女性が企画営業に転職するにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

企画営業は単なる営業職ではありません。

営業に加え企画力も兼ね備える必要があります。

企画営業に転職が成功するための方法を、志望動機の書き方と一緒にみていきましょう。

女性が企画営業に転職する方法を解説

スマホを操作する女性

自社商品やサービスを提案して売り込むだけでなく、顧客のニーズに合わせた商品やサービスを提案する企画営業。

自社商品を提案する営業職とは違い、「企画」が加わることで難易度が高い役割ともいえます。

しかし、企画営業にとって必要なスキルが備わっていればそれほど難しいわけではありません。

女性が企画営業に転職するにはスキルを身につけることが重要です。

では実際にどのようなスキルがあればいいのか、また具体的な仕事内容は何があるのかみていきましょう。

企画営業の仕事内容から必要なスキルをチェック

パソコンに向かう女性

まずは企画営業の具体的な仕事内容をご紹介します。

主に次の4つの仕事が任されます。

新規クライアント開拓

企画営業担当は新規クライアントを開拓することから始まります。

見込み顧客をみつけて自社商品をアピールするのです。

営業方法は電話や飛び込み営業などさまざま。

企画営業は「営業」も役割の1つなので、高いコミュニケーションスキルが求められます。

営業訪問やヒアリング

面接を受ける女性

見込み顧客からアポイントを取ったら企画営業が顧客のもとへ訪問します。

自社がどのようなことをメインに活動している企業なのか説明し、提供できるサービスや商品を紹介します。

そして顧客から悩みやニーズをヒアリングして課題解決に向けて策をめぐらせるのです。

顧客の潜在的なニーズを引き出すため、しっかり話を聞く力が求められます。

新商品やサービスの試作

顧客からヒアリングした情報をもとに、新商品やサービスの試作に取り掛かります。

顧客のニーズを満たし悩みを解決できるような試作をすることが重要です。

その試作が顧客の満足のいくものであれば、実際に商品やサービスの開発が始まります。

顧客の課題を解決できるよう試作の段階では頭をフル回転させなければなりません。

課題解決のために柔軟な発想力が求められます。

また、試作は他部署と連携することが多くなりますからコミュニケーション能力も必要不可欠です。

企画提案

次の新規クライアント開拓に向けて市場調査や社会の動向を分析し、新たな企画を提案します。

無謀な企画ではなく論理的で実現可能な企画を提案しましょう。

なぜこの企画が必要なのか、なぜこの企画を提案しようと思ったのか、社内で納得してもらわなければなりません。

企画を通すためにも根拠のある企画力が求められます。

 

ワンポイント
企画営業は顧客から課題やニーズを聞き出して商品やサービス開発につなげる!

企画営業に求められるスキルはこれ!

面接を受ける女性

企画営業の仕事内容を受け、具体的にどのようなスキルが必要なのかご紹介します。

大きく5つのスキルがあるのでそれぞれみていきましょう。

コミュニケーション能力=課題やニーズを聞き出す力

企画営業にはコミュニケーション能力が必要不可欠です。

顧客に自社商品を提案したり顧客から課題やニーズを聞き出したりするにはコミュニケーションが欠かせません。

一方的な営業では顧客は心を開いてくれないでしょう。

顧客が心を開いてくれなければ課題や悩みを聞き出すことはできません。

さらに商品やサービスも売ることができなくなります。

ヒアリングから試作につなげるにはコミュニケーションが欠かせないのです。

発想力=課題解決のための商品を考える力

顧客から聞き出した課題やニーズを解決するため、どのような商品やサービスを作ればいいか発想力が必要です。

単に自社の強みを活かした商品だけでは、本当の意味で顧客の課題を解決できるとは思えません。

顧客の潜在的な悩みを表に出し、それを解決することで初めて企画営業としての役割を果たすことになります。

どのような商品やサービスがあれば顧客のためになるのか。

顧客目線で考えつつ課題や悩みを解決できる商品やサービスを考える発想力は重要です。

企画力=根拠のある企画書を作成する力

発想力を駆使して生み出された新商品や新サービスを実現させるため、企画力が必要になります。

企画力が乏しければせっかくいい商品を思いつても商品作成には至らないでしょう。

また、たとえ良いサービスを思いついたとしてもうまくまとめられなければ実現できません。

頭をフル回転させ絞り出した企画を実現させるため、根拠のある企画書を作成する力が求められます。

提案力=企画を理解させる力

女性,オフィス,会議,ミーティング,面接,笑顔

誰もが納得してくれるような企画書を作成したら上手に提案します。

関係部署全員が理解してくれるよう高い提案力が求められるのです。

提案力がなければ、時間と労力をかけて作り上げた企画書が無駄になってしまうかもしれません。

担当内でしっかり企画を理解して商品化、サービス化を実現させるため提案力は欠かせません。

情報収集力=開発に必要な情報を集める力

企画営業にとっては常に情報を得るためアンテナを張っておく必要があります。

自社を必要とする業界はどこか、自社商品が役立ちそうな市場はないか。

商品やサービス開発につなげるには日ごろの情報収集が欠かせません。

自社をさらに売り込んでいくためにも、情報収集力を兼ね備えておく必要があるのです。

企画営業に向いている女性の特徴

説明する女性

高いコミュニケーション能力がある女性は企画営業に向いています。

コミュニケーションを得意とする人、苦手とする人がいますが一朝一夕で身につくスキルではありません。

営業には相手の懐に入ることが必要不可欠です。

自社の商品を提案するだけでなく、顧客の潜在的な課題や悩みを引き出すには心を開いてもらう必要があります。

相手の懐に入れなければ、表面的な話しかできず本当の意味でニーズを引き出すことは難しいでしょう。

だからこそ、コミュニケーション能力が高い女性は企画営業に向いています。

さらに、新商品や新サービス実現に向けて企画書を作らなければなりません。

たとえ企画書のできがあまりよくなくても、熱意をこめてプレゼンできれば関係部署の理解が得られるでしょう。

コミュニケーション能力に加え、プレゼン能力も身についているとなお企画営業として輝けます。

 

ワンポイント
高いコミュニケーション能力は企画営業に欠かせない!

企画営業に転職するための志望動機の書き方

履歴書を持つ女性

企画営業に転職するため面接官の心をつかむ志望動機を書きたいところ。

志望動機を書く際は、「企画」と「営業」両方に焦点を当ててあなたの強みを活かせる内容を書くことがポイントです。

「企画」の部分では、課題や悩みを解決するための効果的な策について自分なりに考えられることをアピールしましょう。

前職の経験を織り交ぜると書きやすいです。

「営業」の部分ではコミュニケーション能力の高さをアピールしましょう。

企画営業はコミュニケーション能力が欠かせません。

自社商品を提案するとき、相手から課題や悩みを聞き出すとき、社内で企画をプレゼンするとき。

あらゆる場面でコミュニケーション能力が必要になります。

コミュニケーション能力が乏しければ営業には向いていないと判断される危険性があるので注意してください。

志望動機の例

コーヒーの画像

では具体的にどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。

「企画」と「営業」の両方アピールできるような志望動機の具体例をご紹介します。

また、志望動機の良い例だけでなくNG例も一緒にみていきましょう。

良い例

私は化粧品の販売員に従事しておりました。

入社したばかりの頃は来店されるお客様のご希望に合わせた化粧品をお出しするだけ。

私からは「とってもお似合いです」の一言しか伝えておりませんでした。

入社して数か月が経ったころ、以前私が接客したお客様がご来店されました。

接客の準備をして待ち構えていると、私ではなく先輩社員のところへ行ってしまわれたのです。

とても悔しい思いをしましたが、先輩の接客を見ていると褒めるだけではなくほかの化粧品も提案していることに気づきました。

私に足りないのはお客様とコミュニケーションを取り、深くお客様に寄り添うことだったのです。

ただ褒めるだけでなくお客様との何気ないコミュニケーションが重要だと学びました。

コミュニケーションを通してお客様自身が気づいていないニーズを聞き出し、さらにお客様にとって魅力的な提案をする。

こうすることで信頼アップにつながり、結果としてお店全体に貢献できると実感しました。

化粧品販売員として学んだコミュニケーションの大切さを活かし、御社の更なる発展に貢献できれば幸いです。

NG例

マルかバツか

具体性を欠く内容やあなたが学んだこと、あなたの強みを活かせることが書かれていない志望動機はNGです。

次のような何を伝えたいか分からない志望動機を書かないよう注意してください。

「御社が展開している○○というサービスを愛用しております。

○○は非常に便利で、私の友だちも毎日必ず使っているそうです。

しかし、○○はそれほど世の中に普及しているとは思えません。

もっと多くの人に○○を利用してもらえるよう、私の活発な性格を活かして営業したいと思います。」

 

ワンポイント
志望動機はあなたの経験を通して学んだことを具体的に書く!

企画営業に転職するための自己PRの伝え方

面接を受ける女性

志望動機ではあなたの過去の経験にもとづいた文章を書くのが一般的です。

過去に学んだことやそこで得たものをどう活かすか。それが会社を志望する動機になります。

企画営業に転職するためには、志望動機のほか自己PRであなたの強みを伝えることも重要です。

自己PRではあなたの実績をメインに文章を書きます。

前職で何を成し遂げたのか、周りからどのような評価をされていたのか、保有する資格は何かなど。

具体的な数字を用いることでより強みをアピールできます。

販売実績がある人は「売り上げが何%上昇した」などの文言を入れてもいいでしょう。

自己PRの例

オフィスにいる女性

では具体的にどのような自己PRを書けばいいのでしょうか。

あなたの実績を前面に押し出してアピールできる具体例をご紹介します。

また、企画営業に必要なコミュニケーション能力や発想力、企画力、提案力、情報収集力をアピールできるとなお良いです。

また、自己PRの良い例だけでなくNG例も一緒にみていきましょう。

良い例

化粧品の販売員に3年間従事し、新規お客様へ化粧品の提案や既存お客様へ新しい化粧品の提案を行っておりました。

1年目はただ褒めたりお客様に似合いそうな化粧品を提案したりするだけでした。

しかし、2年目からはお客様とコミュニケーションを取り何気ない会話の中から悩みを聞き出せるようになったのです。

その結果、私個人の1年目の売り上げは○○円でしたが、2年目は○%増の○○円を達成しました。

コミュニケーション能力を身につけたことで販売実績を上げることができたと自負しております。

また、友人からも「前より話しやすい雰囲気になったね」と言ってもらえるようになりました。

NG例

✕をあげる女性

自己PRではあなたの強みを伝えるだけでは足りません。

アピールポイントに加えどのような場面で強みが活かせるのかを伝える必要があります。

また、実績の羅列も自己PRではなく単なる報告になってしまうので注意してください。

具体性を欠く自己PRは評価を下げる危険性があります。

「私はコミュニケーション能力が高く、友人からも話しやすいとよく言われます。

また、前職は○○メーカで営業を担当しており、6ヶ月連続売り上げトップを達成しました。」

自己PRはあなた自身の強みを最大限伝えるためにあります。

事実を述べるだけでは魅力は伝わらないので、どのような場面で活かせるのか具体的に書きましょう。

 

ワンポイント
自己PRはあなたの強みをどのように活かせるか、具体的な実績と一緒に書く!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

人差し指のオフィス女性

転職活動では壁にぶつかることが多くあります。

うまくいかないことでネガティブな感情に支配され、さらに物事がマイナスの方向へ進む悪循環に陥るのです。

転職でつまずかないよう転職エージェントを活用しましょう。

エージェントはこれまで培ったノウハウをもとにあなたへ最適なアドバイスをしてくれます。

これまで多くの転職者の悩み相談を受けてきましたから、あなたの悩みも解決してくれるかもしれません。

転職の悩みは1人で抱えないでください。

エージェントを活用して理想の未来を手に入れましょう。

まとめ

ガッツポーズをする女性

女性が企画営業に転職するには高いコミュニケーション能力が必要です。

自社商品を提案し、顧客から潜在的なニーズや課題を引き出すためにはコミュニケーション能力が欠かせません。

また、新商品や新サービスを打ち出す発想力やそれをまとめる企画力、社内にプレゼンする提案力が求められます。

さらに情報収集力も加え常にアンテナを張り自社の強みを活かせる場所を探さなくてはなりません。

「企画」と「営業」の両方を兼ね備えた企画営業はさまざまなスキルを必要とします。

転職に悩みがあればエージェントに相談してあなたに合った転職先を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら