現在の仕事内容や待遇が自分の希望とは合わない時、多くの場合は別の仕事を探そうと転職活動を始めます。

しかし、不満を抱いていても転職を決断できないケースもあります。

なぜ別の仕事を探す決断をできないのでしょうか?

今回は転職を決断できない理由と、その対処方法を紹介していきます。

転職を決断できない時の対処法を解説

 

キーボード、指

転職を決断できない時は、まず何故決断できないのか、その理由を突き詰めていきます。

漠然とした不安を抱えたままでは、対処方法も立てられません。

理由を突き詰め、どうしてそう思うのかを解明し、それに対する解決策を考えます。

この理由を曖昧にしたままでは、転職を決断できません。

さらに、転職活動を始めたとしても失敗する可能性が出てきます。

転職を決断できない理由

WHY?の文字

転職を決断できないのには必ず理由があります。

ここでは、よくある代表的な理由を挙げていきます。

社風が自分に合ってるかわからない

転職活動を始めて転職先が決まったとしても、新しい環境に馴染めるかが不安……というケースです。

この理由は特に勤務年数が長い方に見られる傾向があります。

現職の社風に染まっている自分が、転職先の社風に馴染めるかがわからない不安が大きいようです。

これが原因で転職を決断できないのです。

転職サイトやハローワークの求人を見ても、転職先の社風は伝わってきません。

実際に働いてみないとわからないのが社風というものです。

社風が合うかどうかは、転職をしていない時点では答えのわからない問いかけと言えます。

新しい環境にすぐ慣れるのは至難の業です。

ある程度の時間を過ごさなければ馴染むものも馴染みません。

人間は環境に適応する生き物です。

最初は窮屈に感じていても、徐々に慣れてくる可能性の方が大きいのです。

どうしても不安な場合、面接や会社見学を利用すれば、ある程度の社風がわかることもあります。

応募先が大人数で賑やかな会社なのか、少人数で静かな会社なのかなどの情報を入手できます。

その情報を参考に、自分に合う社風かどうかを判断しましょう。

過去のキャリアを活かせるか心配

これまで得てきた経験が、次の職場でも活かせるか心配で転職を決断できないケースです。

ひとつの会社で長年キャリアを積んでいる場合に多い理由です。

他に経験がないと思われるのではないかと不安に思う方も居るようです。

同業他社でない限り、今まで培ってきたキャリアがすべて活かせる転職先の方が希少です。

これも心配しすぎる必要はありません。

過去のキャリアの中に、転職先の求める人物像と重なるものが一つでもあればいいのです。

企業はそこを見込んであなたの話を聞こうとします。

キャリアをすべて活かそうとするのではなく、活かせる部分をうまく見つけることが大切です。

労働条件の見方が偏っている

転職を検討しているのであれば、転職求人サイトで希望条件を入力して企業を検索します。

しかし、その結果に自分の理想とする労働条件が揃っていないことがあります。

その場合、転職活動をしても無駄だと判断してしまうケースです。

これは、労働条件の見方が偏っているために起こります。

よくあるのが、残業があることを極端に嫌うパターンです。

少しでも残業の想定時間が記載されていると、希望条件と違うと応募することを断念してしまいます。

残業というのは出来る限りしないことが望ましいものです。

しかし、繫忙期などはどうしても業務上必要になってきます。

月30時間を超えると残業時間が多いという判断になります。

ですが、月10時間程度の短い時間であれば容認しても問題はないでしょう。

また、ひとつの求人サイトだけを見るのではなく、様々な求人サイトを利用して求人を探しましょう。

希望条件に合う企業が見つかる可能性が広がります。

どうしても希望の労働条件を提示する企業に出会えない場合は、おすすめの方法があります。

転職エージェントを利用してみるのです。

転職エージェントに希望条件の相談をすれば、非公開求人などを紹介して貰うことができます。

どの情報を参考にすればいいかわからない

キーボード、検索窓、指

現職を辞めて新しい仕事に就きたいと考え、転職活動を始めた時によく起こるケースです。

求人サイトを見ても、自分に合う求人の探し方がわからないのです。

転職活動を始めるにあたり、インターネットを使えば求人サイトを介して多くの求人を閲覧できます。

企業のホームページや、転職活動用の口コミサイトなども利用すれば更に多くの情報を得られます。

しかし、どの情報を参考に企業を選べばいいかわからず、転職活動を断念してしまうのです。

こういった場合は、情報を得る媒体を絞ることが大切です。

まずは求人サイトで労働条件と業務内容の概要を調べましょう。

次に企業のホームページで詳しい仕事内容を把握することで、希望条件に合うかがわかります。

口コミサイトはあくまで参考程度に考えましょう。

そこに書かれていることが真実とは限りません。

詳しい情報がどうしても得られない場合は、応募後に面接の場で直接尋ねてみましょう。

 

ワンポイント
 転職を決断できない理由の根底には、様々な不安が潜んでいます。

転職を決断するためのポイント

パソコン、Doitの文字

ここまで転職を決断できない主な理由を確認してきました。

反対に、転職を決断するポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

自分の強みが活かせる環境を考えてみよう

転職先を探すのなら、培ってきた経験や強みを活かせる環境であるかをチェックします。

未経験であっても、自分の強みを活かせるのなら挑戦してみるのです。

たとえば、接客業から営業職への転職を考えた場合はどうでしょう。

接客業で培った顧客とのコミュニケーション能力という強みを活かすことが出来ます。

コールセンター業務から事務職へ転職を希望する場合も考えてみます。

電話応対の丁寧さという強みを活かせる環境だと考えられるでしょう。

別の職種だからといって諦める必要はありません。

少しでも自分の強みが企業の求める人物像と重なっているのなら、応募してみるのです。

強みを活かせる環境であれば、未経験であっても熱意を評価される可能性が高くなります。

そう考えると、応募できる企業が意外と多く存在することがわかります。 

自分の市場価値を客観的に見てみよう

転職活動で必要になるのが、自分の能力の棚卸しです。

自分には何が出来て、何が出来ないのかを客観的に把握します。

そうして転職活動を行うことで、自分の市場価値を知ることができるのです。

市場価値は、保有しているスキルや経験、成果をどれだけの企業が求めているかでわかります。

転職活動では、棚卸しした自分のスキルや経験をアピールします。

それに対し、どのような企業からどのくらいの年収を提示されるのかが市場価値を知るということです。

自分の市場価値を知れば、手当たり次第に企業へ応募することはなくなります。

つまり、自分に見合う企業を選んで応募することができるようになるのです。

むやみに矢を放つのではなく、自分が活躍できる企業を選べるようになれば、転職活動は効率的になります。

 

無料転職相談をして自分の市場価値を知る

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職の決断できない悩みをそのまま転職して失敗したケース

頭を抱える人のシルエット

中には自分のスキルを把握せず転職の決断ができないまま、転職活動をする人も居ます。

そのまま焦って別の企業へ転職してしまい、失敗してしまうケースがあります。

一体どんな失敗をしてしまうのでしょうか。代表的な例を見ていきましょう。

固定残業代を含んだ月給ということを見落として入社

希望していた業務内容の転職先に入社してみると、月給に固定残業代が含まれていたケースです。

つまり、残業ありきの会社に入社してしまったのです。

固定残業代というのは、「月にこれくらい残業があることを見越して支払われる残業代」です。

月給の中で固定残業代が多ければ多いほど、基本給が低く、残業が多い会社になります。

固定残業代で設定された時間内は、いくら残業をしても追加の残業代は支払われません。

この固定残業代を抜くと、現職よりも年収が低くなってしまうこともあります。

労働条件を明示された際に、月給に固定残業代が含まれていないかどうかを必ず確認しましょう。

業務内容が希望していたものと違う

大企業から中小企業へ転職すると、人員が少ないことに戸惑います。

一人がやる仕事量も多く、希望していた業務以外のこともやらなければならない場合もあります。

大企業でも、研修期間で業務の適正を測られ、別の部署に飛ばされてしまうケースも見られます。

どちらも希望していた業務内容とは違う仕事を割り振られているのがわかります。

希望とは違う業務内容だとしても、労働条件に小さく記載されている場合もあります。

その確認を怠り、同意して入社したのは自分なので、自己責任となります。

内定を貰ったとしても、労働条件の確認は必須です。

そこに希望していた業務以外の内容が書かれている場合は特に注意が必要です。

人間関係が構築できない

これは最初に書いた「社風が合うかわからない」と共通する部分があります。

転職先に入社後すぐに他の社員と円滑なコミュニケーションをとるのは難しいでしょう。

社風と同じように、徐々に慣れていくことが必要となります。

うまくコミュニケーションがとれないばかりか、上司や同僚から罵倒や無視をされる場合はどうでしょうか。

転職というのは、すでに出来上がっている人間関係に足を踏み入れていくことも含まれます。

しかし、それはあくまでも相手方が受け入れる姿勢をとることで成立するのです。

いくら努力しても、人間関係が構築できないような待遇をされると、社内で孤立してしまいます。

こうなると人間関係だけではなく、仕事自体もうまくいきません。

こちらも社風と同じように、面接や会社見学をうまく利用して判断するのが望ましいと言えます。

 

ワンポイント
 転職の決断ができないまま焦って転職すると、様々な失敗をしてしまいます。

転職で失敗しないための注意点

矢印、ターニングポイントの文字

転職は人生の転機とも言えます。

そんな転職を失敗しないために注意すべきことは、焦って転職先を決めないことです。

現職から逃れたいという一心で、すぐに内定をくれた企業に焦って転職してもいい結果は得られません。

そこには更なる苦しみが待ち受けているだけです。

転職活動の第一歩は自己分析から始まります。

自分の強みやスキルの棚卸しをして、強みを活かせる環境や市場価値に見合った企業に応募します。

そうすることで、転職活動に対する漠然とした不安の多くは払拭されるはずです。

自己分析がうまく出来ず、転職活動も行き詰ってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、一人で悩まず転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職活動に必要なサポートをしてくれます。

また、自分の市場価値に見合うおすすめの求人も紹介してくれるのです。

転職エージェントを利用するだけでも、転職で失敗する可能性は低くなります。

 

ワンポイント
転職で失敗しないためには、転職エージェントを利用した自己分析がおすすめです。

転職を決断できない時の転職活動で意識したいこと

CAREERの文字、キーボード、履歴書

転職を決断できないまま転職活動をしている場合、意識しておきたいことが何点かあります。

在職中に転職活動をしよう

豚の貯金箱、MONEYの文字

仕事をしながらの転職活動は無理だと判断し、退職後に転職活動をすることはおすすめしません。

仕事や資金などの後ろ盾がない状態なので焦りが生まれやすくなります。

転職活動は少しずつでも在職中にするようにしましょう。

帰宅後でも応募書類の作成はできます。

面接の日程や時間もある程度であれば応募先の企業も合わせてくれます。

どうしても仕事を休む必要があれば、有給をうまく利用しながら転職活動を行いましょう。

在職中に転職活動をしていれば、長期化した場合も賃金を稼ぎながら転職活動が可能になります。

資金繰りの心配をしなくて済むのです。

転職エージェントを活用しよう

在職中の転職活動はどうしても制限があります。

仕事中に転職先を探すことはできませ。

そんなことをすれば会社に転職活動をしていることが発覚してしまいます。

そんな時は転職エージェントを活用して効率的に転職活動を進めましょう。

希望条件や自分の市場価値に見合うおすすめの求人をこちらの仕事中に探して紹介してくれます。

忙しくて求人検索さえ出来なくても、転職エージェントからの紹介求人があれば応募先が増えます。

また、転職エージェントには転職に関する不安や悩みを相談することが可能です。

転職を決断できない理由を素直に打ち明けることで、解決策を導き出してくれることもあります。

 

無料転職相談をして転職を決断する

 

どうしても転職を決断できない場合は

立ち止まる足、STOPの文字

自己分析をしても、転職エージェントを利用しても転職を決断できない場合もあります。

そんな時は、次の対策方法を試してみましょう。

不安な理由を書き出して可視化しよう

手帳、ボールペン、メモ、キーボード

自分の抱えている転職に関する不安を紙に書き出してみましょう。

漠然とした不安で悩んでいたことも、書き出してみると簡単に答えが見つかることもあります。

自分の中だけで抱え込むよりも、アウトプットすることで頭の中がすっきりする効果もあります。

ひとつひとつの理由を書き出してみて、解決策を考えたら、後はそれを実行するだけです。

転職した自分の未来を想像してみよう

現職に満足できない理由のひとつに、思い通りのキャリアプランを描けないというものがあります。

転職先ではどのようなキャリアプランを積んでいきたいのか、未来を想像してみましょう。

ここで大事なのは、不安要素を組み込まず前向きに想像することです。

ポジティブな想像は自信にも繋がります。

自信を持って転職活動をすれば、成功する確率も上がります。

 

ワンポイント
 転職を決断できない時は、不安な理由を書き出したり、転職した未来の自分を想像しましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職を決断できない理由やポイントを知って転職の不安を払拭しよう

鍵、不安解消の文字

転職の決断ができない理由や、転職の決断をするために必要なことを知ることは大切です。

それを知ることで、転職活動に対して抱いていた漠然とした不安は払拭されます。

まずは自分が何を不安に思っているかを明確にして、それに対する解決策を考えましょう。

転職の決断をするためには、まずしっかりと自己分析を行うようにします。

その上で、自分の強みやスキルを求めている企業を知ることが必要となります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ノートパソコン、相談する二人の女性

転職を決断できない理由や、決断するためのポイントを知っても、一人では解決できない時もあります。

そんな時は、転職エージェントに現状を踏まえて相談してみるのが良いでしょう。

転職エージェントは転職活動全般のサポートをするプロです。

一人で思い悩むよりも、思い切って相談してみることで解決策を得ることができます。

転職エージェントがしてくれるのは、希望条件にあう求人の紹介だけではありません。

応募書類の作成方法や、面接の対策なども親身になってサポートしてくれます。

求人サイトには掲載されていない非公開求人を紹介してもらえることもあります。

在職中の転職活動を効率的に行うためにも、転職エージェントは必要不可欠と言えるでしょう。

 

無料転職相談をして転職サポートを受ける

 

まとめ

電球のイラスト、ビジネスマンの手

今回は転職を決断できない理由や、決断するためのポイントについて解説しました。

漠然とした不安も、突き詰めて理由を明確にしていけば、解決策が見つかるものです。

もし一人では解決できない場合は、積極的に転職エージェントを利用してみましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!