち上げなどでない限り、採用枠は1名程度なのです。

つまり、同期がいる方が珍しいということを理解しましょう。

上司や先輩の仕事に興味を持とう

勉強

ロールモデルを見つけるためにも、仕事をきっかけに上司や先輩とコミュニケーションをとるように働きかけてみましょう。

誰しもが、自分なりの価値観を持って仕事に取り組んでいます。お互いのことを知らないことが最大の障害です。

コミュニケーションをとることによって、気まずさや緊張を和らげていくことができます。

相手の仕事の取り組み方を理解し、同じ目線に立てるようになったら、相手の気持ちがわかるようになっていきます。

結果、成長にもつながりますし、自分の仕事仲間を増やすことになるのです。

新人の仕事を積極的に行おう

新人のうちは仕事に優劣はありません。

つい大きな仕事に目を取られ、自分が本来やらないといけないものが疎かになっていないか注意しましょう。

常に上を向いているだけでは評価してもらえません。

当たり前すぎて他人がやりたがらない雑用をきちんとこなすことが大切です。

デメリットで紹介した雑務もきちんとこなしましょう。

何より、上司は自分が思っているよりも人のことを見ていると思ってください。

誰も見ていないと思っていても意外と見られています。

また、新人の大事な仕事は“質問すること”です。

仕事の上で分からないことは経験豊富な先輩に積極的に質問しましょう。

会話のきっかけを作ることができ、自分の成長も早まり、まさに一石二鳥です。

 

ワンポイント
上司や先輩とのコミュニケーションを積極的行うことで、自分の成長にもプラスになる。

同期がいないことをチャンスと捉えて活躍しよう

女性

同期がいないことは得なことばかりです。

誰かと比べられることもなく、自分の心がけ次第できちんと自分の居場所を作ることができるのです。

中途採用では即戦力の見込みありということで採用されています。

自分が何を評価されて採用されたのか、改めて立ち戻り自分の強みを武器にして仕事に取り組んでみてください。

 

ワンポイント
同期がいない分、積極的に仕事に取り組んで社内での自分の存在感を高めよう。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

キャリアウーマン

転職の際、同期がいるかどうかも含めて、転職先の会社内の人間関係は非常に気になるものでしょう。

実は転職活動時に転職先の雰囲気が分かる方法があります。

それは転職エージェントです。

転職エージェントは各企業の人事から事細かに求める人材をヒアリングします。

それと同時に、その企業の職場の雰囲気や、どういった人が働いているのかをチェックしているのです。

そのため、転職エージェントを使えば転職先の職場の雰囲気がよく分かるでしょう。

リサーチが足りないと、入社してみて「思っていたものと違った」と後悔する可能性も高くなってしまいます。

そうならないように、事前に候補企業の人間関係や社風をきちんと理解した上で職場を選びましょう。

そうすることで、もし入社した際に会社内に同期がいなくても不安要素を打ち消すことができます。

まとめ

ガッツポーズの女性

転職において人間関係はとても重要です。

同期がいなくて、仕事中は常に気を張り続けなければと愕然とする人もいらっしゃるでしょう。

しかし、同期がいないからといって社内で仲間ができないわけではありません。

今ある環境をプラスに捉えて、自分の仕事をより充実したものにしていくよう行動していけば必ずチャンスを獲得できます

周りの人との関係を良好にすべく工夫を凝らし、受け身にならずに自らコミュニケーションをとってみてください。

積極的に先輩や上司とコミュニケーションをとることで、転職前よりも何倍も成長することができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら