転職活動をするなかでぶつかる壁は多いものです。

書類選考が通らない、面接がうまくいかない、内定が貰えないなど、様々な壁があります。

そして、転職先が決まらないことが大きなストレスになります。

その状態が長期化すると、転職活動に対するモチベーションが維持できなくなるのが人間です。

そうして、転職活動に対するやる気が失われてしまうのです。

今回は転職活動のモチベーションが上がらない原因と、高いまま維持する方法を解説します。

Contents

女性が転職活動のモチベーション維持する方法

スーツの女性、ワークライフバランスの文字

転職活動は自分との闘いです。

モチベーションが下がってしまっては、企業に対する自己アピールもうまくいきません。

女性が転職活動をするなかでモチベーションを維持するには、一体どうしたらいいのでしょうか。

女性は年齢を重ねるにつれ、悩みの種が多くなります。

仕事はもちろん、結婚や出産など、プライベートの悩みが多くなるためです。

また、体力的な問題や、女性特有の身体の悩みなどもモチベーションが下がる原因となります。

そういった様々な問題に向き合いながら、女性は転職活動をしていかなければなりません。

その中で、転職活動のモチベーションを維持するには、まずストレスを溜めないことに尽きます。

一人で悩みを抱え込むのはストレスを溜めこむ原因になります。

信頼できる周囲の友人や親族など、親しい誰かに悩みを打ち明けてみましょう。

そして、どんな仕事で、どうキャリアアップをしていきたいか、という将来の目標を明確にします。

転職活動のモチベーションは、「なりたい自分」をはっきりイメージすることで維持できます。

転職活動期間が伸びれば伸びるほど悪循環に陥る

頭を抱えている女性、スーツ

では、どんな時に転職活動のモチベーションが上がらなくなってしまうのでしょうか。

それは、転職先が決まらず、転職活動が長期化した時です。

「自分を必要とする会社が存在しないのではないか」という自己否定や自己嫌悪が生まれます。

そこから、モチベーションが上がらない悪循環に陥ってしまうのです。

しかし、転職活動というのはすぐに終わるものでもありません。

この悪循環にはどうしても陥りやすくなってしまいます。

終わりの見えない転職活動に焦りを感じ、自分の希望と違う会社にも応募し始めます。

そうなると、自分には合わない企業に入社してしまい、後から更に辛くなってしまうでしょう。

モチベーションが上がらないまま転職活動を続けるのは非常に危険なのです。

転職活動のモチベーションが上がらない原因は?

ソファ、横になる女性、スーツ

転職活動が長期化すること以外にも、転職活動のモチベーションが上がらない原因があります。

ここではその原因を解説していきます。

うまくいかない転職活動に疲れてしまう

転職活動では多くの企業に応募し、書類選考や面接を受けることになります。

しかし、内定が決まるまでの道のりは決して平坦なものではありません。

人によっては、何度も不採用を経験することになります。

不採用が続くと、まるで自分の人間性や存在を否定されているかのような錯覚に陥ってしまうのです。

自己否定や自己嫌悪の気持ちが強くなると、終わらない転職活動に疲れを感じます。

そのままモチベーションが低下してしまいます。

家族や周囲の人のプレッシャーが大きい

転職活動が長期化すると、家族や友人から「まだ決まらないの?」という言葉を向けられます。

特に家族は、現職を退職後に転職先が決まっていないことに対して大きな不安を感じます。

心配の意味も込めて、まだ内定を貰えないのかと尋ねられることも多くなるでしょう。

また、転職先が現職より良い給料なのか、具体的な業務内容は何なのか、ときかれることもあります。

こういった言葉が逆にプレッシャーとなり、やる気をなくし、モチベーションの低下に繋がります。

他人と比較して自信喪失する

転職活動は決して自分だけが行っていることではありません。

時には転職活動仲間とも呼べる存在が近くに居ることもあります。

仲間がいると、転職活動に関する情報の共有ができます。

しかし、情報共有をしていた仲間が自分より先に内定を貰っていたらどうでしょうか。

自分は希望する職種で良い企業に巡り合えません。

しかし、仲間は希望通りの企業を見つけて転職活動を終えていたとします。

仲間に比べて自分は劣っていると感じ、やる気が削がれてしまうでしょう。

先に転職先を見つけた他人と転職先が決まっていない自分を比べて自己嫌悪に陥ります。

そのまま自信をなくして、モチベーションも低下してしまうのです。

自分でどうにもできない要素で行き詰まってしまう

GIVE UPの文字

普通、不採用の通知が来るということは、自分にそうなるだけの理由があるからです。

主に、企業が求めるスキルを持ち合わせていない、面接で失敗してしまった、などの理由があります。

理由がわかれば、その原因を改善して次の企業に挑戦を続けるのが転職活動です。

しかし、年齢制限を超えている、応募する職種が未経験不可であるなどの理由はどうでしょうか。

これに関しては原因がわかっていても、今すぐ改善することはできません。

転職活動ではこういった、自分ではどうにもできない要素で行き詰ってしまうこともあります。

このような要素で諦めることになると、無力感と共にモチベーションは下がってしまうでしょう。

職場の人に隠して転職活動を行う

仕事をしながら転職活動をする場合、転職活動をしていることを職場に公表する人はほぼ居ません。

転職活動が周囲に知られたら、「あの人は会社を辞めるつもりだ」と噂になってしまいます。

そのため、有給や休日を利用し、職場の人に隠して転職活動を行うことになります。

何社も面接が控えている場合、頻繁に有給を使うことで周囲から疑われることもあるでしょう。

退勤後に面接が設定されている場合は、普段と違う服装をしていかなければなりません。

服装が違うことで、周囲に転職活動が発覚するのではないかと不安になることもあります。

それでも内定を貰うまでは隠し通さなければなりません。

これが精神的な負担となり、モチベーションが下がる原因となります。

 

ワンポイント
 モチベーションを下げる原因には、精神的な負担や自身の喪失が深く関わっています。

転職のモチベーションを上げるためのポイント

青空、ジャンプする女性

このように、転職活動のモチベーションを低下させる原因は多く、維持するのが難しく感じます。

しかし、モチベーションを上げるポイントを押さえておけば、すぐに持ち直すことができます。

まず、モチベーションの低下を感じたら、抱えている悩みを誰かに相談してみましょう。

相談できる相手が近くにいない場合は、紙に書き出してみるのもひとつの手段です。

話したり、書き出したりと、自分の中から悩みをアウトプットすることで気持ちがすっきりします。

また、転職活動にも休憩を挟むようにしましょう。

ずっと張り詰めた気持ちで居ても、モチベーションは上がらず、むしろ下がる原因になります。

趣味や特技に没頭する、好きなことをやるなど、自分を甘やかす時間を設けてみましょう。

メリハリをつけることで、次に進むやる気を蓄えることができます。

転職のモチベーションを上げるための考え方

ノート、鉛筆、Icanの文字

転職活動におけるモチベーションは、根本的な考え方を変えるだけでも低下しにくくなります。

どのような考え方がモチベーションの上昇に繋がるのでしょうか。

転職は誰もが経験することだと思おう

まず、前提として転職活動は自分だけが経験している辛いことだと思わないようにします。

現職に満足せず、やりたい仕事をするために転職活動をする人は現代社会において多く存在します。

その誰もが、同じように書類選考を通過し、面接を経て、努力の果てに不採用になっているのです。

つまり、不採用を決めた企業は自分の存在だけを否定しているわけではありません。

その企業が求める人材ではなかっただけです。

転職活動をする人が多ければ、企業が求める人材も様々です。

この考え方をしていけば、不採用通知が続いてもモチベーションが極端に低下しなくなります。

ポジティブな思考を持とう

メガホン、女性

転職先が決まらないことで「自分は必要とされていない」とネガティブな考え方をしてしまうようになります。

そうなると、やはりモチベーションが低下してしまいます。

前述したように、転職活動は誰もが経験することです。

また、求める人材ではないのに採用されても、入社後に辛くなるだけです。

転職活動は新卒採用のように期間が決まっているものではありません。

急いで合わない企業に入社するのでは、転職活動をしている意味がありません。

転職活動は、じっくり時間をかけて自分の希望が叶う企業を見つけられるものです。

「自分が必要とされていない」ではなく、どこからも「あなたが欲しい」と言われるような自分を目指すのです。

出来るだけポジティブな思考を持つように心がけましょう。

 

ワンポイント
転職は誰もが経験することです。ポジティブな思考を持つようにしましょう。

転職のモチベーションを上げるためにやるべきこと

矢印、走る女性のシルエット

転職活動のモチベーションを上げるには、考え方だけではなく、上げるためにやることも存在します。

ここではその方法をいくつか紹介します。

応募書類の再確認をしよう

一番手軽に出来るのが、手元にある応募書類の再確認をするこの方法です。

応募先に対する熱意や伝えるべき自分の魅力も再確認できます。

自分の特技や職務経験と、その企業に入りたい理由を再確認し、声に出してみましょう。

声に出しながら、面接でうまくいくイメージを持つことがポイントです。

相談できる相手を見つけよう

転職活動に関する悩みや不安は、一人で抱えていても悪循環に陥ってしまいます。

そんな時に相談できる相手がいれば、心の中にある悩みや不安が晴れていきます。

もし周りに相談できる相手が居ない場合は、転職エージェントを利用してみましょう。

転職活動の悩みや不安に対して的確なアドバイスをしてくれるので、悩みの解決にもなります。

また、心療内科のカウンセリングを受けることも悩みや不安の解消に繋がります。

別の職種を検討してみよう

希望する職種でどうしても内定が貰えない場合、思い切って別の職種に応募してみます。

自分でも気づかなかった特技や魅力が発揮され、思わぬところで天職に出会える可能性もあります。

一つの職種に固執しすぎるのも、モチベーションの低下に繋がります。

全く違う職種ではなく、希望職種と重なる業務内容がある職種を選ぶようにしてみましょう。

そうすることで転職活動の幅が広がり、内定を貰えるチャンスが増えると考えることができます。

 

ワンポイント
 応募書類の再確認や、悩み相談、別の職種を探してみるなどの方法でモチベーションを上げましょう。

自己効力感を高める方法

黒板、JumpUpの文字

自己効力感とは、「自分がどこで何を出来るか」を自分で理解していることです。

そしてこの自己効力感は自信に繋がります。

転職活動において自信とモチベーションには強い繋がりがあります。

自信を持つことでモチベーションが上がり、転職活動に対するやる気が維持できるのです。

では、自己効力感を高めるにはどんな方法があるのかを確認していきましょう。

成功体験を思い出そう

まずは過去の仕事での成功体験を思い出してみましょう。

同じような状況であれば自分はうまくやれる、という自己効力感に繋がります。

具体的に、どういった経緯でその成功に至ったのかも同時に思い出すことをおすすめします。

そうすれば、より強い自己効力感を得ることができるでしょう。

言語的説得を活用しよう

サムズアップ、goodの文字

言語的説得とは、周囲から応援や肯定的な言葉をかけてもらうことです。

否定的な言葉ばかりを向けられると人はネガティブになってしまいます。

反対に、肯定的な言葉をかけられると自信に繋がります。

家族や友人、転職エージェントから、応援する言葉をかけてもらい、自己効力感を高めましょう。

しかし、あくまでも自分のプレッシャーにならない範囲でなければなりません。

肯定的な言葉がプレッシャーになってしまうと、逆にモチベーションが低下してしまいます。

好きな音楽や映画で気持ちを高めよう

好きなことを我慢して転職活動をしていても、気持ちに余裕がなくなりモチベーションが下がってしまいます。

時には息抜きとして、好きな音楽や映画を堪能して気分を高揚させてみましょう。

気持ちに余裕が出来れば、自己効力感も高まります。

 

ワンポイント
成功体験を思い出す、好きな映画や音楽に触れて気持ちを高めるなどして自己効力感を高めましょう。

転職活動をスムーズに進めるためにはモチベーション管理が重要

手、片手をあげるピクトグラム

ここまで転職活動のモチベーションを維持し、上げる方法を紹介してきました。

モチベーションが下がると、転職活動においてのパフォーマンスも低下してしまいます。

希望とは違う企業へ入社してしまい、すぐに仕事辞めて、再度転職活動が始まることもあります。

悪循環を繰り返すことで、転職活動事態に疲れを感じてしまうことになるでしょう。

転職活動をスムーズに進めるには、自分のモチベーション管理も重要です

紹介した方法を色々活用して、うまくモチベーションを管理してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ノートパソコン、二人の女性

モチベーションを上げる為に様々な方法を試してもうまくいかない場合は、どうするべきでしょうか。

そういった場合は、転職活動のプロである転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職活動に関する悩みや不安を相談するだけでも気持ちが楽になります。

また、その悩みに対する的確なアドバイスを貰うことができるのです。

モチベーションを上げながら、自分にマッチングする企業を紹介して貰うことも可能です。

さらに、書類選考や面接のサポートも受けられるので、効率的に対策を立てることができます。

自分だけでモチベーション管理ができない時は、転職エージェントの力を借りてみましょう。

まとめ

DREAMの文字、光

モチベーションは転職活動において重要な役割を果たします。

しかし、モチベーションの低下を招く原因も多く存在します。

もしモチベーションが低下してしまった時は、ここで紹介した考え方や方法を活用してみましょう。

モチベーション管理をうまくこなすことで、転職活動が長期化してもやる気を保つことが出来ます。

転職活動の悩みを打ち明ける相手が居ないと、モチベーション管理も難しいと感じてしまいます。

そんな時は転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら